作業工程表 フリーソフト/エクセル工事工程表




作業工程表のフリーソフトです。
工程表の作成ソフトは、作業工程表、ガンチャート工程表、ネットワーク工程表、実施工程表、工事工程表、テンプレートなどが作成できます。
無料ソフトウェアでも、人気有料アプリと同じように使えますからおすすめです。クラウドからダウンロードしてみてください。




目次

工程表 フリーソフト

簡単 Excel 工程表 (フリーウェア版)

簡単 Excel 工程表 (フリーウェア版)

バーチャート工程表を作成する為の人気ソフトです。土曜・日曜・祝日表示可能な表作成機能を搭載しています。誰にでも簡単に作図出来るバーチャート式エクセル工程表です。特定のブック上でしか動作しないのではなく、どのようなスタイルのエクセルブック上でも作図可能です。こちらは無料版のダウンロードです。

ガントチャート for Excel

ガントチャート for Excel

Excelで動作する工程表作成マクロです。日付を変更するとチャートを自動で再描画します。各分類・担当別に工程を区分けして表示します。最大10階層の工程を階層化し管理ができます。チャートの色、太さを自由に設定でき、イナズマ線を同時に20本まで描画できます。

工程表作成支援 Smart Plan

工程表作成支援 Smart Plan

手書き感覚でバーチャート工程表、ネットワーク工程表が作成できるソフトです。2週間、3週間、1ケ月、2ケ月、3ケ月用の5種類の入力フォームが作成済みで、すぐに工程表の作成ができます。開始日は任意の日付に設定でき、日曜祝日、振替休日の網掛け・クラウドにも対応しますので、おすすめです。

エクセル 工程図

エクセル 工程図

これひとつで工程表作成、ネットワーク図・バーチャート作図、工種入力等が比較的簡単にできます。家屋の平面図、フローチャート等も作成できるように部品登録機能、面取りの有無機能、オートシェイプ機能、描画後の図形調整ツールバー等のいろいろな機能を満載しています。

 


工程表作成のフリーソフト集

工程表作成のフリーソフト集/工程表作成ソフトウェアは、ガンチャート工程表、ネットワーク工程表、工事工程表、実施工程表、バーチャート工程表、週間工程表、月間工程表、簡易工程表、フローチャート・ランキングなど。Excel・エクセルによる日付自動割付、土曜・日曜・祝日表示、休日考慮、日数指定機能など。

【 工程表 】のフリーソフト

[NOMBO]
工事進捗状況表、工事写真帳作成ツール、工程表、電子印鑑、積算ソフト、ExcelVBAアドイン、Webリンクチェッカーなど。

[黒王リファルソフト]
施工体制台帳、ゼネコンマニュアル、建設工事現場のFAX送信状、現場所長の帳簿、原価管理、実行予算や支払いの差し引き簿、工程管理、ネットワーク工程表、バーチャート工程表、テンプレートなど。

[小堀 浩]
手書き感覚でネットワーク工程表の作成ができるアプリです。

[ナッカンファミリー]
工程表ツールは、パターン指定可、休日を考慮、日数指定で 長期工程表枠を自動作成します。工事写真帳作成ツールは、ファイル名を一括変更し、写真帳を作成、エクスプローラからドラッグ&ドロップで簡単貼付けできます。

[System Watanabe]
工程表は、Excelでガンチャート工程表を簡単作成できます。

[h.arai]土木屋さんが作った簡易工程表。
土木屋さんが作った土木作業日報、工程管理。

[itochan]
エクセルフォーマットで工程図・予定表・特性要因図等が簡単に作成できる。エクセルで工程図の全作業(工程表作成、ネットワーク図・バーチャート作図、工種入力等)が比較的簡単にできる。エクセルで簡単にはがきが作成でき、年賀状もOK。

[鴫原 剛]
エクセルフォーマットを利用して簡単にネットワーク工程表の作図、工種入力ができる。出来形管理表から取りまとめ図、管理図を作成します。データーシートから空気量、スランプ等の取りまとめ図を作成します。作業員名簿の作成など。

[Hottokes_Otottan]
ネットワーク工程図は、エクセルで、簡単に表作成、工種入力、工程図形を行う。

[taro]
簡易工程表は、6ヶ月・月間・週間・24時間工程表の4種類で構成でき、日付・時刻を自動割付する。
配管摩擦抵抗計算(給水編)は、建物の給水配管の配管摩擦抵抗より、給水ポンプ揚程・ランキングなどを算出する。

[イチホコンピュータ]
多機能工事台帳によろ建設会社の情報管理。工程表の作成・実行予算・出来高管理・日報管理もできる現場監督者必携ツール。建設工事業事務処理の効率化と正確な原価把握ができる工事原価管理システム。汎用階層型見積書作成システムにより見積書・予算書・注文書を簡単に作成。

[ymatsu]
バーチャート工程表は、Excelセルをタイムスケジュールで分割描写し、週間工程表・月間工程表が作成できる。

[プラスワン]
エクセルかんたん工程表は、建築みつも郎からバーチャート、金額付きで6階層はそのまんま線引きできます。

[土楽]
日誌を入力して工程表(バーチャート、出来高累計曲線)を作成。路線計算・通信・SIMA入出力・2次元図脳Rapidを使い3次元座標の取得。作成・作図など。





良い作業工程表をフリーソフトやエクセルを用いて作成

工程表は進捗が一目で理解でき効率向上につながるものを作成

工事現場や作業現場において、どの程度の進捗状況か一目で簡単に理解できるよう工程表を作成します。
工程表は、建設工事であれば工事工程表を、作業現場であれば作業工程表、ネットワーク工事であればネットワーク工程表、実施計画に伴う大枠での工程表であれば実施工程表といったように、それぞれに呼び方は色々とあります。
工事工程表・作業工程表・ネットワーク工程表そして実施工程表など、どういった工程表であったとしても、簡単でかつ分かりやすい工程表でなければなりません。それは、簡単に短時間で効率良く工程表を確認することは、工程管理をする上で非常に有益な手法だからです。

簡単で見やすくないと作業工程表は工程管理ツールとなりえない

工事工程表・作業工程表・ネットワーク工程表そして実施工程表など、どの工程表においても「簡単で見やすい」というのは基本です。簡単で見やすくなければ工程管理の妨げとなりますし、そもそも工程管理としての役割すらもたらせない可能性があるのです。
そして、工程表の作成方法や工程表の有効な使い方を知らず、放置されているという場面も少なくありません。工程表を作成した理由が、工程管理のツールとして作成したのではなく、他社の真似事であったりただ言われたからだという場合もあるなど、その活用方法を知らなすぎるのです。

良い作業工程表は品質管理やサービスの向上にもつながる

工程表は、工程管理を行う上で非常に有益なツールとなるだけではありません。品質管理やサービス管理においても工程表を導入し、しっかりと活用するだけで、比較にならないほど向上を促すツールなのです。
工程表には、工程ごとにどういった規格で何を確認するべきか、工程ごとの作業をどう実施するべきか、工程ごとにどういった記録を取るべきか、そして工程検査などの検査基準をはっきりと示すといった項目を必要とします。
また、こうした大まかな項目に加えて、工事工程表・作業工程表・ネットワーク工程表そして実施工程表などそれぞれの専門性に合わせた項目を追記していくと、より精度の高い工程表を作り上げることができるでしょう。
また、工程表を作成しておくことで、現場監督などの管理者が変更されたとしても、どういった工程が必要か一目で簡単に把握することができるのです。加えて、新人の教育資料としたり、外注品質保証への活用、納期管理といったさまざまなツールとして多岐に渡って活用が期待できるのです。

ISO9000シリーズ導入の作業量増は作業工程表で効率化し圧縮

ISO9000シリーズは現在の日本企業においては、品質システム規格として定着を見せています。
ISO9000シリーズの認証に取り組むことで、活動がオープンになるうえ品質向上に対して努力を行っているという企業イメージが持たれるようになります。
一部ではISO9000シリーズを導入するにあたって、品質システムの管理文書の増加や手続きが増えることでの仕事量の増加などが問題だと言われています。こうした諸問題の解決策として工程表の見直しをするのも一つの方法です。
効率化と生産性向上を狙い、全ての管理の中心に工程表を置き、工程管理においては監督などの代表者に一任してみるのもおすすめです。従来であれば各専門部署が独自で作成していた工程表を、社内で標準化し一元化するというのも良いでしょう。
また、工程表を品質計画書に流用するために、製品やプロジェクトおよび契約ごとに作成するといった方法や、作業標準書や製造規格などの文書番号明記、使用すべき設備名を明記するといった方法を取り入れても良いかもしれません。
いずれの場合においても、工程表を用いて作業効率と作業量の圧縮を図るように心がけると良いでしょう。

利用者の多いエクセルでエクセル工事工程表のフォーマット作成

工程表をexcel(エクセル)などでフォーマット・テンプレート作成してプリントアウトし、そのフォーマット・テンプレートをそれぞれの担当に渡すという方法を取り入れている現場も少なくありません。
もちろん、excel(エクセル)などで簡単にフォーマット・テンプレートを作ることができますし、これであればフォーマット・テンプレートを誰でもダウンロードして使用できるので簡単でおすすめしたいところです。
しかしながら、工事工程表・作業工程表・ネットワーク工程表そして実施工程表など、複数の工程表を一度に取り扱う必要がある場合、それぞれのフォーマット・テンプレートをexcel(エクセル)で作成して工程管理を行うのは簡単ではありません。また、工事工程表・作業工程表・ネットワーク工程表そして実施工程表など、それぞれの工程表をexcel(エクセル)でフォーマット・テンプレート作成するのは、相当労力が必要であまりおすすめとは言えないのです。

作業工程表は無料フリーソフトやエクセルのテンプレートを利用

こうした簡単ではない作業を効率化させる方法としておすすめなのが、工程表作成ツールとなるソフトウェアやアプリを活用することです。こうしたソフトウェアやアプリといったツールは、インターネットではフリーソフトとして無料でダウンロードすることが可能な場合が多いのもおすすめのポイントです。
しかしながら、作成ツールやアプリなどといったフリーソフトやシステムを導入する場合は、どういったソフトウェアを導入すればよいか迷ってしまします。自分自身でソフトやアプリを見つけ出し比較するにしても、ソフトウェアを探し出すのに時間がかかりますし、一つ一つダウンロードしてシステムを確認してとなると、とても効率が悪いのが正直なところです。
工程表作成ツールは、探せば探すほど無限にインターネットに存在します。全ての作成ツールをダウンロードしたり、それぞれのソフトウェアやアプリ・システムについて比較していては、自身で使用するソフトを選定するまでに膨大な時間がかかってしまうのです。
そこで比較を効率的にするために活用したいのが、人気のフリーソフトやアプリ・ツールといった比較をわかりやすくしているランキングです。作成ツールランキングには、ダウンロードランキングや人気ランキング、フリーソフトとシェアソフトといったソフトウェア毎に分かれたランキングを提供・比較しているものもあります。
こういったランキングによる工程表作成ツールソフトウェアの比較であれば、フリーソフトだけに絞ってソフトを考えたり、シェアソフトを含めてソフトを考えたりといった、状況に合わせた比較・検討を行うことができるでしょう。

作業工程表を作成するソフトを選ぶ際には事前に使用目的を考慮

フリーソフトであってもシェアソフトであっても、ランキングなどで比較をしてソフトを検討する時に気をつけたいポイントがあります。
それは、自分が必要としている機能がソフトに備わっているかというところです。いくら無料のソフトであったとしても、希望している機能が備わっていなければ意味がありません。ランキングで人気だけを頼りにして、無料のソフトやアプリをダウンロードしても、それは無駄な作業になってしまうのです。
そのためにも、excel(エクセル)の出力が必要だといった理由や、クラウドを用いて共有したいといった理由など、自分の用途に合わせた理由を把握しておく必要があります。こうした用途を把握せずに探した挙げく、いざ使いだしてみたら、希望としていたクラウド機能が備わっていなかったり、シェア数が少なく人気がなさすぎてソフトの情報が得られないといった問題が発生する場合もあるのです。
そして、もう一点は無料にこだわりすぎないとうところです。フリーにはフリーの良さがありますが、フリーや無料にこだわりすぎて、シェアウェアを検討対象から外してしまうのは選択肢を狭めてしまいます。最近のシェアウェアはクラウド機能が備わっていたり、一部ツールがフリーで提供されていたりします。こうした情報を収集した上で、フリーなのかシェアなのかを検討していくと良いでしょう。
あくまでも人気や無料と言った理由ではなく、自社のシステムにマッチした、フリーならフリーなりの機能性を、シェアであればシェアなりの機能性を期待して選ぶと良いでしょう。

作業工程表は使い方や意味を作業員全員が理解して効果発揮

工程表による工程管理は、作業現場などの計画をスムーズに実行させ、トラブルなどにも早急に対処することが可能となるでしょう。しかしながら気をつけたいのが、工程表は作って渡すだけというツールではありません。クラウドにexcel(エクセル)データをアップしておいたからとか、見れば分かるからといった適当な伝達では工程表はそのメリットを活かせません。
工程表を有益なツールとして活用したのであれば、クラウドにアップしたとか適当な説明ではなく、その使い方の詳細そしてその意味を徹底して説明することをおすすめします。簡単ではありませんが、説明を省いてしまうと、工程表がないがしろになってしまうからです。
人気が高いツールであったりクラウド機能が備わっているハイスペックなツールであったとしても、使い方一つで意味のないシステムになります。工程表の意味合いをよく理解して、ツールを有効に活用しながら作業を効率化するように心がけましょう。


作業効率を高める作業工程表や工事工程表を無料で作成

作業効率を高めるためにも必要なのが、工程表(作業工程表・実施工程表・ネットワーク工程表・工事工程表)ではないでしょうか。どのように工程管理を行うべきか、具体的なやり方がわからずに迷っている人もいると思います。作業工程表は実際に導入してみると、いかに情報を共有するためにも必要なのがわかると思います。工程表の作成ツールや必要性についても紹介したいと思います。

生産現場での作業工程表の作成ツールに欠かせない QC工程表

生産現場には数多くの使命があり、どれも簡単なものではありません。例えば、計画生産数量の達成はもちろん、品質の維持、製品品質の向上、納期遅れの解消、納期短縮の努力、計画通りのコストの維持、コストダウン、作業車の計画的教育と訓練、働く作業車の意欲向上、クレームの適切な対応の顧客満足、企業の利益確保なども工程表を考えるうえで必要事項といえるのではないでしょうか。

作業の標準化

これらの問題を解決するためにも必要なのが“作業の標準化”になります。専門用語でいうところの3Sと表現されることもあります。品物の種類や等級、形状や品質などはもちろん、設計方法や製造方法、放送方法など技術的事項について定めた標準や風格、基盤などの意味を持っています。

標準化ができていないと

作業の標準化ができていないと品質不良の多発、納期遅れの発生、コストアップ、労災の多発、作業者訓練に不便が続くと工程管理ができなくなり、工程表として正しく機能しなくなります。工程表といっても作業工程表・実施工程表・ネットワーク工程表・工事工程表などもあり、それぞれに作成ツールがあります。

エクセルのテンプレートや専用のソフトを使う方法

工程表にはExcel(エクセル)のテンプレートやフォーマットを使った管理方法もあります。専用のソフト(ソフトウェア・フリーソフト)などもありますし、ツールやアプリなどのシステムをどのように使うのかなどの問題もあります。

フリーのものを試してみる

フリー(無料)ダウンロードもあるので、まずは試してみるとわかりやすいと思います。ソフト選びに戸惑ったときも簡単に人気のあるクラウドを比較できるおすすめランキングなどもあります。どの方法がいいのか、比較しながら、決めてくださいね。

作業工程表で管理することでコストダウンや生産の安定に繋がる

作業の標準化が進むと工程の安定により不良品の減少、納期遅れの解消になります。コストダウンを図るのはもちろん、作業者が交代しても安定した生産に繋がります。作業者の多能化、作業改善にもなり企業のノウハウによって文章の形に残し、後世に伝えられます。

QC工程表

QC工程表(作業工程表・実施工程表・ネットワーク工程表・工事工程表)がないと、さまざまな問題になってしまいます。工程管理ができていないと品質保障の計画を体系的に表現する様式がなくなります。

QC工程表が無いと

生産工程のステップがわかりにくい、工程管理の管理方法がわからず品質特性や、使用する目的や目録がなくなります。記録様式がわからず、原因を追求するために調査の時間や手数がかかります。

工程表をどのように運用するか

工程表の問題もソフト(ソフトウェア・フリーソフト)などを使ってアプリやツールなどのシステムをどのように活かすのかが鍵になります。フリー(無料)ダウンロードで簡単にできるおすすめの人気ソフトや比較のランキングなどを参考にしてみてくださいね。

様々なタイプの工程表

工程表を作成するのに、どこでも確認できるクラウドタイプもありますし、Excel(エクセル)などのフォーマットやテンプレートを使う方法も存在します。アプリはもちろん、人気ソフト(ソフトウェア)は比較やランキングで実際に使った人の声を参考にするのが、一番おすすめの方法です。

経験や勘の工程管理にしないためにQR工程表には必須役割がある

ではQR工程表(作業工程表・実施工程表・ネットワーク工程表・工事工程表)にはなにか代わるものがないのか、気になるところですよね。作成ツールや工程管理がないと、経験や勘だけの工程管理になってしまいます。統一した様式がないこともあり、各職場で勝手な様式を作成するのが当たり前になっていました。

品質保証プログラムには通常QR工程表を使用

そもそも品質保証のプログラムを単純に表すためには、QR工程表以外の作成ツールはありません。作業標準書の目次でもあり目録の役割をしていること、作業者の配置にも欠かせない、作成ツールにはなりません。

不良品や労災にも対応しやすい

万が一、不良品が発生したときや労災発生時のような生産上のトラブルの原因の調査がやりやすい、作業改善がやりやすいなどの特徴もあります。また、新人に伝えるときの工程や作業の説明には必要なものになります。

納期の管理やコストダウンに役立つ工程表

得意先から品質保証文章としての工程管理や作成ツールにもなります。工程表(作業工程表・実施工程表・ネットワーク工程表・工事工程表)は、納期の管理をする、コストダウンにも必要な資料と言えるのではないでしょうか。

専用のソフトで工程表を作成

工程表ならではの役割も、専用のソフト(ソフトウェア・フリーソフト)を上手に使いこなすこと、便利なフリー(無料)ダウンロードなどのシステムやツールなどのアプリを試してみてくださいね。有料のものでなくてもフリー(無料)ダウンロードでも十分に活用できるはずですよ。

エクセルのテンプレートでエクセル工程表が作成できる

人気おすすめ比較ランキングや、簡単クラウドタイプなどもあります。今まで工程表を作成したことがない人は、Excel(エクセル)のテンプレートやフォーマットを使うと、誰でも簡単に作れるはずですよ。

QR工程表の様式は一定の様式がなく自由に決めているのが実情

工程表(作業工程表・実施工程表・ネットワーク工程表・工事工程表)には、パターンはなく一定の様式は存在しません。そのため、品質保証のプログラムとして自由に様式を決めているのが実情ともいえます。

QR工程表の様式

供給者は品質要求事項をどのように満たすかを定め、文章化していかなくてはいけません。この条件を満たしていれば各社で自由に決めることができると解釈することもできます。QR工程表の様式に必要なのは工程のステップや、各工程の管理点、各工程の管理方法などが必要になります。

工程と作業

ちなみに工程は原材料や部品が受ける加工やチェックのステップになります。次に作業は作業者が行う動作のことを言います。例えば、切削加工では材料のチェック・刃物セット・試し削り・測定・刃物の位置調整・再度測定・良品確認で1工程としています。装置工業は原材料の受ける変形、変質のステップを持って1工程としています。

QRの工程表はエクセルで作成できる

QRの工程表の様式はExcel(エクセル)のテンプレートやフォーマット、簡単なクラウドを活用する方法もあります。一言にソフトといってもソフトウェアやフリーソフト、ツールやアプリなどのシステムを使う方法もあります。

無料で機能が良いフリーソフト

フリー(無料)ダウンロードなどもあり、有料のものでなくても、十分に使いこなせるはずですよ。フリーソフトや簡単クラウドを使う方法も考えられますし、人気おすすめ比較ランキングなども試してみてくださいね。

ツールやフリーソフトを使いこなし効率が向上する作業工程表を

作業工程表についてもまずはその必要性についてわかってもらえたのではないでしょうか。作業効率を高めるためにも、工程表を作っておけば新人に伝えるときにも役立ちます。作業工程表についてはソフトウェアやフリーソフトなどのソフトや、システムやツールなどのアプリを使いこなせるようにしていきましょう。

無料アプリであっても十分な機能のものがある

無料(フリー)ダウンロードでも十分に使いこなせますし、Excel(エクセル)のテンプレートやフォーマット作成にも向いています。簡単なクラウドやシステムはもちろん、人気おすすめ比較ランキングなどもあります。作業工程表の違いについて、エクセルはもちろん、ランキングを使うと比較しやすくなりますので最適です。


フリーソフトやエクセル工事工程表での工程管理が効果的

工事に限らずプロジェクトで行う作業時は、決められた工事内に、契約通りに仕上げることがビジネスの基本です。そのために作業全体を工期内にかつ予算内に経済的に終えることが必要で、これが工程管理です。ここでは工事についての工程管理として、その手順は、所定の作業より先行して行う工事を調べ、作業を平行してできるのは何か、そのあとの作業は何でその作業間の関係を調べ、最後に作業ごとの必要日数を割り出します。これらをもとに工程表を作成し、工程表通りに作業が進むことを管理します。
大がかりな工事の行程を簡易する工程表は、専用の工程表作成ソフトウェアでないと、工事に関する工程管理、人事管理、経理管理を数人で行うのは難しいでしょう。しかし、小規模な作業工程は、フリーソフトやエクセルで作成した工程表で十分間に合います。これらのソフトウェアは有料、無料で公開されていますから、一度ダウンロードして使い易さを試すのがおすすめです。

現場で使う工程表はエクセル工事工程表やツールをダウンロード

工程表の様式には次のようなものはあります。
(1) ガントチャート
ガントチャートは各作業の完了点を100%として横軸に作業の達成度をとることで、現在のプロジェクトや工事の達成度が分かります。この工程表は作業を並べただけなので、各作業の関係がよくわからない、工事全体の進行度が分からないなどの欠点があります。
(2) バーチャート
バーチャートは横線式工程表とも呼ばれ、縦に作業名を、横に日付をとって、作業の始まりと終わりを横棒で結びます。この工程表の良い所は、作業の日数と施工日が分かること、作業間の関係が分かり易いことがあります。
(3) ネットワーク工程表
ネットワーク工程表は、ネットワーク手法のルールに基づいた工程表です。丸と矢線の組合せで工事工程を計画し、それぞれの工事作業が全体の工事工程で、どのような相互関係があるかを表す方式の工事工程表です。
ガントチャート、バーチャート、ネットワーク工程表ともにexcelを基にしたフリーソフトがダウンロード可能です。またテンプレートも多く自分に合ったものが選べます。作成ツールによって、簡単に線図を作成することができます。ただし、大規模な工事には向かないと思われ、excelのVBAやツールを使いやすくした高度な作成ツールが用意されたソフトウェアの方が良いでしょう。それほどのソフトウェアになると、無料での試験期間を設けているため、担当する工事にどこまで役立つか、ダウンロードして比較し評価するのが良いでしょう。

工事工程表の種類と各工程表の利点と欠点

工事工程表には、いくつかの種類があって、それぞれ利点と欠点があります。バーチャートでは、作業工程表(または実施工程表)として、作業ごとに項目と実施期間が示されています。作業員は、いつからいつまで担当工事をやればよいということで、資材・人材などの準備をします。
しかし、工事は計画通り進まないのが現実で、変更のたびに担当者は段取りの組み換えをします。そこで、バーチャートを作業工程表(または実施工程表)として、使用できるようにする方法が、バーチャートの棒内または下側に、どこまで進んだかの途中経過を記入することで、実際の作業工程表または実施工程表になり、毎日の工事に遅れがないかをチェックできます。
さらに、全体の作業工程表または実施工程表として工程管理を行うために、バーチャート工程表に、予定進度曲線を作成します。実施工程表は、作業ごとに工事進捗率が分かるため、全体の工事進捗を毎日書き込みます。さらに、実施工程表では予定と実施の進度に大きな差があるときは、原因を追究して工程を計画通りに戻るようにすることができます。

エクセル工事工程表やソフトで作る「ネットワーク工程表」

ネットワーク工程表は、丸と矢線の組合せた工程表で、それぞれの工事作業が全体の工事工程で、どのような相互関係があるかを表す工事工程表です。
例えば、⑤→⑦→⑩→⑮と書かれたネットワーク行程表は、⑤の工事が終えたら⑦の工事を始めるが、⑮の工事は、⑤、⑦、⑩の各工事が終わらないと始められないという工事工程の順番です。また、⑤の工事には⑧という工事にも矢線が行っているときは、⑩の工事を進めるためには、⑦の工事と、⑧工事が終えていないと⑩の工事が始められません。
このように、ネットワーク工程表では、工事と工事間の矢線が接続し合って、最初の工事から完成工事へとつながることで、全体の工事間の関係がよくわかり、工程管理がしやすくなります。
ネットワーク工程表を作成するexcelをベースとしたフリーソフトはいくつか見受けられます。作成ツールの量を増やしたり作成ツールを使いやすくしてやや高機能になると、シェアウェア化するものもありますが、それほど高額な価格のフリーソフトではありません。
しかし、ネットワーク工程表は、作成やや工程変更に簡単に対応できるだけでは、意味がありません。全体工程の遅れを取り戻すために、ネットワーク工程をAとするかBとするは、工期短縮がどちらが1日多いとかという問題のほかに、経済的コストを最小とするために、AとBで追加費用がどれだけ掛かり、人員の増員をどうするかまでを検討する必要があります。そこまでをexcelベースでやることは難しく、工程作成専用ソフトウェアを採用する方がおすすめです。

エクセル工事工程表やフリーソフトで作業工程表作成のポイント

工程表を作成するソフトは、いわゆる、ピンからキリまであります。ピンは、エクセルをベースとしたガントチャートやバーチャートなど、フリーソフトを含め工程表を作成するもので、エクセルソフトによってはテンプレートや作成ツールが充実しています。キリは、大規模な工事現場で使う工程表作成ソフトで、お金や人員を管理するソフトを含むか連携しシステム化した工程表管理ソフトです。工程管理テンプレートを操作するフォーマットが決まっているため、多数の関係者が同じ工程を見たり変更できるような管理が特徴でしょう。
工事現場も100m程度の道路の舗装工事専門を数人で行う工事、大規模なビルを建設する工事と、工事規模にもいろいろな工事があります。
したがって、工事規模に合った工事工程表作成ソフトを使うのが一番使いやすいことでしょう。無料のフリーソフトをダウンロードして使うことで十分という工程管理者もいれば、結構な値段もするが大規模なシステムを導入した方が、使い勝手が良いという工程管理者もいます。テンプレートや作成ツールが豊富で自身の担当する工事に見合ったソフトを導入することがおすすめです。
工程表作成ソフトのランキングから、無料・有料に関わらず上位の人気ソフトを選んでいけば、試用ができるソフトも多いので、使い勝手や作成ツールの便利さなどが試せるのが、魅力です。

クラウドでフリーソフトを使った工事工程表による管理

工程表作成は工事現場のパソコンから、クラウドでの作成へと変化しています。クラウドで工程表を作成すると、クラウドシステムのソフトウェアにアクセスできる工事関係者は工事工程表を見たり、変更することが可能です。もちろんクラウドの工事関係ファイルへのアクセス権限は、厳格になっています。
クラウドによる工程表管理の魅力は、パソコンだけでなくスマートフォンからも工程管理が簡単にできることです。クラウドシステムとスマホを使った工程表管理として、スマホアプリで工程状況確認する、資材調達先からスマホアプリで納期を確認や変更するなどの使い方ができます。また、クラウドソフトウェアに工事の協力会社から担当する工事を確認できることで、協力会社が工事の人員や資材などの調整を図ることや、顧客との工程変更を検討することが可能です。
スマホの工程作成アプリは、google、appleともに多くのアプリが、無料版や有料版が公開されています。スマホアプリでの使い方として、工程管理のほかに、チャットによるコミュニケーション、工事現場写真の送信、検査項目記録など豊富です。機能のフォーマットがほぼ決まっているため、誰でも簡単に操作できます。アプリには有料版と無料版がありますが、機能としては有料版が多いようです。ダウンロードして一定期間無料体験が可能なアプリが多く、ランキングサイトからいくつか人気のアプリを比較するために、試す価値はありそうです。




タイトルとURLをコピーしました