ファイル分割・結合・一覧のフリーソフト

ファイル管理 デスクトップ




ファイル管理、デスクトップ設定、ユーティリティ で、使えるフリーソフト。

ファイル一覧、ファイル分割・結合/ユーティリティで使えるフリーソフトです。
情報のリスト作成、フォルダ階層をテキストとしてはきだす、階層をExcelシートに一覧する、ファイルリストを作成、ファイル名取得、指定フォルダ配下のファイル一覧を出力、ファイル圧縮、ファイル分割・結合、結合用のバッチファイル出力、ファイル復元、簡単復元、圧縮分割、ファイル結合などができます。
これらの人気ソフトやexcelテンプレートが無料でダウンロードできます。




ファイルの結合・分割・圧縮でデスクトップの整理を

仕事をしていると、いつの間にかデスクトップに、ファイルがたくさん並んでしまっているといった経験は、誰もがあることでしょう。ファイルがたくさんあると、いざ必要となったファイルを、なかなか見つけることが出来ません。そこで重宝するのが、ファイル一覧・ファイルリストを作成することです。ファイルやフォルダに、階層を作って整理したり、拡張子ごとや特定のワードごとにリストを作ったりすれば、すぐにファイルを見つけることができ、作業の効率化につながります。
容量の大きいファイルがある場合は、ファイルの分割や、ファイル圧縮、結合機能を使うのが便利です。ファイルを、指定サイズに分割や圧縮することで、容量を小さくすることができます。また、使っているパソコンの動作が軽くなったり、メールなどで仕事の上司や同僚などにファイルを送りやすくなったりします。他にもファイル結合がでいる結合ソフトがあれば、簡単に復元することができるので、安心で便利なソフトです。
まずは人気のある無料ソフトやエクセルテンプレートからダウンロードしてみてはいかがでしょうか。




ファイル一覧のフリーソフト

フォルダ階層リスト化君

フォルダ階層リスト化君

フォルダの階層をテキストとしてはきだすことができる人気ソフトが無料でダウンロードできます。フォルダの階層をツリー形式でテキストにします。 ファイル数やサイズ、更新日なども一緒にリスト化されます。ドラッグ&ドロップで検索対象のフォルダを入れ込むことができます。

Excelでファイル階層表

Excelでファイル階層表

フォルダとファイルの階層を一覧するExcelテンプレートファイルです。調べたいフォルダのフルパスを、セルに入力するだけの簡単操作です。表示最大階層制限、階層表示形式選択、フォルダのみ一覧、サイズ等集計制御、結果行の配色変更ができます。

ワンタッチファイルインフォメーション

ワンタッチファイルインフォメーション

各種ファイル、フォルダ、メールなどのファイルリストをあらゆる形式で作成できるファイルリスト作成ソフトウェアです。リストに付加する情報を選択できたり、リスト作成日時を追加したり、リスト作成後にコンピュータをシャットダウンできます。


ファイル分割のフリーソフト

ファイル分割ツール DIV2

ファイル分割ツール DIV2

ファイルを指定サイズに分割し、結合用のバッチファイルを出力します。復元はこのバッチファイルを実行し、分割ファイルの掃除も行います。復元側のPCにツールをインストールする必要がなく、試行時にレジストリやHDD内を汚しません。とても便利なバッチファイル出力アプリです。

分割コピーツール

分割コピーツール

4GB以上のファイルを分割可能です。 暗号化してコピーすることができます。分割後のファイルを元に戻すための、専用ツールを同時に生成でき、ファイル復元できます。ベリファイ機能で、コピーが正常に行われたか、チェックすることができます。

ファイル結合のフリーソフト

ファイル結合 for Windows

ファイル結合 for Windows

複数のファイルを、一つのファイルに結合するファイル結合ソフトです。単純にファイルを結合しているだけなので、バイナリファイルも結合できます。ついている標準機能は、使い勝手の良さだけでなく、ファイル復元の作業時間を短縮することができます。

Divide It

Divide It

ウィザード形式で簡単に使えるファイル分割・結合・ファイル復元・ファイル圧縮・バッチファイル出力ツールです。分割時にバッチファイルを作成でき、これを配布すれば相手側で結合できます。分割ファイルの自動圧縮や、結合時の自動解凍、2GB以上の大きなファイルの分割・結合も可能です。

ファイル管理のフリーソフト

ファイル管理、デスクトップ設定、ユーティリティ で、使えるフリーソフト。

ファイル管理/ユーティリティで使えるフリーソフトです。
ファイルコピー&削除、重複ファイルを検索、フォルダの比較、ファイルのロックを解除、文字コード判定比較、変更を監視、パスをクリップボードに送る、ファイルをまとめて移動、フォルダサイズやファイル数カウント、リスト管理、まとめてサムネイル表示などができる人気ソフトやエクセルテンプレートが無料でダウンロードできます。

Fast Copy

Fast Copy

Windows系最速のファイルコピー&削除ツールです。NT系OSの場合UNICODEでしか表現できないファイル名や、260文字を越えた位置のファイルもコピー&削除できます。キャッシュを使わないため他のプロセスが重くなりにくいです。

重複ファイルチェックソフト 「重複確認」

重複ファイルチェックソフト 「重複確認」

全フォルダから、総当たり戦で重複ファイルを高速で検索します。普通のソフトとは速度が違うため、おすすめです。ボタンを押してしばらく待てば、重複を一覧にしてくれます。さらに、削除ボタンを押せば、重複分だけ一括でゴミ箱へポイできます。

Folder Diff

Folder Diff

フォルダの比較をすることができるツールです。2つのフォルダに存在するファイルの属性を比較するソフトです。フォルダの情報をファイルに保存することで、他のPCで比較することができます。結果は追加、削除、更新、一致で分類されます。

Lock Hunter

Lock Hunter

ほかのプロセスにロックされ、削除できないファイルのロックを解除します。ロック解除、ロック解除して削除、次回起動時に削除、ロック解除してリネーム、ロック解除してコピー、ロックしているプロセスを強制終了などが選択できます。

フォルダ内のファイル比較ツール

フォルダ内のファイル比較ツール

指定フォルダ以下の全ファイル比較、文字コード判定比較ができる同期支援プログラムです。更新日時とサイズやデータを比較し、追加/変更/削除の有無を調べます。比較フォルダ間のファイルコピー、ファイル差分を見やすく表示できるおすすめアプリです。

Watch File

Watch File

エクセルなどのファイルやフォルダの変更を監視してメールで通知します。変更を知らせる機能と、サマリを表示する機能を持っています。サマリ機能を使うと、正常時との比較やフォルダごとに監視させ、異常かどうかの判断や原因の究明を支援します。

dINDEX.2

dINDEX.2

ファイルインデックス管理ユーティリティです。異なるフォルダに散らばった関連ファイルを、グループで管理して操作性を向上させます。複数ユーザで共有しているファイルや、ネットワークのファイルを管理するのに適しているおすすめアプリです。

pathway

pathway

ファイルのパスをクリップボードに送ります。ダイアログで拡張子を除いた名前変更、大文字と小文字の変更、サブフォルダの作成ができます。ファイル/フォルダの検索、ファイル/フォルダリストを作成してクリップボードに保存できるおすすめアプリです。

DropI

DropIt

拡張子に対して設定したルールに基づき、ファイルをまとめて移動したり、完全削除したり、ファイル圧縮したりできます。実行できる処理は移動、コピー、圧縮、解凍、名前変更、削除、分割、結合、暗号化、プログラムから開く、画像一覧作成等20種類です。

Folder Size Explorer

Folder Size Explorer

フォルダサイズやファイル数カウントなどの計測機能を備えたファイルマネージャです。エクスプローラと似た操作方法で、ファイル検索機能、隠しファイルやフォルダの表示/非表示の切替、計測結果をCSVファイルに書き出す機能があります。

Doc Laun CS (ドック・ラン)

Doc Laun CS (ドック・ラン)

リスト管理のドキュメント・ランチャーです。ドキュメントの拡張子により表示非表示を切り替え、4個のソフトを関連付けられる、任意のグループ名をつけグループ単位での管理が可能、などショートカットにはない機能があります。

Doc Desk

Doc Desk

Office文書やPDF、エクセル、紙文書をサムネイル表示で管理できる文書管理ソフトウェアです。紙文書の取込方法の一つにフォルダ監視機能があります。高精度なOCRエンジンを使用することで透明テキスト付きPDFファイルへの自動変換も可能です。

パソコンを使用する上で重要となるファイル管理

パソコンを使用している上で、数多くのファイルを取り扱うことがあります。そこで意外に厄介なのがファイル管理です。ファイル管理を怠ると、必要な時に簡単にファイルにアクセスするこができないからです。ひどい場合だと、ファイルがどこにあるか見つからないという場面もあります。ファイル管理を行うことは、パソコン作業を行う上で必要不可欠なことだと言えるでしょう。

ファイルの種類を表すファイル識別ができる拡張子

そもそも、ファイルには拡張子というものが備わっています。拡張子とはピリオドの後にある文字列のことで、ファイルの種類を表しているものです。例えば「txt」ならばテキストファイル、「xls」であればexcel(エクセル)ファイルといった感じです。こうしたファイルの拡張子は、ファイルを識別する上で非常に大切なものとなります。

ファイルを暗号化し容量を抑えることのできる「圧縮」とは

ファイルには圧縮形式というものが存在します。ファイル圧縮とは、ファイルを暗号化しファイル容量を抑える方法です。また、ファイル圧縮にはファイル結合やファイル分割といった、ファイル管理を行う側面も含まれています。ファイル圧縮の拡張子には「lzh」「zip」「rar」など数多くの拡張子が存在し、その拡張によりファイル圧縮形式が異なるというわけです。「exe」なども自己解凍型のファイル圧縮形式で、ファイル解答を行う時に特段ソフトを必要としないのが特徴です。

便利に使える圧縮と解凍はソフトが必要な場合が多い

ファイル圧縮・解凍を行う場合、ソフトが必要となる場合がほとんどです。多くの場合、ファイル圧縮・解凍を行うソフトはフリーソフトとして無料でダウンロードが可能です。また、zipファイルのように、すでにwindowsに組み込まれているファイル圧縮形式なども存在します。ただしファイル圧縮形式は、その形式にマッチした解凍ソフト・アプリを使用する必要があります。zip形式であればzip解凍に対応したソフトやアプリを、rar形式であればrar解凍に対応したソフトやアプリが必要です。

先にも記載しましたが、こうした形式ごとの圧縮ソフトは無料でダウンロードできるソフトやアプリが数多くあります。ドラッグ・アンド・ドロップで簡単に使えるものから、より詳細に圧縮をサポートしているソフトまでいろいろです。人気が高いフリーソフトであれば、だいたい簡単に使用できるようになっています。そのため、まずは人気で簡単に使えるソフトやアプリをダウンロードしてみると良いでしょう。

ファイル圧縮できないExcelデータは分割と結合が便利

例えば、業務上excel(エクセル)テンプレートをメールでやり取りする場面が出たとしましょう。しかしながら、取り扱っているexcel(エクセル)テンプレートは非常に膨大なデータ量なためメールでexcel(エクセル)テンプレートを送信しようとしたら、容量が大きすぎてexcel(エクセル)テンプレートが送信エラーで送れませんでした。そこで、ファイル圧縮をしてメールで送信しようとします。しかしながら、ファイル圧縮をしてもメール送信の許容容量まで圧縮できず困ってしまっいました。
こういったファイルの容量が大きく、ファイル圧縮でも取り扱いができない場合、ファイル分割を行う必要があります。ファイル分割を行うことで大きなファイルが一つ一つ小さなファイルに分割され、メールで取り扱いできるようになるのです。

ファイル分割にはソフトが必要です。ファイル分割ができるソフトの多くはフリーで、無料でダウンロードできるものばかりです。まずは、人気が高いフリーのソフトを無料ダウンロードして扱ってみましょう。おすすめの無料ソフトであれば大体簡単に使えるものばかりです。一方で、分割されたファイルはファイル結合をしてファイル復元を行う必要があります。ファイル結合によるファイル復元は、多くの場合ファイル分割と同時にファイル結合・ファイル復元バッチファイルが作成されます。そのバッチファイルを使用することで、ファイル結合・ファイル復元が行えます。

中にはファイル結合・ファイル復元にソフトが必要となる場合があります。しかし、こうしたファイル結合・ファイル復元のソフトも多くの場合フリーで無料提供されています。このように、ファイル分割・ファイル結合・ファイル復元はソフトが無料で提供されている場合が多いので、大容量のファイルをやり取りする回数が多いユーザーにはおすすめの方法だと言えるでしょう。

ファイル管理はソフトを使用すれば簡単で安心

ファイル管理を考えた時に、ファイルリストやフォルダ階層、フォルダのツリー表示、フォルダのリスト化、フォルダの一括作成など、ファイルおよびフォルダに関する操作や管理を行いたいと考えるはずです。まずはフォルダやファイルを簡単にそして容易に閲覧したり検索したい時には、フォルダ階層が簡単に理解できるソフトやアプリがおすすめです。フォルダのツリー表示やフォルダ一覧・ファイル一覧など、フォルダ階層に伴う使いやすそうなフリーソフトまたはアプリを探すと良いでしょう。

ファイル管理を考えた場合、windows標準の「エクスプローラー」も優秀なソフトの一つです。ファイルの一覧はもちろんのこと、フォルダのツリー表示からフォルダ階層など、標準ソフトでありながら非常に使い勝手の良い簡単に扱えるソフトです。フリーソフトにもフォルダ階層・フォルダのツリー表示・フォルダ一覧・ファイル一覧に優れたソフトも存在します。人気が高いフリーソフトの多くはフォルダ階層・フォルダのツリー表示・フォルダ一覧・ファイル一覧を簡単に取り扱えることができますので、まずは、人気があるこうしたフリーソフトをダウンロードして使用するのもおすすめだと言えるでしょう。

リスト出力‎にはバッチファイルがおすすめ

一方で、ファイル管理を考えた時に、一時的なフォルダのツリー表示やフォルダ階層を閲覧するのではなく、テキストやexcel(エクセル)テンプレートにフォルダのリスト化やファイルリスト、フォルダ一覧、ファイル一覧などを書き出しする場合もあるはずです。こうしたフォルダのリスト化やファイルリスト、フォルダ一覧、ファイル一覧を作成する時は、バッチファイル出力が簡単でおすすめです。

バッチファイル出力は、バッチファイルにフォルダのリスト化やファイルリスト、フォルダ一覧、ファイル一覧を出力する命令を書き込み実行させる方法です。これであれば、フォルダのリスト化やファイルリスト、フォルダ一覧、ファイル一覧の書き出し先にテキストやexcel(エクセル)テンプレートを指定することで、簡単にリストを作成するこができるでしょう。

バッチファイル出力は、命令文さえ書ければ簡単ですし無料で作業ができます。また、フォルダのリスト化やファイルリスト、フォルダ一覧、ファイル一覧などをバッチファイル出力をタスク化することで、定期的にバッチファイル出力を実行することができます。パソコンを起動した時にバッチファイル出力を実行させたり、決まった曜日にバッチファイル出力を実行させるなど、自分の環境に合わせたタスク管理でフォルダのリスト化やファイルリスト、フォルダ一覧、ファイル一覧などの出力を行いましょう。

フォルダの一括作成などの一括処理もバッチファイルで簡単に行うことができます。また、フォルダの一括化作成はフリーのソフトもたくさんあります。フォルダの一括作成はバッチファイル・フリーのソフトどちらもおすすめです。簡単にフォルダの一括作成を行いたいと考えた時には、まずは人気のあるフリーのソフトをダウンロードして使いましょう。もし、煩わしさなどを感じた場合は、簡単に作業ができるバッチファイルでフォルダの一括作成を行うと良いでしょう。

ただし、フォルダの一括作成をバッチファイルで行う場合は、無限ループには気をつけましょう。無限ループを行うと、フォルダの一括作成が永遠に繰り返されます。フォルダの一括作成どころか、フォルダが無限に作成されてしまうのです。

ファイル管理に必須なファイル圧縮ツール

ファイル管理を行う上でファイル圧縮は大切なツールです。ファイル圧縮することでファイルサイズが小さくなり、ファイル管理におけるファイル容量を節約できるようになります。圧縮とは、簡単に表現すると表記のルール変更により行われます。例えば、表記ルールとして「連続している同様の文字は文字と数字で表す」となっている場合、「AABBBCCCCC」という文字列は「A2B3C5」と表すことができます。文字数が10あるものを5に変更できたことになり、5割の圧縮が行われたことになるのです。
このように、あるルールに従って表記を圧縮するのがファイル圧縮という手法になるわけです。

ファイル圧縮と似た操作に、「アーカイブ」と言われる方法があります。「アーカイブ」は複数のファイルを1つの書籍(アーカイブ)ファイルにまとめたものです。
アーカイブを作成するには、ファイル圧縮と同様に定められたルールに従った変換が行われています。そのため、アーカイブは大きな意味ではファイル圧縮と同等と見ても良いでしょう。

DLLファイルとは

ファイル圧縮を行う場合、フリーソフトやフリーアプリなどを無料ダウンロードして圧縮を行う場合がほとんどです。フリーソフトやフリーアプリといった圧縮を行えるソフトには、単体で動作をするソフトと「DLL」と言われるファイルが必要となるソフトやアプリが存在します。DLLファイルが必要なソフトやアプリは、ソフト単体をダウンロードしただけでは圧縮や解凍を行うことができません。このDLLファイル(Dynamic Link Library)は「ダイナミック・リンク・ライブラリ」の略称です。ソフトやアプリケーションから特定の処理を要求された時に、特定処理に対応して機能するプログラムです。

簡単に言うと、DLLファイルはテンプレートファイルのようなものです。テンプレートファイルは、そのテンプレートを元にさまざまな人が流用できます。そして、テンプレートファイルを共有することで、決まった形式で同じ作業が行えることができます。このように、DLLはテンプレートファイルに似たものなのです。またテンプレートファイルよりも、より分かりやすい例えとしてよく上がるのが車の部品です。タイヤ・ホイールやワイパーといった部品は、車種が違ったとしても、規格さえマッチングさせれば障害なく機能を動作させることが可能です。

excel(エクセル)などの一般のソフトやアプリには、数多くのDLLが備わっています。また、excel(エクセル)にDLLを加えることで、より便利な動作を行う事があるのです。加えて、excel(エクセル)もwindowsのDLLを使用したりするなどしています。一方で、フリーソフトやフリーアプリの中には、excel(エクセル)やwindowsのDLLを使用しているソフトが数多くあります。excel(エクセル)のDLLを使用することで、excel(エクセル)の必要な部分が簡単に活用できるからです。

DLLが不足している場合

フリーソフトやフリーアプリを無料ダウンロードした時に、DLLが不足している場合があります。ファイル一覧、ファイル分割、ファイル結合、ファイル復元、ファイル圧縮、バッチファイル出力、ファイルリスト出力といったファイルを操作するソフトや、フォルダ一覧表示、フォルダ階層操作、フォルダのツリー表示、フォルダのリスト化、フォルダの一括作成といったソフトなどでもDLLを必要とするソフトは数多くあります。例えば、ファイル一覧、ファイル分割、ファイル結合、ファイル復元、ファイル圧縮、バッチファイル出力、ファイルリスト出力といったファイルを操作するソフトや、フォルダ一覧表示、フォルダ階層操作、フォルダのツリー表示、フォルダのリスト化、フォルダの一括作成といった無料ソフトをフリーダウンロードして使用しようとして、DLLが存在しない場合、インターネットから必要なDLLをダウンロードできる可能性があります。

まずは、ファイル一覧、ファイル分割、ファイル結合、ファイル復元、ファイル圧縮、バッチファイル出力、ファイルリスト出力といったファイルを操作するソフトや、フォルダ一覧表示、フォルダ階層操作、フォルダのツリー表示、フォルダのリスト化、フォルダの一括作成といったソフトに必要なDLLを知る必要があります。そのためには、ダウンロード時に同封されている「Readme」などの説明書を読むのが、まずは簡単でおすすめです。もし「Readme」が添付されていない場合、ダウンロードしたソフトやアプリを実行してみると、必要でありながらも不足しているDLLが表示されます。

この場合に、必要なDLLをダウンロードしてファイル一覧、ファイル分割、ファイル結合、ファイル復元、ファイル圧縮、バッチファイル出力、ファイルリスト出力といったファイルを操作するソフトや、フォルダ一覧表示、フォルダ階層操作、フォルダのツリー表示、フォルダのリスト化、フォルダの一括作成といったソフトをインストールまたは解凍したフォルダ直下に保存するか、Windowsのシステムフォルダに保存すると良いでしょう。

DLLダウンロードのポイント

DLLをインターネットから検索してダウンロードする時に、気を付けたいポイントがいろいろとあります。簡単にポイントを説明すると、先にも触れた通り、ダウンロードしたDLLファイルの置き場所です。ファイル一覧、ファイル分割、ファイル結合、ファイル復元、ファイル圧縮、バッチファイル出力、ファイルリスト出力といったファイルを操作するソフトや、フォルダ一覧表示、フォルダ階層操作、フォルダのツリー表示、フォルダのリスト化、フォルダの一括作成といったソフトが、必要とするDLLファイルに対して、どのフォルダを参照にしているかは「Readme」に記載されている場合があります。もし参照場所が記載されているのであれば簡単です。その場所にDLLを保存をすれば良いからです。

しかしながら、記載されていなかったりReame自体がない場合は、自分でどこに保存をすればよいか探す必要があります。多くの場合は、ファイル一覧、ファイル分割、ファイル結合、ファイル復元、ファイル圧縮、バッチファイル出力、ファイルリスト出力といったファイルを操作するソフトや、フォルダ一覧表示、フォルダ階層操作、フォルダのツリー表示、フォルダのリスト化、フォルダの一括作成といったソフトを展開した直下に置くべきですが、そのフォルダにDLLを置いても動作しない場合は、windowsフォルダ内にある「system32」に保存するのが一般的だと言えます。

もう一点気を付けたいのが、DLLファイルの信頼性です。フリーソフトと同様にDLLの多くはフリーで提供されていて、無料でダウンロードすることが可能です。インターネットで検索すると、フリーソフトと同様に簡単に無料のDLLダウンロードサイトが検索にヒットします。しかし、DLL内にもウイルスを仕込むことは可能です。無料ダウンロードしたDLLが実はウイルスだったとしたら、これほど恐ろしいことはありません。せっかくファイル管理しようと人気が高くおすすめの圧縮ソフトなどのフリーソフトをダウンロードしても、ウイルスに侵されてしまってはファイル管理どころではないのです。

そのためにも、DLLダウンロードを行う際は、フリーソフト検索などと同様に、人気がありおすすめ度の高い信頼をおけるサイトからのダウンロードを心がけましょう。人気がありおすすめ度の高いDLLサイトであれば、比較的安心してダウンロードができるはずです。加えて、ファイル管理の観点からソフトを導入したにも関わらず、DLLファイルの置き場所がわからずに適当においてしまうのはあまりおすすめしません。人気がありおすすめ度の高いソフトを導入し、同じく人気がありおすすめ度の高いダウンロードサイトからDLLをダウンロードしたとしても、DLLをそこら中に配置してしまえば、ファイル管理という観点から見てもあまり意味がないのです。

かといって、DLLファイルを間違って削除してしまうのも危険です。そのため、DLLファイルを配置する時には慎重にフォルダを選んで配置するようにしましょう。万が一間違って関係のないDLLファイルを削除してしまった場合は、覚えているようであれば、やはり人気の高いDLLサイトから同じDLLファイルをダウンロードしましょう。もし、どのDLLファイルを削除してしまったか分からなくなってしまった場合は、日常的にソフトを使用していればエラーが発生するはずです。そのエラーメッセージを見ることで、削除してしまったDLLが判明しますので、その時にDLLサイトからダウンロードして適切に対処するようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました