株価分析・監視のフリーソフト

株価の取得、為替取引




株価分析、株価監視のフリーソフトです。

分析指標、株価のチェック、株価の予測、株価の予想ソフト、テクニカル分析、株価予測、株式の投資支援、株価の急騰急落を検知、株価ツール、デイトレ用リアルタイム監視ツール、株銘柄を監視、移動平均と騰落レシオなど。

短期間で株式の売買を行う場合は、株価の分析や監視を常に行う必要があります。

それは、株価の値が急落したり、妙な動きをしたりした場合、即座に反応できるようにするためです。短期間で株式の売買を行う場合、いかに早い段階で損切りができるかが、最終的な利益に影響を及ぼします。

基本的には、インターネットを通してリアルタイムに株価を監視します。その場合は専用のソフトを使う場合も多いです。

ソフトを使うと、指定した時間間隔の経過や増減率に至った場合などに、自動でその銘柄のデータを取得したり、株価の変動に影響を与えるワードがニュースなどで流れたら、そのニュースを抽出したりして、分析や監視を行うことができます。

また、株式のデータを独自に分析して、一定の潮目や市況、指標などがあれば通知するシステムを導入しているソフトもあります。例えば、指定した変動率や変動幅に達すると、色や音で知らせてくれます。




目次

株価分析・監視のフリーソフト

Entersoft IPO Manager

Entersoft IPO Manager

初値予想 新規公開株(IPO)スケジュール管理ソフトです。初値予想・公募割れ率を表示します。各証券会社の割当数に対しての抽選数を表示します。スタンス表示し、複数の証券口座を一元管理します。IPOスケジュールの自動取得が可能です。

Kabuject X

Kabuject X

あらゆるシグナルを検索、株価と板値を高速取得できる株価分析ソフトです。Yahooで、約3,800銘柄を約20秒で取込みます。日足ローソクや分足チャートは、全てパーセントでチャート表示します。リアルタイム株価データを取込する機能があります。

世界一簡単な 株式分析ソフト 「株富豪」

世界一簡単な 株式分析ソフト 「株富豪」

弊社新開発の計算アルゴリズムで買銘柄、売銘柄を抽出する株式分析ソフトです。自動売買にて貴方の株式売買を強力にサポートする革新的全自動スクリーニングソフトです。銘柄抽出は、弊社独自開発の計算・分析アルゴリズムで的中率70~75%を実現します。

株価分析ソフト ジンタケル

株価分析ソフト ジンタケル

全銘柄時系列株価情報を取得して株の売買判定が簡単にできる株価分析ソフトです。インターネットを通じて全銘柄時系列株価情報を取得します。市場別、業種別に売り銘柄、買い銘柄を判定します。過去のデータから売り時、買い時のグラフをEXCEL表示します。

Stock Finder

Stock Finder

株式データを収集・計算し、潮目、市況、指標連動を確認することができる株価ツールソフトが無料でダウンロードできます。インターネットから株式データを取得し、エクセルチャートに見やすく表示します。ユーザーのチャート設定を分析手法ファイルとして保存することができます。

マーケットウォッチャー Yahoo!

マーケットウォッチャー Yahoo!

リアルタイムで100件の株価変動を一覧表示することができる株価ツールの人気ソフトです。100件の東証銘柄をそれぞれ個別に分足(1~60分足)と変動率(%)か変動幅(円)を設定する事ができます。現在値が設定した変動率・変動幅に達すると、色と音で報せてくれます。

ちょぷり – カブトーク

ちょぷり – カブトーク
株価読み上げソフトです。一定間隔で自動に株価を取得しデスクトップに見やすく表示します。さらに音声で株価を読み上げ、株価に変化があった時には効果音でお知らせしてくれます。パソコンでホームページを見ながらや仕事しながら、パソコンから離れて他の事をしながらなど、株価の「ながらチェック」を全力でサポートしてくれます。設定した間隔で自動的に最新の株価を取得してくれます。

レート監視

レート監視

リアルタイムレートを表示、監視、株価予測することができる株価ツールの人気ソフトが無料でダウンロードできます。USDJPY・EURJPY・AUDJPY・GBPJPYのいずれか1つのリアルタイムレートを監視します。メールお知らせ機能付きです。いろいろな機能が搭載されているので、複雑なことまでこのソフトで可能です。

Fchart株式分析ソフト

Fchart株式分析ソフト
多機能株価チャート分析ソフトです。フリーソフトとなっています。チャートに必要な各種の表示機能がサポートされています。日足データから日、週、月足データを作成表示。チャートはローソク足、バーチャート、カギ足、練り足などのチャート、N本新値足、折線などの表示が可能です。複数銘柄の同時表示、注目銘柄の管理や企業決算データによる、年次推移グラフ、などが表示ができます。

ChartScapeBB%2FWin

ChartScapeBB%2FWin
株価チャート表示・分析アプリケーションです。日足、週足、月足ローソク足チャートに加え、オシレーター等各種モーメンタム、ヴォリュームレシオ、一目均衡表、ストキャスティック、RCI、RSI、MACD、DMI、CCI、OBVなどの各種テクニカル指標を表示することができます。株価データの保守をすることなしに、いつでも最新のチャートを見ることができるのも特徴です。

エクセルで時系列株価取得

エクセルで時系列株価取得
自分でデータ分析したい人向けの、デイリー・週・月データ取得ソフトです。フリーソフトとなっています。インターネットより日足または週足・月足の始値、高値、安値、終値、出来高をエクセルシートにダウンロードします。アドイン登録などといった手順は不要となっていますので、インターネットと接続されているPCであれば誰でも簡単に操作することができる作りとなっています。

株価チャート for Excel

株価チャート for Excel
エクセル上で動作する汎用株価チャートソフトです。一般的なテクニカル指標を網羅し、パラメータを変化させることにより様々な切り口でデータを分析することができます。エクセル本体の機能を使用することにより、ユーザー独自の分析をしたりグラフ・データの印刷・保存なども可能です。株価データの管理には Microsoft Access(MDB形式)のデータベースを使用しています。

急騰急落

急騰急落
デイトレ支援ソフトです。Excelと楽天証券のRSSにより株価の急騰や急落を検知します。楽天証券に口座をお持っていれば、証券会社からリアルタイムスプレッドシートをダウンロードして起動し、Microsoft Excel 2003上で使用可能です。監視銘柄は最大255銘柄です。表示項目や表示形式もカスタマイズ可能です。VBAコードが公開されていますので、VBAの追記や変更などを記述することで機能追加などの改造も行うことができます。

K-Viewer

K-Viewer
株式関連情報を全て無料提供するスタンダードな株式投資テクニカル分析ソフトです。東証・大証・店頭など3500銘柄超の株価情報を基にK-Viewerの解析機能が買い銘柄を予測してくれます。一目均衡表やワコーボリュームレシオ、ボリンジャーバンドなど重要なテクニカル分析も搭載されています。初回データの一括自動ダウンロード機能や操作途中の株データのリアルDB更新が備わっています。




上場企業の225社を反映する日経平均株価と全体のTOPIX

株式の知識がない人でもよく聞くのが「日経平均株価」と「TOPIX」という言葉です。それもそのはずです。日経平均株価およびTOPIXは、日本を代表する株価指数となっているからです。
日経平均株価というのは、日本を代表する企業の株式銘柄を、株価に連動性をもたせることで平均株価として算出したものです。もともとは、「東京証券取引所」が同様の算出方法で「東証ダウ平均」などという呼称で発表していました。しかしながら、東証ダウ平均は225社のみの株価を反映していただけで、その株価は株式市場の全体の動きを必ずしも表現しているものではありませんでした。
そこで東京証券取引所は、独自の株価指数である「TOPIX」を開発し、その数値を発表するようになりました。
これに対応したのが、日本経済新聞社の子会社にあたる「日本短波放送」です。日本短波放送は、東証が従来発表していた225社の株価指数を担うようになりました。その後、日本経済新聞社が計算および発表を行うようになると、「日経平均株価」と名称を変えて公表されるようになりました。
こうしたことから日経平均株価で視標されている数値においては、株価が高い銘柄の数値が反映されているため、日本の景気動向に大きく影響を与える数値として捉えるのには適しています。それは、大手企業の株価の人気指数がやがて、それぞれの産業の指数に反映されていくからです。一方でTOPIXは、東証1部に上場されている全ての銘柄に対して、時価総額の変動を指数化したものです。また、日経平均株価の単位は「円」ですが、TOPIXの単位は「ポイント」となっています。一般的にTOPIXは、銀行株などの時価総額の大きな銘柄に影響をされやすいとされています。


株券を発行した際の金額を表示する「額面株式」

以前は株式といえば額面株式という方法が主流でした。この額面株式も、廃止されてから約20年がたとうとしています。ここでは、現在では取り扱われていない、額面株式について簡単に説明します。
額面株式とは、株式に20円、50円、500円、50000円の4種類の金額が表示されているものでした。この額面により、会社設立時に株式が発行された際、投資家が1株あたりいくらで購入したかが分かるという仕組みでした。
額面に種類があった理由としては、商法改正が行われると額面単位が引き上げられるため、適用前の会社が額面単価引き上げを適用していないためです。ちなみに、額面単価の引き上げは総会屋などの排除や上場企業の事務処理軽減が目的でした。
しかしながら、増資の主流が時価発行型に変わっていくと、額面増資が減少していき、その結果、額面表示が意味をなさなくなります。こうした流れから、日本では2001年10月1日に施行された改正商法により額面制度を廃止し、無額面制度へ全面移行しました。

普通株式とは別に権利の内容が異なる株式の「種類株式」とは

こうした商法の改正により、従来には存在しない新たなタイプの株式が解禁されることは少なくなりません。例えば、「種類株式」という株式が存在します。これは、2002年4月に施行された改正商法で解禁された株式です。
改正前から存在した「普通株」は、株主に対して議決権や配当権利を平等に与えている株式でした。しかし、2001年の改正により、新たな株式が発行できるようになりました。その一つに「優先株」というものがあります。優先株は、議決権を与えられない代わりに、普通株に比べると配当金が多かったり、会社が解散した時には財産が優先的にもらえるといった特典が付属されているものです。
このほかにも、配当は普通株よりも待遇されませんが経営権で優位となる「劣後株」、全議案の拒否権が与えられる「拒否権付き株式」といったものなどがあります。

リアルタイム株価や監視ツールや分析ツールで予測が主流

こうしたさまざまな株銘柄に対する、株価分析・株価監視・株価予測は、一昔前とは違い、インターネットによるリアルタイム株価ツールや監視ツール、分析ツールを用いて、株価チャートを自動チャート分析したりする時代となりました。
また、こうした株価分析・株価監視を用いた株価ツールでは、監視ツールや分析ツールなどから株価チャートをチャート分析し、株価予測を行った上で、指定株銘柄を自動売買するなど、よりリアルタイムの株銘柄取り引きに対応するようになっています。
ただし、こうしたデイトレードに対する株価ツールや監視ツール・分析ツールは、その前段階である、自分自身での株価分析や株価予測など、チャート分析・株価チャートの予想などが大前提です。
全ての株銘柄をリアルタイム自動売買で行うのは、リスクもあります。しかしながら、一方で、監視ツールを用いて、リアルタイムで株価ツールから株価分析・株価監視を行い、株価予測をたて株銘柄を売買する方法も、平行運用する必要はあるでしょう。

株価分析や株価予測についてはシェアソフトが機能に優れる

指定株銘柄に対する株価分析・株価監視・株価予測は、素人では難しいのは当然だと言えます。ましてや、先にも述べたとおり、リアルタイムで自動売買される現代において、株価チャートに対する株価ツールや監視ツール、チャート分析に対する分析ツールは必須なツールだと言えるのです。
こうしたリアルタイムで株価分析・株価監視・株価予測を行うツール、ならびにリアルタイム自動売買などのシステムは、フリーソフトではとても対応できません。こうしたツールはフリーソフトではなく、シェアソフトに頼るほかないでしょう。
シェアソフトはさまざまなソフトやアプリが販売されています。株価分析に強いおすすめで人気のソフトや、株価予測を簡単にリアルタイムで行うソフトもあります。どのソフトがおすすめで、どれが簡単かは、実際に使用してみないとわからないのが実情です。
自身の株価分析・株価予測の考え方にマッチし、なおかつ、リアルタイムで自動売買ができるか、株価ツールや監視ツールが使いやすいか、株価チャートやチャート分析など分析ツールの信頼度は高いかなどで、ソフトを選ぶのがおすすめだと言えるでしょう。

フリーソフトやエクセル等の無料のものは優れる部分を有効活用

フリーソフトを使うとすれば、それは事前に株銘柄を予想するというのではなく、株銘柄を整理しておくといった意味合いが強いのかもしれません。もちろん、フリーソフトの中にも、株価を予想する人気でおすすめのアプリもあります。しかしながら、こうした無料のフリーソフトをダウンロードしてみればわかりますが、やはりフリーでは限界があると気がつくことでしょう。
そこで、フリーのソフトやアプリをダウンロードして株価分析などに使うのではなく、excel(エクセル)テンプレートによる株銘柄の整理がおすすめで簡単だと言えます。
独自のロジックや考え方、計算方法を駆使すればexcel(エクセル)テンプレートでも株式分析はできなくはありません。実際に、独自のロジックを組み込んで予測を立てている人もいるでしょう。しかしながら、ほとんどの人は、細かい分析などはexcel(エクセル)テンプレートでは簡単に行うことはできません。もちろん、他の人が作り上げたexcel(エクセル)テンプレートを無料ダウンロードして活用することもできますが、多くの場合は、自分にマッチしないのがパターンです。
それであれば、最初からフリーのソフトやアプリをダウンロードするのではなく、解析や分析はシェアソフトなどに任せ、無料で補える部分、すなわちexcel(エクセル)テンプレートなどで補える部分は、銘柄の整理などに割り切ることがおすすめで簡単だと言えるでしょう。

証券会社の株価予想や株価指数表示及び自動売買ツールを活用

証券会社が提供しているシステムには、株価予想や株価指数表示、自動売買などができるオンラインフリーツールを備えている場合があります。こうしたツールを利用することで、リアルタイムで株銘柄の取り引きを、無料で行うことができます。
ただし、こうしたツールは、人気ツールというよりも、証券会社のサービスの一つとして付属されているツールという感覚が強いです。そのため、証券会社との取り引きを開始する時には、どの証券会社のツールが人気だからといった理由で決めるのではなく、証券会社と相性などから決めると良いでしょう。
こうした無料ツールは、シェアソフトのように株価分析・株価予測などの機能が付属されていないことが多いようです。また、株価監視ツールや株価チャート・チャート分析を行う分析ツールもないことがほとんどです。あくまでもリアルタイムで株銘柄を売買する無料ツールだと言えるのです。中には、自動売買を設定など、高度な設定を行えるツールもあるようですが、まずは簡単な操作から覚えて、自分にマッチした使い方を探していくのがおすすめだと言えるでしょう。
先に紹介したシェアソフトで株価分析や株価監視を行い、さらにフリーソフトやexcel(エクセル)による自己分析を交えて、株価予測をしてリアルタイムで売買を行うのなど、自分にあった方法を見つけ出しルーチン化するのがおすすめの方法だと言えるでしょう。
最近では、スマホでダウンロードできるアプリなどでも株価の状況を簡単に追うことができます。フリーや無料で人気のアプリも数多くありますが、やはり、フリーのアプリをダウンロードするよりも、シェアのものから選ぶのがおすすめだと言えるでしょう。

 

株価分析と株価監視はフリーソフト・エクセルを使いこなそう

株価は、景気の影響を強く受けると同時に、景気も株価の影響を受け、株価は景気の先行指標と言われます。そのため、景気変動の監視は、株価監視ツールとして株価ツールの一つと言えます。景気や企業業績は、株式相場に大きな影響を与え、景気と企業業績はほぼ連動します。景気がよくなると、株式相場が上昇し、景気の上昇ピッチと株式相場の上昇ピッチの速度と、上昇幅が連動します。
景気は、不況・回復・好況・過熱・失速・後退・不況という底から天井までを3〜4年程度で繰り返されます。同時に、株式相場も、大底・底入れ・回復・活況・天井・大暴落・下げ相場・大底を3〜4年程度かけて繰り返されます。したがって、景気変動を監視したり、分析することは、株価の監視ツールであり、株価の分析ツールという株価ツールなのです。
株価監視、株価分析、株価予測など株価ツールとして、エクセル(excel)をベースとした人気の高い無料のフリーソフトが多く出て、ダウンロードして簡単に使えますので、おすすめです。もちろん有料で幅広く株価監視・株価分析・株価予測するソフトも多く出ていて、人気のあるソフトは、幅広い株銘柄に対し、株価分析や株価予測などが優秀です。
なお、エクセル(excel)があれば、株式に詳しい人であれば、エクセル(excel)の株ツールやテンプレートを用いて、株銘柄情報をダウンロードして、株価チャートを作成し、分析や監視が可能です。エクセル(excel)で株価分析するには、株銘柄の情報の収集が必須ですが、エクセル(excel)の収集ツールを使い、収集するWEBサイトを指定すれば、エクセル(excel)が自動で収集します。エクセル(excel)の株の操作は簡単ですし、無料ですのでおすすめです。

株価監視のフリーソフトを活用し、株価が景気より先行して動く理由を探ろう

景気変動と株価変動は同時並行的な動きになるわけではなく、平均的に、6〜9ヶ月ほど株価は景気に先行して変動します。その理由は、景気が回復しそうな兆候が表れると、実際の景気の回復はまだであっても、株の投資家は、景気が良くなれば株価も上がと思い、株式に投資します。このため、株価は景気の先行指標景気と言われる理由で、株価予測の指標ともなり得ます。このことは、株式投資を始めるのに、景気の冋復を待ってからでは、遅すぎると株価予測できます。そのため株価予測のためには、株価監視が重要です。

株価チャートで株価の監視、分析をして売買タイミングの見極め方を知る

株式投資で難しいのは、株売買のタイミングで、株式相場全体の流れを読むことでそれが分かります。株式投資がうまくいくために、株銘柄選びと相場全体の流れの読み方です。大相場の初期に、遅くても中期までに株式を買えば、ほとんどの株銘柄は2〜3年後には値上がりし、買値の2〜3倍になると予想され、株を買うときのチャンスを逃がさないことが、成功の秘訣です。また、良い株銘柄を選んだとして、買う時期が後期や末期では、値が上がることはほとんどなく、割の合わない投資になるでしょう。
株で儲けるためには、株銘柄を底値で買い、天井で売れば、底値と天井の差額分だけ設けることになります。それが簡単にできないのが株相場の変動が分からないことでしょう。
株銘柄の株価予測をするためのツールに株価ツール・監視ツール・分析ツールがありますが、それの一つが株価チャートです。株価チャートにはローソク足、移動平均線、出来高など、チャート分析することが可能です。株価チャートは現状の株銘柄が、上昇か下降かのトレンドを見ることで一目で分かります。しかも、短期・中期・長期と使うことができます。また、株価チャートには、ローソク足が出たら底値に近いなど情報が多くあることでしょう。このように株価チャートで株価監視しながら株価分析で、株価予想などチャート分析できるメリットがあります。もちろん、株価チャートを良く理解した上での話ですが。
株価チャートなどのチャート分析行う無料のフリーソフトも多くあります。チャート分析では、証券会社が提供する無料のソフトもありますが、エクセルをベースとして自作の分析を取り入れたものもあり、人気とともにおすすめです。これらの無料のフリーソフトは、使ってみて自分の株銘柄に合うかどうかを次々に試し、良いものを選ぶのがおすすめです。

現在の相場位置の確認は株価の監視ができるフリーソフトがおすすめ

株の相場が、どこの段階にあるかの判断は、景気と株価水準から、株価予測します。
景気については、底入れしてから回復に向かう兆候が見えた時が初期で、回復すると確信できると気が中期、景気が良くなったと実感している頃は後期、そして皆が評判に乗って買いだした頃が末期といえます。
株価水準については、過去10年間の最安値近くであれば初期、それらから値上がりして相場が高くなり続け、過去最高値近くまで上がったころが後期から末期と予想できます。この景気と株価水準によって、株価分析を行いながら株価監視し、株価予測することが、ポイントです。
株式の売買で現状の株価の変化をリアルタイムで株価監視し、株価予測し、今が買いと判断すると同時に買いに走らないと、株価はすぐに変動しますから、リアルタイムな判断と操作が要求されます。そこでリアルタイム性に応じたシステムが株の自動売買です。しかし、自動売買は売買のルールを決め、その決められたルール内でしか自動売買しません。ルールを作るのは株式投資家です。もちろん証券会社に一任という方法もありますが、ここでは除外します。自動売買は自身で決めたルールに基づいて自動取引ができて、しかもリアルタイムにです。しかし、ルールを決めることは難しく、しかも株銘柄全部に対応できるルールの構築はできないでしょう。したがって、自動売買に頼るより、銘柄ごとに分析ツールでルールを決めて、自身で株売買をする方が自動売買より安全と言えます。
無料のフリーソフトの中にも、株価分析や株価監視だけでなく、リアルタイムで自動売買を機能の一つとするソフトがあります。しかし、信頼度という点からは、証券会社の出すソフトが持つ自動売買機能の方が、監視項目・売買ルールが細かく設定され、おすすめです。

大底の見分け方は、株価の分析を行い待ち続けられるかが難しい

株価の大底か大底に近いときに買えば安い値で買うことができ、株価が値上がりするのを待てば良いのですが、株価が大底かどうかを見分ける方法を何でしょうか?
しかし、株価が大底かその付近にあるということを見極めることは、そう簡単にはできません。株価は景気と同じような動きにあることから、景気がどん底にあるときは株価も悪いと見てよく、その時の株式も悪いためその時の株価は大底又は近い値にあると見てよいでしょう。
大底のときには、どの株銘柄も安く売られているにもかかわらず、買いに動く投資家はほとんどいません。その理由は、国家的な大型企業や金融機関であっても、経営危機によって倒産に追い込まれた事例が結構多いからです。
投資する人にとっては、一番買い得な株銘柄と分かっても、買いに動くことは勇気がないと動けません。なぜなら、株銘柄が高値近辺にあるとき、持っている資金をそれに大方つぎ込んだ結果、暴落た下げ相場が長く続くことで買いに回すだけの資金がないからです。無料のフリーソフトや人気のある優良ソフトには株価チャートを分析するツールを持つものが少なくありません。が、株価チャートを分析チャートなどを使い株価分析するなどによって、株価が大底になるかを見極める方法は、難しくないのですが、難しいのは、いくら分析チャートを使っても、株銘柄が大底を迎えるまで数年待ち続けることができるかどうかです。

大暴落による大損を防ぐには、株価監視を徹底し、天井を見分けることが大切

株価は、天井になってからしばらくすると、必ずと言ってよいほど大暴落してしまいます。大暴落による大損を防ぐ方法は、株銘柄が天井になっているかどうかを分析チャートを使い、株価チャートを株価監視して、見極めることです。株式投資で損をするかどうかは、天井の後に来る大暴落と、暴落後の下げ相場の混迷期をいかにして避けるかにあります。
株価の後期や末期に株式を買う人には、資金力がある人も初めて株を扱う人も、どちらも株価暴落や長い下げ相場期間に利益を得られず、損をすることになります。
損失を受けない方法は、株が高値の後に暴落来ることを知り、避けるために株価の天井か天井圏にあることを見抜くことです。
そのために、エクセル、フリーソフト、有料ソフトを使い、株価チャートなどの分析ツールで株価を分析しながら、監視ツールで天井か大底か見極めることが必要です。

タイトルとURLをコピーしました