株損益計算のフリーソフト/エクセルシート




損益計算のフリーソフトです。
株式売買での約定代金、手数料と税金の計算、エクセルで損益計算・損益管理、株損益計算、fx損益計算、現金残高、株式の売買結果の記録、勝率分析、売買回数や株取引日記、模擬売買の表示、自己資金の管理、収支管理、取引履歴の把握、統計発表時の売買で利益をだす、財務データの管理、fx管理、株管理、自動売買の損益計算、株売買記録、為替チャートなどの無料ソフトやテンプレートが簡単にダウンロードできます。

損益計算のフリーソフト

株式の取引やFXでは、損益計算が基本

株式の取引やFXでは、いくら儲かったか、いくら損失が出たか収支管理・損益計算をつねに行い、現状を把握しておくことが大事です。
株式の取引やFXでは、つねに利益だけを獲得することは難しく、時には損切りを行わないといけないこともあります。そのため、勝率分析や損益を確認し、ここまでの損失なら出してもよいといった予めの損失額の想定を行うなど、取引の収支管理・収益分析をすることも重要となります。
収益分析をすることで、自分なりのロジックを確立することができ、より綿密な株式の取引やFX取引をすることも可能となります。損益計算をする場合には、取引所や証券会社の手数料についても考慮するようにしましょう。
また、株式の取引やFXで利益が出た場合は、確定申告が必要になります(一部不要な場合もあり)。確定申告で税金を支払うための資金も、計画的に用意しておく必要があるので、その意味でも普段から損益計算を行い、いくら儲かったかを把握しておきましょう。

FX 損益計算表

FX 損益計算表

FXの損益を総合管理することができるおすすめソフトが無料でダウンロードできます。日、月、年単位で勝率や収支管理・損益管理をすることができます。FXの損益の総合的な管理ができ、手間のかかるfx損益計算や株損益計算作業を簡単に行えます。fx管理・株管理にどうぞ。

財務諸表管理システム (Financial Statement Manager)

財務諸表管理システム (Financial Statement Manager)

金融庁のサイト(EDINET)から有価証券報告書データ(XBRL)をダウンロードし、財務データを管理・表示するおすすめプログラムです。財務データはExcelで表示することができます。また、開示された有価証券報告書の表示も簡単にできます。fx管理・株管理にどうぞ。

FX 損益計算表 シンプル

FX 損益計算表 シンプル

FXの損益をシンプルに管理できるソフトです。当日のデータを入力すると、簡単に勝率や損益を管理することができます。シンプルながら、FXの損益管理に欲しい機能はしっかり搭載された使い勝手の良いおすすめのfx損益計算ソフトです。fx管理・株管理にどうぞ。

外国為替証拠金取引 損益集計

外国為替証拠金取引 損益集計

外国為替証拠金取引の損益集計ができるおすすめソフトです。収支管理や自己資金の管理と、取引の履歴を把握することができます。予め損失額の想定を行いポジションサイズを計算したり、取引の収益分析や為替チャートができます。まとめて処理してくれるので、収支管理・損益集計の業務には必須の株損益計算ツールです。



損益計算のフリーソフト その2

FX シミュレータ

FX シミュレータ

FXでの利益計算ソフトです。FXのデータ(日時、始値、高値、安値、終値)を元に、移動平均値より下なら買い、上なら売りとし損益をシミュレーションし計算します。ロジックを入れ替えることで自分独自の方法とすることができる「損益管理」に役立つ株損益計算ソフトです。

株売買管理

株売買管理

Excelテンプレートで株式の売買、証券会社、金融機関の管理を行います。取引等のデータはExcelのシート上に保存され、最大で100銘柄、証券会社60社、金融機関20行、証券会社・銘柄別の255の取引の管理が行えます。実際の取引データが付属しています。

中国株管理支援ツール「China Stock Manager」

中国株管理支援ツール「China Stock Manager」

インターネット上から中国株のデータを取得したり、取得したデータをCSV形式で保存することができます。手持ちの中国株のデータを登録しておくと、取得した株価データを使って、収支管理や損益管理の上で重要な現在の損益を計算してくれます。8つの手数料方式に対応しています。

AMERICAN IMPULSE

AMERICAN IMPULSE

MetaTrader4用のEAです。米雇用統計に特化した売買を行います。MetaTrader4用の米雇用統計発表時の売買にて、利益を上げる事を見込むことができます。今まで時間のかかっていた売買処理を、スピーディーに行うことができますので、人気です。

MT4 損益計算表

MT4 損益計算表

MT4(メタトレーダー)でEAを使い自動売買した時の損益計算ができ、勝率などの分析にも便利です。MT4用のScript(ex4)で取引データをCSVで書き出し、損益計算表の入力シートにコピーするだけで、自動取引(EA)の損益計算から勝率などの分析ができます。







株価チャート、銘柄検索、デイトレード、ペアトレード・サヤ取り、システムトレード、FX、為替

損益計算のフリーソフト、テンプレート、シェアウェアのリンク集/株式売買での約定代金、手数料、税金、損益計算、現金残高、期間集計などの計算。株式の売買結果の記録、勝率分析、売買回数、ランキング、株取引日記、模擬売買、株売買記録、為替チャートなどの表示ができる人気アプリやテンプレートが、無料でダウンロードできます。

【 損益計算 】のフリーソフト

〔左衛門佐信繁〕
株売買・検算ソフトは、株売買での約定代金、手数料、税金、損益、現金残高などを計算します。株証選・手数料比較ソフトは、証券会社の株売買の手数料を年間合計で比較する無料ソフトです。株平・株投資分析ソフト、株記帳ソフトは、日記風のメモソフト。

〔Finance Solution〕
エクセルで財務情報の予測ソフトは、過去5年の財務分析と予測、為替チャートを行えます。住宅ローンと繰上返済 シミュレーションは、住宅ローンと繰上返済のシミュレーションができるソフトです。

〔GLTRecovery〕
株の売買損益シートは、エクセルに株の売買結果を記録し、自動的に損益計算、勝率分析、売買回数、ランキングなどが表示されるソフトです。

〔暗黒のペテン師〕
為替計算機ソフトは、FXでの損益計算、フィボナッチ計算、一目均衡計算、ロスカット計算をしてくれるソフトです。

〔矢尾ちゃんソフト〕
カネゴンの自動損益集計ブック・エクセル版は、投資損益を管理する人気ソフトです。株式・証券価格履歴の取得、損益計算・ポートフォリオグラフ、四半期決算、信用取引、外貨などに対応したアプリです。

〔小島 光代〕
株屋ソフトは、株式売買の損益分岐点および損益計算を行う人気ソフトです。口座振替および口座振込のデータを作成支援するソフトです。段ボール箱包装の設計ツール、平米計算ソフトなど。

〔mikihiro〕
玉帖データベースは、株の取引履歴を記録する株売買記録ソフトです。
コメント欄・イメージ欄・損益計算・売買回数を記録計算します。領収証の管理印刷データベースは、領収証をPDFで作成して、プリンタで印刷できます。電子領収証には印紙は不要です。

〔taka〕
外貨預金等の為替差損益レートを調べるソフトです。
テキストファイルを html形式のファイルに変換します。

〔イーブレインズ〕
個人投資家向けの株式売買履歴、損益管理大福帳を作成するソフトです。

〔ケン工房〕
株売買損益管理ソフトは、株の売買、損益を管理し株売買記録をつけます。
生命保険管理ソフトは、契約内容の管理を行います。自治会住民台帳管理ソフトは、自治会の会計さんの業務用アプリです。

〔M.Nakajima〕
株価チャート for Excelは、エクセル上で動作する汎用株価チャートソフト(財務対応版)です。株式売買損益計算 for Excelは、エクセル上で動作する株式売買損益計算プログラムです。Web株価データ取得 for Excelは、分割データも取得可能なアプリです。どちらも損益管理に役立ちます。

〔シューナ〕
FX損益計算表ソフトは、エクセルで、FXの自動売買などの損益計算ができ、勝率などの分析にも便利です。フィボナッチ計算表 (FX為替用)は、為替取引(FX)の日足データをExcelで取得し、フィボナッチ、ピボット、移動平均値などを計算するソフトです。


株損益計算のフリーソフトやエクセルシートを利用する

株取引はまず情報収集から

株式取引を行う時には、情報を集めることが大切です。株式投資に係る役立つ情報はたくさんあります。
例えば新聞です。新聞には株価の情報だけではなく、世の中の流れがこと詳細に記載されています。世の中の流れを読むことで、どういった業界が今後売上を上げていくか、どういった業界が今後伸びるかを見極めたりできます。
また、法改正なども株価に大きな影響を与えます。法改正により規制が緩和されたり、反対に厳しくなったりします。こうした法改正により、各業界に及ぼす影響は大きく、その結果として株式市場に大きな影響を及ぼすのです。
もちろん、情報を得られるのは新聞だけではなくテレビやラジオといったメディアも、その一助を担っています。ただし、新聞などの紙媒体は、情報を一覧で見られるという特徴があるため、他の媒体に比べると情報取得から分析という観点で見た場合、使いやすさは明らかだと言えるのではないでしょうか。

株価は「景気」によって大きく左右される

株式相場を一番左右するのは「景気」です。景気を知るには金利や為替、物価などのほか経済政策も知る必要があります。こうした経済に対する情報を得やすいのが「日本経済新聞」です。
日本経済新聞は、経済や企業情報に強く、常に日本の経済動向に目を向けている新聞です。また、これに加えて「会社四季報」や「日経会社情報」が「チャートブック」などが情報を得るための媒体だと言われています。
最近では、これらの紙媒体に加えて、インターネットにおける情報取得が盛んになっています。インターネットであれば、オンラインでリアルタイムに情報を得られるため、デイトレーディングなど状況により取り引きを盛んに行う場合には、非常に有益な方法だと言えるでしょう。

ホームページや「会社四季報」から情報を日々チェック

ただ漠然とインターネットに流れている情報を見ているだけでは、投資へのメリットは何もないのは明らかです。インターネットで情報を集める場合は、どういった方法が有益だと言えるのでしょうか。
インターネットを利用して情報を取得する場合、まず利用したいのが証券会社のホームページです。
証券会社のホームページでは、その日の相場や為替の動き、経済のニュースなど簡単にですが紹介されています。こうした情報をまずは得ることで、経済の情報に対する入り口に使うのが良いでしょう。
また、大手企業などはニュースリリースなどをホームページで公表しています。ニュースリリースには、経営に関する情報や人事情報、さらには株式に対する情報など、企業に関係する情報が詳細に公開されています。
こうしたニュースリリースを日々チェックすることで、企業の動向から業界の動きまで、ある程度は把握することができるでしょう。
とはいえ、インターネットだけでは得られる情報は、どうしても限られてしまう場合もあります。より細かい分析を知りたい場合は、やはり定期的に発刊される「会社四季報」などといったツールが必要となるのではないでしょうか。

得た情報は様々な手法で分析・研究して株式へアプローチ

情報を取得したら分析を行います。分析にはさまざまな方法があると言われています。景気や企業業績などから分析・研究を行う「ファンダメンタルズ分析」、各種の株価チャートを分析・研究を行う「テクニカル分析」そして、買った株を持ち続けることこそが有効だという「ランダムウォーク理論」です。こういったそれぞれの分析方法から、株式へ対するアプローチを行うのです。
また、情報分析のプロと言われる「証券アナリスト」という存在があります。証券アナリストは、投資に対する情報を収集・分析を行い、今後の株価の動きや有効株の分析を行う人達です。
さらに、企業の信頼度を図る目安として「格付け」が行われることもあります。格付けは民間会社が独自の調査方法などで行う場合が多く、債券を発行している国や地方自治体、民間企業などへ対する信用調査を行い、その債券がデフォルトを起こす危険度合いを判定しランク付けをします。
これら以外にも、株価の好材料となる景気回復や好況、米国などの諸外国株高といった条件や、悪材料となる円高ドル安、政局不安定、紛争などといった情報を基に分析を行うとされています。

フリーソフトやアプリを利用し損益計算を行い収益について意識

こうした、株価やfxに対する情報などを得ることも大切ですが、損益管理を行った上で、何よりも、株で収益を上げることが大切なはずです。
そのためにも、株損益計算やfx損益計算を意識しなければなりません。株損益計算やfx損益計算を意識するだけで、株式取引に対する勝率を高める可能性が上昇すると言われています。
また、株損益計算やfx損益計算と合わせて株売買記録・勝率分析・為替チャートなど、株管理やfx管理を行うのがおすすめです。
株売買記録・勝率分析・為替チャートなどの株管理やfx管理は、フリーソフトやフリーのアプリなどを活用するのが簡単でおすすめです。しかしながら、フリーソフトやフリーのアプリでは、株売買記録・勝率分析・為替チャートなどの株管理やfx管理は、機能的に物足りない可能性があります。
そのため、株売買記録・勝率分析・為替チャートなどの株管理やfx管理はフリーソフトやフリーのアプリだけに頼るのはおすすめしません。もちろん、フリーソフトやフリーのアプリの中でも、人気の高いソフトはありますし、無料だからといって侮れない機能を備えているものもあります。しかしながら、やはりシェアソフトの分析力にはかなわないのが正直なところでしょう。

有料のシェアソフトを検討する場合は無料期間を利用して試用

フリーソフトやアプリではないシェアソフトを、株売買記録・勝率分析・為替チャートなどの株管理やfx管理に使用する時には、無料試用期間などを活用するのがおすすめです。
人気が高いシェアソフトであったとしても、ダウンロードしてみると使いにくいと言ったことも少なくありません。また、無料ではないシェアソフトを購入したがために、本当は使いにくいソフトなのに、購入コストを考えると簡単に乗り換えることができないといったトラブルもあります。
人気のシェアソフトだからとか、フリーソフトには目をくれないとかいった偏見を持たず、まずは無料期間にダウンロードをして、ソフトをお試しするように心がけましょう。

株損益計算はエクセルのテンプレートやフリーソフトも有効活用

株売買記録・勝率分析・為替チャートなどの株管理やfx管理での収支管理や損益管理はソフトに任せるのがおすすめですが、株損益計算やfx損益計算は無料で提供されているexcel(エクセル)のテンプレートを、フリーダウンロードするだけで簡単に収支管理をすることができます。
フリーのソフトやアプリでも株損益計算やfx損益計算はできますが、excel(エクセル)のテンプレートを使えば、収支管理や損益管理だけではない細かい部分を、個人的にカスタマイズできるからです。
もちろん、無料でダウンロード提供されているexcel(エクセル)のテンプレートをそのまま使い、管理部分はソフトをダウンロードして使うというのもおすすめです。
このように、株損益計算やfx損益計算など簡単な計算は、人気の高いexcel(エクセル)のテンプレートを、それ以外の管理などについては、人気の高いシェアソフトなどをダウンロードして扱うのが簡単でおすすめかもしれません。
加えて、人気の高いシェアソフトなどは、手持ちのexcel(エクセル)テンプレートとの互換性がある場合もあります。簡単にexcel(エクセル)のテンプレートにデータを書き出しできるなど、便利な機能を見極めて導入をすると良いでしょう。
情報の収集は自ら積極的に行い、収集した情報の分析や管理について、フリーソフトやシェアソフト、あるいはexcel(エクセル)にまとめることで、よりスマートな株式取引ができるというわけです。