美容院の経営







コンビニよりも多い?美容院業界の過酷な競争

顧客に記入していただいたカルテの管理、どうされていますか?紙ベースのカルテ管理は管理を始めるときは簡単に始められて良いですが、顧客が増えてくるときちんと管理できているか不安になることも。顧客情報はぱっと一目で一覧でき、欲しい情報がすぐに検索でき、データ入力も手間のかからないフリーソフトの導入がおすすめです。フリーソフトはいろんな種類があり、無料でダウンロードできるものもたくさんあります。美容室・理容室・サロンそれぞれに向くソフトがありますので、まずは試してみるのも良いですね。

美容院や理容院、サロンと呼ばれる美容業のうち、美容院の数は都会を中心に増えていく一方です。その数、25万店舗以上(2019年厚生労働省による調査より)にも上り、前年比よりも1.4%増える結果となっています。ちなみに、コンビニの全国店舗数は約5万8千店舗ですので、コンビニよりもはるかに数が多く、顧客競争が激しいのが美容院業界なのです。

そんな中、美容院としては他店より値段を下げて新規顧客を取り込むという作戦を打つ店舗が数多く現れ、結果的に収益が賄えず閉店を余儀なくされる…そんな悪循環に陥るケースも多発しました。普通に美容院としてやっていても、他の店舗の中に埋もれてしまいます。そこで目を向けたのが、自店の強みを打ち出す「個性派美容院」としての進出でした。

個性派美容院とは?

これまでの美容院と言えばどんな美容院へ行っても、メニューは「カラー」「カット」「パーマ」「メイク」という決まったものしかないのが普通でした。それが、今では「カットサロン」「オリジナルパーマサロン」「カラーコーディネートサロン」「エクステーションサロン」といったように、何かに特化したサロンとして特徴を大々的にアピールする美容院がほとんどなのです。そこで、どんな個性的なサロンがあるのか、少しご紹介したいと思います。

・ヘルシー美容サロン

ヘルシーというのは健康的な、という意味合いで、施術に使われる美容材料や化粧品などはすべて自然志向のものを厳選して使用しています。特にアレルギー体質で肌の弱い方などにニーズがあり、髪だけではなく美容に関するアドバイスなどもサービスしている美容院が多いです。

・子どもビューディーサロン

子どもに特化した美容院として、室内の装飾が子ども部屋のようなデザイン、TVやムービーを鑑賞しながらカット等ができる、オモチャや児童係スタッフがいて、ママがカットをしている間は面倒を見てもらえる等、子どもと母親に配慮したサービスを行っています。内装等で子どもが嫌がらないように工夫するだけでなくカット等の技術も子どもが抵抗なくサービスを受けられるように洗練されています。

・高齢者用サロン

入浴施設や介護施設、リハビリ施設等に併設されている美容院で、高齢者の生活スタイルに沿った技術サービスを提供しています。美容師の出向サービスも充実しています。

・スポーツスタイリストサロン

スポーツ選手がスポーツ種目に応じて可能な美容スタイルをアドバイスし、提供するサービスを行っています。スポーツ風の髪型やスタイルが好みの一般の人にも人気の美容サービスです。

・ネイルサロン

今では独立したネイルサロン店舗が数多くありますが、元々は美容院のコーナーとして誕生したのがきっかけ。美容院よりも初期投資が抑えられるため、ネイルサロン起業を夢見る若い世代も多いのが特徴です。

・カラーリングサロン

ヘアカラーに特化した美容院で、カラー剤を輸入ものも扱うなどこだわっていたり、パソコンのソフトを使って様々なカラーシミュレーションができたり、さまざまな工夫が見られます。

・クイックサービスサロン

11分でカットができる、など、スピードを売りにしている美容院です。一般的に美容院とは時間がある程度かかるものであり、ゆっくりと過ごす時間であるという概念を払拭し、ファストフード、ファストファッションのように手軽に、気楽に、スピーディにカットやカラーを楽しめるのが特徴です。男性はもちろん、忙しい合間に気軽に通えるため、女性にも人気があります。

顧客を掴み続けるにはどうするべきか?

美容院やサロンの顧客となる消費者が通う店を選ぶ決め手とは何なのでしょうか?お店に馴染みの店員がいるから?いつも明るくて気持ちのいい店だから?他にはないサービスや商品を扱っているから?それとも、いつも他よりも安く提供しているから?…消費者の心を左右する要因はさまざまで、時や場所によってもたやすく変化します。
大切なのは、リピートし続けてくれる顧客を離さない店舗経営です。値段を安くしたり真新しい商品サービスを提供すれば新規顧客が初めはついてくれるかも知れませんが、やがて必ず「飽き」が来ます。また、他店が値段を下げるとこちらも下げざるを得ず、収益が見込めない状況へ走ることになります。

老舗は例外?独自の販売路線を突き進む店舗も

一般的な店舗経営とは真逆の道を取る美容院もあります。それが、いわゆる老舗経営の店舗です。江戸時代から続く老舗、何代にもわたって同じ場所で商売をしている店となると、真新しい商品を導入したり、値段設定を変えたりするといった経営方法よりもむしろ、「昔から変わらないサービス」「いつ行っても同じ商品が定着している」といった姿勢に消費者は魅力を感じます。より極端な店では、「うちの商売が気に入らないなら買わないで結構」といった強気な姿勢を貫き、それがかえって人気の理由に繋がっているケースもあります。




人気が持続する美容院経営の方法とは?

さて、看板に掲げられる歴史がなくても、画期的な技術やサービスがなくても、少しの工夫を続けることで店舗経営を軌道に乗せられるか、事例を参考に見てみましょう。

リラクゼーションに特化する

現代では誰もがストレスを抱え、いつでもリラックスしたい、ストレスから解放されたいと思っています。そんな潜在的なニーズを抱えた顧客に、心も体もリラックスできる環境を作ることでリピート率を上げる一例です。内装にリラックス効果が認められている木やグリーンを多用する。「顧客の満足度を高め、まごころを込めてサービスする」理念を掲げ、従業員の接客の質を上げることにつとめる。特に、一対一で向き合う接客スタイルですから、「この美容院は誰に当たっても愛想が良くて心地よい」と感じてもらえると、技術は一般的な程度でも喜んでリピートしてもらえるようになります。

〇トータルコーディネート対応に特化する

婚礼行事、成人式、七五三、パーティなどではドレスや着物を着る機会があり、そういうときには美容院で髪をセットするのが一般的ですが、美容院で着付けやメイク、美顔マッサージ、ネイル、アクセサリーのコーディネートまでトータルでプロデュースする美容院が盛んです。
ドレスや着物に合う小物選びやメイク、ネイルは、実は美容のプロではない消費者にはハードルが高いもの。その面倒で難しいコーディネートを美容院で完結することで、ファッションのトータルバランスも良くなり、時間の節約にもなると喜ばれています。ここから発展して、普段の洋服のコーディネートアドバイスといったサービスも行っていくことが可能です。

美容室・理容室・サロンを経営する上で重要な管理とは?

美容院や美容室、エステサロンなどの経営を考えるうえで、しっかりとした管理体制も重要です。顧客管理や予約管理を行うのはもちろん、カルテの作成など考えなくてはいけないこともたくさん出てきます。美容院や美容室、エステサロンについて何を重視するべきなのか、また必要な知識なども含めわかりやすく解説していきたいと思います。

美容室・理容室・サロンの基本はサービス行為、その一方で管理も重要

美容室(美容院)はもちろん、エステサロンなども含めいずれも「主として顧客の頭部を美しくて差し上げるサービス業」です。ただし、近頃は頭部だけに限らず、身体の各部分についても美容を促す営業行為も広まっています。見た目だけのキレイさに限らず、心の思いや癒しなどの心理的な部分も美容行為として取り上げられるような時代になっています。美容室(美容院)やエステサロンでは“トータル美容”が求められていること、また顧客の欲求をいかに満足させるのか、また専門的なサービスの提供範囲が拡大されています。

中小規模の美容院でもすべてを行うことは難しいものですが、ある程度のトータル美容についての幅広い知識は、美容の専門家として身に付けておくべき時代にも変わりつつあります。美容師の資格を持っていなくてもサービス活動ができる、エステサロンやマニキュア、美顔マッサージなど多くのサービスで営業を行っています。美容業界では、サービス業としての基本的なサービス活動を充実させない限り、良い美容室としての評価が受けにくい時代でもあります。顧客管理や予約管理などの基本はもちろん、来店したお客様へのカルテ管理なども必要です。

美容室の管理もエクセル(Excel)のテンプレートを使った簡単なものから、無料(フリー)ダウンロードできる、ソフト(フリーソフト)やアプリなどもあります。人気やおすすめのものを探すのにも向いています。

美容室のビフォアサービスにカルテを用いた顧客管理が重要

女性にとって美しくなりたい気持ちは大きな関心事といっても、過言ではありません。特に春や秋などの季節変化が起こり外出機会が増加する時期になると、美容室からの専門的な情報に強い興味を持っているお客さんも増えます。美容室(美容院)側からしても顧客をお店に誘導したい、価格サービスを行う方法が使われがちです。顧客の興味を刺激するためにも、新しいヘアースタイルや技術を顧客に情報として流して魅力を引き出していきます。エステサロンもその一つになります。そのためには日頃の顧客管理はもちろん、予約管理やカルテなども今一度見直さなくてはいけません。

宣伝広告での顧客のビューティームードを強化するのも一つの方法です。「しっかりとしたトリートメントは当店の特徴技術です」のようなキャッチフレーズで、顧客の美容意識を強く刺激していきます。顧客のイメージアップにも繋がるはずです。また、店頭の演出には、明るくすっきりとした感じの店には美容技術も斬新なイメージと受け止めやすくなります。お店の前は明るく、なかが見えるオープンな演出も接客サービスのひとつです。

郊外の店舗になると、駐輪や駐車場を設置することが顧客の誘因のきっかけにもなります。買い物がてら娯楽思考のついでに美容院に訪れてくれる場合があります。車利用の多い地域では、駐車場がある広告だけでも、顧客吸引のきっかけになります。新規で得た情報も顧客管理や予約管理にしっかりと記しておくこと。また、カルテはお店にとっても貴重な情報が詰まった宝のようなものです。カルテのなかには大切な個人情報も含まれています。顧客管理や予約管理も含めて行うようにしてくださいね。

美容院のビフォアサービスとしても、管理は重要です。Excel(エクセル)のテンプレートでもできますし、フリー(無料)ダウンロードなどの方法もあります。簡単に使えるフリーソフト(ソフト)も人気がありおすすめです。アプリを使う選択肢もあるので、検討してみてくださいね。

美容室の印象を決定づける受付の役割と重要性

お店の第一印象を良くするためには、受付の印象がとても重要です。顧客と流出客を作り上げる大切なポジションになりサービス業の基本です。顔なじみの顧客に対して親身で専門的な応対ができる必要があります。ホテルやレストランもそうですが、美容室も同じになり受付が顧客を固定化させることもあれば、逆に流出させてしまうこともあります。新人を受付に配置していて、顧客に不安感を与える場合もあります。顧客管理や予約管理、カルテなどの把握も必要になり、想像以上に難しいポジションでもあるのです。また、顧客に飽きさせない店舗ムードの演出も必要になります。顧客の心を楽しませることになり、常に美容技術にも斬新さがあると期待させることになるのです。

店の入口や、受付、店内の壁画の飾りや植栽の配置、カーテン、テーブルクロス、従業員のユニホームなど、計画的に行うべきになります。他にも親身なカウンセリングがお店の品格を高めます。美容技術が上手になると、顧客満足度を高めることにもなります。美容室のイメージを作るのは、職場の雰囲気も関係しています。効率ばかりを重視するのではなく、顧客にとっても心地の良いお店を作ります。居心地の悪いお店は顧客を疲労の原因にしてしまいます。その他にも、衛生管理ができていると美容技術の向上にもなります。美容室では、フリー(無料)ダウンロードから使えるものも、簡単操作で人気がありおすすめです。ソフトやフリーソフト、アプリなどの選択肢もありますし、Excel(エクセル)のテンプレートを使う方法も充実しています。顧客管理についてやりやすい方法を模索してみてくださいね。

美容室は、サービスこそ目指すべきもの

近頃は高額決済について、現金よりもクレジットカードの支払を選択する人も増えています。美容室のなかにはクレジットカードだと手数料を支払う分、損をすると考える人もいます。ただ美容料金は高額になりつつあるなか、クレジット決済システムはサービスの一環になります。ハイクラスの顧客を手に入れるためにも必要です。また、出張美容も新規の顧客を呼ぶことにも繋がります。お店にとって顧客情報はとても大切なものになり、信用を生む源泉になることも忘れないようにしてくださいね。コミュニケーションのとり方ひとつでも、固定客を安定客に変化できます。美容室にとってはサービスこそ目指すべき合言葉です。アフターサービスも、ソフト(フリーソフト)やアプリなどを選択する方法もあります。フリー(無料)ダウンロードもありますし、簡単に人気が比較できおすすめです。Excel(エクセル)程度の知識があれば使いこなせるので、パソコン操作に自信がない人でも問題ないはずです。アフターサービスでは管理も重要な仕事の一つです。

フリーソフトを使用した顧客管理をフル活用して効率化を考えよう

美容室(美容院)の経営においていかに顧客の存在が重要なのかわかっていただけましたか。Excel(エクセル)のテンプレートなど初心者向けの方法もありますし、フリー(無料)ダウンロードなども方法もあります。簡単に人気が比較できるサイトも、調べるうえではおすすめです。ソフト(フリーソフト)はもちろん、アプリなどもぜひ使いこなしてくださいね。美容院にとっても、顧客の管理方法や予約管理、カルテの管理など日々の業務に追われて手が回らないこともあります。できる部分を効率化させつつ、経営を考えていくようにしましょう。

美容室・理容室・サロンの顧客管理はシステムに任せよう

無料でダウンロードできるフリーソフトなら、パソコンが苦手な方でも簡単に操作できるようなインターフェイスになっているものが多く、まずはトライしてみるのがおすすめです。慣れてくればスタッフと共有しましょう。複数店舗ある場合はなおさら、インターネット上ですぐに、どこでも確認・修正・受付ができるフリーソフトは一度試すと手放せません。

関連記事:美容室(顧客管理・予約管理・売上管理・カルテ)のフリーソフト・エクセルテンプレート

タイトルとURLをコピーしました