株価取得のフリーソフト/エクセル取込み




株価データ取得のフリーソフトです。
リアルタイム株価データ取得、株価自動取得、株価取り込み、銘柄別・日付別データ、時系列データ、ローソク足やガントチャート、株価チャートの表示、株価情報・銘柄情報のダウンロード、CSV、株価ボード、新聞株式欄のスキャナ読み取り、銘柄の株価指標、株価監視など。株価・信用残時系列データなどの無料ソフトやテンプレートがダウンロードできます。

目次

株価の取得 フリーソフト

株式取引の基本は、株価の取得から

配当などを得るためではなく、売買による利益の獲得を目的に株式の取引を始めるためには、まず株価を取得する必要があります。
株価は新聞やニュースなどで発表されますが、通常はインターネット上で公表されているタイムリーなデータを取得します。必要な銘柄ごとに、デイリー(日足)・週(週足)・月(月足)の3種類の株価を取得し、それぞれ始値、高値、安値、終値(調整後終値)、出来高、前日比(%)を押さえておきましょう。
そのため、リアルタイムにデータを取得できる株価データ取得ソフトや株価自動取得、株価取り込みソフトがあると便利なのでおすすめです。
株価を取得することで銘柄ごとの傾向などを分析し、対策を立てることができます。Excelを活用すればチャート表示やローソク足、テーブル表示ができ、さらに関数などを使用すれば、自分に合った独自の解析ツールをつくることも可能です。
株式の取引をしたことがない人は、まずは、数か月程度、株価をシミュレーションしてみてもいいでしょう。
株式の取引では損失が出ることもあるので、まずはお金をかけずにシミュレーションをして、感覚をつかみましょう。

株漬キラー (32/64bit)

株漬キラー (32/64bit)

Yahooファイナンスより株価を取得し、抽出、売買シミュレーションを行う人気ソフトです。上場している全銘柄の日足の時系列データを取得し、csv形式ファイルへの保存、ガントチャートなどによる一覧表示、ランキング、抽出条件に基づき売買シミュレーションを実施することができます。株価自動取得や株価取り込みに便利です。

Excel 株価取得

Excel 株価取得

Microsoft Excelで作成した、株価取得ソフトです。YahooファイナンスのWebサイトから株価情報を取得することができます。指定した各銘柄の「現在値/前日差/前日比(%)/出来高/始値/高値/安値/単元」等の株価情報を、シート上へ取得します。無料なのに簡単に株価自動取得・株価取り込みできるのでおすすめです。

Excel 時系列 株価取得

Excel 時系列 株価取得

Microsoft Excelで作成した、人気のある時系列の株価取得ソフトです。YahooファイナンスのWebサイトから時系列株価情報を取得することができます。指定した銘柄の指定した期間の日々の「始値/高値/安値/終値/出来高/調整後終値」 をシート上へ取得します。無料なのに簡単に株価自動取得・株価取り込みできるのでおすすめです。

エクセルで 時系列 株価取得

エクセルで 時系列 株価取得

自分でデータ分析したい方向けのデイリー・週・月データ取得ソフトです。インターネットより日足又は週足・月足の始値、高値、安値、終値、出来高をエクセルシートにダウンロードします。ユーザー独自の解析ツール作成データとして利用することができます。



株価の取得 フリーソフト その2

Data Collect

Data Collect

日次データ(株価データ、為替レート、信用取引残高、部門別株式売買状況)を収集し管理する人気プログラムです。株価データなどの数値データをネット上の無料サイトから収集し、SMSのデータベースに登録します。日足データは、csvファイルから登録します。

Get Stock

Get Stock

株価情報の取得ツールソフトです。インターネットから指定した株価情報を、定期的に取得することができます。チャートの表示や、項目別にソートしたり、エクセルデータに変換できます。必要な機能が詰まっているので、さまざまな処理が可能になるおすすめソフトです。

SMS

SMS

日次データ(株価データ、為替レート、信用取引残高、部門別株式売買状況)を収集し管理する、人気のあるプログラムです。株価データのチャート表示も、テーブル表示も可能です。株式売買のシミュレーションが可能です。また、ガントチャートなど株式の売買データの管理も可能です。簡単に株価自動取得・株価取り込みできるのでおすすめです。

株価取得 for Open Office.org3

株価取得 for Open Office.org3

FreesoftのOpenOffce.org3にて複数の会社が取得できます。会社コードを入力するだけで、毎日の最新の株価データ(会社名、時間、現在値、始値、高値、安値、前日値、出来高)を簡単に取得できます。単元株数、1株利益、決算月、PER、PBRの取得も可能です。

ちょぷり カブトーク

ちょぷり カブトーク

永久無料の株価読み上げアプリです。目と耳でいつでもチェックでき、株価の変動を見逃しません。一定間隔で自動に株価を取得し、デスクトップに見やすく表示します。設定した間隔で自動的に、最新の株価をYahoo!ファイナンスから取得することができます。







株価チャート、銘柄検索、デイトレード、ペアトレード・サヤ取り、システムトレード、FX、為替 その1

株価データ取得のフリーソフト、シェアウェアのリンク集/リアルタイム株価データ、銘柄別・日付別データ、株価自動取得、株価取り込み、株価チャート、ローソク足、時系列データ、株価情報・銘柄情報、株価ボード、新聞株式欄のスキャナ読み取り、Yahoo!ファイナンスの株価・信用残時系列データをCSVファイルに保存などの人気アプリやテンプレートが無料でダウンロードできます。

【 株価データ取得 】のフリーソフト

〔くらポン〕
株価チェックソフトは、デスクトップアイコン、タスクトレイに株価を表示します。株銘柄のニュース・銘柄別・銘柄情報・掲示板の更新もチェックできます。つつまし時計ソフトは、時刻をデスクトップに表示します。

〔Y&S Software〕
株価取得 エクセルシートは、株価チェックのツールで、エクセルで株価を取得できます。株価取得 トレードシグナルチェッカーは、過去100日間の株価データを取り込み、データを各種条件でスクリーニングし、トレード銘柄を絞り込むことができます。銘柄別・銘柄情報に対応しています。

〔Kabu Begin〕
Excel 株価取得ソフトは、YahooファイナンスのWebサイトから、株価情報を取得、時系列株価情報を取得できます。

〔あきら〕
株価情報を取得する人気ツールです。Jw_cadの情報を表示するソフトです。QRコードの画像を貼付するおすすめツールです。

〔よよいち〕
銘柄・日足データを取得しCSVファイルに書き出すソフトです。ローソク足やガントチャートにも対応しています。
楽天証券の株・指標・為替・商品・債権のチャートを表示するおすすめソフトです。

〔Kabu and Ruby 管理人〕
Yahooファイナンスの株価データを自動ダウンロードします。株価自動取得・株価取り込みのおすすめソフトです。銘柄別・銘柄情報にも対応しています。

〔RSystem〕
XBRL閲覧ソフトは、EDINETに対応します。

〔new_OOo3〕
金融情報取得ソフトは、投資信託の基準価格、外国の為替、多種類の主要株価指数がボタン1つで取得できます。株価取得ソフトは、複数の会社の株価が取得できます。

〔若宮 修司〕
株は逆張りソフトは、株価をダウンロードし、乖離率・VR・RSIを計算します。

〔みゆき〕
株主優待管理ソフトは、エクセル上で動作する、株主優待に特化した優待利回りソフトです。
ガントチャート、株価チャート、自動株価の取得、優待内容の表示もできます。銘柄別・銘柄情報にも対応しています。

〔NEO〕
RSS株式ティッカーは、リアルタイムで、為替・日経平均や必要な株式情報が得られる、シンプルなRSSリーダーソフトです。
数字パズルゲームもあります。

〔Jumbo〕
株バーは、株価を証券所の電光掲示板の様に横スクロールで表示するソフトです。Vistaサイドバー用のアマゾン検索ガジェットソフト、Vistaサイドバー用の楽天検索ガジェットソフトなど。

〔attyu〕
株価開示ソフトは、タスクトレイで、株価と適時開示情報を取得できます。デジカメ画像を整理して、簡易アルバムを作成するソフトです。




株価チャート、銘柄検索、デイトレード、ペアトレード・サヤ取り、システムトレード、FX、為替 その2

株価計算のフリーソフト、シェアウェアのリンク集/株式現物取引の株価計算、株式投資・外国為替投資のシミュレーション、銘柄別、銘柄情報、ローソク足、ガントチャート、銘柄スクリーニング、金融シミュレーションなどができる人気アプリを無料でダウンロードできます。

【 株価計算 】のフリーソフト

〔株価計算システム かぶまね〕
株式の現物取引専用の株価計算システムです。
売買額によって変化する手数料に対応していますので、株取引の即戦力になります。

〔株記帳〕
相場の予想能力を上げるための日記風のメモです。情報を集め予想し、その後評価・追求します。繰り返す事により予想の確率が上がるかもしれません。

〔株算用〕
指定した利益金額を得るにはいくらで売ればよいか、株式売買にかかった経費、手数料、税金を除く純粋な利益に基づき計算します。現在株価での評価損益も計算します。

〔Bou 株価電卓〕
手軽に使える株の損益計算を行なうためのプログラムです。
所得税・住民税の計算方法が選択可能なアプリです。

【 株価シミュレーション 】のフリーソフト

〔株漬キラー〕
Yahooファイナンスより株価を取得し、一覧表示、ガントチャート、ランキング、抽出条件を設定しスクリーニング、抽出条件に基づき売買シミュレーションを実施することができます。

〔相場シミュレーションシステム for Excel〕
どの銘柄にどのテクニカル分析が有効かがシミュレーションできるソフトです。順張りと逆張りの2つ(RSIと移動平均線)のテクニカル指標で行います。ピボットでのシミュレーション機能を追加。

〔ePortfolio〕
金融シミュレーションソフトです。外貨預金・株式売買(国内株、外国株)の損益分岐点、実質損益、期待利益額などを簡単に計算できます。委託手数料自由化にも対応できるアプリです。




株価チャート、銘柄検索、デイトレード、ペアトレード・サヤ取り、システムトレード、FX、為替 その3

株価取得 エクセルのフリーソフト、シェアウェアのリンク集/時系列・信用残・財務・分割データ、デイリー・週・月データ、銘柄の株価指標、株価監視、ローソク足、株価チャート、ガントチャートなどのアプリが無料でダウンロードできます。

【 株価取得 エクセル 】のフリーソフト

〔株価取得『エクセルシート』〕
エクセルを利用した株価チェックが簡単な株価取得ツールです。各銘柄の現在のヤフーファイナンス表示株価が取得され、取得情報は残したまま新しい日付の情報が追記作成されます。

〔エクセルで時系列株価取得〕
インターネットより日足又は週足・月足の始値、高値、安値、終値、出来高をエクセルシートにダウンロードします。自分でデータ分析したい方向けの株価取得解析ツールです。

〔Web株価データ取得 for Excel〕
エクセルテによる株価データ取得プログラム。取得した株価データ (CSV形式)はEchart97で使用する株価DBへの格納用データとして使用可能。時系列/信用残/財務/分割データも取得可能なアプリです。

〔Yahoo 株価情報一括取得ツール for Excel〕
Yahooファイナンスより、一度に複数の銘柄の株価や配当額、P ER、PBR等の株価指標を一括でEXCELシート上に取得。市場別や、自分で指定した銘柄のみデータ取得もできます。

〔Yahoo! ファイナンス時系列株価取得ソフト〕
Yahoo!ファイナンスから株価と為替の時系列情報をcsv形式でダウンロードできます。
Excel VBAのソース付です。

〔株式銘柄30日数値分析〕
EXCELで対象銘柄の過去30日終値と本日株価をWeb読込・表示し、過去30日各比現在値の増減率、最大・最小・平均価格とその対比率を計算して約1ヶ月半の動きを数値で表示するアプリです。

〔Excel 株価チャート一覧 Simple〕
株価情報をワンクリックでWebから取得し、登録銘柄の現在値と週終値チャートを一覧できるエクセルソフトです。エクセルを使って損益計算等を行っている方に便利なソフトです。

〔Excel 株価取得〕
YahooファイナンスのWebサイトから株価情報を取得します。現在値/前日差/前日比(%)/出来高/始値/高値/安値/単元等の株価情報をシート上へ取得します。

〔Excel版 株価取得プログラム〕
日中のリアルタイム株価を5秒に1回取得し、CSVファイルとして銘柄ごとに保存します。日経平均や、大証日経平均先物(ラージ、ミニ)などの指標7つの他、278銘柄のデータ取得が可能。

〔MyRssData3 ティックバージョン〕
楽天証券のマーケットスピードとリアルタイムスプレッドシート
(RSS)からリアルタイムデータを取得し、ティック数上位25銘柄を抽出するExcelファイルです。デイトレーダーにはお勧めです。

〔FX日本株 データ収集エクセルロボ〕
ネット配信されているデーターを自動収集、バックテスト用時系列データです。追加銘柄も簡単操作で可能です。最新の為替と株価データを一発収集します。

〔FX株 Excellentデータ〕
為替と日経と株の時系列データ(100日分)をYahoo!ファイナンスからExcelで取得保存し、ローソク足で表示するソフトです。シミュレーションゲームである「 FX株Excellentトレードゲーム」(シェアウェア)で利用。

〔エクセル 東証株価 今日の値動き〕
東証株価の本日の値動き一覧表をエクセルシートに作成します。既存グループ別に選択するか、新たにスペシャルとしてカストマイズしたグループ別に一覧表を作成できます。

〔EWG エポックウェブゲット〕
簡単にたくさんのサイトからエクセルにデータをコピー&ペーストできます。




株式投資ソフトについて

株式投資で利益を得るために必要な事項は、次のものです。

・ 市場動向を常に監視するとともに、株式投資の知識を培うこと。
・ 経済新聞や業界新聞をチェックし、最新の企業情報を入手すること。
・ 状況を的確に判断して、スピーディに売買注文できるツールを揃える。

自分自身で監視できる企業情報と株価は、20銘柄程度です

自分自身で監視できる企業情報と株価は、20銘柄程度といわれています。一般的には、ひとりで監視できる気に入った業種から、10銘柄くらい抽出し、その中で取引を行っている投資家がほとんどです。しかし、銘柄の値動きが分かりやすくなるのを待っていたら、取引はもう手遅れです。株価が反発する時には、いくつかの条件が整う必要があるため、一定の法則に従って変動します。その全てをひとりで監視することは不可能に近く、そこで、株式投資ソフトが威力を発揮することになります。

株式投資ソフトに必要な機能は、株価の監視機能、銘柄の抽出から売買まで自動で行ってくれるオート機能です。株式投資ソフトが備えている機能を、その人気順に解説します。

株価監視ソフトやテンプレートは、株価の急騰急落を検知し、株銘柄レシオなどを表示するツールです。

株価チャートのソフトやテンプレートには、日足・週足、ローソク足チャート、ゴールデンクロス、デッドクロス、一目均衡表、ボリンジャー、自動リロード、読み上げ機能などがあります。

株価データ取得のソフトやテンプレートは、銘柄別・日付別データ、時系列・信用残・財務・分割データ、
株価情報・銘柄情報などを取得し、ファイナンスのデータをCSVファイルに保存します。

株価分析のソフトには、分析指標・株価をチェックする、株価を予測して、テクニカル分析を行う、株式投資支援、自動売買、売買シミュレーション、自動売買などの機能があります。

損益計算のソフトは、株式売買での約定代金、手数料、税金、現金残高、期間集計などの計算を行います。株式の売買結果の記録、勝率、売買回数などの表示もできます。

FX売買のソフトやテンプレートは、外国為替証拠金取引トレード、FX自動売買システムトレード、トレードロボットなどの機能があります。

為替取引のソフトは、通貨為替レートをリアルタイムに表示し、損益の計算、フィボナッチ計算、一目均衡計算、ロスカット計算などを行います。

ペアトレードのソフトやテンプレートには、サヤ取り・裁定取引・株式鞘取りなどの機能があります。

デイトレードのソフトやテンプレートは、テクニカル指標、曜日変動株、デイトレ分析、現物株・信用取引・株価指数・先物取引、スイングトレードなどを行います。

システムトレードのソフトには、日経先物のストラテジー構築などの機能があります。

証券会社の支援ソフトは、Yahooファイナンス、楽天証券、松井証券、 SBI証券、楽天マーケットスピード、野村ジョイ、岡三証券、クリック証券、岩井証券などをサポートします。

その他には、株式銘柄の検索、株式データベース、株価計算、株式金融情報の検索、中国株・外国株の投資ソフトなどがあります。


株価の取得にフリーソフトを利用しエクセル取込みで管理

株式投資で稼ぐ方法は「安く買って高く売る」

株式投資で稼ぐ方法は「安く買って高く売る」です。言葉で書くのは簡単ですが、これを実現するのが難しいのが相場というものです。株式投資を見てみると、成功している人はせいぜい3割程度、大儲けしている人になると数%だと言われています。失敗している人の殆どは、基本となる安く買って高く売るに失敗しているのです。人気銘柄だけを追っていたたら目も当てられない結果となったなどは、よく聞く話ではないでしょうか。

投資を始める前に方法や期間や投資に対する立ち位置を決める

株式投資を始める前には、どういった方法で、そしてどういった立ち位置で投資を行うか決めると良いといわています。
例えば短期決戦で行くのか、それとも年単位で投資を進めていくのかで、株価情報や銘柄情報の取り込み方法や、株価への見方が変わります。
長期で株価情報を見て、銘柄情報を捉えていくのであれば、リアルタイムでの銘柄別情報をそこまで気にかける必要がないかもしれません。一方で、短期決戦であれば、リアルタイムでの銘柄別による株価情報や銘柄情報は必要不可欠となるはずです。

証券会社には会社ごとにそれぞれに特徴がある

株式投資を行うには、証券会社を選ぶ必要があります。証券会社はそれぞれに特徴があります。その特徴をまずはよく理解する必要があります。
大手の証券会社の場合は、店舗数が多く、株価情報や銘柄情報といった各銘柄別の株価に対する情報の質や量に優れています。その一方で、手数料などが高額になる傾向があります。
また、最近では「ネット証券」と呼ばれる証券会社もありますが、手数料は安いものの、株価情報や銘柄情報など銘柄別の情報はそれほど多くありません。同様に、中小の証券会社も情報量は決して多いとは言えないでしょう。
そこで、おすすめしたいのが、一つの証券会社に選ぶのではなく、それぞれの特徴にスポットを当てた数社を選ぶという方法です。例えば、大手や準大手の証券会社を1社選び、ネットや中小の証券会社を2~3社程度選ぶなどしてみましょう。

株式投資の店頭取引とネット取引のメリットとデメリット

株式投資には、店頭取引とネット取引があります。
もちろん、どちらも株価取引ができますから、証券取引という観点から見れば同じですが、それぞれの長所・短所を知っておくと良いでしょう。
店頭取引は、証券会社の担当営業マンを通じて、電話や店頭などで証券を注文する方法です。株価やチャートなどを相談したり、リアルタイムで銘柄別の株価情報や銘柄情報を会話しながら交渉を行います。パソコンのソフトやアプリといった、システム関係が苦手な人には向いています。しかしながら店頭取引は、店舗の維持費や人件費などで経費がかかるため、手数料が割高になるというデメリットが存在します。
一方で、ネット取引は、パソコンのソフトやスマホのアプリを使用して、インターネットで注文する方法です。自分自身でリアルタイムで株価チャートや銘柄別の株価情報・銘柄情報を取得したり、株価取り込みをソフトで行いながら予想しながらして、対面や対話をせずに証券取引を行います。店舗や人件費がかからないため、手数料が安いのがおすすめのポイントですが、誤発注が生じたり、相談せずに自分で決断しなければいけないというデメリットがあります。
自分だけの判断ではなく、人気の銘柄やおすすめの銘柄などを簡単に知り、そして現在の株式市場などを確認したいのであれば店頭を、株価自動取得や株価取り込みなどといったソフトや、自分で管理しているexcel(エクセル)テンプレートなど、自力での株価を見極める力があるのであればネット取引を、といった感覚で選ぶのも良いかもしれません。

エクセルのテンプレート等でも構築ができるローソク足チャート

株価取得などを行う場合、「ローソク足」というチャートがあります。ローソク足は、FXではもっとも頻繁に使われているチャートの一つで、始値・高値・安値・終値の4つの値を時系列で表しているチャートです。ローソク足のチャート描写は、1日単位や1週単位など、定められた期間の中において最も高い「高値」や最も安い「安値」など、先に示した4つの値を表現します。ローソク足のチャートを見ることで、株価の予測を行い取り引きを行うのです。
ちなみに、フリーでダウンロードできるexcel(エクセル)のテンプレートマクロなどでは、ローソク足チャートを構築してくれるものもあります。自身で分析を行う時には、こうしたフリーでダウンロードできる無料のexcel(エクセル)のテンプレートマクロの中でも、人気があるテンプレートを使うのがおすすめです。もちろん、フリーとなるとあまり使い勝手が良いものではありませんが、それでも、フリーだからこそ手軽に使えるというメリットは捨てがたいと言えるでしょう。
話は少し変わりますが、「チャート」という言葉を見ると、工程管理のチャートを思い出す人がいるようです。工程管理のチャートも確かにローソク足と同じチャートとして区分されますが、工程管理のチャートは「ガントチャート」と呼ばれるものです。ガントチャートは、作業工程を視覚的にわかりやすくしている表です。当然ながら、ガントチャートを見ても株価の動きはわかりませんし、ガントチャートを作っても、株価情報や銘柄情報を予想はできません。ガントチャートはexcel(エクセル)などでテンプレートもありますし、簡単に作成できますが、あくまでもガントチャートは工程管理で使用するようにし、株価はローソク足で判断しましょう。

株価はフリーソフトやシェアソフトを使い分けエクセル取込み

株価取得や株価データ取得を行う場合、リアルタイムで銘柄別の株価情報や銘柄情報を取得したり、株価取り込みや株価自動取得が行えるソフトというのも存在します。
デイトレードを行う場合などは、特にこうしたリアルタイムで銘柄別の株価情報や銘柄情報を取得したり、株価取り込みや株価自動取得が行えるソフトは必須だと言えます。
株価自動取得や株価取り込みを行えるソフトは、フリーソフトなどもありますが、フリーソフトでは機能的に十分だとは言えません。また、スマホのアプリなどもありますが、こちらもサポート的な意味合いが大きいと言えます。
もちろん、スマホのアプリで株価自動取得を行い、株価取り込みをした上で株式取引を行うこともできます。そして、こうしたスマホのアプリを活用して、中にはデイトレーディングで簡単に儲けを出している人もいます。
しかし、株価自動取得や株価取り込みを行うのであれば、フリーソフトやアプリだけではとても対応できないのが正直な所です。それはフリーソフトをダウンロードして無料で使ってみればすぐに分かるはずです。
また、ダウンロードしたフリーソフトとは少し毛色が違うツールに証券会社が提供している無料ツールもあります。しかしながら、こうした証券会社などから提供されている無料のツールや無料のアプリだけでは、どうしても情報が足りません。
こうしたことから、人気でおすすめ度の高いシェアソフトをダウンロードして取引を行うのがまずはおすすめです。また、銘柄などはexcel(エクセル)のテンプレートで管理するのもおすすめです。

株価取得のソフトや証券会社ツールを用いて状況を見極める

証券取引について簡単な説明にひも付き、株価取得や株価データ取得などに係る話も紹介しました。株価取得や株価データ取得には、フリーソフトを使うだけではなく、証券会社がフリーで提供している無料のダウンロードツールなども活用する方法があると紹介もしました。また、繰り返しになりますが、excel(エクセル)のテンプレートによるデータの管理にも触れました。
株価取得や株価データ取得を行うと、人気銘柄が簡単に見つかる気がします。そして、簡単に人気銘柄が見つかるので、フリーで無料のダウンロードソフトだけで十分だろうと感じてしまう場合もあります。
しかしながら、株価取得や株価データ取得は、時勢や状況を反映しているものです。そのため、株価取得や株価データ取得を怠ることは証券取引では致命傷になりかねません。


株価取得による株式投資の必勝法とは?

資産を増やすことが株式投資の目的ですが、相場環境がどんな時でも勝てる方法とは何でしょうか?それは、株価取得し、株を安値で買って高値で売ることが株式投資の基本で、確実にできれば株式投資で損せずに、資産を増やすことができるでしょう。しかし問題は、安値で買って高値で売るという簡単なことが、実行段階になると、どこが安値で、どこが高値かという判断ができないことです。
それをするには、まずは株価取得、株価データ取得を行ってから、株価チャートを使い、株価分析することで、株の買い時、売り時の判断ができます。株価チャートを作るためには、銘柄別の株価情報や銘柄情報などの株価データ取得が必須条件です。株価データ取得には、リアルタイムの短期データはもちろん長期データの株価情報が必要です。株価チャートの分析によって今の株価が、天井か大底かなどの株価情報が得られ、株価取得が可能になります。また、株価情報を得るためのツール株価自動取得、株価取り込みも便利です。株価自動取得、株価取り込みのフリーソフトも無料でダウンロードできますので試す価値はありそうです。

株式投資の必勝法 エクセルの収集ツールを使った取り込みが簡単でおすすめ

株価が高値の圏内にあっても、さらに値上がりするのではと考えると、今の高値の圏内にある株価も安値ではと思ってしまいます。それならと、その安値の株価を買ってしまうと株価は、やがて大暴落して結果大損をします。このことから株価が、安値とか高値とかでの株の売買は、非常にリスクが大きいということです。
株を、最安値である大底で買い、最高値である天井で売ることは誰もが考えますが、株価が大底か天井かはしばらく経たないと天井か大底かは分かりようがなく、最安値である大底で買い、最高値である天井で売ることは不可能です。
そのため、大底に近い安い圏内にあるときに株を買って天井近辺の高い圏内で売れことが、投資方法としてのおすすめです。大相場が始まってから、1〜3合目での低価格帯で株を買って、8〜9合目当たりの高価格帯で売るということが誰にでもできそうで株式投資の必勝法と言えます。
株価取得のためには、エクセル(excel)があれば、エクセル(excel)の株ツールやテンプレートを用いて、株銘柄情報をダウンロードして、株価チャートを作成し、株式市場の分析や監視が可能です。エクセル(excel)で株価分析するには、株銘柄の情報の収集が必須ですが、エクセル(excel)の収集ツールを使い、収集するWEBサイトを指定すれば、エクセル(excel)が自動で収集します。エクセル(excel)の株の操作は簡単ですし、無料ですので、おすすめです。
また、株価取得のエクセルを主体としたフリーソフトも多くあり、人気のソフトやアプリをダウンロードし試すこともおすすめです。また、エクセルには株価自動取得、株価取り込みの機能も構築できるため、自分に合った株価自動取得、株価取り込みを設置し、他の株価データ取得と合わせ、株のデータベースの構築も可能です。そのデータを使い株価分析チャートを作ることは、株式投資の必勝法と言えます。

株価取得の必勝法 フリーソフトやエクセル取り込みを活用しよう

先に述べた株式投資の必勝法の実践は難しいのですが、景気が回復している時期を今だと判断できれば株式投資に勝てます。長い不況から景気回復の兆候が表れ始めると、株式相場は上昇へと変わり景気が本格的に回復してきます。その後、好況、過熱へと景気の状況が変わってくると、速い速度で株式相場も値を上げます。景気拡大は3〜4年間ほど続くと経験的に判断できるので、景気の回復とともに起こる株式相場の上昇傾向も3〜4年間ほど続くと思われます。この株価が上昇し始めるときに、安値にある株を買って株相場が後期から末期へと進む高値圏内にあるときに株を売れば、株式投資の成功と言って良いでしょう。逆に、株相場が後期から末期へと進む高値圏内にあるときに株を買い始めると、その後に訪れる株価の大暴落とその後へ続く下げ相場で大きく損をすることになります。
景気は、不況・回復・好況・過熱・失速・後退・不況という底から天井までを3〜4年程度繰り返されます。同時に株式相場も、大底・底入れ・回復・活況・天井・大暴落・下げ相場・大底を3〜4年程度繰り返されます。そこで、景気変動を監視したり分析することは、株価の監視ツールであり、株価を分析する株価ツールなのです。
株価監視、株価分析、株価予測など株価ツールとしてエクセル(excel)をベースとした人気の高い無料のフリーソフトが多く出て、ダウンロードして簡単に使えますのでおすすめです。もちろん有料で幅広く株価監視・株価分析・株価予測するソフトやアプリも多く出ていて人気のあるソフトは、幅広い株銘柄に対し、株価分析や株価予測などが優秀で的確な判断がなされます。

株価取得後の必勝法 フリーソフトなど自分に合う株価チャートで分析する

株式投資の必勝法は、景気が長い不況を脱し始めたとき株式相場が上昇傾向が現れるためにその時に株式を買い、景気が絶好調にあり、その後に続く過熱や失速の予想が出たときに持っている株を全て売りに回し、株式相場から手を引くことです。
株式は、絶好の買い時と絶好の売り時がやってきますので、その時期を何年も待ち続けることができれば株資産を増やせます。だが普通の投資家や投資初級者は、短い期間で株で儲けたいと考えて、売り時が来るまでの長い期間を待つことができず、なかなか株式投資で儲けることは叶いません。その要因の1つに、株価データ取得不足があると思われます。
株価取得の無料のフリーソフトは多くありますし、人気のソフトやアプリもいくつか見当たります。どのフリーソフトもリアルタイムで株価データ取得し、銘柄別に株価情報や銘柄情報、現在・過去の株価などの株価データ取得が可能です。また、エクセルでも株価データ取得が可能ですので、エクセルの操作やVBAの操作ができる人は、証券情報をネットからダウンロードできるサイトから株価データ取得して、自分に合った株価チャートを作り、分析することもおすすめです。

ネット取引こそエクセルなどのフリーソフトを活用しよう

結構人気があるネット取引は、証券会社がサービスとして希望する顧客に提供する取引で、パソコンの大画面に写されている株価の動きを見ながら株を売買します。この株価情報や株銘柄情報を株価チャートなどの分析チャートを見れば、いくらで株を売買すれば儲けることができると簡単に考えられます。
ネット取引では証券会社から、銘柄別株情報、株価情報、銘柄情報などの情報が教えてもらえることが強みです。簡単な銘柄別の株価情報や銘柄情報は、ネット上の株式サイトからある程度の情報をダウンロードして得ることはできますが、よりリアルタイムな情報はやはり証券会社で、銘柄別株情報の株価情報や銘柄情報を得ることができます。
株価チャートなどのチャート分析を行う無料のフリーソフトも多くあります。チャート分析では、証券会社が提供する無料のソフトやアプリもありますが、エクセルをベースとして自作の分析を取り入れたものもあり、人気とともにおすすめです。株銘柄の株価予測をする株価チャートにはローソク足、移動平均線、トレンドラインなど、チャート分析することができます。株価チャートは現状の株銘柄が、上昇か下降かをトレンドでを見ることで一目で分かります。しかも、短期・中期・長期と使うことができます。また、株価チャートには、ローソク足が出たら底値に近いなど銘柄情報や株価情報が多く含まれます。複数のローソク足を組み合わせて分析することも、1本のローソク足に比べ精度が上がり効果があります。

個人投資家の株価取得の必勝法は、ネット取引の誤操作に注意すること

個人投資家の多くは、現金で多くの残高を持っていないためネット取引では、残高の範囲内でしか株の売買ができないため、大損という問題が出ないことが救いです。ただし、50株を500株と買い注文を誤入力したり、株の売りのつもりが誤って買いを押したという誤入力の例が結構多くあります。
そこで、誤発注に気付いたときの対応です。もし誤発注を気付いた時には、直ちに反対の操作をすることで損失を最小にすることができます。買いのところを売りのボタンを押したと気づいたら、すぐに反対の買いのボタンを押すことで、ボタンの押した時間の株価変動の分の損失で抑えることができます。また、誤発注を起こさないためには、株売買の情報、社名・証券コード番号・注文株数・売り・買い・売買希望価格、を取引前に前もってメモを残し、ネット取引は、そのメモに従って株売買することが、簡単な安全対策のためおすすめです。