在庫管理のフリーソフト・エクセルテンプレート

販売管理・在庫管理




おすすめの在庫管理のフリーソフト・エクセルテンプレートです。
入出庫履歴、在庫一覧表、在庫管理表、在庫管理票、在庫表、在庫確認表、在庫チェック表、入庫管理表、在庫棚卸表、部品構成表、取引先別合計表を作成し、最新の在庫状況が把握できます。物品、事務用品等の入庫数・出庫数・在庫数を管理する、発注書の作成や発注残の把握もできる、無料の人気ソフトやテンプレートがwebからダウンロードできます。シンプルな在庫管理システムもおすすめします。
また、zaicoのようにpcだけではなく、クラウドを使ってスマートフォン・web・ipad・iphone・android・アンドロイドなどでアクセスできるものもあります。access(アクセス)やexcel(エクセル)・スプレッドシート・posを使ったソフトも多いです。
スプレッドシートなら、qrコードやバーコードも登録でき、簡単に在庫管理が可能です。
Excelでピボットテーブルを使うのも良いでしょう。




目次

在庫管理のフリーソフト・エクセルテンプレート

エクセル 在庫管理 Shelf

エクセル 在庫管理 Shelf

マクロで動作する在庫管理・発注在庫管理・部品管理システムです。更新処理不要で外部データインポート機能も実装しています。管理資料作成時に煩雑な日次・月次更新を行わずに運用することができます。棚卸記入表・棚卸一覧表・在庫月報・入出庫台帳・在庫確認表・在庫チェック表・在庫棚卸表・在庫リストなどが作成でき、人気です。備品・消耗品・アパレル・食材・食品などにどうぞ。

在庫管理ツール

在庫管理ツール

個人事業・SOHO向けの在庫管理・発注在庫管理ツールです。ついている標準機能は、使い勝手の良さだけでなく、作業時間を短縮することができます。いろいろな機能が搭載されているので編集が簡単にでき、操作性が向上します。操作性にも優れているため、初心者でも安心して使えるため、人気です。在庫確認表・在庫チェック表・在庫棚卸表・在庫リスト・ピボットテーブルなどが作れます。見本・サンプル・実例もわかりやすいです。

かんたん 在庫管理 2

かんたん 在庫管理 2

Access(アクセス)フォーマットで動作する、シンプルでわかりやすい在庫管理ソフト(2)です。小売業では商品、製造業では備品・消耗品・アパレル・スマートフォン・pc・ipad・iphone・android・アンドロイド・原材料・部品・半製品・完成品・資材等、管理したい物品の入出庫データを入力することによって現在の在庫状況や入出庫実績などが確認できます。

在庫管理 1Y

在庫管理 1Y

前残・入庫・出庫そして在庫だけで管理する、多月棚卸用のEXCEL版在庫管理ソフトです。純粋に「入庫」と伝票単位での「出庫」及び「前残」を含めての差分となる「在庫」の管理だけに機能を絞っています。操作性・機能性にすぐれた便利な無料ソフトです。

単簡 EXCEL 在庫管理

単簡 EXCEL 在庫管理

Excelフォーマットによる部品の簡易在庫管理ソフトがクラウドからダウンロードできます。指定日付の部品在庫数一覧をリストアップします。分類別に指定日付の部品在庫数一覧をリストアップします。期間を指定して在庫状態をリストアップします。在庫管理表で総合的な管理や在庫分析ができ、手間のかかる作業を簡単に行えるうえ、適正在庫がわかります。在庫確認表・在庫チェック表・在庫棚卸表・在庫リスト・入庫管理表・比較・ランキングなど。

在庫管理 1

在庫管理 1

前残・入庫・出庫そして在庫だけで管理するEXCEL版在庫管理・発注在庫管理ソフトです。純粋に「入庫」と伝票単位での「出庫」及び「前残」を含めての差分となる「在庫」の管理だけに機能を絞っています。シンプルながらほしい機能はしっかり搭載された、在庫管理票として使い勝手の良いソフトなので人気です。備品・消耗品・アパレル・食材・食品などにどうぞ。

ラクラク 商品管理

ラクラク 商品管理

Excelフォーマットを利用して在庫管理を支援をするソフトがクラウドからダウンロードできます。商品の在庫数を把握することができます。データベースにて自動で在庫数が計算されて、必要な時に確認ができます。ついている標準機能は、使い勝手の良さだけでなく、作業時間を短縮することができ、おすすめできます。在庫確認表・在庫チェック表・在庫棚卸表・在庫リスト・部品構成表・入庫管理表などがあります。

ちょ~簡単 在庫管理

ちょ~簡単 在庫管理

使いやすさを追求した、シンプルなかつ本格的な在庫管理票による在庫管理・部品管理ソフトです。仕入・売上伝票入力はオプションを登録しておく事で簡単に入力する事が可能です。仕入情報検索や現在庫や期間指定在庫の確認・販売情報検索、期間指定での合計請求書などが行えます。

超~簡単 在庫管理 (製造業版)

超~簡単 在庫管理 (製造業版)

使いやすさを追求した、シンプルかつ高機能な製造業向け在庫管理システムで、おすすめです。仕入・売上伝票入力はオプションを登録しておく事で簡単に入力する事が可能です。社内加工品・仕掛品・製品の生産情報を入力する事で部材の引き落としが自動に行えます。

シンプルだけど本格的な在庫管理

シンプルだけど本格的な在庫管理
日々の入出庫を登録するだけで、簡単に最新の在庫状況を把握することができます。棚卸機能としては、棚卸入力、確定処理、棚卸結果表示・印刷、棚卸記入用紙印刷が搭載されています。印刷可能な項目は、入出庫履歴、在庫一覧表、取引先別合計表となっています。シンプルでありながらも本格的な在庫管理が可能となっているので、毎日の業務であっても負担を増やすことはありません。

Excel シンプル在庫かんり

Excel シンプル在庫かんり
入庫・出庫したときに、事前に登録しておいたコードと数量を入力するだけで在庫管理を行うことができるフリーソフトです。事前に任意の物品コードを登録しておくことで、入庫・出庫時に、物品コード、数量、日付の入力を行うだけで在庫管理を可能とします。日付から月末の在庫数を調べたり、全在庫の総額を瞬時に調べたりすることもできます。シンプルで使いやすいソフトです。

簡単売上・仕入管理 For EXCEL

簡単売上・仕入管理 For EXCEL
エクセルで売上および仕入れ管理を行えるフリーソフトです。売上管理表・仕入管理表・在庫管理表・粗利益・粗利益率・グラフ表示を連動させることができます。インストールを行う必要がないので、ダウンロードをしてすぐにソフトを起動し使用することが可能です。また、直感的にソフトを使用できるよう作成されているので、エクセルが苦手な方でも比較的簡単に扱うことが可能です。

ミニ在庫管理

ミニ在庫管理
在庫を数えるだけのシンプルな作りのフリーソフトです。ソフトはエクセルで作成されているため、エクセルが使えるユーザーであれば、使い方に迷うことなく使用することが可能です。在庫管理を行うことで、業務の効率が向上するだけではなく、会社の売上向上など、会社が成長する重要なポイントを補うことができます。こちらのソフトは、煩わしい手間をすべて省いたシンプルなソフトです。

生産現場の進捗管理.xls

生産現場の進捗管理.xls
製造現場担当者向けのフリーソフトです。進捗、在庫管理が可能です。また、データーをエクセルで保管することができます。生産進捗確認と入力データーの確認ができるので、記帳や集計といった煩わしい管理から開放されるはずです。シートのデーターはエクセルで活用可能となっているので、さまざまなデータ分析に活用することができ、戦略的な在庫管理などを行うことができるでしょう。




会社の成長には、在庫管理が重要

ビジネスの基本は、商品の仕入れをして販売することです。商品を販売することで利益が発生します。そのため、仕入れや販売を管理することを重視しがちですが、在庫管理も同じように重要です。在庫の数を把握することで、売れ筋商品の在庫がなく、販売チャンスを逃したり、逆に在庫があるのに仕入れを行い、在庫過多になったりすることを防ぎます。また、毎月のきちんとした利益を計算し、経営計画を立てる場合は、売上原価を計算する必要があります。売上原価は、仕入金額から棚卸金額を調整して計算するため、在庫管理をして棚卸の数字を把握しておくことが必須です。つまり、会社を成長させるためには、在庫管理・発注在庫管理が重要なのです。
商品の数が多くなると、手作業で在庫管理をすることは不可能。そこで在庫管理ソフトの出番です。在庫管理ソフトを使用すると、入出庫の都度、履歴を残したり、在庫一覧表や在庫表、在庫管理表、在庫管理票、取引先別合計表などの管理用資料を作成できたり、バーコード・qrコード対応だったりと、たくさんのメリットがありますので、おすすめです。
在庫共有や倉庫の状態、倉庫ロケーションに出荷、先入れ先出しという基本的な部分もカバーできます。
備品・消耗品・アパレル・食材・食品など、なんでも使えます。在庫リストから在庫分析をし、比較・ランキングを作り、適正在庫を導きましょう。
zaicoなどの有料ソフトをいきなり使うより、まずは無料アプリやテンプレートからダウンロードしてみてください。見本・サンプル・実例も載っています。


在庫管理の手法

在庫管理について正しく理解できていますか?一言に在庫管理といっても、販売在庫管理もあれば、発注在庫管理などもあります。在庫管理はあくまでも正確な在庫数を管理することでもあります。在庫管理表(在庫管理票)を使い、適正在庫を出しつつ在庫分析をしています。在庫管理、在庫管理表、在庫チェック表とは具体的にどんなことをするのか、説明したいと思います。

在庫(販売在庫管理・発注在庫管理)は、あくまでも在庫数(在庫表)や入出庫管理がゼロになるのが理想です。そもそも在庫が残っていなければ、在庫管理表(在庫管理票)、在庫チェック表、在庫棚卸表、入出庫管理なども必要ありません。

在庫管理の目的

ただし現実は在庫数がゼロにならず、適正在庫に近づけるために、在庫分析のために、在庫管理を行います。在庫管理の目的は、そもそも今の在庫数を把握して「在庫高(在庫表)」を正確に把握すること、年度や期末の正しい在庫数や金額を算出することにあります。

在庫数は適正な数を維持する

そのため、棚割を意識する、棚卸集計表や棚卸管理表などを使い資材管理を行います。在庫管理表(在庫管理票)で在庫数が適正在庫なのかによって、仕事の進め方にも違いが出ますし、販売在庫管理や発注在庫管理にも大きく影響してきます。適正在庫を把握するためにも在庫管理表や、入出庫管理、在庫リストの在庫分析は欠かせません。

業種によって在庫管理や在庫分析の在庫リストの考え方は変わる

そもそも業種によっても在庫管理や在庫分析、在庫リストの考え方が変わります。例えば製造業の適正在庫の考え方は、原材料を仕入れてから完成品が顧客に渡るまでの各段階の在庫管理や資材管理を行う必要があります。

流通業ではきめ細やかな在庫管理や資材管理が必要

食材や食品、商品や消耗品、アパレルなどの流通業は、値入れのみの作業になるので仕入れた商品のみに限られた在庫管理(在庫表)になります。定価をつけてから販売までの期間が在庫を保有するものになり、出荷やきめ細やかな在庫管理や資材管理が必要になります。

webでの在庫管理

在庫管理はpcやiPad、iPhone、Android(アンドロイド)などのスマートフォンを使って,いかに効率良くweb管理ができるかも鍵を握ります。Posレジの活用はもちろん、qrコードもそうですし、バーコードの読み込みの知識も必要です。

ソフトや専用のアプリを使いこなす

いかにソフトウェア(フリーソフト)やツールを使いこなせるのかによっても違います。専用のアプリなどのシステムも使いこなしたいですね。無料のフリーダウンロードを使いこなしつつ、いかに在庫管理を効率化させるかも重要です。

クラウドやエクセルを活用する

そのためのクラウドシステムはもちろん、Excel(エクセル)テンプレートやフォーマットを使ってみてくださいね。

在庫の流れを把握した上でコントロールする在庫管理の手法

在庫管理(販売在庫管理・発注在庫管理)、在庫チェック表、在庫棚卸表、棚卸管理表は、棚割、棚卸集計表などを考え在庫の流れを把握したうえでコントロールすることにあります。商品(食材・食品・備品・消耗品・アパレルなど)のそのものの管理はもちろん、在庫チェック表で業務の流れをいかに円滑に進めるための在庫棚卸表であり、在庫管理・資材管理です。

顧客のニーズに応え資料を提供する

販売在庫管理・発注在庫管理は顧客のニーズに応えることはもちろん、仕入れや生産、販売などの資料を提供すること、在庫棚卸表を使って効率的な資本の投下を行います。在庫棚卸表には利益を生み出すためにも業務の流れを円滑に進める目的もあります。

販売在庫管理・発注在庫管理のポイント

そのための、入出庫管理や入庫管理表、部品管理や部品構成表(在庫表)なども必要です。在庫管理(在庫管理票)は、先入れ先出しはもちろん、棚卸管理表で出荷などを管理しつつコントロールすることが棚卸集計表には求められます。

無料のアプリを実際に使用して比較

在庫管理のやり方に戸惑ったときは、フリーのソフトウェア(システムやツール)を使いこなしながら、無料ダウンロードで実際に使って比較してみてくださいね。簡単に操作もできますし、人気のおすすめクラウドシステムも充実しています。比較や人気おすすめクラウドなどもシステムを導入する前に確認しましょう。見本やサンプルなどの実例はもちろん、フォーマットやスプレッドシートやテーブルなども使いこなしたいものですね。

仕入れや売上などの様々なものに直結する在庫管理の手法

販売在庫管理や発注在庫管理など、先入れ先出しとして食材・食品・商品・備品・消耗品・アパレルなどの在庫管理の手法にはこんなものがあります。棚卸集計表や棚卸管理票をもとに金額を出し、在庫の管理をする方法と、棚卸集計表や棚卸管理票をもとに数量を管理する方法があります。

ダラー・コントロール

在庫棚卸表をもとに金額を管理するものを「ダラー・コントロール」と言い、損益計算に結びつくことから食材・食品・商品・備品・消耗品・アパレルなどの業種に関わらず先入れ先出しで多くの場所で採用されています。

ユニットコントロール

損益計画や商品の回転率などの設定がしやすいのはありますが、入出庫管理(入庫管理表)として、商品の動きがつかめない欠点もあります。数量はユニットコントロールと言われ、先入れ先出しの数量によって管理を行います。商品や食品(食材)、備品や消耗品、アパレルなどの形やデザイン・カラー・サイズなどに分類して管理できる良さもあります。ただし棚割や倉庫ロケーションとして商品の種類が多いと手間がかかる問題もあります。

AccessやExcelや無料アプリでデータベース化して管理

在庫管理の手法にはaccess(アクセス)を用いる方法もありますし、Excel(エクセル)を使ってテンプレートやフォーマット、フリーソフトを使うものもあります。

在庫管理のソフトウェアにも色々な種類があるため用途にあったものを選択

ソフトウェア(ソフト)にも種類がありますし、フリーソフト(無料)なのかどうかツールはなども比較しなくてはいけません。アプリの使いやすさはもちろん、見本や実例、サンプルなども踏まえ検討してみてくださいね。フォーマット(スプレッドシートやテーブル)も使いこなしましょう。

在庫管理で無駄を省く在庫分析や適正在庫に欠かせないABC分析

在庫管理(在庫分析や在庫リスト)を考えたときに、無駄がなく効率的な方法を選択しなくてはいけません。在庫チェック表を使い行う方法にABC分析があります。会社では食材(食品)、備品、消耗品、アパレルなどの倉庫ロケーションにより、さまざまなものを扱っています。

棚割と倉庫ロケーションでの在庫管理の違い

棚割を見ると出荷が多く出入りが頻繁な商品もあれば、出荷や商品の出入りがほとんどないものもあります。倉庫ロケーションでは金額の高い商品もあれば安い商品も存在します。倉庫ロケーションを管理して出荷しつつ、ユーザーのニーズに応える目的がありますが、棚割など一律での管理ができません。

難しくなる在庫分析

資材管理には限界がありますし、部品管理も簡単ではありません。現代のような消耗品や食材(食品)、アパレルなどのニーズの多様化が進んでいることもあり、倉庫ロケーションや出荷、棚割や在庫リスト、在庫分析が難しくなっています。

入出庫管理

重要度の高い項目を充電的に入出庫管理(集古管理表)として行うための部品構成表(在庫表)や資材管理も考えていきます。3つのグループに影響の多いものから分けるものを20:80の法則と言います。倉庫ロケーションの管理も考えないと在庫管理の効率が悪くなります。

ABC分析

ABC分析も、pcやiPad、iPhone、Android(アンドロイド)などのスマートフォンなどのwebもそれぞれの特徴をしっかりと把握することも必要です。Excel(エクセル)はもちろん、access(アクセス)ならではの使い方もあります。

適正在庫とは

食品、アパレル、製薬…どんな業種でも、在庫管理には必ず気を配っていると思います。在庫と一口にいっても種類は商品として使用する食材などから備品として使う消耗品までさまざまありますが、販売在庫管理、発注在庫管理、どんな在庫管理にしても、優秀な在庫管理アプリを使用する以前に適正在庫について知識を得ることは無駄ではありません。

自社にとっての適正在庫量を知る

在庫数が多い方がよいのか、少ない方がよいのか?その答えは「多すぎてもいけないし、少なすぎるのもNG」。在庫数が多すぎると過剰在庫となり、会社の経営を圧迫することになりかねませんし、在庫数が少なすぎて過少在庫となると、今度はせっかくの利益を得るチャンスを逃してしまうことになります。
会社にとって最も良いのは、自社にとっての適正在庫を知ることにあります。

難解になる適正在庫量の維持

世間を見ると多品種多様化が進み、商品のライフサイクルは短くなる一方です。そんな中で会社にとっての適正在庫を維持し続けることは、在庫管理を任されている者にとって至上命題といえるかもしれません。

適正在庫を左右する外的要因

もちろん業種や企業規模によって適正在庫は異なりますが、アパレルであれ食品会社であれ、適正在庫を左右する外的要因には共通したものがあります。例えば、季節、景気動向、為替相場、交通量、在庫期間などですが、これらを複合的に捉えて判断することが求められています。
しかし、金利や気温の変化といった要因はある程度推測はできても、完璧に推測通りになることはなく、少なからず正解のない当て推量で判断しなければならないという側面があります。例年にない大寒波によって需要が落ち込んだり、諸外国の銀行が破綻して金融ショックが起きたりなど、どうしても想定できない事態があって当然なのです。

在庫管理で適正な在庫調整を行うための管理手法や知識

適正な在庫数はどのように決めればよいのでしょうか?例年通りにすればよいのか?社長が独断で決めて良いものなのか?在庫数だけにとらわれず、費用や売上高などの金額面も考慮しなければいけません。

販売という視点から見た適正在庫金額

利益を確保するには、質を落とさず商品を提供し売り上げを伸ばしていくことが重要であり、そのためには商品の回転率を重視する必要がある、という見方があります。その場合、売上高を商品回転率で割ると適正在庫金額を出すことができます。

資産という視点から見た適正在庫金額

抱えている在庫は、棚卸資産という会社の資産でもあります。ですから、資金繰りという面で見れば、資産である商品在庫が総資産の中でどのくらいの割合を占めるべきか?という視点から適正在庫金額を割り出す方法もあります。その場合は商品在庫高を総資産で割り100掛けすることで金額を検討することができます。

在庫調整は適正在庫の指標を決定し在庫管理

在庫管理するときは、通常なら在庫表や棚卸管理表、入出庫管理表などといった表を元に行うと思います。入荷と出荷のバランスが難しいと考えがちですが、適正在庫の指標をはっきりと示すことができれば、管理自体はそこまで難しいものではありません。

入荷頻度と出荷頻度は同期化が理想

常に適正在庫数を維持するためには、入荷する数量と出荷する数量が等しい状態であればよいわけです。この入荷するタイミングと出荷するタイミングを合わせることを、「同期化」「同期をとる」といいます。軸にするのは出荷の方です。出荷数、タイミングに合わせて、同じ数、タイミングで入荷するだけで簡単に適正在庫数を維持することができます。
とはいえあくまで考えでは簡単、というだけで、実際には情勢変化や景気変動などイレギュラーに起こるさまざまな要因に対応しなければならないことや、人的ミスなどにより大量リコールなどが起こった場合のことなども現実には考えておかねばならないでしょう。

在庫管理で季節や需要変動に応じた適正な在庫量を求める手法

どれくらいの在庫量が適正かを決めるときに、過去の出庫量や販売実績があればそれをベースに考えるのが自然です。会社の決算は1年間、四季も1年で一巡りするため、1年ベースで起こりうる季節や需要変動の外的要因を加味しやすく、外れが少ない需要予測が期待できます。
販売予測の方法には2つの手法があります。

時系列分析法

最も客観的で説得力のある販売予測の手法が「統計的手法」です。これは過去の売上データから傾向を読み取り、将来も同じ条件で売り上げが上がり続けるという前提のもとどれくらいの売上が見込めるかを予測します。これを「時系列分析法」といいます。

様々な種類がある時系列分析法

時系列分析法には目安法、単純平均法、移動平均法、両分平均法、最小二乗法などといった細かな計算法に分けることができ、実際どの計算法で考えればよいのか迷うこともあると思います。計算自体は表計算ソフトが無料でクラウド上にもたくさんありますので利用することをおすすめします。
計算法を系統に分けると、簡単かつ実用的なのは目安法や両分平均法で、精度を求めるなら移動平均法や最小二乗法になるでしょう。

目安法のやり方

目安法はフリーハンド法ともいって、過去数年分の販売実績がグラフ化されたものの平均だと思われる位置を目視で決めるやり方です。精密とは言えませんが、簡単のわりに外れも少ない方法です。

移動平均法のやり方

移動平均法は3カ月、半年など期間を定めて予測するやり方で、定めた期間以前の数期間の平均によって計算します。直近の傾向を掴みやすく、精密度は高くなります。ただし、過去の売上高の変動パターンを見極めることが大切です。場合によって定める期間を3カ月から1年に変更した方がよい場合もあります。

新規事業で資料不足のときに在庫管理を勘と経験則に頼る手法

時系列分析法とは対照的に販売予測を行う手法が、勘と経験による推量です。人により予測が変わる不明確さ、データのない客観的信頼性の欠如などといったデメリットはあるものの、新規事業などで過去のデータを得られないときや、将来に条件が大きく変わることが想定されている場合には、この勘や経験で販売予測を立てる方法が一番確実です。一人だけでなく複数人の意見を取り入れることで正確性は増しますし、どんなときにも大きく当たることもないが大外れをすることもない、信頼できる数字を得ることができるでしょう。

過剰在庫や過少在庫はある程度想定しなければならない

適正在庫金額や数を定め、販売実績からこれからの販売予測を立てても、発注ミス・作業ミス・保管ミスなどさまざまなミスにより過剰在庫や過少在庫となるのはある程度想定しなければならないことです。しかし、在庫という常に変動し予測を立てて実行することが難しいものでも、過剰在庫として売れ残ってしまっては経営が悪化しますし、過少在庫で品薄になってしまってはせっかくの販売チャンスを棒に振ることになります。

「最小在庫量」と「最大在庫量」の中でコントロール

欠品など最悪の事態を防げる在庫数の最低基準を「最小在庫量」、これ以上持っているとロスに繋がる在庫数の最高水準が「最大在庫量」です。この水準の幅内で在庫をコントロールするように心がければ、ひとまず最悪の事態は常に免れるということになります。

 

タイトルとURLをコピーしました