宛名印刷のフリーソフト




文書作成、PDF編集、フォント、ラベル印刷 などで、使えるフリーソフトです。

宛名印刷/文書作成で使えるフリーソフトやテンプレートです。
封筒、はがき、ラベルシートの宛名、のし袋、郵便振替用紙の印刷、はがき作成と住所録、デザインはがきや、年賀状、アイコン、ゆうちょ払込取扱票の印刷、送り状の印刷、年賀状の宛名印刷、ヤマト運輸・佐川急便・西濃運輸・日本郵便の送り状印刷、などができます。
これらの人気のあるソフトやテンプレートが無料でダウンロードできます。

目次

宛名印刷のフリーソフト

宛名書き、データ管理に便利なソフト

宛名らいた2は、宛名の印刷はもちろん、住所録に細かく相手の情報を入力することができるので、普段使いの住所録や電話帳としても役に立ちます。年賀状、暑中見舞い、お歳暮やお中元などの送受信を管理出来るので、お返し忘れを防ぐこともできます。
Aprintは、ハガキだけではなく、のし袋や郵便封筒などの宛名書きにも使えるソフトです。郵便振替用紙の印刷も可能なので、事業用に使うこともできます。半角数字を、自動的に漢数字に変換してくれるので、縦書きも便利です。
はがきデザインキットは、宛名の作成だけではなく、表面のデザインも出来るソフトです。テンプレートが多く、年賀状や事業用のダイレクトメールを作成するのにも適しています。宛名も住所録に必要最低限の情報のみ登録すればよいので、シンプルで簡単です。
はがき作家は、宛名印刷のフリーソフトで、最もポピュラーなソフトです。宛名を入力すると、自動的にバランスよく文字を配列してくれるので、センスのいい宛名が作成できます。他にもさまざまな機能があるので、一度使ってみる価値はあります。

Aprint

Aprint

封筒、はがき、ラベルシートの宛名、のし袋、郵便振替用紙などが、印刷できるソフトです。封筒のサイズは、JIS規格の19種類のほか、任意の名称、幅、長さで、最大8個まで登録できます。脇付文字、画像の貼り付けができます。郵便番号の検索もできるおすすめアプリです。エクセル感覚で使えます。

はがき作家 9 Free

はがき作家 9 Free

はがき作成と住所録のソフトです。エクセル感覚で年賀状、喪中、引越、結婚、出産はがきの宛名、裏面印刷、ラベルシートができます。宛名面作成は、氏名や住所を入力すると、文字数に合わせて文字サイズや配置状態が自動調整されます。他のソフトで作成した住所録データも活用できるおすすめアプリです。

二刀流 宛名印刷

二刀流 宛名印刷

シンプルで簡単な、年賀状や封筒を印刷する人気ソフトが無料でダウンロードできます。分かりやすいシンプル画面で、宛名や住所検索があり、excel感覚で簡単に操作できます。ビジネスとプライベートの、2種類の住所録があります。印刷は自動的にレイアウトができ、個別印刷や連続印刷ができるおすすめアプリです。

♪宛名

♪宛名

各種はがきや封筒に、簡単に宛名書きができる、フリーソフトが無料でダウンロードできます。縦書きや横書きの官製はがき、年賀状の宛名書きができます。長型、角型、洋型の封筒にも、宛名書きできます。操作は手早くexcel感覚ででき、説明書が要らないぐらい、極めて簡単です。



宛名印刷のフリーソフト その2

完成はがき Ⅱ Free

完成はがき Ⅱ Free

住所録管理や、宛名印刷ができる人気プログラムです。宛先をグループ化して、大量のデータの管理できます。エクセル感覚で会員番号が入力でき、会員名簿としても使用可能です。宛先ごとに宛名の印刷形式を指定できるので、業務用、個人用の住所データを同時に管理できます。

プリントマジック

プリントマジック

デザインはがきや、年賀状、アイコンが作成できます。差出人や宛名の、住所録がexcel感覚でできます。自筆を筆文字で達筆化することができます。住所、差出人などの、位置や文字サイズを変更して印刷できます。画像からグロータイプのアイコンを作成できます。

ゆうちょ 払込取扱票印刷

ゆうちょ 払込取扱票印刷

簡単に、ゆうちょ払込取扱票が印刷できるソフトです。ゆうちょ払込取扱票の入力画面で、金額だけを除いて、必要な項目を入力して、印刷します。用紙を縦長にプリンタに入れるので、用紙のずれが無くなります。プリンタによる設定は自由にできます。

pcCircle 送り状発行 adDvC

pcCircle 送り状発行 adDvC

ヤマト、ゆうバック、佐川、福山、西濃などの送り状を発行できます。(ヤマト運輸・佐川急便・西濃運輸・日本郵便の送り状印刷。)ネットワークで共有する事ができます。届け先は宛名の一部を指定して、ポップアップから選択できます。宛名の配置を自動的に最適化します。フォントの変更、社名のロゴ画像も挿入できます。

送り状印刷 6

送り状印刷 6

ヤマト運輸・佐川急便・西濃運輸・日本郵便の送り状印刷ができます。依頼主台帳、顧客台帳、商品台帳を登録して、入力作業が軽減できます。印刷イメージの表示により、用紙やプリンター設定の確認できます。送り状印刷で、項目毎に詳細な設定ができます




日常的に使うはがき印刷は、宛名印刷のフリーソフトが便利で簡単

はがきや封筒の宛名印刷は、仕事や日常生活で利用することがあるでしょう。
また、送り状やラベルシートといったものや、ヤマト運輸・佐川急便・西濃運輸・日本郵便の送り状印刷など、さまざまな郵送に係る印刷物を取り扱うことがあるでしょう。

簡単な宛名印刷なら、Word(ワード)の差し込み機能が便利

はがきや封筒の宛名印刷を行う場合、word(ワード)の差し込み機能を使うと比較的簡単に宛名を作ることができます。
excel(エクセル)などで作成された住所録を使うことができるので、差し込み印刷だけでも十分にはがきや封筒の宛名印刷を可能とするでしょう。
また、差し込み印刷は、ラベルシートや年賀状、送り状、のし袋、郵便振替用紙、さらにはヤマト運輸・佐川急便・西濃運輸・日本郵便の送り状印刷など、さまざまな形状の様式に対応できます。
word(ワード)でラベルシートや年賀状、送り状、のし袋、郵便振替用紙、ヤマト運輸・佐川急便・西濃運輸・日本郵便の送り状印刷用のテンプレートを作り、excel(エクセル)の住所録を当てはめるだけで簡単に作ることができるでしょう。
word(ワード)には、年賀状やはがき、封筒といった宛名印刷などでよく使われる様式のテンプレートが備わっています。そのため、こうしたテンプレートをそのまま使ったり、テンプレートを少し加工して新たな様式を作るなどして、差し込み印刷を利用すると良いでしょう。

宛名印刷のテンプレートは無料でダウンロードできる

word(ワード)の差し込み印刷でラベルシートを作る場合は、対象となるラベルシートを取り扱っている業者のサイトをチェックするのがおすすめです。多くの場合、ラベルシートの差し込み用テンプレートが無料でダウンロードできるからです。
この無料ダウンロードできるテンプレートを使用すれば、ラベルシート様式をわざわざ作る必要がなく、簡単でおすすめなのです。
こうした無料でダウンロードできるテンプレートは、封筒、はがき、年賀状、送り状、のし袋、郵便振替用紙、ヤマト運輸・佐川急便・西濃運輸・日本郵便の送り状印刷なども見つけることができます。
そのため、word(ワード)を利用した差し込み印刷を考える場合は、封筒、はがき、年賀状、送り状、のし袋、郵便振替用紙、ヤマト運輸・佐川急便・西濃運輸・日本郵便の送り状印刷などのテンプレートが、無料でダウンロードできるか探してから始めるのがおすすめだと言えるでしょう。

住所録の管理を含めた宛名印刷はフリーソフトがおすすめ

一方で、word(ワード)の差し込み印刷は、細かい部分の調整や、連名などといったイレギュラーへの対応、住所録の管理などにはあまり向いていません。封筒やはがき、年賀状、郵便振替用紙などの宛名印刷や、ヤマト運輸・佐川急便・西濃運輸・日本郵便の送り状印刷をより詳細部分まで調整するのであれば、フリーソフトやフリーアプリを使用するのもおすすめです。
フリーソフトやフリーアプリは使い方も簡単ですし、人気が高いフリーソフトやフリーアプリであれば、サポートもそこそこ充実しているソフトが多いのです。
例えば、フリーソフトの宛名印刷ソフトとして有名なソフトに「二刀流宛名印刷」があります。「二刀流宛名印刷」は簡単に使えるようにデザインが組まれているので、宛名印刷ソフトやアプリを初めて使うユーザーでも簡単に宛名印刷ができます。
「二刀流宛名印刷」は、プライベート用とビジネス用に住所録を使い分けることができるのが人気のポイントです。「二刀流宛名印刷」であれば、プライベート用の住所録とビジネス用の住所録をそれぞれexcel(エクセル)などで管理する必要がありません。「二刀流宛名印刷」を使うことで、word(ワード)やexcel(エクセル)で使いにくかった部分を簡単に解決してくれるでしょう。
また「二刀流宛名印刷」は、住所録がexcel(エクセル)のような使い心地なのも人気のポイントです。excel(エクセル)を使い慣れている人は多いはずですから、ダウンロードしてすぐに使いこなせる人も少なくないでしょう。
その他にも、年賀状であれば郵便局が取り扱っている無料のソフトやアプリもおすすめです。まずはこうした人気がある無料のソフトなどをフリーダウンロードして使ってみると良いでしょう。

フリーソフト・アプリにない機能を補いたい宛名印刷ならシェアウェア

フリーソフトの「二刀流宛名印刷」は人気で素晴らしい宛名印刷ソフトです。しかし、自分の用途にマッチしていなければ、いくら人気があるフリーソフトやアプリであっても意味がありません。
また、フリーソフトやフリーアプリでは、宛名印刷に対応できるテンプレートに限りがある場合があります。
例えば、はがきや年賀状には対応しているものの、封筒・送り状・のし袋・郵便振替用紙・ヤマト運輸・佐川急便・西濃運輸・日本郵便の送り状印刷には対応していないということもあるはずです。
こうしたフリーソフトやフリーアプリで不満な部分を、シェアソフトや有料アプリでは補っている場合があります。
有料のソフトは年賀状の干支などに対応するため、年ごとにアップデートを行います。宛名面だけを印刷する分には十分に使えますが、年賀状など季節ごとに絵柄を変えたいなどがある場合は、アップデートをしっかりと行うことがおすすめです。

csv形式で住所録を保管すると自由自在に使いこなせてメリットも多い

どんなソフトやアプリを使用したとしても、住所録はcsv形式で保存または書き出ししておくことが重要です。csv形式は、汎用性が高く、例えソフトを変更したとしても住所録を読み込むことができる可能性が高いからです。
また、csv形式のファイルはexcel(エクセル)との互換性に優れており、住所録の編集も簡単に行うことができます。慣れればテキストでcsv形式を開いて編集もできるなど、編集方法もさまざまに使いこなせるのもメリットの一つです。

宛名印刷は万能じゃない。のし袋にはハンコがおすすめ

のし袋などの宛名印刷は、のし袋の形状などによりプリンタートラブルが発生してしまう場合もあります。そこで利用したいのが「ハンコ」です。
のし袋用の宛名ハンコを一つ作成しておけば、わざわざ手書きやプリンタ印刷を実行しなくても、ぽんっと簡単にハンコするだけでおしまいです。
こうしたハンコはインターネットなどで簡単に作成できますので、一度検索してみると良いでしょう。

宛名印刷はこだわらずに用途に合わせて臨機応変がベスト

はがきや封筒など、宛名を書くというのは特にビジネスでの場面で数多く発生します。また、のし袋の署名などはプライベートで、年賀はがきの宛名書きなどはプライベートとビジネスそれぞれで発生する行為です。
こうした少し面倒な宛名書きは、word(ワード)の差し込み印刷、フリーソフトや有料ソフトでの一括印刷、ハンコによる署名などいろいろな方法で対応できることが理解できたはずです。
しかしながら、一つ一つの方法にはメリットもありデメリットもあります。ですから、どれか一つの方法に絞るのではなく、それぞれに得意な部分を生かして、場面による使い分けを行うのが最もおすすめの方法だと言えるでしょう。
そして、これらの方法の他に「手書き」が大切な場面もあります。それは、手書きには機械にはない温もりがあるからです。
全てを効率化して作業時間を省略するのも大切なことですが、手書きにしかない気持ちを伝えるという部分も非常に大切な要素です。
手書きが良いとかフリーソフトによる自動化が良いとか、それぞれの良し悪しというのは全くありません。全ての方法が良いと言えるとともに、全ての方法にマイナス面もあるのです。
それぞれの方法のメリットやデメリット、良い面と悪い面を良く見極めて、どの場面でどの方法がふさわしいか判断してから、その状況に一番マッチした手法を取り入れるようにすると良いのではないでしょうか。


宛名印刷で役立つフリーソフト

宛名印刷はビジネスのさまざまな場面に役立ちます。封筒やはがき、送り状はもちろん、ラベルシートや、のし袋などの宛名印刷にも使えます。他にも郵便振替用紙や住所録や、年始めの年賀状などの宛名印刷としても使用されています。ヤマト運輸・佐川急便・西濃運輸・日本郵便の送り状印刷など、どこで使うのかによっても違います。それぞれの違いについて説明していきたいと思います。

宛名印刷のフリーソフトを使えば差出人登録も簡単

封筒・はがき・送り状・ラベルシート・のし袋などはもちろん、郵便振替用紙や住所録、年賀状などのすべてに共通するのが、宛名面の作業が必要になることです。ヤマト運輸・佐川急便・西濃運輸・日本郵便の送り状印刷はもちろん、二刀流宛名印刷などの種類もあります。

宛名印刷の最初の作業として、差出人の登録があります。トップメニューから「宛名面を作る」をクリックし、ガイドパレットの「差出人登録」を選択します。ダイアログが表示されるので、ここで氏名や連盟、会社の情報、住所などの入力を行います。まず、氏名の入力時に名字と名前の間に必ずスペースを入れるようにします。宛名印刷を行う、封筒・はがき・送り状・ラベルシート・のし袋などの全てに共通することになります。

年賀状なども含め、郵便振替用紙や住所録などの違いもあります。夫婦で一緒に年賀状を出すときなど、並べて描くこともあります。この場合は、名字は同じなので名前だけを入力します。スペースがないと連盟に揃いません。ヤマト運輸・佐川急便・西濃運輸・日本郵便の送り状印刷などの違いもあるので、使う配送会社によって確認しておくことも必要です。

宛名印刷もソフトやフリーソフトを使う方法もありますし、アプリを活用する方法もあります。フリー(無料)ダウンロードも使えますし、人気やおすすめのものを簡単に調べられます。Excel(エクセル)程度の知識で使いこなせるテンプレートも便利です。

エクセルやフリーソフトを使って宛名印刷の住所を登録

宛名印刷は、封筒・はがき、送り状、ラベルシート、のし袋、年賀状、郵便振替用紙などに関わらず、住所録がとても重要になります。住所の入力はヤマト運輸・佐川急便・西濃運輸・日本郵便の送り状印刷によっても違いはありますし、二刀流宛名印刷にも配慮しなくてはいけません。住所録の登録は、ガイドパレットの住所録を開いて、新規作成のボタンをクリックして進めていきます。

ヤマト運輸・佐川急便・西濃運輸・日本郵便の送り状印刷などの違いもありますが、該当する項目に必要なデータを入力するだけの簡単なものです。ふりがなの入力も「自動ふりがな」入力をオンにしておくと、自動で入力されるので簡単です。ダイアログを使うと、連盟ごとに敬称を指定することもできます。住所録をいくつかグループ分けしたいときにも使えますし、携帯電話のデータを変換して、そのまま反映させることもできます。他にも覚えておくと便利な入力設定があるので、ヤマト運輸・佐川急便・西濃運輸・日本郵便の送り状印刷などの違いはもちろん、二刀流宛名印刷も覚えておきましょう。

住所入力もExcel(エクセル)のテンプレートを使う方法もありますし、簡単に人気も比較できおすすめです。フリー(無料)ダウンロードも使えること、ソフト(フリーソフト)などのアプリもあります。

宛名印刷で最も重要となる名前の入力もフリーソフトを使えば簡単

年賀状などの郵便振替用紙や二刀流宛名印刷、のし袋、封筒、はがき、ラベルシートなどさまざまなものがありますが、名前の入力はミスなくしっかりと行う必要があります。姓名辞書機能がついていますので、名字や名前を入力するときに使える専用の辞書として使えます。難しい名前でも問題なく使えますし、ひらがなを数文字入力しただけで辞書が起動します。入力作業を大幅に短縮できます。ふりがなは住所の検索などに使えますので、入力しておくととても便利です。

姓名辞書は、名字だけでなく名前にも対応しています。連名でも入力できるのでとても便利です。メニューからの起動もできるので設定しておきましょう。名前のリスト作成も、Excel(エクセル)などのテンプレートも使えます。簡単に使えるフリー(無料)ダウンロードなどもありますし、人気もありおすすめです。フリーソフト(ソフト)やアプリなどの選択肢もあります。

住所入力は郵便番号から住所変換できて便利

封筒・はがき・ラベルシート・のし袋などの印刷はもちろん、郵便振替用紙や二刀流宛名印刷などの全てに共通することです。郵便番号辞書を利用できるように、事前に設定を行う方法もあります。カード編集のなかにある郵便番号のマークより、住所←電話番号の順番で進めていきます。郵便番号に対応した住所が表示されます。その反対に、住所から友人版法を入力する方法もあります。他にも会社名から大栗の郵便番号を検索することもできます。登録が済んでいれば該当する郵便番号をすべて表示してくれますし、そのなかから目的の支店などの郵便番号を選んで入力ボタンをクリックするだけの簡単なものです。

電話番号から住所や氏名を一括入力する方法もあります。付属の全国法人はもちろん、個人電話番号辞書をCDROMからデータを検索する方法になります。電話番号を入力するだけで、郵便番号や氏名・住所を自動入力することもできます。会社の電話番号を使っても住所変換ができます。該当データがない場合は、市外局辞書が起動することになります。この辞書は市外局番から該当する市町名を表示してくれる機能になります。市町以下の住所は自分で入力する必要であり、郵便番号や氏名なども自動で入力されません。住所から市外局番を検索することもできますし、操作方法なども含めしっかりと覚えておきたいものですね。

管理を行ううえでExcel(エクセル)のテンプレートも使えますし、簡単なフリー(無料)ダウンロードなどもおすすめです。人気があるのはソフト(フリーソフト)やアプリです。それぞれの使いやすさも含め検討してみてくださいね。

電話番号の辞書をハードディスクにコピーして使うのもひとつの方法

住所録を作成するたびに、電話番号辞書をCDROMに入れ替える手間を省きたいと考えている人もいると思います。検索時間を短縮したいときには、電話番号辞書をハードディスクにコピーして使用する方法もあります。ただし575MB以上あるので、十分に容量の余裕がないとおすすめしません。電話番号辞書をハードディスクにコピーして、宛名職人を起動、設定します。ボタンをクリックして電話番号辞書をコピーした場所を指定し、任意指定の設定をクリックして完了します。

ハードディスクに保存するデータもソフト(フリーソフト)やアプリなどもありますし、フリー(無料)ダウンロードも使えます。簡単に人気があるものも比較できおすすめです。Excel(エクセル)などのテンプレートもおすすめです。それぞれ使いやすいものを模索しつつ使ってみてくださいね。

宛名印刷こそフリーソフトを活用して効率アップを目指そう

宛名印刷について説明していきました。宛名印刷はさまざまな場所で使える方法になります。フリーソフト(ソフト)もありますし、アプリなどの選択肢もあります。フリー(無料)ダウンロードとしても使えること、簡単に人気も比較できおすすめです。Excel(エクセル)が使いこなせれば、誰でも操作できることもあり、二刀流宛名印刷などの難易度の高いものでも安心して使ってくださいね。すべてを手作業で行うよりもミスが少なく、仕事の効率化にも繋がります。


宛名印刷が簡単なフリーソフトをおすすめする理由

お礼状や季節のご挨拶、会社の案内事がある時、メールではなくはがきや手紙を送る機会は多いと思います。送付する数が少ないうちは心を込めた手書きもできますが、事業をしているとどうしても送付先は多く、業務の負担になってしまうことも。そんなときはフリーソフトをおすすめしています。例えばwindowsに導入されているエクセルやワードでも、やり方さえ分かれば誰でも簡単に宛名印刷をすることができます。

フリーソフトはさらに専用のソフトを使うことで、はがきだけではなくヤマト運輸・佐川急便・西濃運輸・日本郵便の送り状印刷など特殊な用紙にも対応していたり、よりデザイン性の高い宛名が作成できたりするのですが、エクセルを使ういつもの感覚で作成できるようなシステムになっていたりするソフトも豊富ですので、一度お試しください。

宛名印刷の基本作成方法を紹介

最も基本的な宛名を作成する手順をおさらいしてみましょう。要点を押さえておけば、「後からしまった!」というようなことにもなりません。ちなみにここでは宛名職人Ver.8を参考にしています。

・まずは宛名のレイアウトを選ぶ

まずはじめに印刷する用紙に合わせてレイアウトを設定する必要があります。ここで選択を間違えると印字がうまく乗らず、途切れてしまったり、逆に小さすぎて読めないというような問題が起きてしまいます。はがきの中だけでも、縦・横、もしくは往復はがき・通常はがき・エコーはがきなどの種類があり、はがき以外にも封筒・タックシール・宅配便の送付状や郵便振替用紙などの種類がありますのでここは間違えないように気を付けましょう。

・レイアウト表示で確認しながら作業ができる

レイアウトを選択すると、すぐに表示画面に反映されます。表示画面のレイアウトが、そのまま実際の印刷物となりますので、これ以降はこの画面を確認しながら進めていくことになります。一例としてはがきの宛名印刷物を作成する場合、はがきの淵より少し内側に緑などの線がぐるりと一周してあるかと思いますが、それはいわゆる印刷可能領域を示しています。この線より外側に文字等があっても印刷されないので、線より内側にすべてのレイアウトを収めることが大切です。

・差出人を挿入する

あらかじめ住所録に登録しておけば、差出人の個別割り当て等のボタンからデータを引き出すことができます。データから必要な情報を選べば、すぐにその差出人のレイアウトが表示されます。郵便番号を上部にレイアウトするか、下部にある郵便番号枠にレイアウトするか、など細かな設定も簡単にできます。

・実際に印刷する

よく間違えてしまうのは、レイアウトではがきを選択したので、プリンターの用紙設定を忘れてそのまま印刷してしまうパターンです。ソフト内のレイアウトを定めたからといって、プリンターの設定は別で設定しなくてはいけません。プリンターの通常設定がA4だった場合は、用紙設定ではがきサイズに変更します。印刷前に、印刷プレビュー機能を使ってどのように印刷されるのかを確認することをおすすめします。

・美しく宛名印刷をする工夫

印刷を行う時には、印刷位置に気を配りたいものです。ソフトによっては自動で最適な位置を選択してくれる機能がありますが、書式や用紙によっては少し上部にレイアウトした方が、収まりが良い場合もあります。そんな時は印刷位置を自分でずらしてみましょう。全体の位置と同様に、よくずれてしまうのが郵便番号の位置。これも大抵のソフトで個別に位置調整することができますので、なるべく四角枠の中心に数字が羅列されるように調節してみましょう。わずかな差でも、揃っていると途端に美しくなります。

・宛名で使用するのは文字だけ。ならば文字にもこだわろう

宛名は住所・氏名・差出人などが正しく記入され、きちんと読むことさえできれば合格です。ただそれでも、フォントの種類や大きさ、配列のレイアウト、文字色などに少し気を配るだけで、他とは違う宛名が完成します。

宛名に使用するフォント選びのコツ

宛名として好まれるフォントと言えば、筆で書いたような手書き感の出る「リコー」の「HG行書体」です。ところで、「HGP行書体」という名前の同じようなフォントもあります。違いは何かご存じですか?実は、HGの方は「等幅フォント」、HGPの方は「プロポーショナルフォント」と呼ばれています。
「等幅」とは、どんな文字(ひらがな・カタカナ・漢字)でも同じ間隔で表示するものを言います。一方の「プロポーショナル」とは、半角文字・ひらがな・カタカナが美しく見えるように間隔を狭めているフォントのことです。一般的には、HG行書体は原稿用紙など一定間隔でプリントするものに向いていると言われています。はがきや封筒などの宛名で使用する場合は読みやすさ・美しさが大切なので、HGよりもHGP行書体を使うのがおすすめかも知れません。好みによりますので、お好みの方をお選びください。

・色選びのコツ

フォントの色を変更してオリジナリティやデザイン性を高めることも可能ですが、宛名での色選びは慎重に、遊びすぎないようにするのがコツです。と言うのも、例えばはがきで緑色の文字色にしてみた場合、どうでしょうか。やはり黒色の方が読みやすくはないでしょうか?宛名の目的を損なうような色選びは本末転倒となり、美しさからかけ離れてしまいます。封書に「重要」などの文字を入れたい場合は、朱色を選ぶ。それくらいの色選びで抑え、デザインは表面で注力しましょう。

・デザイン調整は自動レイアウト機能も◎

宛名印刷でレイアウトにあまり時間は掛けたくない。一般的なもので十分。そういうお考えの場合は、ソフトに内蔵されている「自動レイアウト機能」または「自動調節機能」などを使って簡単に仕上げましょう。自動レイアウト機能は、フォント・スタイル・色・サイズなどをあらかじめカスタムしておき、すべてのレイアウトに反映させることができる機能のことです。

ただし、宛名の氏名の長さ・住所の長さによってレイアウトが崩れてしまうことはありますので、各チェックは怠らないように注意しましょう。住所の数字の表記の仕方も、一括で管理することができるのでおすすめです。

Wordの差し込み印刷はどうなのか?

使い慣れているWordでも宛名印刷をすることができます。住所録はエクセルで作成し、連携させる作業が必要ですが、初心者でも簡単に印刷できるのでおすすめです。
Wordの「差し込み文書」という上部タブからラベルシートを選ぶことができますが、もし合うものがなければネット上でテンプレートをダウンロードすることもできます。無料のフリー素材でも十分使えますので、ダウンロードもおすすめです。

ラベルシートのメーカーサイトを利用しよう

自身で宛名印刷を行う時は、文具店などで購入したラベルシートを利用するかと思います。ラベルシートには各メーカーサイトでダウンロードできるテンプレートが付いていることが一般的です。専用のテンプレートを使えばズレやミスが少なくなるので、メーカーのテンプレートを使えるのでしたらそれが最も効率的です。

人気の「二刀流宛名印刷」とはどんなソフト?

「二刀流宛名印刷」というソフトが有名ですが、これは宛名印刷を作成するものではなく、そのための住所録データを管理するためのツールになっています。
なぜこの二刀流宛名印刷が人気なのかと言うと、「ビジネス用」と「プライベート用」二つの住所録を一つのソフトで管理できる、という点にあります。まさに二刀流ですね。宛名を作成するときに、事業で使いたい時と、年賀状などプライベートで使いたい場合、両方のニーズに合った素敵なソフトです。使い方も、エクセルのような使い心地なので簡単に使いこなすことができます。




◇ よく読まれている関連記事と広告