電子印鑑 フリーソフト/エクセルpdfワード




電子印鑑のフリーソフトです。
電子印鑑のソフトでは、苗字印、フルネーム印、認印、ビジネス印、会社印、日付印、回覧印、web印鑑、デジタル印鑑、アドイン印鑑、テンプレートなどが作成できます。
ワードで使える電子データでの透過画像作成ツールもあります。
職印くんやパパッと電子印鑑のように人気ばあるものや、ランキング上位のソフトと比較しても、じゅうぶんに便利なソフトウェアであり、無料アプリです。




目次

電子印鑑 フリーソフト

クリック スタンパー

クリック スタンパー

おまかせレイアウトで、美しい透過スタンプ画像を作成する、web印鑑、デジタル印鑑、アドイン印鑑、電子印鑑ソフトです。文字を入力するだけで、バランスの良いスタンプ画像を作成できます。押印日が自動的に設定される日付印を作成できます。複数行の丸印と角印を作成できます。電子データでの透過画像作成ツールです。窓の杜、vectorからダウンロードでき、職印くんやパパッと電子印鑑と同じように使える人気アプリです。ランキングでも上位に入りそうです。

k スタンプ

k スタンプ

Excel及びワード・pdfに印鑑押印システムを追加するCOMアドインです。印のサイズ・フォント種類・サイズの指定、文字位置や枠線幅の微調整が出来ます。色も各種設定でき、もちろん朱色も可能です。カスタマイズした組込み印をユーザー印として登録する事が出来ます。窓の杜、vectorなどのクラウドからダウンロードできる無料ソフトウェアです。

電子印鑑作成

電子印鑑作成

印鑑を8種類のイメージデータ(テンプレート)で画像作成するソフトです。作成したデータを保存できるので、以前のデータを修正することが可能です。実行ファイルとデータファイルは別にしてあるので、クラウドを使ってサーバー上でデータの共有が可能です。 書類の決裁用に電子印鑑やweb印鑑、アドイン印鑑を作りたいときに便利です。職印くんやパパッと電子印鑑などと、比較してみてください。窓の杜、vectorなどのクラウドからダウンロードできます。

Stamp Maker

Stamp Maker

簡単操作でデート印、認印、web印鑑を作成することができる人気の判子ソフトです。クリップボード経由でいろいろなファイルに押印できます。 ついている標準機能は、使い勝手の良さだけでなく、作業時間を短縮することができます。操作性にも優れているため、初心者でも安心して使えます。電子データでの画像作成ツールと言えます。窓の杜、vectorなどのクラウドからダウンロードできます。職印くんやパパッと電子印鑑のように、じゅぶんランキングに入りそうなソフトウェアです。

 


Excel・Wordの印鑑押印システム/苗字印、フルネーム印、認印、ビジネス印、回覧印など

電子印鑑のフリーソフト集/Excel・Wordの印鑑押印システムです。苗字印、フルネーム印、認印、データーネーム印、ビジネス印、ユーザー印、会社印、日付印、丸印、四角印、六角印、八角印、十字印、回覧印、デジタル印鑑、シャチハタなど。

【 電子印鑑 】のフリーソフト

[Tomoyasu Kato]
クリックスタンパーは、おまかせレイアウトで、簡単に美しいスタンプの透過画像が作成できる電子印鑑・判子・電子データソフトです。珠の画像やフォントが選べるフラッシュ暗算ソフト、コンピュータ制御のデスクトップそろばんソフトなど。カム設計CADシステムの線記号変形データなど。

[papygogo]
電子印鑑作成ソフトは、印鑑、シャチハタをイメージデータで比較的簡単に作成できるアプリです。らくちん表多は、連続した表(テーブル)の作成、データ管理ができます。会社印・日付印など。

[小林 啓志]
クリップスタンプは、デート印や三文判などの判子や印鑑をワープロ文書やスプレットシートに、捺印、USBメモリでデジタル印鑑として携帯できる、人気の作成ツールです。日経銘柄株価をネット収集して、トレンド分析により明日の株価を予想します。百人一首・俳句・諺を表示します。

[eightban]
多機能デジタル印作成ソフトは、自由にカスタマイズした印影をクリップボード、ファイルへ出力するソフトウェアです。Excel・Wordフォーマットでカレンダーの作成ソフト、数字を覚える単純なゲームソフトアプリなど。

[H.I.Soft]
Stamp Maker は、簡単!電子印鑑ソフトです。
クリップボード経由で様々なファイルにアドイン印鑑、シャチハタなどを押印できます。

[とろろこんぶシステム工房]
承認はんこの電子三文判は、WORD/EXCEL/pdfなどの文書に認印を電子的に押印できる電子印鑑フリーソフトです。

[鶴田 浩]
IT時代の必需品の電子職印ソフトです。
MS-ExcelのVBAを使用して、データベースの作成、データ活用、フォルダ内のファイル管理を行うことができます。

[yosh]
Excelフォーマットのセル内に埋め込まれた計算式を表示、Excelによる横スクロール型スケジューラ、Excel住所リストからハガキに宛名印刷します。

[プラスワンモード]
電子印は、会社名・部門名・日付が入った電子印鑑、シャチハタを作成できます。俳句を作成するソフト、記憶力のゲームソフト。日付計算は、あの日からこの日までを計算します。名前作成王は、今までにないオリジナルな名前を作成しますので、面白い名前をランキングしてみても良いですね。

[TSUU / 津坂 篤]
電子印捺印ソフトは、氏名・時刻等の捺印情報を印影に埋め込み、office文書へ貼り付けられます。Microsoft Office の文書ファイルへホットキーで電子印捺印を行う電子印鑑ソフトです。リモートコントローラがPCのキーボード・マウスとして使えます。

 




電子印鑑のフリーソフト その2/電子捺印・電子職印・はんこ

電子印鑑のフリーソフト その2/フリーの電子印、無料の電子捺印ソフト、電子職印の無料ソフト、印影のフリーソフト、電子印鑑作成のフリーソフト、はんこフリーソフトなど。

【 電子印鑑 】のフリーソフト

[NOMBO]
Excel電子印鑑は、苗字が4文字にも対応、丸型・小判型の認印・データーネーム印・ビジネス印・会社印にも対応した電子印鑑ソフト。Excelによるアルバム作成、工事写真帳の作成、差込み印刷、名刺・名札の作成、見積書の作成などのおすすめ便利ツールです。

[kmado]
kスタンプは、Excel・Word・pdfフォーマットに対応した高品位の電子印鑑システムです。Excelでテキストファイルの高速読み書きができます。
Excel・WordのVBA開発ツール、エクセル入力支援ツールなど。

[Shiva Soft]
ExcelVBAによる電子印鑑(丸印、四角印、六角印、八角印、十字印、認証印、回覧印)を作成する高機能アドインソフトです。
エクセルガントチャート、エクセルアナライザー、エクセルプロテクター、エクセルプロパティー、マクロセキュリティチェンジャー等。

[ymatsu]
Excelシート上に電子印鑑(ビジネス印・認印・日付入り認印・メッセージスタンプ・判子)を貼付けます。
Excelテンプレートを利用してスケジュール表を作成します。
Excelシートにフォームでフローチャートを作成します。

[ディーエルソフト]
Excelスタンプは、電子印鑑、PDFの作成、カレンダー入力、シート間比較、パスワード解除など可能にするエクセルフォーマットのソフトです。E xcelクラシックメニュー、Excelパスワード一発解除、見慣れたメニューやツールバー、フロー作成ソフト、見積作成ソフトなど。色々できておすすめです。

[M・Nisiyama]
Excelテンプレートを利用したカレンダー、年度行事予定表、会計報告用データ、飲食の記録、食品保管管理、喫煙の記録、血圧グラフ作成、間取り図の作成、生活チェック表、トーナメント表・リーグ表の作成など。

[かず.A]
捺印君は、エクセルで使う捺印用アドインプログラムです。
Auto_Operateは、便利な機能を組み込んだアドインツールマクロ集です。

[シン]
捺印ますたーは、Excelで捺印(検印・認印・デート印・ゴム印等)イメージを作成する高機能アドインソフトです。
連続文字列分割ソフトは、セル内の文字列を1文字、1セルに分割するおすすめアドインです。

[new_OOo3]
電子はんこは、FreesoftのOpenOffce.org3 にて色々なはんこの作成ができます。複数会社の株価取得、投資信託の金融情報の取得、郵便番号から最新の住所の取得ができます。

[魔偶 / djMagu]
はんこ de Pon は、Excelにアドインして利用する電子印鑑プログラムです。あめばれっとは、ノンスクロール横シューティングゲームです。おすすめです。


電子印鑑をエクセルPDFワードで使用する際のポイント

インターネットを用いた電子取引ビジネスは切り離せない存在に

インターネットを用いたビジネスは、個人生活まで入り込むなど今では日常から切り離せない存在となりました。
これまでは、電話やFAXが中心で、ハンコもシャチハタや印鑑といったアナログな手法でしたが、現在ではインターネット上でオンラインショップを通じて商品を売買する電子商取引も定着し、比較的高額な商品も取り引きしている状況にもなりつつあります。
しかしながら、インターネット上でのビジネス取り引きはそれぞれに問題を抱えていないわけではありません。
契約に関して見ると、従来のシャチハタや印鑑というハンコ以外にも、角印や会社印、認印といったような、いわゆるハンコ文化的なものが日本では定着していました。こういったシャチハタや印鑑、角印、会社印、認印といったハンコを電子取引上では、電子印鑑・web印鑑・デジタル印鑑・アドイン印鑑といった透過で画像作成された印鑑が、word(ワード)やexcel(エクセル)などをフォーマット・テンプレートにして作成された書類に、ただ単純に乗っけられているだけです。ある意味、従来のハンコや印鑑で取り扱っていた「捺印」という意味合いとはかけ離れているものとなっているのです。

電子印鑑を従来の署名捺印と同様と証明するための電子署名法

電子取り引きは、対面での取り引きがなく電子データのみでの取り引きとなってしまうため、相手がどういった人物か把握でないままの取り引きになっている場合があります。さらに、日付印や認印・角印・会社印といった電子印を改変したり、電子印鑑・web印鑑・デジタル印鑑・アドイン印鑑などの透過で画像作成された電子データを、盗み出してしまうことは不可能ではありません。
こうした電子データの取り引きや、電子印鑑・web印鑑・デジタル印鑑・アドイン印鑑・日付印・電子印・認印・角印・会社印といったハンコなど透過で画像作成された電子データを、従来の署名や捺印と同様の効力にしようというのが、「電子署名及び認証業務に関する法律」いわゆる電子署名法です。
電子署名法には、「通常の書面に署名または押印がある場合に作成者がその意思に基づき、該当する書面を作成したと推定できる」とあり、電子データに電子印などの電子署名がなされている場合には、その電子データを本人が作成したと推定され、効力が認められるとしています。少し難しい言い方をすると、電子データに暗号をかけることで送信先の相手にその電子データが届いたことを証明するといったような場合に、この暗号を「電子署名」とみなし、実印としてみなすとしているのです。

電子署名の公開鍵暗号方式の暗号化によるセキュリティの仕組み

現在多く取り扱われている電子署名は、「公開鍵暗号方式」という技術です。情報を定められた規則で組み替えることで電子データは暗号化されます。この暗号化により、第三者からそのデータが内容のわからない電子データを作り上げるのです。
公開鍵暗号方式は、「公開鍵」と「秘密鍵」の2つの鍵が用意されます。それぞれ2つの鍵が関連性を有していないため、片方の鍵だけではもう片方の鍵を解読することは簡単ではありません。また、片方の鍵で暗号化された文書などは、もう片方の鍵でなければ解読できないという仕組みを持っています。インターネットなどでは「公開鍵」が配布され、「秘密鍵」自体は鍵を保有する本人が所有しているという形となるのです。

エクセルPDFワードで使用するために電子印鑑を透過で画像作成

電子取り引きは今後はさらに頻度が増してくる商法だと言えます。そのため、電子取り引きを可能とする印鑑や判子、シャチハタなどが透過で画像作成できるソフトなどが必要となります。
なぜ、判子や印鑑を透過で画像作成をさせる必要があるかといえば、word(ワード)・excel(エクセル)・pdfで書面を作ることが多いからです。word(ワード)・excel(エクセル)・pdfで書面を作る時、日付印・認印・角印・会社印・シャチハタといった判子類は、文字や伝票の上に重ねて捺印する必要があるからです。
word(ワード)・excel(エクセル)・pdfは多くの企業で導入されているソフトウェアです。また、word(ワード)・excel(エクセル)は利用方法も簡単で、比較的誰でも使用できるソフトウェアなので、透過で画像作成された印鑑やシャチハタなどの判子を乗せる作業を覚えやすいという特徴もあります。
一方で、word(ワード)・excel(エクセル)は、そのパソコンやバージョン、書式に依存してしまうため、体裁が崩れてしまったり、文字化けを起こしたりする場合があります。こういったトラブルを避けるためにもっともおすすめなのがpdf形式です。
pdf形式であれば書体や体裁が崩れることがありません。また、pdfは透過で画像作成された日付印や認印、角印、会社印といった判子やシャチハタも場所がずれたりしませんん。
テンプレートやフォーマットはword(ワード)・excel(エクセル)で作成し、透過で画像作成された日付印や認印、角印、会社印といった判子を捺印した後に、pdf作成ツールなどを利用して電子データ化して扱うと良いでしょう。

電子印鑑の作成は簡単で手軽に作ることができるツールを使用

電子印鑑・web印鑑・デジタル印鑑・アドイン印鑑などの印鑑や日付印・電子印といったはんこを作成する場合はソフトウェアやアプリといった、「はんこ作成ツール」の活用がおすすめです。
それは、一から電子印鑑・web印鑑・デジタル印鑑・アドイン印鑑などの印鑑や日付印・電子印といったはんこを作成するのは、非常に時間と手間がかかるからです。
また、作成するには画像編集ソフトウェアやシステムの使い方をよく理解していないと、簡単に作ることができず、最終的には全く使い物にならないはんこが作成されてしまうからです。
ましてや、電子印鑑・web印鑑・デジタル印鑑・アドイン印鑑などの印鑑や日付印・電子印といった、複数のはんこのテンプレートやフォーマットをソフトウェアを駆使して作成してみたものの、全て間違っていたなんていう結果だとしたら目も当てられません。
こういったトラブルを回避するためにも、比較的簡単で手軽に作ることができる、作成ツールとなるソフトウェアやアプリなどのシステムに頼るほうがおすすめなのです。

手軽なフリーソフトや機能の優れた有料ソフトで電子印鑑を作成

手軽に印鑑やはんこを作成しようと考えているのであれば、フリーソフトなどのソフトウェアがおすすめです。vectorや窓の杜で検索すれば、おすすめで人気の高いフリーソフトが簡単にダウンロードできるでしょう。
また、vectorや窓の杜といったダウンロードサイトでフリーのソフトを見つける時には、そのツールやアプリの使いやすさだけではなく、自分自身の使う用途にマッチしているか確認する必要があります。ランキングで人気が高いとか、おすすめランキングで上位だからという理由だけの比較では、用途にマッチしたソフトを見つけ出すことができません。ランキングはあくまでもランキングとして捉えておくと良いでしょう。
また、vectorや窓の杜といったフリーの無料ソフトだけで作成ツールを探すのではなく、有料のソフトも比較対象に入れるべきです。それは、クラウド機能や便利ツールなど、vectorや窓の杜で取り扱っているフリーのソフトやアプリだけでは補えない有益なツールやシステムが備わっているからです。
ただし、フリーの作成ツールで最も気をつけなければならない点があります。それは、フリーのツールやアプリで作り出した印鑑は、「職印」として認められないという点です。フリーの作成ツールで作成されたデータはあくまでも「認印」となってしまうのです。

電子印鑑の作成は用途でフリーソフトや有料ソフトを使い分ける

vectorや窓の杜などで、無料のフリーソフトランキングとして人気の高いツールの一つが「職印くん」です。職印くんは、vectorや窓の杜でも定番のはんこツールだと言えるでしょう。無料のフリーソフトでありながらも、数種類のフォーマットおよびテンプレートを備えている職印くんは、無料で認印を作成したい時にダウンロードしておきたいソフトです。職印くんはフリーソフトゆえの歯がゆさもありますが、それでも職印くんがランキングで人気なのは、ダウンロードして使ってみれば分かるでしょう。
職印を作りたいのであれば、無料のフリーソフトではなくシェアソフトを使用します。シェアソフトで有名なのが「パパッと電子印鑑」です。無料のアプリやフリーのソフトとは違い、システムも使いやすいのがパパッと電子印鑑の特徴です。パパッと電子印鑑はサポートもしっかりしていますし、本格的に電子印鑑などを活用するには、パパッと電子印鑑を導入するのがおすすめです。人気がありバージョンアップも行っています。また、人気があるのでユーザーも多く、インターネットで調べるだけで使い方が簡単にわかるはずです。
認印を作るだけであれば、職印くんをダウンロードして使うだけで十分ですし、それ以上の本格運用であればパパッと電子印鑑が必要です。ただし、職印くんとパパッと電子印鑑を比較するのではなく、それぞれの良いところを補いながらシステム運用していくのがおすすめだと言えるでしょう。どちらもダウンロードして入手し、テンプレートやフォーマットを使い分けて作成するようにしましょう。
また、作成した印鑑のテンプレートやフォーマットは、クラウドで管理するのもおすすめです。クラウドであれば誰でもアクセスできますし、万が一パソコンがクラッシュしてもクラウド上にデータが残っているからです。ただし、クラウドのメリットである「誰でもアクセスできる」という点が、セキュリティを脅かす可能性もあります。クラウドを利用するのであれば、まずは運用システムを身長に検討してからというのが正直なところでしょう。


ソフトやエクセルで電子印鑑を作成し押印する手間を省略

近頃は、電子印鑑(web印鑑)の需要が伸びています。別の名称でいうとweb印鑑、デジタル印鑑、アドイン印鑑などと呼ばれることもあります。会社印・角印・日付印などもその一つです。そもそも印鑑とはどんなものなのか、使い方の違いがわかりにくいと思っている人もいると思います。印鑑の違いについて、詳しく解説していきたいと思います。

電子データ上で実際の印鑑の変わりに使用できる電子印鑑

電子印鑑(web印鑑)や、デジタル印鑑、アドイン印鑑などの種類がありますが、そもそもの役割がわかりにくいと思っている人もいるのではないでしょうか。非接触の流れが進むに連れて、電子印鑑やweb印鑑、デジタル印鑑、アドイン印鑑、電子印と呼ばれることも。

電子印鑑

電子印鑑(web印鑑)はインターネット上の手続きができます。電子印鑑(web印鑑)でも通常の印鑑として使えることも多く、電子印鑑、デジタル印鑑、アドイン印鑑、電子印ならではのメリットもあります。

印鑑の名称の由来

そもそも「印」とは、象牙・水牛・オニキス・つげの木などを使って作られている印鑑になります・印西に文字や記号を彫りつけて、朱肉やスタンプインクを使って押印します。印鑑にはさまざまな役割があり、日付印・電子印・認印・角印・会社印なども種類として分類されます。

印鑑の種類

またどこのご家庭にもあるのが判子(はんこやハンコと表記されることも)やシャチハタなども印鑑です。一般的な印鑑を判子(はんこ・ハンコ)と呼ばれて親しまれています。日付印は会社などで使われることの多いものです。

印鑑の役割

印鑑の役割は契約書やその他の文章を作成するときに、最終的かつ確定的な意思表示を示すものになります。日付印・電子印・認印・角印・会社印などは書類に押して使うことも多く、見かける機会もあると思います。

印鑑の照合不備

会社印・角印だけでなく、次にあらかじめ届けている印鑑と照合して、本人であることを証明するのも印鑑です。判子(はんこ・ハンコ)を使うことが多く、ちょっとした違いでも照合で不備が出てしまいます。

シャチハタ

ちなみにシャチハタは証明として使うことはできません。シャチハタで印鑑を押してしまうと不備になります。シャチハタは主に簡易的な印鑑を押すときに使われるものです。商品の受け取りの証拠として使われるのも判子(はんこ・ハンコ)やシャチハタです。シャチハタは持っていると便利ですね。

電子印鑑のソフトを使いこなす

印鑑の役割も、ソフト(ソフトウェア・フリーソフト)を使った、ツールやアプリなどのシステムを使いこなしてくださいね。印鑑の電子データはもちろん、画像作成、透過に対応した作成ツールもあります。

フリーダウンロードのものでも十分

フリー(無料)ダウンロードでも十分に使いこなせるはずです。違いを比較するためにはWord(oukワード)、Excel(エクセル)のテンプレートやフォーマットを使うのをおすすめします。クラウドによる簡単にできるものもありますし、人気を比較するおすすめランキングなどもあります。
Pdf、vectorなどの違いや、窓の社、パパっとや職印くんなどの違いも比較してくださいね。

銀行の手続き等で多用される実印・認印・銀行印などの違い

銀行の手続きなどで使われることが多いのが、実印・認印・銀行印になります。日付印などは使われません。実印はあらかじめ区役所に登録してあるものになり、印鑑証明書の交付を受けるものです。会社の場合は、会社印もありますし、角印などが使われることもあります。

認印

会社員と比較すると認印はもっと手軽な日付印のようなものです。会社印・角印とは違い認印は実印以外のものを言います。認印は1人で何個所有していてもいい判子(はんこ・ハンコ)になり、家族それぞれ異なる認印を持っている人もいます。

実印の認印差異

判子(はんこ・ハンコ)は種類によっても違います。実印と認印では法的効力に差異があるのでしょうか。結論で言えば、実印も認印も本人が押印したことが証明されれば効力には差異がありません。実印は本人が押印したことを証明するのが、より容易になります。官公庁などの登記や登録をする場合は、実印が求められます。

銀行印

銀行印は銀行の取引や預金の引き出し、手形・小切手の振り出しができるようになります。銀行印が押されていると権限のない人でも、銀行は一切の責任を負いません。そのため、認印とは似ていますが、別に保管したほうがいいと思います。デジタル印鑑や、アドイン印鑑、電子印などはその危険性が少なくなります。デジタル印鑑、アドイン印鑑、電子印は今後、より需要が高まっていくと予想されています。

フリーソフトやアプリを使いこなす

実印・認印・銀行印の違いは、ソフト(ソフトウェア・フリーソフト)を使いこなすこと、アプリやツールなどのシステムもあります。無料(フリー)ダウンロードにも対応していますし、Excel(エクセル)やWord(oukワード)などの違いも。簡単に使えるのがクラウドになりますし、人気比較ランキングを使うのもおすすめです。

電子印鑑を活用する

電子データを使えば、画像作成や透過も使えますし、窓の社や職印くん、パパっとなども最適ですので使いこなしてみてくださいね。それぞれに違いもあり特徴を比較できると、わかりやすいのではないでしょうか。使っている人の技術によっても使いやすさの違いがあります。

各場面でさまざまな使い方がある印鑑・電子印鑑の正しい使い方

印鑑のなかでも氏名を書いたあとに押印することもあります。氏名の最後の文字と接するか、もしくは接しないかぐらいの位置に押すのがポイントです。印彰が上下逆さまになっているものも有効ですし、複雑なものだと気付かないこともあります。

契約印

また、契約印は、契約書が二枚以上になる前に同一の契約者であることを証明するものです。契印は両方のページの見開きに半分ずつまたがるように押します。必ず一枚ずつ押すこと、署名のあとの印鑑と同じものである条件などもあります。

同一であることを証明

他にも割り印が契約書の正本と副本、原本の写しのように同じ文章を作成したときに同一であるものを証明する印鑑です。訂正印は契約書に記載した文字を書き直したり、書き加えたり、削除したときに押します。

訂正した証明

権限のあるものが確かにそのように訂正したものを証明するためです。ステインは、あとで訂正が必要になった場合に利用できるように、契約書の欄外に押しておく印鑑です。さらに、契約書に余白が生じたときの止め印などもあります。

印鑑の使い方の違い

印鑑の使い方の違いも、ソフト(ソフトウェア・フリーソフト)を使うのが最適です。ツールやアプリなどのシステムも使ってみるとわかることがあると思います。Excel(エクセル)やWord(oukワード)を使う方法もありますし、テンプレートやフォーマットを試してみてくださいね。

電子印鑑のフリーソフト

フリー(無料)ダウンロードもできるなど、初心者にも使いこなせるはずです。画像作成はもちろん、電子データや作成ツールなどもあります。透過もアプリを使えば簡単です。簡単に使えるクラウドの違いも、人気おすすめ比較ランキングが最適です。

印鑑の種類や役割を覚えて電子印鑑を実際に電子ファイルで活用

電子印鑑も含め、印鑑の種類や役割も覚えておきましょう。ソフトといっても、ソフトウェアやフリーソフトなどもありますし、アプリやツールなどのシステムもあります。フリー(無料)ダウンロードでも使えるので、有料ではないからこそ誰でも使えます。

エクセルのテンプレートやクラウドを使う

エクセル(Excel)などのテンプレートやフォーマットを使った方法もありますし、Word(oukワード)はもちろん、簡単な人気クラウドのおすすめ比較ランキングなども使えます。電子データをいかに使いこなせば、画像作成や電子データや作成ツールなどもあります。電子印鑑との違いについても、しっかりと把握しておきましょう。


電子印鑑をフリーソフトで作成し捺印作業を効率化

エクセルpdfワードなどには電子印鑑を活用する時代に

ペーパレス化に伴って文書は電子文書へと変わってきましたが、紙の商習慣を変えるのは難しく、例えば、取引確認書の場合、実際の取り引きや法律上は不要でも、紙のように印鑑を必要とします。そこで捺印欄に押されるのが電子印鑑です。電子印鑑は、製作メーカーが広める意味から、デジタル印鑑、web印鑑など複数の呼び方をしていますが、効力は全く同じです。電子印鑑、デジタル印鑑、web印鑑は、無料のフリーソフトで作るものから、有料の高度なソフトウェア技術で作るものまで、文書の用途に応じてさまざまです。

ハンコ、はんこ、判子の名称区別

一般的に印鑑とハンコは同じですが、印鑑の方がやや硬い表現という認識でしょう。印鑑の辞書で引くと、はんこ、印、銀行などに届け出る印影などと書かれています。
ハンコは正式には、印章と言われ、ハンコを押したときに朱肉が紙に残りますが、それが印影です。また、ハンコとはんこはまったく同じ意味で、書き分け方もありません。ハンコとはんこは、好みの違いでしょうか?さらに、判子は当て字で全く意味はありません。判子という言葉はネット上でほとんど見かけません。
ちなみにシャチハタがハンコとして一般的ですが、インク付きの認印というもので、簡単に押印できます。ただし、誰が使っても同じような認印となるため、シャチハタは単に確認したという意味での認印でしょう。なお、シャチハタという企業名で本格的な印鑑を作る会社があり、こちらの会社名からシャチハタが広まったと言われています。

会社の代表者印はフリーソフトより有料の専用ソフトで

株式会社、合資会社、有限会社など会社の形態はさまざまですが、会社を登記する際には、法務局に会社の印鑑を届け出なければなりません。この届出印を代表者印と言い、いわば会社の実印です。これを丸印または代表者印と言い、登記申請・株式発行・契約書作成時など重要な場面で使用されます。
代表者印は、1cm以上3cm以内の正方形に収まる丸型の印鑑で、円の中心に代表社役職名、円の外側に社名が入った印鑑です。
丸印を無料のフリーソフトで作ることは難しく、有料の専用ソフトウェアが必要ですが、届け出はできません。

会社印をフリーソフトや電子印作成ソフトで作成

会社印は、会社名が「日本会社之印」のように入っている印鑑で、四角い印鑑が使われるため、角印と呼ばれます。角印の大きさは一辺が2〜3cmで、会社の外部に対して発行する文書、請求書や領収書に使われます。角印で作られる会社印は、認印の1種です。代表者印のように印鑑証明書の発行はなく、代表者印とは重要度が異なります。
角印のデジタル印鑑はフリーソフトを含め、電子印作成ソフトが多くあります。単なる認印として使う角印であれば、電子印で良いのですが、会社としての代表的な書類は、デジタル文書が少ないため、現在は会社印としての角印にはデジタル印鑑の用途は少ないでしょう。

銀行印

銀行印とは、銀行と取引するための印鑑で、銀行と当座取引で必要とする印鑑です。当座取引をするときには、銀行に印鑑を届け、その印鑑で預金を払い戻したり、手形や小切手の振り出しに使います。銀行は、届け出た印鑑の印影の部分を届け出印としていて、印鑑そのもの(印章)を届出印としていません。
銀行印も届け出するため、デジタル印鑑は使えません。

役職者印などを電子印鑑で運用する際の注意点

役職者印は、役職者名、例えば専務・支店長・部長・課長・係長などの役職名が入った印鑑で、会社の認印の一つです。役職者印でも取引内容や文書内容によって、会社の代表となりうる権限を持ちます。例えば、部長がある範囲の取引については全ての会社の代理権がある場合です。この場合、取引先側は、役職者印の入った書類であれば、取引に不安はなく取引が行われます。
法律上、支店長や営業所所長は、支配人で、営業に関する裁判も含め全ての行為を、行う権限を持っています。そのため、支店長は、支店や営業所での全ての法律行為を実施できます。そのため、支店長の名義として支店の誰かが印鑑を押したり、法律の行為を行った時には、契約が効力を持ちます。
したがって、支店長が、無料のフリーソフトで印鑑を作り電子文書に捺印していた時、支店の誰かが同じようなフリーソフトで全く同じ印鑑を作り、契約の電子文書に捺印しても、それは実行力を持つことになります。それなりに地位のある人が、電子印鑑を持つときは、絶対に印鑑のコピーができないソフトウェアを使って、電子印を作り運用することがおすすめです。
役職になくとも、一般社員が自身の認印も、取引先に電子データを送るときには、必要になります。自身の認印でも自身独自の認印を持ちたいものです。また、普通文書をもらっときは日付印を押すため、電子データでも日付印が必要でしょう。

電子印鑑を運用時のエクセルpdfワードなどでのトラブル例

ビジネス上の印鑑トラブルの事例に、許可なく会社の印鑑を、ワード(word)の契約書などに押印することです。問題が起きれば会社の責任問題となります。
そのため、会社内の印鑑に対し取扱規定を設け、印鑑の保管場所と責任者を定め、印鑑簿に捺印の記録をとる運用が一般的です。
電子印鑑についても同じで、課長の認印を、誰でも勝手に使えると、課長が知らないワード(word)の契約文書に課長認印が押されて契約が行われ、契約上不都合が出て責任の所在が不明という場合が起こります。
これも無料のエクセル(excel)などのフリーソフトで簡単な電子印鑑を作成し運用すれば、エクセル(excel)に手慣れた人なら同じソフトをダウンロードし、簡単にコピーを作成できてしまいます。それを避けるには、簡単にコピーできない仕組みか、専用ソフトウェアで作る電子印がおすすめです。

電信印鑑をエクセルpdfワードで作成する方法

電子印鑑は、私たちが使っている文書形式、ワード(word)、エクセル(excel)、pdfで簡単に作ることができます。ワード(word)、エクセル(excel)、pdfで作る電子印は、ハンコの形の画像です。丸もしくは四角の中に名前の印影を描いた作成ツールで画像作成し、保存するだけです。テンプレートを使えばより簡単です。苗字などの電子データも豊富です。アドインを使えば普段使わない電子データも手に入ります。フォントの形式、サイズなどフォーマットが決まっているため、フォーマットとテンプレートを組合せ工夫することで、オリジナルの認印ができます。
作成ツールを使いツールに沿った簡単な作りでは、簡単にコピーが作れ、自分のハンコと同じ認印が押された電子文書が出回ってしまうため、注意が必要です。また、画像作成時の注意点は、透過させることです。通常の画像作成では、背景が白になってしまい、ガラのついた電子文書に電子印を押すと、白の背景となって不自然になるため、画像作成時に背景を透明とする透過処理作成ツールを利用することがポイントです。
オリジナルな印影のデジタル印鑑とする方法に、実際のハンコの印影を画像とするため、紙に押したハンコをデジタルスキャンして印影を得ます。このときも、透過処理には注意しましょう。

電子印鑑をフリーソフトや有料ソフトで作成する方法

オリジナルの独自の電子印鑑の作成法は、有料の電子印鑑作成ソフトウェアを使用してデジタル印鑑を作る方法です。電子印鑑の作成ソフトは、ランキングで検索すれば、PC用ソフトやスマホ用アプリなどが、色々なランキングサイトに出てきます。人気のソフトやアプリはどこのランキンでも上位に有りますので、試してみることがおすすめです。ほとんどが試用期間や制限を持って使うことができるため、ダウンロードして使って比較すれば、自分に合ったソフトウェアが見つかります。
その一つ、パパッとは、電子印鑑作成ソフトの1つです。作成種類に限りがあるパパッとフリー版と、機能が充実したパパッとPRO版があります。簡単な操作と高機能が特徴です。
職印くん32は、フリーソフトで、職印を作成しクリップボードに転送し、ワード(word)などに貼り付けて使います。
また、エクセル(excel)を使った電子印鑑作成ソフトが、ランキングサイトを含め、人気のソフトとして紹介されています。いずれも無料のフリーソフトが多く、使い方が簡単で、エクセル(excel)のアドイン機能から簡単に作成できるのが特徴です。
また、vectorや窓の杜のフリーソフトのサイトには、無料、有料を含め多くのフリーソフトがランキングされていて、vectorや窓の杜の印鑑ソフトから簡単に良いソフトを見つけることができます。vectorや窓の杜からダウンロードまたは作者のサイトへ飛ぶことができ、ソフトの詳細を知ることも可能です。

クラウド上でエクセルpdfワードは電子印鑑捺印で運用

クラウドでシステムを構築すると、電子印鑑はクラウドでの作成・書類回覧のシステムとなり、パソコン・スマホからクラウドシステムにアクセスでき、作成したワード(word)文書をクラウド上から捺印し、pdf化して客先へと配布できます。また、提出された報告書に、部長が出張先から閲覧し、デジタル印鑑で捺印できます。
スマホの電子印鑑アプリは、多くのアプリが無料版や有料版が公開され、画像フォーマットがほぼ同じなので、簡単な操作で認印が作れます。




タイトルとURLをコピーしました