製造業の原価計算・在庫管理・生産管理のフリーソフト・エクセルテンプレート

業種別パッケージソフト




製造業の一般的な仕事の流れは以下になります。

①材料の仕入れ
②仕入れた材料の加工、製品の製造
③製品の完成
④製品の販売

製造業では、さまざまな工程でロスや副産物などが生じるため、この一連の流れを一貫して管理することが重要です。
在庫管理では、製品の管理だけでなく、仕入れた材料や部品、半製品などの在庫も管理する必要があります。また、製造加工では進捗度に応じた原価計算などを行う必要も出てきます。会社の経営成績を把握するためには、製造中のものも原価計算により数値化する必要があります。また、工程管理も重要です。各工程の完了までの期間はどれぐらいなのか、遅れはないのか、納期に間に合うのかなど常にすべての工程を一貫して把握しておく必要があるでしょう。製鉄業では、副産物として出た鉄くずが販売されています。このように、販売できるものや販売したものについても管理をしないと、後の税務申告で抜け落ちる可能性もあるので注意しましょう。そのため、販売管理もとても大切な仕事のひとつです。
まずは人気の無料ソフトやテンプレートをダウンロードしてみてはいかがでしょうか。

製造業のフリーソフトです。
部品在庫・製品在庫数・在庫位置を管理する在庫管理システムは、生産計画から不足部品(発注数)を分解算出し進捗状況を把握できます。そして、生産計画表・生産予定表・生産スケジュールを作成します。エクセルで生産現場の進捗管理を行い、工程管理をします。生産管理と仕入管理の計画立案と実績管理を行なうデータベースシステム、検査データを集計する品質管理システム、原価管理・原価計算などがあります。
これらの人気ソフトやテンプレートが無料でダウンロードできます。




目次

製造業の原価計算・在庫管理・生産管理のフリーソフト・エクセルテンプレート

Access2010~365版 製造業用 売上仕入在庫管理 4.03 Rev1.00

Access2010~365版 製造業用 売上仕入在庫管理 4.03 Rev1.00

製造業用の売上仕入在庫管理システムです。製造した製品を登録すると、製品の在庫増とともに構成部品の在庫を引き落とすことができます。メール一括送信機能と、応対履歴の管理ができます。実用に即した集計表を作成でき、実用に即した集計表や生産計画表・生産予定表・生産スケジュールを作成できます。

超~簡単 在庫管理 (製造業版)

超~簡単 在庫管理 (製造業版)

使いやすさを追求した、シンプルかつ高機能な製造業向け在庫管理システムです。仕入・売上伝票入力はオプションを登録して簡単に入力する事が可能です。仕入情報検索や現在庫や期間指定在庫の確認・販売情報検索、期間指定での合計請求書などができて人気です。

PCS 販売管理システム SZ

PCS 販売管理システム SZ

誰でも使える、鋳造業・製造業向けの販売仕入生産在庫管理ソフトです。仕入入力と生産入力で在庫が増え、売上入力で在庫が減り、受注残、発注残の管理や生産計画表・生産予定表作成・生産スケジュールなどもできるので人気です。伝票入力中に業者・商品・単価の追加修正が簡単に登録できます。

生産現場の進捗管理.xls

生産現場の進捗管理.xls

製造現場担当者向け、生産現場の進捗管理ソフトです。生産進捗確認と、入力データーの確認ができ、苦手な記帳や集計から開放されます。シートのデーターはエクセルで活用も可能です。総合的な管理ができ、手間のかかる作業を簡単に行えます。

ITS Access ERP

ITS Access ERP

中小企業 製造業向けの受注管理・出荷管理・生産管理を行うシステムです。高額なパッケージを導入する予算は無いが、安くて管理しやすいパッケージが欲しいとお考えの企業様向けです。フォームの表示は、英語・日本語・中国語に対応しています。

Excelでロット別・工程別の原価計算 Profit+

Excelでロット別・工程別の原価計算 Profit+

エクセルで簡易的にロット別・工程別の原価計算を行える原価計算ツールです。ロット別原価を製品別に集約することによって、製品別の採算管理表を作成することも可能です。難しい操作や複雑な設定は不要で、作業を大幅に軽減できます。原価管理・原価計算が楽になるのでおすすめのアプリです。

Project Rabbit

Project Rabbit

製造業向けのプロジェクト管理ソフトウェアです。複雑な工程や大規模なプロジェクトを容易に管理する事が出来ます。進捗管理、成果物管理、工程管理を行う事が出来ます。主担当者割当て、イナズマ線表示、タスク間の関連付け設定などもできます。原価管理・原価計算が楽になるのでおすすめのアプリです。

T’s Factory 出来高管理

T’s Factory 出来高管理

製造業向け小粒な生産管理ソリューションT’sFactoryシリーズの出来高管理DBです。デイリーの工場の出来高実績と就業実績を入力していくことで、月別・日別の出来高を集計・管理するためのデータベースアプリケーションです。操作性・機能性にすぐれた便利な工程管理ソフトです。原価管理・原価計算が楽になるのでおすすめのアプリです。

Access 2000 販売管理・在庫管理システム

Access 2000 販売管理・在庫管理システム
中小企業製造業向けの受注管理・出荷管理・生産管理を行うシステムです。サンプル版として提供されています。高額なパッケージ版を導入するほどの予算は無いものの、管理しやすいパッケージが欲しいという要望に応えたパッケージソフトとなっています。フォームの表示は、英語・日本語・中国語に対応していますので、多くの人たちに利用できる、汎用性の高いシステムとなっています。

生産手配システム(試用版)

生産手配システム(試用版)
中小企業製造業向けの生産手配を行うシステムです。試用版として提供されています。生産計画に基づいて、生産手配(作業の指示、部材の手配)を行います。主な機能として、部品情報入力、製品構成表示、生産計画策定、所要量計算実行、入荷報告、作業進捗報告が搭載されています。Access版はAccess2000とWindows、java版はjava実行環境とJDBC対応のRDBMSが必要です。

在庫処理 for Access 95

在庫処理 for Access 95
電子製造業および部品を組み立てて製品を作る業種向けの在庫処理システムです。フリーソフトとして提供されています。電子組立製造業及びいろんな部品を組み合わせて1つの製品を作り上げる製造業の方にお勧めです。生産日報を入力すると出庫として扱い単品在庫の把握、支給伝票を入力することにより入庫を把握し、理論的な在庫の確認ができます。なお、Accessで作成されています。

業務管理パッケージ「進助」ベーシック試用版

業務管理パッケージ「進助」ベーシック試用版
製造工程管理に最適なWebアプリケーションです。サンプル版として提供されています。製造加工、ソフトウェア開発の進捗・工程管理に最適で、さまざまな場所、デバイスを利用したシチュエーションでの活用を想定しています。Webアプリケーションである当ソフトは、プロジェクトの進捗がどこからでも簡単に入力できるだけでなく、簡単に管理を行うことが可能となっています。

いずみ生産管理システム

いずみ生産管理システム
受注製造業向けのサーバークライアント型総合生産管理システムです。製造工場で要求される販売購入生産全般の管理を、この一本のアプリケーションだけで実現できるERPタイプの総合生産管理システムとなっています。工場規模は最小10人から最大従業員数500人前後までを見込んでいて、部品構成管理、工程管理、作業管理、外注管理、資材管理、製造ライン負荷、EDIなどほぼ全ての機能が揃っています。

蔵番Pro

蔵番Pro
中堅・中小規模製造事業所向けに特化した生産・在庫・仕入管理システムです。フリーソフトとして提供されています。生産管理では、複数ロットの同時出庫シミュレーション機能が搭載されています。仕入管理では、生産管理の出庫シミュレーションから送られた(ロット)注文書と、ロットに基づかない手動入力した注文書を中心に仕入・支払管理します。在庫管理は部品1品を1月1枚の棚札で管理します。




製造業の原価計算・在庫管理・生産管理のフリーソフト・エクセルテンプレートの制作者

[三井 浩]
製造業向けの在庫管理システムが無料でダウンロードできます。
汎用の在庫管理ソフトもあります。

[Old_Boy67]
現場の在庫位置管理システムは、製造現場担当者向け、部品在庫、製品在庫の数量と在庫位置を管理します。生産現場の進捗管理システムは、製造現場担当者向け、進捗、在庫管理ができ、データーはエクセルで保管します。

[川中 伸次]
生産管理・仕入管理システムは、生産・仕入の計画立案と実績管理(Plan-Do-See)を行なうデータベースシステムです。X- R管理図のテンプレートファイル、ガントチャートを簡単に作成、入庫・出庫・修正・在庫のシミュレーション可能な日程表の作成など。

[Feed Soft]
製造業向けの在庫管理・品質管理・生産計画、X-R管理図の作成、配車・車両・乗務員・勤怠を管理できる運送管理ソフト、バーコードの作成と商品管理・部品管理システムなど。Excel書式の見積書・請求書・納品書、顧客管理ソフトなど。

[atago]
中堅・中小規模製造事業所向けの生産管理、在庫管理、仕入管理システムです。SOHO、小規模事業所向けの販売管理・仕入管理ソフト。マンションの経費管理、総合スーパー・大型量販店の高額商品売場の販売を支援するソフトなど。

[ピーシーランド]
在庫管理システムは、部品を組み立てて製品出荷をという形式の部品の在庫を管理します。販売管理、売上請求管理ソフト、納品売掛管理ソフト、給与計算システム、動物病院カルテ管理、酒申告の書類作成など。

[新陽企画]
本格的な生産管理システムを構築できるソフトです。
生産管理の学習支援ツールもあります。

[クレバーステーション]
製造計画システムは、個別受注生産型の生産管理ソフトです。

[すず工房]
生産管理スタータは、経営情報の管理、Excelデータをインポートできる生産管理ソフトです。ガントチャートの作成、予算管理・実績管理ができるExcelアドインソフト。取引管理台帳ソフトは、見積書・請求書・納品受領書・領収書の作成ができます。

[豆タンク]
生産管理システムは、在庫管理型の生産管理ソフトです。
所要量計算ソフトは、組立現場の改善ツールです。倉庫VANは、戦略的な在庫管理でコストダウンを図るソフトです。原価管理・原価計算が楽になるのでおすすめのアプリです。

[古田 好史]
生産手配システムは、製造業の生産手配を行うソフトです。

[まさ工房]
製造向けの在庫管理ツール、個人事業・SOHO向けの顧客管理ツール、製造向けの見積書作成支援ツール、ラベル管理ツール、Excelデータのマッチングツールなど。


製造業における在庫管理とその管理手法

製造業にとって大切な事柄の一つに「在庫管理」があります。在庫管理はすなわち生産管理とも直結する内容だと認識できます。
それどころか、製造業における生産管理は、工程管理・品質管理・販売管理など、全ての管理に直結するものだと言えるのです。
こうしたことから、日本の製造業では、「MRP」や「BTO」などという管理手法が採用されてきました。しかしながら、こうした手法であったとしても、結局は「在庫をどこでどれだけ持つか」といったような、在庫管理中心な考え方だと言えます。

在庫量を適量分だけ保持しニーズにあった在庫管理を行う手法

製造業において「BTO」や「CTO」といった手法が注目を浴びているのは、こうした在庫管理中心の考え方だけではなく、「個別受注生産」と「見込み生産」が混在した生産管理となる手法だからです。
現在の製造業においては、多様化する顧客ニーズにより生産も多種多様化しており、商品づくりも多様化し、結果的に在庫を生み出しているという状況です。こうした多様化による商品の作り過ぎを抑えるために、少量生産や個別受注生産が中心的になってきています。
他方、製品に対するライフサイクルは短命化が目に見えていて、投入した商品がすでにニーズに合わずに在庫を抱えてしまったということも少なくありません。人気がある商品だからといって闇雲に製造を続けてしまうと、気がつけば人気が陰っていたということもあります。また、人気商品だからと在庫を抱えていたら、すでに人気のブームは過ぎていたというのも少なくありません。
在庫をある程度保持しながら需要の予測を行い、見込みで生産を進めていく必要があるわけです。
こういった個別受注生産と見込みの生産を混合させることで、半製品を作り込んでおき、受注が入るタイミングで最終的に組み上げて製品化するのが「BTO」や「CTO」に見られる生産管理の手法となるのです。

BTOやCTOは適切なODPを探しどの部分で行うかの見極めが重要

こうした工程管理を行う「BTO」や「CTO」においては、半製品、いわゆる「ODP」が在庫管理のポイントとなってきます。その点を考えると、「BTO」や「CTO」においても、在庫を抱えているという点では在庫管理の問題を解決できておらず、加えて、需要と供給の関係で生産管理や生産スケジュールなどの計画が外れてしまうと、大きな損失を生み出してしまう可能性があると言われているのです。
生産過程の間で適切なODPが見つかったとしても、製品ライフサイクルの問題に直面してしまいます。製品は試作品から売れ筋を経て、売れ筋を外れていき最終的にはメンテナンス用品となります。試作品の時は、完全個別受注生産が適切なため、ODPは設計や原材料調達といった製造業側に近い場所にあります。しかしながら、売れ筋から商品がずれていくと、ODPは消費者側に移動していくということです。
そのため、適切なODPを見つけ出し、どの部分で在庫管理を行うかを適切に見極める必要があるのです。

ストリーム管理で見込み製造ロットと発生する受注の関係を解決

こういった問題点を解決する方法も存在します。
例えば、「計画納期」と「計画生産量」のみを情報として保持している複数の製造ロットが、さまざまな時点で挿入してくる多様な受注に対して、それぞれに対してそれぞれが結び付けられるシステムです。
BTOやCTO方法では、受注製番を製造ロットとイコールで管理するため、製造ロットと受注は対になっている関係になります。一方で、「ストリーム管理」にすることで、製造と受注を多対多の関係性を作り上げることができるため、見込みで製造されるロットと個別に発生する受注の関係を解決するというわけです。
また、在庫を保持することで調整を行ってきた製造業や製造業関係業務が、製造とそれぞれの関係を在庫で調整すると、在庫をどんどんと抱えることとなってしまいます。なお、ストリーム管理を行うには、「メタ製番」という仕組みが必要となります。

製造業で発生する各管理はエクセルのテンプレートを用いて管理

このように、製造業においては、商品に対するあらゆる管理が、業務の中心にもなり肝にもなっているのです。
製造業における、こうした在庫管理や販売管理、そして製造に係る工程管理や品質管理はexcel(エクセル)などのテンプレートを用いて簡単に整理しておくことがおすすめです。
確かに、在庫管理、販売管理、工程管理、品質管理は非常に複雑で簡単なものではありません。大手自動車メーカーなどでは、独自の工程管理を確立させ、それを発展させることでより品質管理を向上させ、製品を発展させている場面もあります。
しかしながら、一般的な製造業について考えれば、在庫管理、販売管理、工程管理、品質管理はexcel(エクセル)などのテンプレートを流用することから始めるのが、簡単で最もおすすめだと言えるでしょう。
また、生産管理、生産スケジュール、生産計画表、生産予定表などもexcel(エクセル)などのテンプレートを用いて作成するのが簡単でおすすめです。もちろん、生産スケジュール、生産計画表、生産予定表などのテンプレートもダウンロードできる素材が存在します。
こうした在庫管理などに係るexcel(エクセル)などのテンプレートは、多くのパターンや手法が確立されており、それぞれにおいてインターネットで無料でダウンロードできるデータが、フリーで存在していることがほとんどです。こうしたフリーでダウンロードできる無料のexcel(エクセル)などのテンプレートを活用して、簡単かつ単純に管理表などを作るのがおすすめなのです。

エクセルで対応できない規模にはフリーソフトやシェアソフト

一方で、ある程度の大きさの製造業になる場合、在庫管理、販売管理、工程管理、品質管理をexcel(エクセル)などのテンプレートだけで流用すると、大きなトラブルに発展しかねません。
もちろん、在庫管理、販売管理、工程管理、品質管理だけではなく、これらに紐づく生産管理、生産スケジュール、生産計画表、生産予定表といったデータもしっかりと管理を行う必要があります。
こうした場合、excel(エクセル)などのテンプレートだけでは情報が混雑化してしまいます。
そこで検討したいのが、フリーやシェアのソフトやアプリの導入です。
ソフトやアプリを導入することで、在庫管理、販売管理、工程管理、品質管理、生産管理などの管理ならびに、生産スケジュール、生産計画表、生産予定表といったスケジュールの作成まで比較的簡単に行うことができます。

原価管理や原価計算にはフリーソフトシェアソフトやエクセル

生産スケジュール、生産計画表、生産予定表といった製造過程に関するソフト導入も重要ですが、原価管理や原価計算なども非常に重要なポイントです。
原価管理や原価計算を行うソフトは、フリーソフトやフリーのアプリが無料でダウンロードできるはずです。こうした無料のフリーソフトやフリーのアプリの中には、人気が高い原価管理や原価計算ソフトも存在します。まずはこうした、無料で人気の高いソフトを導入して、試験的に運用をしてみるのもおすすめです。
また、原価管理や原価計算においては、わざわざ無料のフリーソフトやシェアソフトをダウンロードして導入する必要がない場合もあります。それは、excel(エクセル)による計算で、原価管理や原価計算などを簡単に管理できる場合があるからです。
そのため、生産スケジュール、生産計画表、生産予定表といった生産に係る複雑な部分は、シェアソフトやアプリなどをダウンロードして管理し、原価管理や原価計算などはフリーソフトやフリーのアプリ、もしくはexcel(エクセル)などを用いて管理していくのも簡単でわかりやすいおすすめな方法だと言えるでしょう。
フリーソフトにはフリーソフトの、シェアソフトにはシェアソフトのメリットがあると覚えておきましょう。

製造業必須の在庫・生産・品質管理

製造業はモノを製造して、それを販売して利益を得て、その利益を基に次の製造を行う業種です。製造業は、製造品の受注を受ける販売管理から始まり、生産管理が始まります。生産管理では、生産計画が立てられ、必要な資材や人手が計算され、手配後に工程管理へと移ります。
工程管理では、生産計画表に基づいて生産スケジュールが立てられ、生産ラインごとに日・周の生産予定表が組まれ、生産が開始されます。製品としてできた後は在庫管理へと管理主体が移りますが、製造工程では製品が規格に合っているか、客先の仕様どおりかを品質管理部門が検査します。もちろん生産工程中でも適時、品質管理が実施されます。
生産途中、生産終了後には在庫管理として、受注品・資材などが管理調整され、購買管理へと引き渡されます。購買管理では、資材等の入庫ともに製品の出荷を管理し、支払などが行われます。また、一連の生産管理では、会計管理が全体のお金の動きを調整し、原価計算に基づく原価管理が行われます。
販売管理から始まり生産管理、工程管理、在庫管理、工程管理、品質管理、原価管理などの管理は、データが密接につながっているため、専用のソフトやアプリによる管理が一般的です。しかし、個々の管理について見ると、無料のエクセルやフリーソフトも多く出され人気があります。生産規模が小さな製造業であれば、無料か一部有料のフリーソフトをダウンロードし、エクセル(excel)のようにソフト間でデータをやり取りすることで、その製造業独自の生産管理システムが構築できるでしょう。ここのソフトの操作は簡単ですが、システム化は簡単ではないのですが、時間を掛ければ構築できるでしょう。
また、生産管理で使う生産スケジュール、生産計画表、生産予定表は、無料のフリーソフトやエクセルベースのソフトも多くあります。エクセル(excel)ではテンプレート入力という簡単なものもあり、ダウンロードして使ってみることもおすすめです。

製造業のフリーソフトで原価管理を行う方法

原価管理は、製品の製造にかかる製造原価、原料費・材料費・資材費用・人件費・光熱費・機械・設備費用と、売り上げについて、製造品1件ごとに、予定金額と実績金額を比較し、問題があれば改善し、利益となるように管理するシステムです。利益を上げるためには、売り上げを伸ばし、製造原価を下げる簡単なことです。しかし、製造と言っても、いくつもの製造ラインがあり、関わる部門も様々あって、それぞれの原価管理をまとめたものが、製造業の原価管理で、簡単にはできないと想像できます。
原価計算では、製造原価を固定費と変動費に分類し、損益分岐点を算出することで、製造品の採算性が分かり管理しやすくなります。原価計算では、原価に含まれる項目をすべて洗い出して計算項目に入れることが重要です。1つでも抜けると、原価計算に必要な要素が抜けて失敗する可能性が高いです。
原価管理や原価計算はエクセル(excel)で簡単にでき、フリーソフトにはテンプレートに入力するだけという無料のソフトもあります。注意することは、フリーソフトのテンプレートは白紙であって、項目の入力と、他の原価計算とのリンクを正しく行うことが重要です。

製造業のキャッシュフロー経営のポイントと生産管理手法とは?

キャッシュフロー経営は、利益と残っているお金を明確とした経営です。この経営を成功させるには、製造業すぐに製品をキャッシュ変えます。製造品の生産が始まると、キャッシュは資材や部品に費やされ、製造のプロセスに費やされます。他にも人の給与・工場設備への投資にキャッシュが使われます。
製造プロセスには、いろいろとキャッシュが費やされ、製造管理の材料から在庫までのプロセスを製造品が通過しています。このような生産過程の中で付加価値が生まれることがあり、それは設計開発からのアイディアで生まれます。この付加価値を、生産過程で費やされるキャッシュに加えることができたときが重要な過程の1つです。
製造品は、完成品在庫、販売による売上を経て、再びキャッシュに転換されますが、それは、売掛回収の時です。
キャッシュフロー経営では、投入したキャッシュの金額より回収したキャッシュの金額が多いこと、キャッシュ投入後に再度キャッシュとなる時間を短くすることです。そのために、生産管理手法は、再びキャッシュになるまでの時間と利益の大きさの関係を考え、分単位の利益評価が重要です。

製造業の利益評価

製造における利益の考え方は、キヤッシュフロー経営による見方が必要です。製品1個ごとの利益の評価は意味がなく、時間ごとに製品が生み出す利益を評価すべきです。例えば、分単位で製品ごとにどれだけの利益を出しているかが評価すべきことです。これによって次のような問題が解決できます。
例えば、製品を作っても在庫になると、会計上その分は資産に隠れ、製造原価になりません。そのため、例えば100個販売した場合、販売できたものは原価になりますが、その100個を作るために1000個の販売できなかったものがあると、その販売管理できなかった在庫管理上の資産に原価が隠れている可能性があり、製品は評価対象となります。
財務管理ができる無料のフリーソフトを使えば、お金の流れの管理が可能です。ただし、製造業に限ったソフトではないため、製造業用にテンプレートや設定を変えることで、キャッシュフロー評価ができるかもしれません。有料の会計・財務管理ソフトやアプリも内容が充実しているため、製造業の管理目的に合う可能性もあり、無料での試用期間中にダウンロードして試すのもおすすめです。

製造業の新しい生産管理手法

生産管理システムが、製造の生産量を上げ、キャッシュフローの向上という目標に対し、今までのシステムとは違う方法をとります。1つ目は、在庫管理中心から、フロー中心とする生産への変更で、2つ目は、変化を緩慢な生産管理から、動的な生産へと移行することです。それを行うには、ストリーム管理手法が有効で、在庫を中心とした生産管理手法は在庫を中心に考える仕組みです。キャッシュフロー重視の経営管理によって、キャッシュフローに対しマイナス要因となる在庫を削減を目標として、在庫を前提で考えている管理方法を変えることができます。
キャッシュフロー経営の生産管理では、メタ製番手法によって在庫管理以外で管理する仕組みを作ります。このメタ製番方式は、製品の流れを管理する仕組みで、製造物と受注とを関係付ける生産管理の手法では本来難しいものでした。しかし、生産スケジュールと受注とを関係付けて生産管理とすることで、在庫状態にないものも受注の引当てができるようになります。
在庫レスの在庫管理ができるストリーム管理のように、新しい生産管理手法に変更することは、製造業経営として重要な意思決定です。生産管理の問題は、日々の作業を行う現場の意向が強く、変化をきらう傾向にありますが、在庫レスの在庫管理の姿勢を貫かないと、今後の製造業は生き残れません。生産管理の問題も現場だけの問題ではなく、経営と現場が一緒になって改革に取り組むべき課題です。
在庫管理ができるソフトは、エクセルベースのフリーソフト、無料のフリーソフト、有料ソフト、有料アプリと多くあり、製造業に特化した人気ソフトもあります。簡単な在庫管理ならエクセル(excel)を使って自身でソフトを作成することもで、データベース機能を利用して、多角的な管理も可能です。そのようなデータベースにアクセスを利用し、エクセル(excel)と共同した在庫管理システムとしたフリーソフトや、有料ソフトもあり、ダウンロードし在庫の予定数と実績を入力してどれだけ効果が出るか試すのもおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました