エクセルVBA・HTMLファイル変換のフリーソフト

VBA、CSV、HTML、PDF Excel




Excel VBA/Excelで作成したフリーソフトです。

ExcelVBAのパスワード紛失時の高速解析、EXCEL VBAの解読、Excel VBAを日本語化、アンケートの作成と集計、設計書・仕様書作成や自動生成、ExcelVBAのソースコードから仕様書を自動作成、VBA操作の学習、EXCEL VBA 自動作成、VBAプログラミング作業を支援、エクセルからHTML変換、html解析、html出力、タグ抽出、マクロ解析、マクロ解読、コード解析・vba解析・vba解読・アナライザー・vbaソース・qrコード作成などができます。
これらの人気アプリやエクセルテンプレートが無料でダウンロードできます。




目次

Excel VBAを使ったExcel作業の効率化

Excel VBAとは、Excelなどの操作を自動で作成するためのプログラムワードです。VBAを使ってプログラムを作ることにより、同じ処理の繰り返しや定期的に行う一連の処理の自動化が可能となります。そのため、Excel作業の効率化へとみちびくことができます。VBAはExcelで使うことが多いので、Excel VBAと呼ばれることが多くあります。
VBAではExcelシートでの繰り返し作業の自動化ができるので、現在行っている繰り返し作業の内容もオリジナルの関数にすることができます。既にある関数を組み合わせたり新しく処理を加えることにより、独自のオリジナルの関数を作ることができます。独自で作ったユーザー定義関数を、既にある関数と同じようにExcelのワークシート上で使うことができます。たくさんの関数を使う面倒な処理の場合でも、それらをあらかじめユーザー定義関数として作っておくことで、それを呼び出すだけで簡単に処理が可能となります。
Excel VBAを使うことにより、様々なメリットがあります。メールの送信先を抽出してからメールの一括送信が可能となり、メールの件名や本文に氏名の自動挿入するなどの使い方ができます。全てVBAが処理してくれるので、作業は送信時間の指定くらいです。また、WEBサイトの情報を自動で受信することも可能であり、XMLのデータなどの受信も可能です。Excel VBAを使いこなすことで、アクションゲームなどのゲームの作成も可能です。
まずは、無料の人気アプリやエクセルテンプレートをダウンロードしてみてはいかがでしょうか。


エクセルVBAのフリーソフト

VBA 分析ツール

VBA 分析ツール

EXCEL VBAの解読、出力ができる人気ツールです。Excelファイル内のVBAプロジェクトを分析し、結果をファイル出力します。出力データはレポート、プロシージャ一覧、関連図、ソースコードです。他人の作成したExcel VBAプログラムの、改修をサポートします。マクロ解析・マクロ解読・コード解析・vba解析・vba解読・vbaソース・qrコード作成なども可能です。

エクセル VBA 日本語化

エクセル VBA 日本語化

エクセルVBAを、日本語で扱えるようにする人気アドインが無料でダウンロードできます。セル操作関連、文字列操作を日本語化しています。インテリセンスによるコード補完も、日本語に対応しています。日本語入力後に、Ctrl+スペースキーを押下すると、キーワードが補完されます。

Questionnaire_Create

Questionnaire_Create

Excel VBAを利用した、イントラネット用のアンケート作成、集計のソフトです。必要項目を入力すれば、入力用ファイル、集計用ファイルを自動で作成します。入力用ファイルは、HTA形式とHTML形式が、選択できます。 入力の際に重複レコードの検出も可能です。qrコードや設計書・仕様書作成や自動生成もできます。

Excel VBA 仕様書作成サポート

Excel VBA 仕様書作成サポート

Excel VBAのソースコードから、仕様書を自動で作成できる、おすすめの設計書・仕様書作成、自動生成ソフトです。仕様書に出力する情報は、プロジェクト名、著作権、関数一覧などです。関数の詳細説明を、コメント行から取得して、出力できます。作成可能な仕様書のファイルは、エクセル及びテキストです。

Excel エクセルで VBA マクロ入門講座

Excel エクセルで VBA マクロ入門講座

初心者が使い方を実践して、VBAマクロ操作を覚える、おすすめの学習ソフトです。Excelとメモ帳とyoutubeがリンクしているので、初心者でもすぐにマスターできます。youtubeでの動画レッスンで、繰り返し実践します。Excel操作が自由自在にできます。マクロ解析・マクロ解読・コード解析・vba解析・vba解読・vbaソースなどにもどうぞ。

EXCEL VBA 自動作成

EXCEL VBA 自動作成

EXCELデータ集計、分析用マクロが簡単に作成できるEXCEL VBA自動作成マクロです。複数の表を1つにまとめたり、必要な列のみを取り出し、別の表にできます。ピポットテーブル、統合、行集計など色々な形で集計できます。事務作業を省力化できます。マクロ解析・マクロ解読・コード解析・vba解析・vba解読・vbaソースにも使えます。




エクセルからHTMLファイル変換のフリーソフト

HTMLファイルの作成/Excelで作成したフリーソフトです。
HTMLの表を作成、エクセルからHTMLへ変換、表、グラフ、図形などをHTML変換、HTMLアナライザー、html解析、html出力、タグ抽出、Excelの表をtableタグに変換、HTMLファイルのリンク一覧の表示、設計書・仕様書作成や自動生成・qrコード作成などができる人気アプリや、エクセルテンプレートが無料でダウンロードできます。

Excel Web 表変換10

Excel Web 表変換10

Excelのファイルから、単純なHTMLの表を作成することができる表変換ソフトが無料でダウンロードできます。HTML表の作成時の、面倒な作業が大幅に軽減され、作成後の修正も簡単にできます。単純なHTMLの表だけを作成することもできます。html解析・html出力・アナライザー・タグ抽出や、設計書・仕様書作成・自動生成なども可。

XLS2 HTMLTABLE

XLS2 HTMLTABLE

Excelのワークシートやテンプレートを、そのままHTMLの表に変換するExcelアドインです。セル結合、セル背景色、テキストのアラインメント、セル幅などを変換します。セル背景色やテキスト位置も、変更することが可能です。

エクセルから HTMLへ (PutEXCELintoHTML)

エクセルから HTMLへ (PutEXCELintoHTML)

Excelシートの選択した範囲の表示内容を、HTMLに変換できるソフトです。全体の外観、文字列や数値、背景色、罫線及び図、セルの高さ、幅などを写せます。記述ソースはシンプルで、忠実に素早く作業することができるおすすめアプリです。

Conv HTML

Conv HTML

ExcelのワークシートをワンクリックでHTMLテーブルソースに変換します。結合セルサポート、テーブルのパディングやスペーシングの設定などの機能があります。レイアウトを崩さず変換でき、多機能性で使いやすいソフトです。html解析・html出力・タグ抽出などに。

xls2html

xls2html

HTMLファイルのひな形に、Excelのデータを差し込んで、HTMLファイルを作成するおすすめソフトです。テンプレートファイルの設定に従って、自由な形式でHTML変換できます。柔軟で強力な出力設定が行えます。

EXCEL テーブルと VBA2 html

EXCEL テーブルと VBA2 html

EXCELの表とVBAのソースコードを、htmlソースコードへ変換します。EXCEL表の一部をクリックするだけで、htmlへ変換し、クリップボードへ貼り付けます。変化結果は内臓のWebブラウザーで確認することができます。

OfficeHTML変換10 10.1.0

OfficeHTML変換10 10.1.0

Word、Excel、Powerpointのファイルを、HTMLファイルに変換するソフトです。変換するファイルの選択が操作しやすく、変換元フォルダも管理しやすくなっています。HTMLに変換した後のファイルが、フィルタリングできます。html解析・html出力・タグ抽出にも使えます。

Excel to HTML

Excel to HTML

Microsoft Excelの表をHTMLのテーブル形式に変換するExcel用アドインモジュールです。罫線の有無によって、複数行や列にまたがるセルを作成します。太字、斜体、文字の大きさや、数値書式を再現できます。

ホホームページOffice変換10 10.1.0

ホームページOffice変換10 10.1.0

HTMLファイルを元に、WordやExcel、Powerpointのファイルを作成できます。複数のHTMLファイルを、各Officeアプリケーションのファイルに変換する際に便利なソフトです。特定のファイルだけ変換できる、有料のソフトです。

table タグ化

table タグ化

Excelの表をtableタグに変換できるツールです。Excelで作成した表を、htmlタグのtableタグに変換します。フリーウェアで、機能制限などはありませんので、誰でも簡単に使えます。

HTML リンク先解析

HTML リンク先解析

HTMLのリンク先を解析して、Excelファイルを作成します。HTMLファイルの中から、リンク先として定義しているファイル名等を抽出するための、データ収集プログラムです。データは新規ブックとして作成されます。

Web リンクチェッカー

Web リンクチェッカー

ExcelVBAでサイト内全てのHTMLファイルのリンク一覧、及びリンク切れを表示します。サイトのリンクを抜き出し、リンク切れを探すことができるソフトです。自由に抜き出したリンクデータは、保存することができます。

 

エクセルの作業効率アップに必須のマクロ言語VBAとは

「マクロ」が使用できるようになると、作業の効率が一段と上がります。しかしながら、マクロというのはプログラム一種であるため、マクロを使いこなすためにはある程度の知識が必要となります。

エクセルで自動生成できるマクロ

マクロとは、アプリやソフトを使った時、その手順や動作を記憶し自動実行する機能だと考えれば簡単です。マクロはプログラムを作り込む事もできますが、マクロの最も簡単な作り方は動作の記録をさせてマクロを自動生成させる方法です。自動生成機能を使うことで、まるでフリーソフトのような高機能な動作から、アプリのような軽い使い方まで、非常にさまざまなツールを簡単に作ることが可能です。

例えば、excel(エクセル)テンプレートを開き、そのexcel(エクセル)テンプレートにファイル名が固定されたcsvファイルからデータを読み込み、さらにexcel(エクセル)テンプレートをプリントアウトするという作業があったとします。この作業を毎日行う場合、毎回excel(エクセル)テンプレートを開き、ファイルをexcel(エクセル)テンプレートに読み込みそして印刷するというルーチンが生まれます。

毎日行う作業ですから間違えないように行う必要がある一方、同じ作業を繰り返すので作業効率があまり良くありません。こういった時にexcel(エクセル)のマクロを活用することで、自動実行を行うことができるのです。

マクロ言語VBAとは

excel(エクセル)で採用されているvbaというマクロ言語は、「Visual Basic」がもととなっています。そのためvba解析やvba解読などvbaソースのコード解析を行う場合、vbaのマニュアルを見るだけではなくVisual Basicも参考にすると分かりやすいのでおすすめです。vbaソースの作り込みやvba解析およびvba解読は、「vbエディタ」と呼ばれるエディタ画面で行います。ここではvbaソースを作り込むだけではなく、デバッグやテストなども行うことが可能です。vbエディタはexcel(エクセル)に標準で備わっているエディタです。また、vbエディタはexcel(エクセル)と同調するわけではなく単独でも機能するエディタです。

さらにvbエディタは、記述されたソースコードのvba解析・vba解読を自動で行うので、vbaソースのソースコードに間違いがあった場合などは、アラートやエラーメッセージで警告してくれます。このようにvbエディタは、vbaソース作り込む時にはvba解析・vba解読を行いつつ同時にマクロを作り込めるため、vbaを覚えながらvbaソースを作成することができるのです。また、webサイトなど無料で公開されているソースコードをコピペして、vbエディタを用いてvba解析・vba解読を行うこともできるので、コード解析用のソフトとしてもおすすめなのです。

慣れてくると、ソースコードを追うだけでvba解析・vba解読ができるようになるため、vbエディタを使用せずともテキストエディタなどで簡単にコード解析できるようになるでしょう。テキストエディタの中には、vbなどのプログラム作成に対応した、使いやすい人気のエディタも存在します。フリーのエディタなどでも人気のエディタがありますので、こうしたエディタをインストールして使用するのもおすすめだと言えるでしょう。

無料公開されているマクロ解析やマクロ解読も便利

vbaだけがマクロではありません。先にも触れたとおり、いろいろなアプリやソフトにおいてマクロ機能が搭載されており、それぞれにおいてソースコードを作り込むことでマクロを実行することができます。Webなどでマクロを探すと、非常にさまざまなマクロが無料で公開されています。中には、コピペだけで使用できるマクロがあるなど、使い方も非常に簡単だと考えがちです。しかし、自分の作業にマクロを落とし込もうと考えるのであれば、マクロ解析やマクロ解読といったコード解析が必要です。

コード解析とは、プログラムがどのように動くのかを、マクロのソースコードを見て解読するという方法です。ソースコードからコード解析を行うことで、マクロ解析やマクロ解読ができるため、そのマクロが何をどこで実行するかが見えてくるのです。マクロ解析やマクロ解読ができない人は、一度自分のできる範囲まで考えを落とし込む事が大切です。例えば、マクロ解析・マクロ解読ができないがhtml解析はできるという人もいるでしょう。html解析を簡単に表現すると、htmlに書かれているソースコード上のタグ抽出を行っていく作業です。

タグ抽出を行いhtml解析を行う作業は、ある意味マクロ解析・マクロ解読と似ている作業です。それはタグ抽出されたタグは、マクロにおける命令文と似ているからからです。html解析時のタグ抽出は、マクロでの命令文抽出だと考えると、マクロ解析やマクロ分析がぐっと考えやすくなるはずです。
html解析におけるタグ抽出を例にしましたが、html解析におけるタグ抽出でけではなく英語の和訳など、似た作業はいろいろとあります。自分が理解できる方法に一度落とし込み、それから解読や解析を行うのが簡単でおすすめです。

マクロの作成効率アップには仕様書や設計書の作成が必須

vbaなどでマクロを作り込む場合、闇雲に作り始めるのでは正しいマクロは作り上げることが困難です。複雑なマクロであればあるほど、思いつきのソースコードでは困難を極めるはずです。建物を建てたり物を作る時には、仕様書作成や設計書が必要です。それと同じように、マクロやプログラムを構築する時には仕様書作成や設計書が必要なのです。仕様書作成や設計書は、どういった機能を最終的に作り上げるのかで構築していきます。例えば、word(ワード)ファイルからhtml変換・html出力を行うhtml自動生成マクロを作り上げようとましょう。html自動生成マクロを作るには、基本となるword(ワード)のテンプレートが必要です。また、どういった体裁でhtml変換・html出力を行うか、何を最終目的としてhtml変換やhtml出力を行うかなど、htlm自動生成の仕様について仕様書作成を行います。

外枠となる仕様書作成を基として設計書を作成します。設計書は仕様書作成よりもより詳しい内容となります。例えばhtml変換・html出力時のエラー処理はどうするか、html変換にどういったソースコードが必要か、html出力時のファイル保存先はどこにするかなど、html自動生成マクロにおけるhtml変換・html出力のさまざまなロジックを考えながら設計書を作成します。この仕様書と設計書は、プログラミングが終了した後のマクロ解析やマクロ解読にも用いられます。それは、実行されたプログラムが正しく動いているか、誤導作が発生した場合にはどこが原因かなどを把握するためです。このように、マクロやプログラム作成において仕様書と設計書は重要な役割を持っています。マクロ解析・マクロ解読を学ぶ時または、マクロ解析・マクロ解読を学ばせたい時にも仕様書と設計書を必ず手に取りながら行うようにしましょう。

エクセルのアドインやソフトとは

excel(エクセル)のアドインは、マクロをエクスポートして作られたツールです。まるでフリーソフトやアプリのように無料でダウンロードできるアドインは、非常に多くの種類がフリーで提供されています。「qrコード作成」のアドインや「webサイトアナライザー」といったアドインなど、フリーソフト顔負けの人気アドインもあるほどです。ただし、アドインはフリーソフトやフリーのアプリのように無料でダウンロードして簡単に使える一方、ソフトのバージョンに依存するなどデメリットも存在します。昨日まで使用できていたアドインが、翌日には使えなくなってしまったなどもよくあることです。そして、無料のフリーアドインのため、アップデートされないままだったという人気アドインも数多く存在します。こうしたトラブルを回避するためにも、フリーソフトやフリーのアプリも併用して使用するのがおすすめです。

qrコード作成のアドインを店舗用PRとして使用していた業者が、突然qrコードを作成できなくなってしまったら大変です。フリーソフトやフリーのアプリでも、qrコードは作成できます。アドインによるqrコード作成ではなく、フリーソフトやフリーのアプリをダウンロードしてqrコードを作成するようにする方がおすすめなのです。また、webサイトアナライザーはわざわざソフトをダウンロードする必要がありません。なぜならば、アナライザーはwebツールとして無料で提供されているものが最も人気でおすすめだからです。

ダウンロードソフトによるアナライザーよりもリアルタイム計測ができますし、なにによりもアナライザーの機能性も非常に高いのが特徴です。
このように、マクロやアドインだけを使用するのではなく、人気があるソフトをダウンロードして使用したり、アナライザーなどのWebツールを使用したりして、必要な機能をより効率的に使用していくことが大切だと言えるのです。

 

エクセルのマクロVBAは強力なプログラミング機能

excel(エクセル)のマクロとして備わっている「vba」は、非常に強力なプログラミング機能だといえます。vbaによるプログラミングにより、殆どのことができるともいえるでしょう。例えばhtml変換やhtml出力、タグ抽出、html解析といったhtmlに関わる部分もできます。html変換による自動生成されたhtml出力や、html出力されたhtml解析からのタグ抽出などのexcel(エクセル)からhtml作成するのはもちろん、既存htmlファイルに対してhtml解析やタグ抽出という操作や、html変換やhtml出力といったexcel(エクセル)ファイルからの出力にかかわらない動作を可能とします。

excel(エクセル)ファイルからのhtml出力やhtml変換、html解析、タグ抽出などのマクロは、テンプレートとして無料でフリーダウンロードできる場合もあります。こうしたフリーダウンロードできる無料のテンプレートを用いてhtml出力やhtml変換、html解析、タグ抽出を行うと簡単でおすすめです。また、フリーダウンロードできる無料のテンプレートを、マクロ解析・マクロ解読によりコード解析し、自分用にアレンジしてhtml出力やhtml変換、html解析、タグ抽出のマクロを完成させても良いでしょう。

高機能を求める場合はソフトやアプリを利用しよう

ただし、フリーソフトやアプリといった、通常の業務などで使用するソフトやアプリのような、高機能で精度の高いソフトと同等のツールを作るのであれば、それなり設計書や仕様書作成が必要となります。しかも、設計書や仕様書作成は簡単ではありません。やはり設計書や仕様書作成にも技術や経験が必要なのです。加えて、設計書や仕様書作成は一つではありません。詳細設計書やテスト仕様書作成といった、各セクションによって設計書や仕様書作成は細かく区分されているのです。

例えばqrコードのコード解析ソフトをexcel(エクセル)のマクロで作り上げようとした場合、qrコードの読み取りロジックやqrコードのコード解析ロジックだけではなく、qrコード以外を読み込んだ場合の処理や、qrコードの読み込ませ方、コード解析時のエラー処理やコード解析後の動作手法といった、qrコードやコード解析のロジック以外の部分も作り込む必要があり、それらを全て設計書や仕様書作成を行い、なおかつvbaソースで作り上げるのは簡単とは言えないのです。

そこまでしてexcel(エクセル)のマクロでvbaソースを作り上げるよりは、フリーソフトやフリーアプリ、またはシェアソフトやシェアアプリといった無料ではないものの性能が良いソフトやアプリを使用するのがおすすめで簡単だと言えます。

エクセルのマクロを活用したツール程度を作るのは簡単

excel(エクセル)のマクロにフリーソフトやフリーアプリといったソフトのような性能を求めない、簡単なツールを作れれば良いというのであれば、それほど難しいものでもありません。excel(エクセル)のマクロというものは、いつも行っている複数の手順を踏む作業を、マクロを使うことで簡単に行うことができる、いわゆるちょっとした作業を付け加えるのに最適だといえるのです。

無料でダウンロードできるフリーのvbaソースコードなどを見ると、なんだか難しいというイメージが湧いてしまいます。しかし、vbaソースのvba解析・vba解読ができなくても、またそれによるマクロ解析・マクロ解読ができなくても、excel(エクセル)のvbaソースは簡単に作ることができますし、フリーソフトやフリーアプリほどのではないものの、ソフト並の作業程度であれば簡単に作り上げることができるのです。

Excelのツール作成は「標準機能」「関数」「マクロ」が基本

excel(エクセル)でツールを作る場合は、excel(エクセル)の標準機能と関数、そしてマクロを駆使して作り上げるのがおすすめです。それぞれの機能の得手不得手を補いながら作り上げるのが良い方法だと言えるのです。例えば毎日のように集計する表があり、それをさらにグラフ化する作業があるとします。表に集計しその結果をグラフ化するには、標準機能と関数を使うことで簡単に集計表とグラフを作り上げることができます。その手順をマクロで記憶させることで、より簡単に実行することができるのです。もし、この機能をフリーソフトのようなソフトを構築するためにソースコードで作り上げるとしたら、非常に大変で開発期間もかかります。特にグラフ化のように描写を必要とするソースコードは単純ではありません。ソースコードの「いろは」を覚えた程度では描写機能を搭載するのは困難で、フリーソフトやシェアソフトのレベルまでのソフトはとても構築できません。

しかしながら、excel(エクセル)の標準機能と関数、そしてマクロを使うことで、こうした複雑なツールを自動生成してくれるのです。しかもこの自動生成したツールは、vba解析やvba解読によるマクロ解析やマクロ解読する必要はありません。自動生成されたマクロを実行するだけで動作テストが行えます。自動生成されたマクロが正しく動作しているか、テスト仕様書などを必要とせずに簡単に確認することができるのです。そして毎日、自動生成されたツールをマクロの実行で使用するだけでよいのです。このようにマクロを自動生成することで、vbaソースをソースコードから作り上げる必要がなくまた、vba解析やvba解読によるマクロ解析やマクロ解読は不要となるのです。

マクロの記録だけでは機能不足な場合は、Excel VBAの解読がおすすめ

ただし、マクロの記録により自動生成されたvbaソースでは、条件による分岐や同じ作業の繰り返しを行うことができません。こうした作業を追加したい時に、vba解析やvba解読が必要となるのです。例えば、通信状態を測定するなどといったアナライザー的なマクロは、自動生成では作り込むことができません。アナライザー的なマクロを作りたいのであれば、アナライザーに必要なソースコードを作り上げていく必要があるのです。こうしたアナライザーのような通信状態の取得を伴うツールの作成は、簡単ではなく技術力が必要です。それでもexcel(エクセル)のマクロでアナライザーを作成にこだわるのであれば、無料でダウンロードできるテンプレートとなるソースコードを使用するのがおすすめです。テンプレートとなるソースコードのvba解析・vba解読を行うことで、自分に必要なソースコードが見えてくるはずです。

もし、こうしたダウンロードできるテンプレートのvba解析・vba解読およびマクロ解析・マクロ解読を行っている際に、不明な部分があれば、ダウンロードしたサイトやVBA解説サイトなどで質問してみるのもおすすめです。テンプレートを配布している人気があるダウンロードサイトや、人気があるVBA解説サイトであれば、いろいろな人が質問に応えてくれるでしょう。アナライザーで計測した数値を加工する場合は、マクロではなく標準機能や関数を使用する方が早い場合もあります。こうしたロジックや方法も、人気のexcel(エクセル)マクロ紹介サイトなどでノウハウを学べるはずです。

使えそうな機能はダウンロードすると便利に活用できる

vbaによるツールの作成は簡単でおすすめな一方、よく使うツールなどは人気のWebサイトでダウンロードすることができます。人気があるvbaのWebサイトをまずはチェックして、自分の使えそうな機能をダウンロードしたりすると良いでしょう。そうした中で、自分でマクロ解析・マクロ解読を行っていき、自分の知識や技術を向上させるようにすれば、より使いやすい自分好みのツールを簡単に作り出すことができるようになるはずです。また、どういったツールに人気があるかチェックして、どのようにして他人が業務の効率化を図っているか学んでいくのも良いのではないでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました