年末調整とは







年末調整とは

毎月の従業員の給料からは、源泉所得税が徴収されています。徴収した源泉所得税と実際の従業員の1年間の給料に対する所得税を比べて、過不足を調整するのが年末調整です。
年末調整の流れは以下のとおりです。

①法令改正事項の確認
所得税では、毎年のように法令改正や税制改正などが行われます。年末調整のための用紙や、計算方法などが変わっている場合があるので、まずは法令改正事項の確認を行います。

②必要書類の収集
従業員に扶養控除等申告書や保険料控除申告書などを手渡し、期日までに、必要事項を記載し、控除証明書を添付して、総務などの担当者まで提出することを告知します。その後
、期日までに、必要書類の提出があるか確認します。

③過不足額の計算
必要書類の記載事項を基に、扶養家族がいる場合の扶養控除や、生命保険を支払っている場合の生命保険料控除などを計算し、年末調整をします。

④過不足額の徴収、還付
所得税の徴収が不足している場合は追加で徴収し、徴収しすぎている場合は還付します。

年末調整のシステム導入

年末調整は会社の義務であり、個人のプライバシーに関わる内容も多いため、より正確なシステム導入が必要といわれています。年末調整をシステム化していない会社は、膨大な時間を浪費することになりかねません。
社員から出されている各種の控除等申告書も計算の中に入れなくてはいけないため、システム化されていない箇所があると、効率が極端に落ちてしまいます。年末調整には期限があります。それに間に合うように書類を提出し、正しい所得税の納付額を国に報告しないと大きなトラブルに発展します。

申告する側である従業員の手を煩わせていることには変わりませんから、年末調整のシステム導入は、単に事務処理の方法が変わっただけ、と見ることもできます。確かに、年末調整は年に1度だけ事務処理を必要とするものですから、申告方法の効率化までは必要ないとは思うかもしれません。
少なくとも紙の申告書を配布し、それを回収させるという作業にしても、普段の事務処理に加えてそれを行うわけですから、年末で忙しい時にさらに手を煩わせているわけです。
このように総合的に判断すると、年末調整のシステム導入により、効率化が図れる部分はたくさんあるといえます。

給与計算ソフトとは、文字通り社員の給与計算を自動計算できるソフトのことですが、
これを導入すれば年末調整を効率化することができます。小さな会社でも年末調整のシステム化は課題になっていますが、まして規模の大きな企業もなれば、給与計算や会計ソフトの導入は義務といっていいほど必要なものになってきています。

総合的な給与計算システム導入によるコスト削減

源泉徴収票のシステム化は、単一のシステムでは業務を行う上では効率が悪くなります。そのため、給与システムそのものを導入したり、すでに稼働している給与システムに連携させて、運用するのが一般的です。
総合的な給与計算システムを導入することによって、時間や労力だけではなく、様々なコストを削減することが可能になります。全体的に見れば業務の効率化につながるため、余ったリソースを他に利用できるなど、システム導入の恩恵にあずかることができます。
また、販売管理システムも同じく導入することで、さらなる多角的な情報を、簡単に扱うことができるようになります。

源泉徴収票のソフトには企業規模に合わせていろいろな種類がありますが、業務を効率化するためには、自社の特性に合ったソフトを導入しなければなりません。そこで各社の計算ソフトを比較して、どこのソフトが自社に合うかを選定してから導入する必要があります。

勤務先が給与などのお金を渡す場合は、源泉徴収票を最終給与日から退職した1か月後までに渡す義務があります。会社の義務なので拒否はできません。働く人が安心して生活できるためにも源泉徴収票の管理は、総務や経理できちんと管理しておく必要があります。

 




年末調整・源泉徴収票の計算でソフトやエクセルを活用

会社員の多くが経験する年末調整ですが、なんとなく必要書類に記載して提出するものといったイメージを持っている人も少なくありません。源泉徴収票(源泉所得納付書)と言われてもどんなものなのか、給与所得にどう影響してくるのかなどわからない人もいるのでは?年末調整をしていて確定申告が必要なのか?また青色申告や白色申告等も含め、徹底的に紹介します。

徴収された所得税を本来支払うべき税額に調整する「年末調整」

会社員は毎月の給料のなかから所得税が徴収されています。1年間の給与を支払うときに行う手続きを“年末調整”と言います。事業者である企業が年末の最後に給料の支払いをするときに、今まで徴収した源泉徴収票(源泉所得納付書)や今ませに踏襲した源泉所得計算の合計額と比較したときに、その過不足分を精算するための手続きになります。

源泉所得計算と所得税とが一致することはほとんどない

そもそも源泉所得計算(源泉徴収票)(源泉所得納付書)が所得税と一致することはほとんどありません。毎月の源泉徴収計算は仮納付になり、源泉徴収計算基盤となっている、源泉所得計算は年間を通じて納税者の諸条件の変動がないものとして作られているのです。

ライフスタイルの変化等によって計算が変わる

ただし生活のライフスタイルの変化によって変わることも少なくなく、扶養家族の異動や税金計算は同じになることのほうが少ないと思います。配偶者控除や生命保険料、地震保険料などは月々の源泉徴収票(源泉徴収計算)では処理されておらず、年末調整のときに控除する流れになります。

年末調整の結果をまとめた源泉徴収票

年末徴収計算は1年間を通じて勤務している給与所得者(給与計算対象者)、年の途中まで勤務している人、年の途中で退職した人(退職所得)、心身の傷害のために退職した人、年の途中で退職した人のうち12月に給与所得を受け退職した人になります。年末調整の対象は、源泉徴収票(源泉所得税納付書)(源泉所得納付書)だけに限らず、源泉徴収計算なども含めた給与所得者(給与計算)や、退職所得などが対象になるのです。

フリーダウンロードやエクセルで年末調整

年末調整もビズソフトやソリマチみんなのを使うと、フリー(無料)ダウンロードでも問題なく使いこなせます。ソフト(ソフトウェア)やフリーソフトなどもありますしツールやアプリなどのシステムも使えます。Excel(エクセル)のテンプレートやフォーマットもありますし、簡単に人気クラウドを比較できるランキングもあるのでおすすめです。

年末調整の対象外の人は確定申告で納め過ぎた税金を取り戻す

会社員だからといって必ずしも年末調整の対象になるとは限りません。源泉徴収票(源泉所得納付書)はもちろん、源泉所得税納付書や源泉徴収計算などの対象になるかは条件によっても異なります。本年中の主たる給与の収入金額が2,000万円を超える人や、災害により被害を受けて「災害被害者」の規定に該当する人になります。

退職した人等は自分で確定申告を行う必要がある

または、年度の途中で退職したもしくは死亡退職以外の人(退職所得)、2箇所以上からの給与を受けている給与所得のある人など、年末調整の対象にならない給与所得(給与計算の対象者)などは、自分で確定申告(青色申告・白色申告も含む)を行う必要があります。医療費控除や住宅借入金等特別控除などは年末調整ではできないこともあり、確定申告を行う必要があります。

雑損排除

年末調整には雑損控除もあり災害や盗難、横領などによって生活に必要な資産に大きな損害が出たときに控除される仕組みもあります。寄附金控除は特定の団体に支出した寄付金や特定の政治献金があるときに受けられる所得控除になります。寄付金の合計額と総所得金額の40%相当のいずれか低いほうが控除額の対象になるのです。

排除の手続き

年末調整や源泉徴収で社会保険料控除や生命保険料控除の適用を受けておらず忘れてしまったときは、自分で確定申告(青色申告・白色申告)が必要になります。源泉徴収計算(源泉所得税納付書)で忘れてしまっても、諦める必要はありません。もしこれらの控除を年末調整(源泉徴収票)(源泉所得納付書)で忘れていたときは。控除証明書を用意したうえで確定申告(青色申告・白色申告)に添付したうえで控除の手続きを行います。

ソフトやエクセルで年末調整

年末調整においても、ビズソフトやソリマチみんなのを使うのをおすすめします。ソフト(ソフトウェア)やフリーソフトなども充実していますし、ツールやアプリなどのシステムを使う方法もあります。フリー(無料)ダウンロードもありますし、Excel(エクセル)のテンプレートやフォーマットにも使えます。簡単なクラウド比較ランキングもあり人気を比較できるのでおすすめです。

給与計算・年末調整の流れ

まずは、毎月の給与計算と年末調整の流れを見ておきましょう。

毎月、給与支給額から控除額を差し引き、従業員に給与を支払います。差し引いた所得税は税務署、住民税は市区町村にそれぞれ納付します。所得税を納める際は、源泉所得税納付書を送付します。源泉所得税納付書は税務署で配布されています。また、各種保険料も翌日末日までに年金事務所や労働局に納めます。

年末には、従業員に支払った年間の給与と源泉徴収した所得税について再計算し、過不足を調整します。過不足分の清算をしたら、年末調整をした月分の源泉所得税納付書にその内容を記載して、税金を納付します。また、従業員には源泉徴収票を交付します。その後、税務署や市区町村に、法定調書合計表や総括表などを提出します。

給与計算や年末調整が簡単になるソフトウェア

給与計算・年末調整のソフトウェアは、給与計算や年末調整にかかわるさまざまな業務が簡単にできるシステムが整っています。具体的には、毎月の源泉徴収税を算出し、給与明細書や源泉所得税納付書を作成したり、年末に1年間の給与や所得税の金額を計算し、源泉徴収票を作成したりすることが可能です。さらには、源泉所得税納付書や退職所得の源泉徴収票、法定調書合計表・総括表が作成できるソフトウェアもあります。

給与計算・年末調整業務ができるソフトウェアには、有料のものと無料のものがあります。有料のものには弥生株式会社の「やよいの給与計算」や「弥生給与」(中小規模法人用)、ソリマチ株式会社の「給料王」、ビズソフト株式会社の「ツカエル経理」などがよく知られています。これらの有料ソフトウェアはクラウド上にデータをバックアップしたり、クラウドを通じて法令改正に対応した更新を受け取れるようになっていたりするので、つねに最新の状態で正確な給与計算・年末調整が行えます。

一方、ダウンロードして使える無料のフリーソフトウェアは、インターネット上にたくさんあります。フリーソフトでも、源泉徴収票や支払調書、法定調書合計表、源泉所得税納付書などが作成できます。有料ソフトと比較しても、性能的に劣らないものも少なくありません。ただし、操作面で不明点があってもサポートが受けられないこともあるので注意が必要です。給与計算・年末調整の一連の流れをすべて一つのソフトで完結させられるシステムになっていないことが多いのも、デメリットです。

また、「やよいの給与計算」や「弥生給与」(中小規模法人用)、ソリマチ株式会社の「給料王」、ビズソフト株式会社の「ツカエル経理」などの有料ソフトの中には、期間限定ですが無料で使えるものがあります。有料ソフトの無料版は、有料の者と同様にシステムが整備されており、装備されているツールやアプリも使えます。試しにいろんなソフトの無料版を使い、比較検討することをおすすめします。

また、フリーソフトのほかに、エクセル(excel)上で使えるフリーのフォーマット・テンプレートもインターネット上には豊富にあります。エクセル(excel)のフォーマット・テンプレートはエクセル(excel)を使い慣れている人の間で人気が高いです。こちらも、ダウンロードして使います。

年末調整できなければ従業員に確定申告をしてもらう

会社員でも、年末調整で控除を適用することができないことがあります。そんな場合は、従業員に確定申告をしてもらいます。

・年末調整ができず確定申告が必要になる人

確定申告をするのは、自分で事業を手掛けるフリーランスや個人事業主とよばれる人だけではありません。会社から給与を受け取っている人でも、確定申告が必要になることがあります。

会社員でも、主たる給与の収入金額が2,000万円以上の人や年度の途中で退職した人、医療費控除がある人、住宅借入金等特別控除の初年度に当たる人、副業で20万円以上の収入がある人、保険料の控除証明書を勤務先に出し忘れて年末調整ができなかった人などが該当します。医療費控除や住宅借入金等特別控除の初年度はシステム上、年末調整で対応できないことになっています。該当する人は、フリーランスや個人事業主と同じように確定申告を行います。

会社員で、医療費控除や住宅借入金等特別控除を受ける人は、確定申告をすることで税金が戻ってきます。また、会社で年末調整ができなかった人も、確定申告をすることで税金が返ってくる可能性があります。確定申告と聞くと、面倒なイメージがあるかもしれませんが、フリーランスや個人事業主に比較すると作業は簡単なのでぜひ確定申告することをおすすめします。

確定申告でソフトウェアを活用する

確定申告には白色申告(白色確定申告)と青色申告があり、医療費控除や住宅借入金等特別控除をうけるために会社員の人が利用するのは、一般的に白色申告(白色確定申告)です。白色申告と青色申告の違いは、申告書に付ける帳簿のつけ方の違いにあり、青色申告をする場合にだけ受けられる控除などがあります。

フリーランスや個人事業主には、白色申告(白色確定申告)をする人と青色申告をする人がいます。白色申告帳簿は簡単なものでかまいませんが、白色申告帳簿をもとに収支内訳書を作成し、白色確定申告書と一緒に提出します。青色申告には青色申告決算書をつけて出しますが、青色申告では複式簿記の帳簿をつける必要があります。

確定申告でソフトウェアの利用がおすすめなのは、フリーランスや個人事業主の人です。もちろん、会社員の人がソフトウェアを利用しても問題ありません。会社員の人はフリーランスや個人事業主と比べて記載項目が少なく、確定申告書に添付する決算書類(収支内訳書(白色申告帳簿)・青色申告決算書)が不要であることが多いので、確定申告のために有料のソフトウェアを購入する必要はないでしょう。

確定申告ソフトにも有料のものと無料のものがあり、有料のものでは弥生株式会社の「弥生会計」「やよいの青色申告」「やよいの白色申告」や、ビズソフト株式会社の「ツカエル青色申告」、ソリマチ株式会社の「ソリマチ みんなの青色申告」「ソリマチ みんなの確定申告」などが人気です。また、ツールやアプリが充実しているのも特徴です。

「弥生会計」「やよいの青色申告」「やよいの白色申告」「ビズソフト ツカエル青色申告」「ソリマチ みんなの青色申告」「ソリマチ みんなの確定申告」のような有料ソフトウェアは、さまざまなツールやアプリを備えており、収支や経費の管理から帳簿、申告書の作成まですべて完結できるシステムになっているのが人気の秘訣です。白色申告(白色確定申告)に必要な収支内訳書(白色申告帳簿)や、青色申告に必要な青色申告決算書も簡単に作成できます。

また、「弥生会計」「やよいの青色申告」「やよいの白色申告」「ビズソフト ツカエル青色申告」「ソリマチ みんなの青色申告」「ソリマチ みんなの確定申告」のような有料ソフトウェアは、ソフトメーカーが用意するクラウドを使えるのも大きな特徴です。クラウドを使うメリットは、クラウドでデータをバックアップしたり、クラウド経由でソフトを最新状態に更新したりできることです。

一方、フリーソフトはインターネットにたくさん掲載されており、無料でダウンロードできます。また、エクセル(excel)上で使える無料のテンプレート・フォーマットを使うのもおすすめです。

フリーソフトのなかには、有料ソフトの無償版も含まれています。「弥生会計オンライン(1年無料)」「やよいの白色申告オンライン」「やよいの青色申告オンライン」「ソリマチみんなの青色申告30日間無料版」などがあります。有料ソフトの無償版は、有料ソフトと同様のシステムやツール、アプリが期間限定とはいえ、無料で使えるため、ソフトウェアのランキングサイトなどでも人気が高いです。

無料とはいえ、青色申告決算書や収支内訳書(白色申告帳簿)、確定申告書の作成が1本のソフトで可能で、有料版の「弥生会計オンライン(1年無料)」「やよいの白色申告オンライン」「やよいの青色申告オンライン」「ソリマチみんなの青色申告30日間無料版」などの便利さを実感できるでしょう。有料版を買う前にいろんな無料版を使い比べ、比較検討するのもよいでしょう。

「弥生会計オンライン(1年無料)」「やよいの白色申告オンライン」「やよいの青色申告オンライン」「ソリマチみんなの青色申告30日間無料版」「ビズソフト ツカエル青色申告」など、有料ソフトの無償版をうまく使えば、無料で簡単に確定申告をすませることができます。「オンライン」とあるものは、ダウンロードの必要がないものです。めんどうなダウンロードの必要がなく、簡単に使えるので人気があります。

有料ソフトの無償版以外にも、確定申告のフリーソフトはありますが、有料ソフトと比較すると、ツールやアプリなど機能面で劣ったり、電話やチャットなどでのサポートが利用できなかったりといったデメリットがあります。

エクセル(excel)上で使えるテンプレート・フォーマットには、医療費控除を受ける際に必要となる医療費集計シートや、副業で得た収入や経費を管理する表などがあります。会社員、フリーランス・個人事業主を問わず、確定申告をする人に便利なテンプレート・フォーマットが揃っています。

フリーランスや個人事業主は有料ソフトを使っている人が多いですが、無料でダウンロードできるエクセル(excel)のテンプレート・フォーマットには、白色申告(白色確定申告)の収支内訳書作成に必要な白色申告帳簿や、青色申告の青色申告決算書の作成に必要な複式帳簿のテンプレート・フォーマットがあります。エクセル(excel)のテンプレート・フォーマットはソフトのランキングサイトでも人気があり、ソフトウェアの費用を抑えたい人におすすめです。

ただし、エクセル(excel)のテンプレート・フォーマットは「収支内訳書・青色申告決算書作成のための帳簿」「医療費集計シート」のように1つの目的しか果たせないことが多いです。作業工程が理解できている人なら、必要なテンプレート・フォーマットを組み合わせて確定申告書・決算書(収支内訳書・青色申告決算書)を完成させられますが、作業工程がわからない人には何を用意すればよいか悩むかもしれません。

フリーソフトを探すにはランキングサイトを活用

年末調整・確定申告ともに、フリーソフトや無料でダウンロードできるフォーマット・テンプレートはインターネット上にたくさんありますが、数が多いだけにどれを選べばよいか迷うでしょう。そんなときは、ソフトウェアのランキングサイトを活用することをおすすめします。

ランキングサイトには各ソフトがクチコミによってランキングされいるので、いろんなソフトを比較し、自分にあったソフトウェアを見つけることができるでしょう。
有料ソフトと比べると、搭載されているツールやアプリに限りはありますが、会社員や個人事業主、フリーランスの確定申告には十分対応できるものがたくさんあります。

 

確定申告の年末調整や退職所得の排除の計算で覚えておくこと

確定申告について最低限把握しておくことも必要です。確定申告については、青色申告・白色申告の二通りに分けられます。青色申告に使うのは青色申告決済書になり、終始内訳書なども含め所得税の計算に使われます。白色申告の場合は、白色確定申告によって、白色申告帳簿をつけていきます。

青色申告と白色申告

どちらの申告にするのかによっても青色申告決済書と白色申告帳簿の作り方には違いがあります。また事業者だけに限らず個人事業主などのフリーランスが所得税の計算を行う方法ともしています。自分たちの管理としてやよい弥生会計を使うケースも多いのでおすすめです。弥生会計(やよい)は初心者でも使いやすく、青色申告決算書と白色確定申告(白色申告帳簿)にも役立つはずです。個人事業主(フリーランス)に限らず、使えるはずですよ。

フリーソフトやツールを使いこなす

確定申告については、ビズソフトやソリマチみんなのを使うのが最適です。ソフトやフリーソフト(ソフトウェア)などはもちろん、ツールやアプリなどのシステムも使いこなしましょう。またフリー(無料)ダウンロードもありますし、Excel(エクセル)テンプレートやフォーマットにも使えます。クラウドの簡単人気ランキングなどもあり、おすすめを知る上でも便利に使えます。

年末調整計算は弥生のようなシェアソフトやエクセルを活用

確定申告や年末調整についてわかり易く解説しました。弥生会計(やよい)だけに限らず、ビズソフトやソリマチみんなのなどさまざまな方法があります。フリー(無料)ダウンロードのソフト(ソフトウェア)やフリーソフトなども充実しています。ツールやアプリなども使いこなす必要が出てきます。Excel(エクセル)を使う方法もありますし、人気クラウドランキングなどは簡単におすすめを比較するのに向いています。

タイトルとURLをコピーしました