有給休暇管理、人事管理、勤務シフト管理のフリーソフト

給与計算・勤怠管理




有給休暇、人事管理のフリーソフトです。
有給休暇・代替休暇・特別休暇の付与と消化の管理、勤務形態や勤続年数から付与日数を計算、消化日数と残日数の管理、有給休暇・半休・遅刻・欠勤・休日出勤・代休等の集計、社員登録・部署履歴・役職履歴・経歴管理・有給管理・有給休暇管理表・有給日数・年休管理などの人事情報管理データベース、社員・職員の採用から退職までの情報管理・人事労務管理・社員管理・社員台帳などができます。
Excelフォーマットのテンプレートなど、ランキング上位の有料ソフトウェアと比較しても、使い勝手の良いツールが揃っています。
無料でクラウドからダウンロードしてみてください。




目次

有給休暇 フリーソフト

かんたん 有給休暇管理表

かんたん 有給休暇管理表

エクセルフォーマットで比較的簡単に作成することができる有給休暇管理ソフトがクラウドからダウンロードできます。有給休暇の取得状況管理と残日数を表示します。Bookひとつが一人分の管理表です。労働基準法に準拠した日数で作成してあります。集計当該年度は入社日で管理しています。ランキング上位の人気アプリです。

有休管理システム

有休管理システム

有給休暇、代替休暇、特別休暇の付与、消化、残日数管理が行えるソフトウェアがクラウドからダウンロードできます。有給休暇付与パターンを設定する事で、パターンに沿った定期一括付与を行う事も可能です。有給休暇、代替休暇、特別休暇には、それぞれ有効期限を設定する事ができます。ランキング上位の人気アプリです。

有給休暇管理表 1.09

有給休暇管理表 1.09

有給休暇・半休、遅刻・欠勤、休日出勤・代休等を集計し、有給休暇の残日数を管理するテンプレートがクラウドからダウンロードできます。出張の記録も兼ねることができる便利な帳票です。シンプルで使い勝手の良いソフトです。ランキング上位の人気アプリです。

年次有給休暇管理表 テンプレート

年次有給休暇管理表 テンプレート

社員の有給休暇の取得状況と残り日数を管理するためのテンプレートファイルです。社員ごとの有給休暇取得状況と残り日数が一目で把握できます。残り日数は数式により自動計算されます。時間単位で有給休暇取得管理も可能です。

有給休暇処理

有給休暇処理
有給休暇を管理するソフトウェアです。50回の試用制限付で、試用制限を解除するにはパスワードを購入する必要があります。ソフトは、エクセルVBAマクロを使用しています。有給申請すると有給休暇の残数をすぐに計算して表示。また有給残数が無くなると有給申請ができなくなる仕組みとなっています。有給取得済み一覧も表示できますので、有給休暇の管理はこのソフトで解決するでしょう。

有給台帳管理システム(小規模企業無料版)

有給台帳管理システム(小規模企業無料版)
有給台帳管理が行えるソフトです。小規模企業向けの無料版となっています。主に2019年働き方改革「有給休暇管理簿」作成に特化した作りとなっており、有給休暇年5日取得義務化に対応したシステムとなっています。主な機能としては、有給休暇年5日に対応、半日取得の対応、時間単位の取得に対応、計画的付与に対応、使用者による時季指定に対応などとなっています。

有休取るっちゃ!

有休取るっちゃ!
有給休暇のためのデータベースです。エクセルマクロで作成されたフリーソフトとなっています。シフト勤務の有給休暇と代務の管理、集計を行えるソフトです。管理者権限により、シートはパスワード保護を行っているため、不正改ざんはできません。有給休暇についてしっかりと管理したい、そしてセキュリティも守りたいというユーザーにはおすすめしたいソフトとなっています。


人事管理 フリーソフト

ワークライフバランスの実現は、人事管理から

会社の総務や人事担当にとって、有給休暇管理や人事管理は重要です。それは、どちらも従業員の働き方に影響を与えるからです。

①有給休暇管理
有給休暇は、労働基準法によってその取得の基準が定められています。
入社半年で10日、その後入社1.5年~2.5年は年に1日ずつ増えていき、入社3.5年後以降は年に2日ずつ増えていきます。最大は20日まで増えます。
そのため、勤続年数から付与日数を計算・管理する必要があります。また、有給休暇の消化日数や残日数の管理も行います。

②人事管理
人事管理とは、従業員の基本情報や部署履歴や役職履歴、採用から退職までの情報管理などを行うことです。人事管理は、賞与や昇給の判断に使われたり、退職金の計算に使われたりと、従業員の管理の基礎となります。

このように、有給休暇管理や人事管理をきちんと行うことは、会社にも従業員にも大切なことです。仕事とプライベートの両方の充実を図るワークライフバランスを実現し、従業員のやる気を育て、今後の会社の成長のために欠かせないものなのです。

人事情報システム フリーソフト版

人事情報システム フリーソフト版

人事管理に必要な情報を一元管理する、使いやすい人事管理システムです。事務の省力化、人事管理のレベルアップに大きな役割を果たします。資格・免許の保有者の検索や管理資料作成が行えます。社員の履歴情報と資格・免許を網羅し顔写真付きの社員カードが作成できます。人事労務管理・社員管理・社員台帳にも使えるツールです。

人事ソリューション 社員管理システム

人事ソリューション 社員管理システム

人事ソリューションの社員管理システムのフリー版です。社員登録、部署履歴、役職履歴、経歴管理などが行えます。総合的な社員管理ができ、手間のかかる作業を比較的簡単に行えます。人事労務管理・社員台帳にも使えるアプリです。

人事管理ソフト 人事部長 (フリー版)

人事管理ソフト 人事部長 (フリー版)

従業員の情報を管理保管する人事台帳・社員台帳ソフトです。履歴書のイメージをスキャナより取り込んで保存できます。保存された情報はエクセルフォーマット等に簡単に書き出すことができます。シンプルで便利なソフトです。人事労務管理・社員管理にも使えるアプリです。







勤務シフト管理のフリーソフト

アルバイトやパートの勤務シフト管理が必須

飲食店やコンビニエンスストア、カスタマーセンターなど、アルバイトやパート従業員を多く使う業界では、その従業員の勤務シフトをどうするのかが重要な懸案事項の1つです。シフトをきちんと組まないと、最悪その時間にアルバイトやパート従業員の数が足りなくなり、仕事に支障をきたす可能性すらあります。
そのため、決められたパターンに、休日や本人の希望の出勤日などの調整を加えて、ローテーションを作る方法や、朝・昼・深夜といった変則シフトのワークスケジュールローテーションを作る方法など、自社に合った管理方法を構築していく必要があります。
また、急な欠勤が起こった場合にシフト変更を行う義務も、従業員ではなく会社側にあるので、その体制も整えておかないといけません。1店舗であれば、自分でExcelなどを駆使して勤務シフト管理をすることは可能です。しかし、複数店舗を運営するとなると、勤務シフト管理はさらに複雑となるので、専用ソフトなどを活用したほうが良いでしょう。

シフト表作成ソフト ペタペタシフト

シフト表作成ソフト ペタペタシフト

マウスの右クリックを使って、サクサク簡単にシフト表が作成できるソフトです。シンプルな自動作成と調整のしやすさで、シフトが自在に組める楽しさがあります。また、作成したデータはタイムカードデータとして勤怠管理に利用できる人気ソフトウェアです。

勤務シフト シフトリーダー

勤務シフト シフトリーダー

パート・アルバイトが主体の、飲食・物販・サービス業などの、勤務シフト表の作成と勤怠管理ができます。シフト表は線を引くイメージで比較的簡単に作成できます。リアルタイムにその日の人件費や所属別人件費、時間帯人数、過不足のチェックが行えます。

勤務表

勤務表

複数勤務体系の仕事、パチンコ店などのシフト勤務の仕事に最適な無料勤務表ソフトです。Excelマクロを使います。人数を5~20人まで、勤務パターンを2~8パターンで調整できます。勤務グラフ表は勤務表と連動して時間帯ごとの人数が確認できます。年間予定表もあります。

シフトマネージャー

シフトマネージャー
病院・介護施設等の勤務シフトを自動で作成するプログラムです。フリーソフトとして提供されています。勤務シフト作成には多くの時間を費やす場合もあります。そうした苦労を解消してくれます。個人別の勤務形態、部署別の必要人数を登録しておけば、短時間で簡単に勤務シフトを作成してくれますので、業務の効率化はもちろんのこと、今まで以上に他業務へ集中することができるでしょう。

勤務シフト管理のフリーソフト その2

勤務シフト表作成 20 (Excel2010版)

勤務シフト表作成 20 (Excel2010版)

勤務のローテーションシフトを適用している、20人までの小規模の職場用の勤務シフト表作成ソフトです。無料ですが、Excelフォーマットです。年間カレンダーとリンクしていますので、予定の見通しが立てやすくなります。「シフト・グラフ」sheetでは、視覚的に1日全体の勤務を把握できます。有給管理・有給日数・年休管理にもおすすめです。

飲食店用 シフト表作成

飲食店用 シフト表作成

飲食店用パート・アルバイトさんのシフトを、簡単に作成する無料Excelテンプレートソフトです。1日20名以下と、朝7:00~深夜3:00までが、シフト作成可能です。極々単純に、時間入力するだけで斜め線が書き込まれ、完成します。その日の総労働時間と、人件費額も算出します。有給管理・有給日数・年休管理にもおすすめのソフトウェアです。

エクセルで24時間対応 シフト表 with ガントチャート

エクセルで24時間対応 シフト表 with ガントチャート

24時間店舗のエクセルシフト表が簡単に作れるソフトです。シフト希望を入力すると、シフト表を自動で作成し、ガントチャート風ワークスケジュール表も自動作成することができます。出退勤は3回/日まで、最大50人まで登録可能です。有給管理・有給休暇管理表・有給日数・年休管理にもおすすめです。

簡易シフト表 エクセル版

簡易シフト表 エクセル版

シフト表の作成と時給計算が簡単にできるエクセル版のソフトです。有給管理・有給休暇管理表・有給日数・年休管理にもおすすめです。

エクセルフォーマットで使える ワークスケジュール表 (シフト表)

エクセルで使える ワークスケジュール表 (シフト表)

勤務時間IN-OUTを3パターンまで同時でバー表示できるタイプのシフト表を作成するソフトです。サービス業のお店向き、簡易ワークスケジュール表です。3ラインワークスケジュール表作成版です。1日に3回の出退勤シフトができます。有給管理・有給休暇管理表・有給日数・年休管理にもおすすめです。

シフト勤務スケジュール用Excelカレンダ

シフト勤務スケジュール用Excelカレンダ
シフト勤務や交替勤務など変則勤務の管理用カレンダーです。エクセルのカレンダーテンプレートとなっています。フリーソフトとして提供されています。工場や病院、老人ホーム介護施設、店舗、コールセンタなど、スケジュール管理が必要な職種で特に活用できるカレンダーです。一部、集計方法をカスタマイズができるなど、独自のチェックを行うためのセル部分が準備されています。

勤務シフト管理のフリーソフトで有給休暇管理のポイント

有給休暇管理は人事管理の仕事の一つ

有給休暇日数や賃金などを管理するのは、人事課が人事労務管理として行う仕事の一つです。通常「有給休暇管理表」や「有給管理台帳」などで社内共有し管理していることと思いますが、おすすめのソフトウェアを利用するとより簡単に、効率的に共有や管理を行うことができます。

社員ごとの有給休暇の条件や取得日数の有給休暇管理方法

実は誰もがもらえるというわけではないのが有給休暇。社員が多いと社員管理も大変ですが、有給日数を取得するために必要な条件をおさらいしてみましょう。

①雇用日から起算して6カ月間経っているか?

雇用関係が始まったその日から半年以上を経過すると、有給休暇を取得できる条件をまず一つクリアしたことになります。それは正社員はもちろんのこと、パートやアルバイトでも当てはまります。また、その期間中にアルバイトから正社員に切り替わった場合でも、アルバイトとして雇用された日からの計算となります。

②全労働日の8割以上出勤しているか

① に加え、全労働日の8割は出勤していなければ有給休暇をもらうことはできません。全労働日とありますが、産前産後の休業期間や育児・介護休業、また従業員が業務災害で休業している期間は除外されます。また、会社都合で休業した日なども当てはまりません。

いろいろな単位で取得できる有給休暇

有給休暇は勤続6カ月を超えると毎年もらえるようになります。有給のもらい方として、大方の企業では一日単位での取得が一般的ですが、会社として与える義務はないものの、半日単位という考え方や、労使協定と締結して時間単位という選択肢を与えることも可能です。業種によっては一日休むよりも時間単位でコツコツ取得してもらった方が会社として都合が良い場合もあるかもしれません。

有給休暇で得られる賃金の規定

休んでもお給料がもらえるというのが有給休暇の特徴ですが、会社として一日あたりどのくらいの賃金を支払えばよいのかは悩ましいところです。労働基準法により定められている平均賃金、通常支払っているのと同額の賃金、健康保険法による標準報酬日額に相当する賃金、いずれか3つの中から支払う額を選べることになっていますので、会社に合う基準で選べば良いでしょう。

有給休暇管理で時効までに有給休暇を確実に取得

有給休暇の時効は2年です。一年間は繰り越すことができますが、それ以降は消滅してしまうので、せっかくの有給休暇を有効に利用したいですよね。しかし、会社の都合やシステム的に従業員としては取りづらい…というところもあるかもしれません。

有給休暇は会社都合で有給日を指定できる

5日分だけは必ず従業員本人に残しておかなければいけませんが、それを越えている分については、実は会社が有給管理として日にちを指定しても良いのです。ですから、例えばお盆や年末年始など長期休暇にプラスする形で指定したり、一日だけ出勤日となる隙間に有給日を入れて連休にしてあげたり、会社が有給を利用することも一つの手です。
また、夏が繁忙期であれば「10月~12月の間に各自3日間は有給を取るように」と社内連絡で促すことも、有給消化をスムーズにさせる工夫の一つですね。

有給を買い上げるのが違法となるケース

消化しきれなかった有給休暇を会社が買い取る形で賃金を支払うのは、違法です。しかし、労働基準法で定められた日数分のみの話なので、それ以上の有給については買い取ることもできます。
また、退職時に残っている有給を会社が買い取る必要もありません。ただし退職する従業員から「有給を消化したい」という申し出があった場合は必ずそうしなければなりません。

パートタイマーやアルバイトなどの社員でも有給休暇は取得可能

有給休暇を取れる条件に、従業員が正社員でなければならないという条件はありません。したがってパートタイマーでもアルバイトでも派遣社員でも、条件さえ満たせば有給休暇を取得することができます。
しかし、正社員のようにフルタイムで勤務していないのにも関わらず同じ日数分の有給休暇を取得できるとなると不公平が生じてしまうので、労働時間と労働日数に比例して有給休暇を取れる日数を定めることになっています。

比例付与される有給休暇の条件

比例付与される、とはつまり、労働時間に比例して有給休暇日数を減らされるということ。その比例付与に当てはまるのは、週の労働時間が30時間未満であること。そして、次のどちらかに該当しなくてはなりません。
① 週の労働時間日数が4日以下
② 年間の労働日数が216日以下
パートタイマーのよくある働き方で、一日7時間のフルタイム、週4日という場合は条件に合致しているため、有給休暇の比例付与の対象です。しかし、一日3時間でも週5日働いている場合は、比例付与の対象外、つまり、働いている時間は短いのに、有給休暇日数は正社員と同じだけもらえるのです。

有給休暇管理は勤務シフト管理のフリーソフトを活用

有給休暇を取得できる日が従業員によってバラバラだったり、あとどれだけの日数が残っているのか管理したりするのは人事の仕事のうちですが、従業員が多いとそれも大変ですよね。そんなときは、フリーでダウンロードできるソフトウェアを活用しましょう。ウェブ上にはさまざまなソフトウェアがあり、簡単にダウンロードできます。無料でもおすすめランキング上位のソフトウェアやツールは使い勝手が良く、初心者でも扱いやすいものが多いでしょう。

人事管理の従業員解雇に関する規定や知識

本来、人を雇うよりも人を解雇するときの方が慎重にならなければなりません。というのも、会社側から一方的に解雇を行うと、労働基準法で罰せられる可能性があるからです。

従業員を解雇してはいけない期間

労働基準法で定められている「従業員を解雇してはいけない期間」は2つ。
① 業務上の災害による傷病のための療養期間およびその後30日間
② 産前産後による休業期間およびその後30日間

この期間だけは、たとえ従業員が横領を行っていたと発覚したとしても、解雇できません。ただし、この期間でも解雇できる例外もあります。それは、「大規模な火災や天災などで事業の継続が不可能になった場合(事業の部分的な縮小や一時的な休止を除く)で、その理由を労働基準監督署長が認めた場合」です。また、①のみ適応できる例外として、「療養開始後3年を経過し、平均賃金1200日分の打切り補償を支払った場合」があります。

労働基準法の規定で突然の解雇は認められない

上記以外の期間であれば、会社側から解雇を言い渡すことは可能ですが、それも30日以上前に予告することが義務づけられています。しかし、どうしてもすぐに解雇したい場合、例えば、すぐにでもその従業員を解雇しないと、社内崩壊が起きてしまう…そんな場合は、予告する代わりに30日分以上の平均賃金を支払うことで、即日解雇することが可能になります。また、両方を併用することもできます。

勤務シフト管理のフリーソフトで有給休暇管理を行う

エクセルのフォーマットやテンプレートは、日進月歩で新しいものがクラウド上にアップされています。また、エクセル以外でもフリーでダウンロードできるソフトウェアの中には、より簡単でアプリとも連携できるソフトウェアが登場しています。人事労務管理は大変ですが、システムのバージョンアップをすればより効率的に業務を行うことができるでしょう。


会社にとても重要な人事管理(人事労務管理)とは

会社にとって社員管理や従業員などの人事管理(人事労務管理)はかかせないものです。勤務表によるシフト管理はもちろん、年休管理などの必要性も出てきます。また、人間の有無を確認するためにも社員台帳も必ず必要なものです。

有給休暇ひとつにしても、有給管理台帳や、有給休暇管理表などを作らないと難しくなりますし、社員の有給日数(有給管理)なども必要です。人事管理(人事労務管理)とは、具体的にどういうものなのか、わかりやすく解説していきたいと思います。

人事管理(人事労務管理)の基本原則「ノーワーク・ノーペイ」とは

人事管理(人事労務管理)で勤務表等のシフト管理を行ううえで、覚えておいて欲しいのが基本は「ノーワーク・ノーペイ」の原則があるということです。社員管理はもちろん、社員台帳にふれる人はしっかりと認識しておかなくてはいけません。

従業員に支給されている給与はその労働の対償として支払われているものです。そのため欠勤・遅刻・早退などの労働力がないときは、その分の給与がカットされるのは当然のことでもあります。勤務表などのシフト管理のうえで、時間通りに出社している社員と同じでは不満も生まれてしまいますし、そもそも人事管理(人事労務管理)とはいえなくなります。

ノーワーク・ノーペイは、時間給制・日給制・月給制などさまざまな人が対照になります。会社の人事管理(人事労務管理)のうえで、就業規則がどのようになっているのかも確認しておきましょう。就業規則の把握も、社員管理や社員台帳にとって欠かせないものです。

ただし、人事管理(人事労務管理)のうえで、欠勤控除などが法律によって定められているわけではありません。勤務表やシフト管理のうえで、会社の就業規則によって計算することになります。勤務表やシフト管理に多大な影響が出てしまうストライキについても、従業員が仕事をしなかった場合は、人事労務(人事労務管理)の視点からみてもノーワーク・ノーペイの扱いになります。勤務表やシフト管理のうえで、不当労働行為となります。

欠勤や遅刻、早退、ストライキなど社員管理をしっかりと行い、社員台帳をつけて記録しておくようにしましょう。社員台帳は定期的に更新することも社員管理では必要です。例えば結婚して名前が変わったときに、社員台帳の書き換え、更新などの社員管理になります。

人事管理も、専用のソフト(ソフトウェアやフリーソフト)などのシステムを使う方法や、アプリなどのツールを活かす方法もあります。フリー(無料)ダウンロードとして使うのはもちろん、簡単に人気が比較できるおすすめクラウドランキングなどもあります。Excel(エクセル)などのテンプレートやフォーマットを使う方法も検討してみてくださいね。

年休管理の取り扱い方

年次有給休暇は、労働基準法の規定によって、会社が従業員に対して与えている有給休暇のことを言います。そのため、有給休暇管理表で把握するのはもちろん、有給管理台帳や有給日数などの有給管理も必要になります。有給を通年でどのぐらい使っているのか、年休管理も一緒に行う必要が出てきます。

年休は所定休日などとは別に、一定の日数の給与を保障した休暇を従業員に与えるものになります。有給休暇は社員のストレスを緩和したり、疲労回復の期間でもあります。年休管理については、「労働基準法第39条」にて定められています。有給休暇は、「入社日から6ヶ月継続して勤務していること」「全労働日の80%以上出勤していること」などの要件を満たす必要があります。

病気のために療養している期間についても、雇用関係が継続していれば継続勤務の扱いになります。全労働日の80%以上の出勤についても、「出勤した日」÷「全労働日」×100で求められるようになります。実際に出勤した日数はもちろん、業務上、負傷し療養した期間なども出勤の対象です。産前産後の女性が休業した期間や、育児休業または介護休業した期間、年次有給休暇を取得した期間などです。

年休管理の取り扱い方として、フリーソフトやソフトウェアなどのソフトを使う方法もあります。システムなどのツールやアプリも使えますし、フリー(無料)ダウンロードも充実しています。Excel(エクセル)のテンプレートやフォーマットを使う人もいます。

有給休暇は雇用形態に関わらず対象

有給について付与される対象かどうか、有給休暇管理表や、有給管理台帳など日数や年休管理を行う必要も出てきます。有給は、正社員はもちろん、パートタイマーやアルバイトにも付与されるようになります。

ただし勤務している時間が違うのもあり、「勤務日数」や「勤務時間数」に応じて、付与日数を決める比例付与の制度を使っています。比例付与の有給管理についても、有給休暇管理表もしくは有給管理台帳などで、有給日数や年休管理などを行う必要が出てきます。

有給日数は、勤務年数によっても変わります。長く勤めれば勤めるほど有給日数は多くなります。ただし有給日数が増えても消化できなければ意味がありません。有給日数をどのぐらい使っているのか、また有給日数はどのぐらい残っているのかなどの管理も必要になります。

雇用に関係なく対象になるからこそ、ソフトやソフトウェア(フリーソフトもOK)を使って管理しておきたいものです。また、アプリなどのツールやシステムを使う方法もあります。フリー(無料)ダウンロードもありますし、簡単に人気が比較できるおすすめクラウドランキングなども役に立ちます。簡易的なものであればExcel(エクセル)のテンプレートやフォーマットなども使えます。

年次有給休暇の給与面はどうなるの?

年次有給休暇の給与の支払いについては、大きくわけて3パターンがあります。「平均賃金」や「所定労働時間労働した場合の通常の賃金」は就業規則などで、どれを選択するのか規定します。「健康保険法の標準報酬日額に相当する額」は労使協定の締結が必要になります。

原則として、年次有給休暇は従業員が希望する時季に与えなければいけないとされています。ただし、希望通りだと会社の業務に支障が出てしまうような場合もあります。年末などの忙しい時期や、同じ期間に多数の従業員の年次有給休暇の指定があるとさすがに難しくなります。この場合の変更権は会社が持っています。

また、労使協定を結んでいれば5日以内の日数を限度に時間単位で取得できるようになっています。有給の計画的付与の選択もありますが、休んだあとから有給で処理してほしいなどの振替には大きな問題が生じてしまいます。こういった問題を作らないためにも就業規則が重要です。有給休暇管理表はもちろんのこと、有給管理台帳にも記載しておきましょう。

年次有給休暇の管理も、ソフト(フリーソフト)やソフトウェアなどのシステムを活用するのもおすすめです。アプリなどのツールもありますし、フリー(無料)ダウンロードなども使えます。人気おすすめクラウドランキングなどの簡単に比較できるものもあります。エクセル(Excel)などのテンプレートやフォーマットも試してみてください。

勤務シフト管理のフリーソフトを有効活用してスムーズな人事管理を実現

有給管理も人事管理にとって重要な仕事です。ただ、管理面でややこしいこともあるので管理のしやすさなども含め考えておかなくてはいけません。管理を円滑に回すためにもソフトやソフトウェア、フリーソフトなどのシステムを使う方法もありますし、ツールなどのアプリを使うこともできます。

フリー(無料)ダウンロードができること、簡単に人気が比較できるおすすめのクラウドランキングなどもあります。Excel(エクセル)と合わせて、フォーマットやテンプレートも使いこなしてみてくださいね。




タイトルとURLをコピーしました