LAN・インターネット、LAN監視ツール




インターネット、HTML作成、Web、携帯、ipアドレス、メール などで、使えるフリーソフトやexcelテンプレート。

LAN監視ツール/インターネット通信で使えるフリーソフトです。
メッセンジャー、チャット、テレビ会議、カレンダー、付箋、ToDo、キャプチャ機能を統合したIPMessenger互換、ファイルの変更を監視して一覧表示やプログラムを自動起動、PINGを利用してネットワークの接続をチェック・監視、ネットワーク機器監視ツール・ipアドレスごとにインターネットの接続回線速度測定・通信速度測定・通信監視・社内lanなどのネットワーク監視・トラフィック測定・トラフィック監視・スピードテストなどができます。
これらの人気アプリやエクセルテンプレートが無料でダウンロードできます。

LAN監視ツール のフリーソフト

LAN監視ツールでネットを快適に

今は、インターネットを使わずに、ビジネスを行うことは難しくなっています。特に会社では、複数のコンピュータをLANでつないで使用するのが一般的です。社内に管理者を置いて、LANやlanマップ、ネットワークの性能を監視したり、LAN監視ツールを使って、社内LANやlanマップを監視・管理したりすることは、大企業では普通に行っていることで、中小の企業でも一般的になりつつあります。
LAN監視ツールでは、データ量やCPUの使用率などの数値を確認し、ネットワークの負荷や、サーバーの状態を監視し、IPアドレスやHOST名などのチェックをするのが一般的です。異常が見られたときには、メールが送られたり、音で知らせたりします。また、タイマーを設定して定期的な監視を行ったり、自動監視をしたりできます。さらに、指定したフォルダを監視したり、コンピュータ間の通信速度を計測できるので、いつでもネットワークを快適に使うことができます。
まずは無料の人気アプリやエクセルテンプレートから試してみてください。どのソフトでも、通信速度測定・通信監視・社内lanなどのネットワーク監視・トラフィック測定・トラフィック監視・スピードテストなどが簡単にできますよ。

IP Messenger for Win

IP Messenger for Win

excelなどのファイルやフォルダ添付&画像貼付可能なLAN用軽量メッセンジャーソフトです。シンプルな操作で動きもスムーズです。IPv6マルチキャスト対応、通信メッセージの暗号化、電子署名や検証、ファイルやメッセージ内画像やexcelの添付も簡単にできます。

Chat & Messenger

Chat & Messenger

メッセンジャー、チャット、テレビ会議、カレンダー、ToDo、キャプチャ機能を統合 IPMessenger互換できます。IP Messengerと通信、起動すれば事前に相手ユーザーを登録しなくても自動認識します。相手と情報を共有するのに便利です。

フォルダ監視

フォルダ監視

ファイルの変更を監視して一覧表示しプログラムを自動起動できます。ipアドレスなどで指定したフォルダを監視しファイルの追加や変更があった場合、一覧を表示します。ソフトが動作しない時でも変更があったファイルを前回終了した時の状態と比較できます。

ez Mail

ez Mail

lanマップやLAN内のPC同士でメッセージをやり取りできます。一般的なメールソフトと同様のインターフェイスが可能、特別なサーバは不要です。他の PCとアカウント情報を交換しアドレス帳を自動更新、やり取りしたメッセージを簡単に閲覧できます。



LAN監視ツール のフリーソフト その2

NetMi

NetMi

Windows上でネットワークのスループットを測定できます。ローカルのネットワークの速さを調べる時に便利です。2つのコンピュータ間の通信速度の計測も可能、1つをサーバーとして動作、もう1つと通信することで通信速度を測定できます。

Magic Send

Magic Send

Wake On Lan対応のPCを Magic Packet で起動できます。送信先を複数登録、送信・登録データは同じフォルダにファイルで保存が可能です。起動したいPCのMACアドレスを取得すれば、そのPCで見るか別のPCで、arp -aで確認できます。

ピン助

ピン助

PINGを利用してネットワークの接続をチェック、監視するツールです。結果は画面に表示、ログファイルにも記録されユーザー指定のプログラムの実行もできます。原因箇所の特定が難しいネットワークや回線のトラブルの解決に役立ちます。

まりメール

まりメール

電子メールのように使うLANメッセンジャーです。インターネット用メールソフトと違い、メール内容を傍受されにくく配信速度もスムーズです。メールサーバ不要で、インストールも操作も簡単です。複数宛先・エクセルなどの添付ファイルも対応しています。




インターネット、HTML作成、Web、携帯、メール などで、使えるフリーソフト。

LAN・インターネット/インターネット通信で使えるおすすめのフリーソフトです。
LAN上の他のコンピュータの画面監視、リモコン操作で画面配信機能も搭載、ホームページのダウンロードとメールをアップロードするスピードを測定、ネットトラフィック量 CPU・メモリ・HDD使用率 IP表示 プロキシ表示・切り替え表示をカスタマイズ、などができます。




LAN・インターネット のフリーソフト

LANやインターネットの動作スピード

LANやインターネットに繋がっているパソコンは、lanマップ・LAN上にある他のコンピュータを監視したり、リモートで操作したり、遠方にいながら会議に参加できるなど、さまざまなメリットがあります。そのため、会社では、仕事で使うパソコンを、LANやインターネットに繋げていることが多いです。
しかし、LANやインターネットに繋げていると、どうしても動作が重くなりがちです。それだけに、パソコンの動作スピードを保つことがもっとも重要になります。特に多くのLANに繋がっている場合は、ファイルの転送速度や処理時間、インターネットの接続回線速度などに気を付ける必要があります。
まず、ネットワーク上で使われているアドレスを調べ、管理することが必要です。アドレスを管理することで、異常が出た場合に、すばやく対処することができます。接続回線速度などを測るソフトなどがあるので、活用しながら監視していくと良いでしょう。
まずは無料の人気アプリやエクセル(excel)テンプレートから試してみてください。
おすすめのアプリなら、通信速度測定・通信監視・社内lanなどのネットワーク監視・トラフィック測定・トラフィック監視・スピードテストなどがすぐに可能です。

RealVNC 日本語インストール版

RealVNC 日本語インストール版

RealVNC社作成のRealVNCに漢字キーの操作を対応させリソースを日本語化することができるおすすめソフトです。従来はソースパッチと実行ファイルのみの配布でしたがインストーラが付いていてRealVNCのインストールはせずに使用できます。

ExPing

ExPing

複数の対象にPINGを連続実施することができます。複数の端末を対象としてPingを発行できるフリーのPingClientです。一定時間ごとのPing発行もでき特定機器の恒常的な監視ができます。Pingの統計情報もリアルタイムに変動し確認できます。

今、何してる?

今、何してる?

LAN上にある他のコンピュータの画面監視、リモコン操作が可能です。画面配信機能も搭載しています。クライアント情報取得やデスクトップの録画、マルチ画面監視ができます。コマンドやメッセージ文の送信、画像の配信・表示も可能です。

Webベンチ

Webベンチ

ホームページをダウンロードするスピードとメールをアップロードするスピードを測定する、おすすめのベンチマークです。Webサーバ上の好きなJPEG画像でダウンロード測定、プロバイダ内のメールサーバでアップロード測定、精度の良い測定ができます。

LAN・インターネット のフリーソフト その2

びっと君 9x

びっと君 9x

ネットトラフィック量 CPU・メモリ・HDD使用率 IP表示 プロキシ表示・切り替え表示を選択できます。トラフィック量を送受信のバイト/秒、使用率を数値とグラフで表示できます。また、JavaアプレットのスクリプトのON・OFF変更ができます。

GST syslog server

GST syslog server

単純動作、受信して表示できるsyslogサーバです。デフォルトでは受信して、表示することができます。初心者にも使いやすい簡単な操作です。ネットワークでの実験や、プログラミングdebug時に使うことを想定した手軽なソフトです。

Line Speed Tester

Line Speed Tester

インターネットの接続回線速度を精密に測定できるスピードテスターです。2つのファイルの差動測定、ADSLやブロードバンド接続で正確な速度の計測が可能です。プロバイダのフリーWebスペースに画像ファイルを置いて測定できるおすすめアプリです。通信速度測定・通信監視・社内lanなどのネットワーク監視・トラフィック測定・トラフィック監視・スピードテストなどに使えます。

転送速度計測

転送速度計測

ファイルの転送速度を計測する無料の人気ソフトです。従来ではFTPの様に処理時間や転送速度が出ず、FTPサーバーを立ち上げる必要がありました。このソフトではFTPサーバーを立ち上げる必要がなく、ネットワークの転送速度を測る事ができます。

DOKODEMO

DOKODEMO

TCP/IPで接続された複数PCを1つのマウスとキーボードで操作できます。DOKODEMOはTCP/IPで接続された複数PCで操作できるため自分のパソコンから設定した他のPCの画面上のマウスカーソルを動かしキー入力を行うことができます。


多く導入されている社内ネットワーク

企業や会社のほとんどは、社内ネットワークを構築しています。いろいろな業務でシステム利用するために構築されているネットワークですが、ある程度の規模を誇る企業などでは、ネットワークの拠点が複数構築されており、それらの拠点を相互で接続しているはずです。複数の拠点がありその拠点同士を結んでいるような企業においては、一般的にLANとWANでネットワークを構築しています。

LANとWANとは

LANとは拠点を軸としたネットワーク全体を意味しています。そしてそのLANで構築されたネットワーク同士をつないでいるのがWANです。LANとWANの違いは範囲の広さだとも言えます。例えば、社内で構築されているような狭いネットワークはLANと呼ばれ、LAN同士を長距離それこそ数百キロ離れた距離でつなぎ合わせるのがWANというわけです。このためLANは企業独自で構築することが可能ですが、WANは独自で運用したり構築するのはほぼ不可能です。WANはNTTといった通信事業者が構築したり運用する形で、LAN同士の接続を補っているのです。

LANとWANのコストについて

LANは独自で構築できるため、初期費用にコストは掛かるものの、通信費用などが継続的に発生するわけではありません。ただし、運用に関してはトラフィック監視やネットワーク監視、通信監視、lan監視などを含む、ネットワーク全般における管理を行うネットワーク管理者などの人件費やソフト運用費用などは発生する場合があります。
一方でWANは構築に関わる初期費用は掛からないものの、契約に関するコストや管理・運用費ならびに通信料金などが発生します。

WANはインターネットと考えがちですが、WANはインターネットではありません。WANはあくまでもLAN拠点同士を相互接続するネットワークであり、LAN同士の接続のみのネットワークとなっているのです。ですから、インターネットはオープンネットワークでありWANはクローズドネットワークであると理解しておきましょう。

無線LAN規格のひとつWi-Fiとは

社内LANとして広く利用されている技術にWi-Fiがあります。Wi-Fiは無線LAN規格の一つです。例えメーカーが異なっていても、相互接続が保証されているといういう規格となっています。現在無線LANで使用されている主な規格には、「IEEE802.11b」、「IEEE802.11a」、「IEEE802.11g」、「IEEE802.11n」、「IEEE802.11ac」があります。簡単にそれぞれを説明すると、「IEEE802.11b」は2.4GHz帯の規格で周波数帯が11Mbpsです。多くの機器で使用されている規格となります。ただし、電子レンジの電波と干渉するなどのデメリットも存在します。

「IEEE802.11a」は5GHz帯の規格で周波数帯が54Mbpsです。「IEEE802.11g」は2.4GHz帯の規格で周波数帯が54Mbpsです。同じ周波数帯である「IEEE802.11b」と互換性がありますが、混在して速度低下を招く場合もあります。「IEEE802.11n」は2.4GHzおよび5GHz帯の規格で周波数帯が65~600Mbpsです。高速無線LAN規格となっていて、100Mbps以上の通信速度も確保できます。「IEEE802.11ac」は5GHz帯の規格で周波数帯が290Mbps~6.9Gbpsです。より高速な無線通信を可能にしている規格で、最新の規格となっています。どの無線LAN規格が人気があるとかそういったものはありません。用途や場所により使い分けるのが、理想的な使い方だといえるでしょう。

社内LANにトラブルは付き物

社内LANなどを構築したとしても、必ずしも順調にネットワークが使えるわけではありません。社内LANは何かしらのトラブルが発生するのは当然だと言えます。そのため、社内LANに対してLAN監視や通信監視などの運用管理が必要となります。社内LANを管理する場合、回線速度が遅くなった場合は、通信速度測定などのスピードテストやトラフィック測定によるトラフィック監視など、ネットワークの快適度が保たれているかなどのネットワーク監視が必要となります。また、どのipアドレスが社内LANの回線速度を低下させているかなどのトラフィック監視が必要となる場合もあります。

LANマップ作成がおすすめ

通信管理、トラフィック監視などのLAN監視およびネットワーク監視については、LANマップをまずは作成しておくことがおすすめです。LANマップは、ipアドレスと各端末を紐付けた図や表をexcel(エクセル)などで管理する方法が最も簡単でおすすめです。excel(エクセル)でLANマップやipアドレス表を一度作っておけば、それがテンプレートとなります。もし機器の入れ替えなどが発生しても、既に作成したexcel(エクセル)のlanマップ・ipアドレス表をテンプレートとして書き換えるだけで、新たなlanマップ・ipアドレス表が簡単に完成してしまうのです。

LANマップおよびipアドレス表をexcel(エクセル)で作成する場合、まずは固定ipアドレスを割り振る必要があります。それは、DHCP方式ではipアドレスの振り直しが行われてしまい、lanマップを作成してもその時点のlanマップになってしまうからです。excel(エクセル)でテンプレートを作ったとしても、ipアドレスが毎回振り直されているようでは、LANマップの意味がありません。こうしたことから、excel(エクセル)でテンプレートを作る前にはipアドレスを固定にして、各端末にipアドレスを割り振るようにしましょう。

監視に使えるフリーソフト

LAN監視やネットワーク監視、通信監視を行う場合、通信速度測定など回線速度のスピードテストが必要となります。これは、トラフィック監視をしている中でも必要で、トラフィック測定をすることで、どの端末でトラフィックが消費されているか分かります。LAN監視、ネットワーク監視、通信監視およびトラフィック監視には、フリーソフトやフリーアプリといった無料のソフトをダウンロードして活用するのがおすすめです。むしろ、lan監視、ネットワーク監視といった通信監視を行う上ではこうしたソフトは必ず必要だと言って良いと思います。

通信監視として用いる通信速度測定やトラフィック測定といったソフトは、人気があるフリーソフトやフリーアプリがたくさんあります。どの無料ソフトやフリーアプリでも、使い勝手は悪くなく、簡単に作業ができるので、まずは無料ダウンロードをして試してみましょう。もしも、どのフリーソフトやフリーアプリが良いか迷った場合は、まずは人気でおすすめ度の高い無料ソフトやフリーアプリをダウンロードして使用してみましょう。

人気のフリーソフトやフリーアプリを使っていく中で、このソフトのこの部分が使いにくいだとか、この部分が簡単で使いやすいといった長所と短所が見えてくるはずです。自分の使いやすいソフトが見えてきたら、それにこだわったフリーソフトを無料ダウンロードして使うのがおすすめです。

データベースの構築を

フリーソフトなどによりスピードテストによる通信速度測定で得られた回線速度や、トラフィック測定で得られたデータは、データとして保存しておくことをおすすめします。データの保存方法は、それぞれ使いやすいテンプレートを作成して保存するのが良いでしょう。人気があるソフトの中には、こういったスピードテストによる通信速度測定で得られた回線速度や、トラフィック測定データを蓄積してくれるソフトも存在します。こうしたソフトをダウンロードして使用すれば、テンプレートを作成する必要もなく簡単です。人気があるスピードテストのソフトをダウンロードして使うだけではなく、こうしたスピードテストによる通信速度測定や回線速度、トラフィック測定データなどの蓄積を可能にする無料ソフトを選択するというのも良い方法だと言えるでしょう。


企業内LAN(社内LAN)イントラネットとエクストラネットとは?

クローズドネットワークの代表格といえば社内LANだと言えるでしょう。社内LANは基本的に誰でもアクセスできるものではありません。社内LANにアクセスできるのは原則としては社員のみです。中には一時的に社内LANを社外の人にも使用させることがありますが、それでも社内LANの全てにアクセスできるわけではありません。

社内lLANはあくまでも社員のために構築されているクローズドネットワークなのです。また同様に、家庭内のLANも社内LANと同様にクローズドネットワークといえます。
こうした企業内のネットワークを「イントラネット」と表すことがあります。イントラは日本語で「内部」という意味となるので、イントラネットは内部のネットワークという意味になります。従来イントラネットは、TCP/IPを利用した通信におけるネットワークを意味していましたが、現在ではTCP/IPが標準となったため、単に「社内ネットワーク」を表す言葉として使われるようになっています。

一方で、「エクストラネット」という言葉があります。このエクストラネットとは、特定の企業間においてそれぞれの社内ネットワークにおける一部分を相互接続するネットワークです。企業同士が業務上情報を共有する必要がある場合、例外的にネットワーク接続を行うためにエクストラネットを構築することがあるのです。
そのためエクストラネットは、現在使用しているネットワークの利用範囲を広げるという考え方であり、全てのネットワークにフリーアクセスできるというわけではありません。

LAN監視ツールは、個々の端末にソフトやアプリを使う

クローズドネットワークとして構築されたLAN内においては、ネットワーク監視およびlan監視が行われている場合があります。特に企業内におけるLANでは、ネットワーク監視やLAN監視などの通信監視はセキュリティ上必要な場合が多くあります。企業内LANでのネットワーク監視やlan監視などの通信監視は、外部からのアタックやウイルス侵入の防御、トラフィック測定やトラフィック監視といった回線速度に関わる通信速度測定などを、ipアドレスやLANマップから特定の端末を割り出す形で監視を行いう場合もあります。しかしながら、トラフィック測定やトラフィック監視、ネットワーク監視、LAN監視といった通信監視を行っていても、外部からのアタックやウイルスの侵入など、どうしても防ぐことができないことも少なくありません。そこで対処として行われるのが、個々の端末にソフトを導入しての監視および防御です。

ウイルス対策ソフトや通信速度測定ソフト、トラフィック監視ソフトなど、ネットワーク監視および管理にはさまざまなソフトを使用します。導入されるソフトの数やソフトの種類は、企業の考え方やLANの規模などで変わります。また、導入されるソフトもフリーソフトやアプリだけではなく、シェアソフトやシェアアプリなどさまざまです。
それらのソフトやアプリを活用して、通信速度測定やトラフィック測定といった回線速度に関わるスピードテストを行っていたり、通信監視やトラフィック監視といった利用法に関わるネットワーク監視・LAN監視などの通信監視を行うのです。

例えばとある端末でフリーソフトをダウンロードした場合、そのダウンロードに関わるトラフィック測定などの情報が、通信監視やLAN監視のためにインストールされたトラフィック監視を行うソフトやアプリを通じてシステム管理者に送信されます。システム管理者はトラフィック監視ソフトやアプリから送られてきた、トラフィック測定や通信速度測定などの情報を元にLANマップからipアドレスを特定し、フリーソフトをダウンロードしたユーザーやソフトを特定することも不可能ではないのです。

LANマップと固定ipは、Excelなどのフリーソフトに情報を構築すると便利

こうしたことから、LANマップ構築やipアドレスの固定が管理や監視では重要となってくるのです。excel(エクセル)テンプレートに、簡単にLANマップや固定ipアドレスを整理しておくことがおすすめです。excel(エクセル)テンプレートにLANマップやipアドレスをまとめておけば、どの端末でトラブルが発生したか簡単に確認ができるからです。excel(エクセル)テンプレートのLANマップ構築やipアドレスをまとめるためには、2つの方法がおすすめです。

一つがコマンドプロンプトによるipアドレスの確認です。コマンドプロンプトであれば、素早く各端末の確認ができますし、コマンドを覚えてしまえば簡単にアクセスが可能です。また、コマンドプロンプトからスピードテストやトラブルの抽出などもできるので、意外に人気がある方法だとも言えるでしょう。コマンドプロンプトは無料で使える機能ですから、簡単にそして気軽にexcel(エクセル)テンプレートに情報を収集できるでしょう。

excel(エクセル)テンプレートにLANマップやipアドレスをまとめるおすすめの方法のもう一つが、フリーソフトやフリーのアプリを利用する方法です。無料のフリーソフトやアプリをダウンロードするという手間はありますが、コマンドプロンプトよりは簡単でおすすめです。人気の高いフリーソフトやフリーのアプリを無料ダウンロードすれば、想像よりも簡単にexcel(エクセル)テンプレートに情報を構築できるはずです。

しかし、無料でダウンロードしたものの、使い方がわからないでは意味がありません。そういったトラブルも人気が高い無料ソフトであればあまり心配がありません。人気の高い無料のソフトであれば、使い方の情報などが比較的簡単に見つかります。それは、人気が高いため、使用しているユーザーが多いためです。これが人気が高い無料やフリーのソフトをおすすめする理由なのです。

よりフリーなインターネットとは

イントラネットやエクストラネットなどのクローズドネットワークは、アクセス可能なユーザーが限定されてしまうため、その中でだけの通信となってしまいます。こうした限定されたユーザーだけではなく、よりフリーに通信を行うものがインターネットとなります。

インターネットは、それぞれの組織のネットワークを相互接続して構築されたネットワークです。インターネットを構成する独立したネットワークを、「AS」(Autonomous System)と言います。日本語ではASは「自律システム」と呼ばれます。このASが世界中で相互接続されて構築されているのがインターネットなのです。代表的なASの一つに「ISP」があります。ISPは「Internet Service Provider」の略称で、インターネット接続サービスを提供している企業、いわゆるプロバイダーなどとなります。

ISPは階層構造となっており、「Tier1」と呼ばれる最上位の階層となるISPは世界で10社程度です。Tier1となるISPは、お互いに非常に高速な通信回線で接続されていて、インターネット全体のネットワー ク情報を保持していることとなります。すなわち、企業や家庭で契約しているISPは、必ずどこかで「Tier1」とつながっているというわけです。これにより、世界中で多くのユーザーと通信が行えるようになっているのです。

LAN・インターネットの利用に固定回線とモバイル回線

インターネットを利用するにはISPとの契約は不可欠です。ISPは無料で利用できるものもありますが、ほとんどの場合有料サービスとして提供されています。ISPとの接続は大きく分けて、「固定回線」と「モバイル回線」の2つがあります。固定回線は光ファイバーや電話回線、ケーブルテレビなど、モバイル回線は携帯電話回線やWiMAX、無線LANなどです。回線速度はそれぞれの回線により大きく変わります。従来であれば、固定回線の方が回線速度が高速だといわれてきました。しかしながら最近では、5Gなどの開発によりモバイル回線の回線速度も、固定回線同様かそれ以上となってきています。

回線速度を表す時によく使われる表現に、「上り」「下り」という言葉があります。上りは送信やアップロード、下りは受信やダウンロードを意味しています。メールを送信したり画像をTwitterなどに投稿するのは、上りとなります。一方で下りは、フリーソフトをダウンロードしたり無料の画像をダウンロードしたりするといった通信方法です。ISPでは回線速度を表す時に、「下り2Gbps」といった表現をします。しかしながら、スピードテストができるフリーソフトや測定できる無料のWebサイトなどで回線速度を通信速度測定すると、2Gbpsの回線速度が検出されないことがほとんどです。これは最大が2Gbpsというだけであって、多くが通信の劣化により速度低下を招いてしまうのです。

モバイル回線でスピードテストを行う場合は、数カ所で行うのがおすすめです。それは、場所によってスピードテストの結果が大きく変わるからです。もし、速度を向上させたいのであれば、lanマップによるLAN構築の見直しやISPの変更、周辺機器の見直しなどが必要です。また、それぞれにおいてスピードテストを行い、通信速度測定を行っていく必要があるでしょう。また、フリーソフトやフリーのアプリを活用してトラフィック測定などもすることで、どの部分でトラフィック損失が起きているかなどもわかるはずです。




◇ よく読まれている関連記事と広告