デイトレード・ペアトレード・サヤ取りのフリーソフト・ツール

株価の取得、為替取引




デイトレードとは、1日に1回または複数回の取引を行い、細かく利益を獲得していく株式売買の手法です。
ペアトレードやサヤ取りとは、買いや売りどちらか一方ではなく、その両方を同時に行って、損をできるだけ少なく抑え利益を獲得していく株式売買の手法です。
いずれも株式ではよく行われる取引です。これらデイトレ、ペアトレ・サヤ取りは、株価チャートやテクニカル指標で株価を分析することが利益獲得の第一歩になります。
通常、インターネットを通じ、株価を取得していきます。それをExcelや専用ソフトなどに落とし込み、チャート化していきます。デイトレでは、株価の急騰や急落をすばやく検知することで、利益を得ることができます。
ペアトレ・サヤ取りでは、任意の2銘柄のサヤ(価格差)チャートなどを作成し、分析をしていきます。どちらも最初は実際に取引するのではなく、シミュレーションをして取引感覚を養っていくことが大事でしょう。
まずは無料の人気アプリやエクエルテンプレートからダウンロードして、慣らしてみてはいかがでしょうか。

デイトレード、ペアトレード・サヤ取り、システムトレード(シストレ)のフリーソフトです。
テクニカル指標、曜日変動株、デイトレ分析、デイトレーダーの練習ソフト、現物株・信用取引・株価指数・先物取引、スイングトレード、fxなど。サヤ取り・裁定取引・株式鞘取り、スクリーニングツール、さや取りなどの無料ソフト。上場株式・日経先物のストラテジー構築、自動売買支援ツール、株のバックテストなどの無料アプリや人気のエクセルテンプレートがダウンロードできます。




目次

デイトレードのフリーソフト・ツール

急騰急落

急騰急落

Excelと楽天証券のRSSにより、株価の急騰や急落を素速く検知することができる、fx、デイトレ支援の人気ソフトが無料でダウンロードできます。監視銘柄は最大255銘柄です。表示項目や表示形式のカスタマイズが可能です。操作性にも優れているため、初心者でも安心して使えます。

日経先物 ロボット by ExcelVBA

日経先物ロボット by Excel VBA(岡三RSS用) 3.31

ディトレ用の日経先物自動売買ロボット構築ツールが無料でダウンロードできます。楽天RSS + ExcelVBAで分足を作成し「指数平滑移動平均線、MACD、ストキャスティクスパラボリック、一目均衡表」を生成します。マーケットスピード(楽天証券)やHYPER SBI(SBI証券)に自動発注します。

日経225 リアルタイム 電光掲示板 フリー版

日経225 リアルタイム 電光掲示板 フリー版

日経225・TOPIX・JASDAQ指数・日経225先物・為替レートをリアルタイムで表示します。日経平均の現在値を1秒単位で更新します。個別の銘柄の株価も一覧で表示します。銘柄毎に表示するのは銘柄コード・銘柄名称・現在値・始値比率・前日比率です。簡単操作でおすすめのアプリです。

デイトレード 練習ソフト Fireworks

デイトレード 練習ソフト Fireworks

デイトレード練習ソフトが無料でダウンロードできます。購入・売却指定の時に株数だけでなく、値段指定売買、全力買い・全株売りが指定ができます。実際のタイムラグに似せるように、注文してから約定チェックまで5秒かかります。同じ銘柄を簡単に何度も取引することができるアプリです。

数分変化

数分変化

デイトレ支援用ソフトです。はすべての銘柄を監視し、数分間で変化のあった銘柄の中から現在の価格と数分前の価格で変化の大きかった順に表示します。東証1部・東証2部・大証1部・大証2部・ヘラクレス・JASDAQ の銘柄のすべての価格を取得します。

株 GOLDEN EYE

株 GOLDEN EYE
ターゲット銘柄をリアルタイムに特定できる、デイトレード・スイング用トレードソフトです。シェアウェアですが、1ヶ月は無料で全機能を試すことができます。いきなりデイトレードを実行するのは不安があるといった方や、一時的に動きをシミュレートしたいといった方には役に立つソフトウェアとなります。転ばぬ先の杖としてソフトを導入しておいても良いかもしれません。

Excelデイトレード

Excelデイトレード
リアルタイム株価を各種ランキング表示や分足チャートで解析するシェアウェアです。株価は楽天証券のリアルタイムスプレッドシート(RSS)経由で取得しています。リアルタイム解析は、株価・気配値等のリアルタイム表示、並べ替えで12種のランキングを表示する「銘柄データ」シートや「リアルタイム解析」シート、「分チャート9」シート、「解析15日チャート」シートがあります。

デイトレード支援ソフト ATLAS

デイトレード支援ソフト ATLAS
デイトレード支援ソフトです。多数の銘柄をリアルタイムで監視し、一般的なトレードツールにはない3つの値をリスト表示してくれます。まずは、値動きの大きさを数量化したことで値動きの良い銘柄が一目で分かる「値動き」。次に板状況が買い気配が優勢か売り気配が優勢かが一目で分かる「板比率」及び「総板比」。最後に一定時間前から現在までの上昇(下落)率を示す「上昇率」です。

デイトレウォッチLite

デイトレウォッチLite
楽天RSS使用のデイトレード用リアルタイム監視ツールです。フリーソフトです。指定した時間単位(10秒~180秒)で読み込みます。読み込む情報は、現在値、前日終値、前日終値乖離率、本日始値、本日始値乖離率、VWAP、VWAP乖離率、本日高値、本日高値乖離率、本日安値、本日安値乖離率、気配数量、気配比率といった情報となります。読み込んだ情報の並び替え(昇順、降順)も可能です。




ペアトレード・サヤ取りのフリーソフト・ツール

サヤ取り王 (旧株式ペアチャート)

サヤ取り王 (旧株式ペアチャート)

株式でのサヤ取りを支援するチャートソフトが無料でダウンロードできます。インターネットから株価データをローカルのデータベースにダウンロードして任意の2銘柄のサヤ(価格差)チャートを表示できます。また、相関係数を計算してサヤ取りに適格な銘柄ペアを検索することもできます。簡単操作でおすすめのアプリです。

ペアウォッチ

ペアウォッチ
ペアトレード用の監視ツールです。フリーソフトとして提供されています。銘柄コードを入力と自動的に日足データを取得、ペア銘柄の終値を比較チャート化し、日々の乖離率をグラフ表示します。また、銘柄間の相関係数や乖離率の平均・標準偏差・回帰係数等をテクニカル情報として算出し表示します。なお、株価データはYahoo!ファイナンスまたは Infoseekマネー から取得しています。


システムトレード(シストレ)のフリーソフト・ツール

セルレーダー

セルレーダー

エクセルVBAを駆使したシステムトレード(シストレ)用の総合開発ツールです。テクニカル分析などのチャート表示だけにとどまらず、エクセルの表計算機能を駆使し、売買シグナル表示から、最適化作業まですべてを網羅した統合株価分析ソフトです。簡単操作でおすすめのアプリです。

シストレ・ビルダー・スタンダード

シストレ・ビルダー・スタンダード

日経先物システムトレード(シストレ)構築ツールです。日経先物用のシステムトレードを簡単に検証し、作成することができます。約10年間の検証が、たった12秒でできます。損益曲線(資産曲線)のグラフや、最大ドローダウンなど各種成績データが自動で表示されます。

Nobody

Nobody

自動発注対応完全自動システムトレード(シストレ)です。最新株価の取得、指標の計算、指標でのフィルタ、自動発注、自動売却判断、タイマー機能があります。総資金は売却完了後にマクロを動かした時に更新されます。検索のみの場合4桁の市場コードと市場名で検索できます。

フリーソフト・ツールの制作者

デイトレードのフリーソフト、シェアウェアのリンク集/テクニカル指標、曜日変動株、デイトレ分析、現物株・信用取引・株価指数・先物取引、スイングトレードなど。

デイトレードのフリーソフトの制作者

〔井領 邦弘〕
ウルトラデイトレーニングは、実際のリアルタイム株価を使用して、デイトレードで損しない方法を訓練する人気ソフトです。ウルトラデイトレーダーは、株価情報のランキング表示と、最高安線付きVWAP分チャート、2銘柄比較分チャートと板情報を収集。fx対応。

〔さいら〕
急騰急落ソフトは、Excelと楽天証券のRSSにより、株価の急騰・急落を検知して、デイトレードを支援するおすすめのエクセルテンプレートソフトです。ビットマップデータを有限要素モデルに変換するプログラム、有限要素モデル(FEM)を編集・表示するツールなど。

〔ストックン〕
Excel版 株価取得プログラムは、278銘柄までの日中の株価をリアルタイム取得し、CSV保存する人気ソフトです。デイトレシミュレーターは、実際の日中チャートを使用し、擬似的にデイトレード売買、損益計算のできるエクセルテンプレートソフトです。

〔大鶴 秀志〕
自動トレードは、株売買を自動実行し、豊富な条件設定ができるシミュレーションソフトです。エクスプローラに圧縮・解凍機能を追加できます。LZH・ZIP圧縮ファイルをフォルダのように扱え、D &Dで圧縮・解凍ができるおすすめソフトです。

〔minol〕
実在する銘柄の値動きをモデルに作った、超短期株式投資のデイトレードのシミュレーション・ゲームソフトです。余力から何株購入可能なのかを計算する株式投資用電卓ソフトです。

〔楠本 拓矢〕
デイトレードの練習ソフトです。

〔DAWorks〕
MT4マルチタイムフレーム一目均衡表は、メインウィンドウに異なる時間軸の一目均衡表を表示させるソフトです。MT4バックテスト用シミュレーターは、メタトレーダー4インジケーターをバックテストするインジケーター。相場急変をメールでお知らせソフト。

〔システック〕
デイトレードのリアルタイム株価データと過去の銘柄別・日付別データを取得するソフトです。サヤ取り支援ソフト、株式投資支援ソフトは、ローリスク運用を可能とするサヤ取りを強力にサポートするソフト。サヤ取りは資金作りに最適な資産運用手段です。

〔quin〕
数分変化は、すべての株銘柄を監視し、数分間に変化したデイトレ銘柄の変化率を表示します。デイトレードを支援するおすすめソフトです。

〔BTCreator〕
デイトレのリアルタイム急騰銘柄の監視ソフトです。

〔河村 雅博〕
株式デイトレーダー向けの、リアルタイム株価監視、株価チャート、TICK、分足取得のソフトです。FX為替のさや取り、ポイント・フィギュア、マーケット・プロファイルのソフト。株式取引の履歴管理、資産管理と確定申告を簡単にする投資家向けのソフト。

〔Shozo〕
日経225リアルタイム電光掲示板ソフトは、日経平均の225銘柄の株価を、リアルタイムで表示する、デイトレードに便利な人気ソフトです。楽天RSSを使用します。

〔Yoshi 767〕
楽天証券RSSの利用により、リアルタイムに、ティック数増減で、株価監視をするExcelテンプレートファイルです。Excelで行う、スクリーニングソフトです。Excel&RSSで行う、デイトレードのスキャルピングソフトです。デイトレード・スキャルピング補助ツールなど。

ペアトレードのフリーソフトの制作者

〔山端 茂之〕
ぷらまいソフトは、株の取引日記、損益計算、残高の算出記録、期間集計、模擬売買を行います。ペアルックは、ペアトレードのスクリーニングツール。ペアウォッチは、ペアトレードの監視ツール。チャートやランキング情報の銘柄コードを参照できます。fx対応。

〔Sonic Boom〕
株式ペアトレードチャートは、簡単操作で株式でのサヤ取りを支援するチャートソフトです。SBI証券のサイトにログインして、株の売買注文、リアルタイム株価を取得できるテンプレートソフトです。

〔フトミトシ〕
株式取引のサヤ取りの学習用、支援用のソフトです。エクセルのように簡単に使えるおすすめアプリです。

〔nagisa〕
Excelで、ペアトレード、裁定取引、サヤ取りを支援する人気ソフトです。

〔システック〕
デイトレードのリアルタイム株価データと過去の銘柄別・日付別データを取得するテンプレートソフトです。サヤ取り支援ソフト、株式投資支援ソフトは、ローリスク運用を可能とするサヤ取りをサポートするおすすめソフト。サヤ取りは老後の資金作りに最適な資産運用手段です。

投資として注目を集めているデイトレードとは?

「投資」という言葉を考えたときに、一般的に思い浮かぶのが「不動産」や「有価証券」といったところでしょうか。しかしながら、有価証券や不動産は保有してから利益を確定するまでに数ヶ月から数年かかります。一方で、デイトレードという方法が最近では注目されています。デイトレードいわゆるデイトレはどういったメリットがあるのでしょう。

売買したその日に利益を獲得 デイトレードの代表格「FX」

先に紹介した不動産や有価証券が長期的な利益運用に対して、デイトレード(デイトレ)は、株式や通貨を売買した即日に払い戻しや買い戻しを行い利益を獲得するという方法です。デイトレード(デイトレ)で代表的な取り引きの一つがfxです。fxは多くの利益を1日で得ることができるので、最近では人気の高い取り引き方法の一つとなっています。1日のうちにインターネットで簡単に何回取り引きができるのも人気の要因の一つと言えるでしょう。

通貨を媒体としたデイトレード カントリーリスクが利益に影響

fxは通貨を媒体として取り引きをする投資方法です。fxで取り扱われる通貨は数多くありますので、fxで取り扱うのにふさわしい通貨を自身で考える必要があります。
fxなどの外貨投資を考えた時に、外貨が中短期で円より金利が高くなるというのが大切な条件です。円と外貨の金利の利鞘が大きければそれだけ儲けも大きくなるからです。そこで、外貨投資をする場合には、対象となる国の政治的、経済的そして社会的な状況の変化を考える、いわゆるカントリーリスクを考慮することが大切です。カントリーリスクが高い国に投資することは避けるべきです。特に自国通貨を高金利でアピールしている国であればあるほど、カントリーリスクについてしっかりと確認をしましょう。それは、高金利でアピールしているイコール、お金を世界中から集めようと必死になっているからです。人気がある通貨だからといって飛びつくのは禁物です。

デイトレード「FX」の人気が個人投資家の参入・飛躍増大 証券会社の淘汰

近年、証券会社においてはデイトレーディング(デイトレ)業務における淘汰が進んだと言われています。それは、海外ヘッジ・ファンドなどにおけるシステムトレード(シストレ)の活発化が要因だと言われています。特にHFT(High Frequency Trading)が決定的な打撃になったと見られています。これは、取引所内にサーバーなどのシステムを配備させ、高速に自動売買を可能としているという方法です。数々な難解なアルゴリズムがコンピュータ上で構築され、それにより売買を執行しています。また、ディーラーの売買のクセを読んでの売買も可能にしているなど、非常に優れたシステムを構築しています。こうなってしまうと、従来型のディーラーでは立ち向かうことができません。それは、板画面に価格が表示されると同時に売買が終了しているためです。従来型のディーラーは当然ながらこうした高速売買についていけません。加えて従来型のディーラーを苦しめている要因の一つが、個人投資家の多数参入そして飛躍だと言われています。これは、個人投資家においてもシステムトレード(シストレ)を導入している人が多く、現在のコンピューターにおいては、個人投資家であっても十分なスペックとアルゴリズムを要しているからだと言えるのです。一方で、現在でも活躍している従来型のディーラーも少なくありません。もちろん、従来型のディーラーも以前のままの手法で取り引きしているわけではありませんが、それでも生き残るすべを経験で勝ち得ているのです。新たなシステムや論理を批判するのではなく、それらを柔軟に取り入れることで、彼らもまた新たなディーラーとして生き残っているというわけです。

金融商品の差額変動を活用したペアトレード(サヤ取り)とは

ペアトレード(ペアトレ)と言われる手法があります。ペアトレード(ペアトレ)とは、相関の関係性が高い2つの金融商品の差額変動を活用することで収益をあげるという方法です。一般的に「サヤ取り」と言われています。例えば株式を見た時に、同業種の銘柄については多くの場合似た動きをします。こうした似た動きをする2つの銘柄を取得し、割高銘柄を空売りし割安銘柄を買いにします。そして、株価が近づいた時を見計らい反対売買を行うことで利益を確定、いわゆるサヤ取りを行います。
ペアトレード(ペアトレ)やサヤ取りは、相場がどのように変化しどのタイミングで売買を成立させるかが大切だと言えるでしょう。

デイトレード・ペアトレードの上級者が活用しているシステムトレードとは?

こうしたデイトレード(デイトレ)やペアトレード(ペアトレ)もしくはサヤ取りについて、ベテランや上級者はexcel(エクセル)テンプレートを用いて独自の計算式や理論でトレードを行うシステムトレード(シストレ)を導入している人も少なくありません。先に紹介したようなベテランはベテランの経験と理論に基づき、fxなどのデイトレード(デイトレ)やペアトレード(ペアトレ)もしくはサヤ取りを行うために、システムトレード(シストレ)を構築している人もいるのです。システムトレード(シストレ)は、こうした経験や理論に加えて、市場の動向などを加味して構築されます。そして、こうしたさまざまな要素から構築されたなシステムトレード(シストレ)に加えて、計算方式などをexcel(エクセル)テンプレートを用いてとして視覚化するのです。しかしながら、システムトレード(シストレ)におけるexcel(エクセル)テンプレートを用いた計算方式の構築は、誰でも簡単にできる方法ではなく、あまりおすすめできる手法ではありません。

デイトレード・ペアトレードの知識がある人におすすめのエクセル

それでは、デイトレード(デイトレ)やペアトレード(ペアトレ)もしくはサヤ取りにおいて、システムトレード(シストレ)に近いシステムをどのように導入すればよいのでしょうか。簡単な方法の一つに、既にシステムトレード(シストレ)を構築しているバイヤーが利用しているexcel(エクセル)テンプレートがもしダウンロードできるのであれば、それを活用する方法もあります。ある程度の知識や理論が理解しているのであれば、他の人が構築したexcel(エクセル)テンプレートであっても理解ができるはずです。fxであればfxの、株式であれば株式のexcel(エクセル)テンプレートをダウンロードして活用すると良いでしょう。殆どのファイルは無料でダウンロードできますので、人気の高いフリーのテンプレートから気軽に導入してみると良いでしょう。

デイトレード・ペアトレードの初心者におすすめのフリーソフト

一方で、あまり知識や理論を理解していない場合は、excel(エクセル)テンプレートではなくフリーソフトやフリーアプリなど、まずは無料でダウンロードできるソフトやアプリを活用してみるのがおすすめです。フリーソフトやフリーアプリといった無料でダウンロードできるソフトやアプリであれば、簡単に独自理論に基づいた評価を見ることができるからです。まずは、人気でおすすめのフリーソフトやフリーアプリを使用してみると良いでしょう。人気でおすすめのフリーソフトやアプリであれば、ユーザーも数多くいるので、使い方がわからない場合でも簡単に使用方法を検索することができるでしょう。しかしながら、fxなど価格変動が激しいデイトレード(デイトレ)において、無料でダウンロードできるフリーソフトやフリーアプリの機能では、やはり物足りないというのが正直な所です。そこで、おすすめしたいのが、シェアソフトです。無料ではないシェアソフトであれば、フリーソフトやフリーアプリなどでは比較にならないほどの分析を簡単かつ素早く行ってくれます。fxなどのリスクも伴う取り引きについては、分析力がありスピードの高いシェアソフトの導入を検討しましょう。また、excel(エクセル)テンプレートも併用することで、より正確な取り引きを可能にするので、シェアソフトと無料のexcel(エクセル)を併用するのが最もおすすめで簡単な方法だとも言えるでしょう。

デイトレ・ぺアトレ(サヤ取り)・シストレでトレードを制する

デイトレ(デイトレード)、ぺアトレ(ペアトレード)(サヤ取り)、シストレ(システムトレード)は、株やFXを売り買いする取引の戦略です。

デイトレ(デイトレード)は、1日を超えるポジションを取らず、その日の変動価格から利益を追求する戦略です。
ぺアトレ(ペアトレード)は、株やFXの2つの関係の深い2銘柄の売りと買いを組合せて取引を行う投資です。サヤ取りとも言います。ぺアトレ(ペアトレード)では、2つの銘柄をセットで売買する手法で、片方を買いにもう片方を空売りします。ここで買は現物でも、空売りは信用取引です。
シストレ(システムトレード)は、決められたルールの下で自動的に行う取引です。ルールにはあらかじめ用意された取引ルールを使うか、自分が設定したルールを使うか決められます。

デイトレ(デイトレード)、ぺアトレ(ペアトレード)、シストレ(システムトレード)、どのような方式の投資でも、株価チャートやFXチャートをチャート分析し、買い時と売り時を明確にして取引を行う必要があります。デイトレ(デイトレード)、ぺアトレ(ペアトレード)、シストレ(システムトレード)それとサヤ取りに関するソフトは、証券会社から提供されるもの、無料のフリーソフトから人気のソフトをダウンロードできるもの、エクセル(excel)を高度に使ったフリーソフトとなどがありおすすめです。

証券会社のソフトはプロのトレーダーが工夫しているもので、信頼はあり無料でダウウンロードできますが、証券会社との契約が条件です。無料のフリーソフトでも機能がチャート分析と株やFXのデータ取得に限られるなどトレードを行うには物足りなさがあります。それを補うのがフリーソフトの有料版として機能制限をなくしたもので、ダウンロードして試用する価値がありおすすめです。

ローソク足によるテクニカル分析の方法

株や為替価格には、情報がすべて含まれています。将来の為替相場の予測する方法には、ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析があります。
ファンダメンタルズ分析は、その国の景気が良いかどうかを調査し、これからの為替レート推移の分析と予測を行う方法です。
テクニカル分析は、これまでの為替価格の変化の推移を分析して、今後の為替価格の推移を予測する方法です。

トレンドグルフが上下を繰り返し、これから上昇しそうという図から何が分かるでしょうか。価格の推移だけ分析して今後の為替価格が分かるかどうかは、今後の上昇か下落かの傾向から価格全体の方向が上昇方向を向いていれば今後上昇すると言えます。

テクニカル分析では、価格の中に全ての情報が含まれているという考えで、情報の含まれた価格の動向によって今後の方向が見えてきます。
株価やFX価格のチャート変動分析のフリーソフトは多く公開され、無料でダウンロードできるソフトが人気です。多くはエクセル(excel)の機能を使い、チャート推移表示と分析を行い、簡単に設定を変えることで自分の分析チャートになりおすすめです。

一目でわかるローソク足による価格の推移

ローソク足を使えば、変化する為替価格を記録できます。ローソク足の作成は、始値・高値・安値・終値の4つの価格から、始値段と終値段で長方形を作ります。始値よりも終値が高いときは白抜きとした陽線、始値よりも終値の方が安いときは黒く塗りつぶし陰線とします。その四角より上方に高値があるときは高値まで線を描き、四角よりも下方の安値には安値まで線を描きます。この陽線、陰線で表されたチャートが、ローソク足チャートです。

チャートのパターンによるテクニカル分析の方法

記録したローソク足チャートからパターン分析すると、天井を形成するパターンが分かり今後の価格が簡単に分かります。はじめに、天井とは上昇していた相場が下落し始めるポイントですが、天井の形成パターンにダブルトップがあり、このパターンは、大体同じ価格で高値を2回形成します。このダブルトップでは、相場は高値を簡単には超えられないと判断できます。
次に、ダブルトップにはならずに再び高値更新を狙ったパターンが、三尊天井(トリプルトップ)ですが、天井を3回形成しても高値を超えられず下降を始めるパターンです。
ダブルトップもトリプルトップのどのパターンも、初めに天井を形成し、その後下落することが予想され、売りのサインと考えられます。
底値の形成パターンは、天井形成の逆パターンです。谷を形成するダブルボトムとトリプルボトムが現れると、底値をつけて上昇することが予想され、買いのサインと考えられます。
価格の変動するパターンが三角形を形成し、徐々に変動幅が小さくなって上昇するパターンとと下降するパターンがあり、エネルギー蓄積パターンと考えられ、蓄積されたエネルギーが上昇か下落に向かい、上昇パターンを上昇型、下降パターンを下降型と言います。

移動平均線によるテクニカル分析の方法でおすすめはフリーソフトの活用

相場の基本のトレンドでの確認は、移動平均という方式を使うことで、トレンドが上昇か下落かの方向性を捉えることができます。移動平均の求め方は、ある期間の終値を合計し、その期間数で割った値です。この移動平均値を毎日つないだグラフが、移動平均線です。移動平均線は、緩いカーブを描き、傾きに相場の方向性が現れてきます。右肩上がりは上昇トレンド、右肩下がりは下落トレンドとなり、横ばいのときは、トレンドの確認ができず、ボックス圏での変化と考えます。
テクニカル分析や移動平均線分析を行うソフトは、無料のフリーソフトやアプリが多くあり人気があります。有料のソフトやアプリも機能が豊富で、特に株価や為替価格が常時更新され、分析しやすくなっているところがおすすめです。エクセル(excel)でテクニカル分析や移動平均線分析を実現したフリーのソフトも出ているため、テンプレートを利用して簡単に自分用のエクセル(excel)ソフトにするのもおすすめです。

売買シグナルを出す短期・長期の移動平均線

株価チャートを見るときに、期間のとり方によっては、短期のときの短期移動平均線、長期のときの長期移動平均線の2本の移動平均線が表示されます。2本の移動平均線は、買いと売りのサインを出すときがあり、前者をゴールデンクロス、後者をデッドクロスと言います。ゴールデンクロスは、短期移動平均線が長期移動平均線を下から上に抜けるようなパターン図で、卜レンドが上昇に転じたという合図で、買いのサインです。一方、デッドクロスは、短期移動平均線が長期移動平均線を上から下に割り込むようなパターン図で、売りのサインです。

買われ過ぎ・売られ過ぎの心理が数字に表れるサイコロジカルライン

FX相場で売ったり買ったりした後で、不安と期待が混じった心境になるのがFX相場です。自分の期待していた為替の動きになると、どの時点で売却すれば利益が出るかを考え始めます。
分析なしで米ドルなどの勘頼みの為替水準だけにならないように、買われ過ぎや売られ過ぎを調べる指標が、サイコロジカルラインというテクニカル指標です。サイコロジカルラインは心理的な買われ過ぎ・売られ過ぎを、数字で評価します。その手法は、日足チャートから前日と比べ上昇した日を勝ちとし、下落した日を負けとして、12日間で計算します。サイコロジカルラインは、100%に近ければ買われ過ぎとなり、0%に近ければ売られ過ぎで、数字で買われ過ぎ・売られ過ぎが分かる指標です。

買われ過ぎ・売られ過ぎが分かる指標RSI(相対力指数)

買われ過ぎ・売られ過ぎを測るテクニカル指標の一つが、RSIで、相対力指数と表現されます。RSIは通常14日間の相場の動きから計算され、グラフ上に0%から100%までの数値として表し、100%に近づくと買われ過ぎで、売りのサインが出て、0%に近づくと売られ過ぎで買いのサインが出ます。RSIは、投資家にある買われ過ぎ・売られ過ぎの感覚を、グラフ上に数字として表され、相場状況が判断しやすいテクニカル指標です。
デイトレ(デイトレード)、ぺアトレ(ペアトレード)(サヤ取り)、シストレ(システムトレード)で売り買いを行う場合には、チャートの詳しい分析と、買い過ぎ・売り過ぎといった感覚を表す指標が必要です。これらの分析と指標を組合せることで、株やFXの取り引きに成功するカギとなりますが、それを支援するのが、チャート分析や指標分析を行うソフトやアプリで、無料のフリーソフトを含め、証券会社のソフト、有料ソフトやアプリなど多くのソフトがあります。無料のフリーソフトは人気があっても機能やテンプレートなどに不満があるときがあります。そんな時は有料のソフトやアプリを試用期間中は無料なので、ダウンロードして試すことがおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました