パスワードの解除、自動保護/エクセル

アドイン、メニュー補助 Excel




パスワード(password)の解除/Excelで作成したフリーソフトです。

パスワード紛失時の瞬時解除、忘れたpasswordの強制解除、attackによる一発解除、総当たり、hyper、ワンクリックでパスワード解除、自動保護、解除、パスワード一括設定と解除、パスワードを[00000]に変更、passwordアナライザーなどができます。
これらの人気ソフトやテンプレートが無料でダウンロードできます。




パスワード解除 のフリーソフト

解除ツールを使って、パスワード解除する

仕事やプライベートなどでExcelを使用する場合、他の人が間違って編集などをしないために、パスワードをかけることがあります。しかし、そのパスワードがわからなくなってしまった場合や、仕事で前任者が使っていたExcelを使用する際にかけていたパスワードがわからない場合、それ以降の作業に支障をきたします。
そこで、パスワードの解除をするために、パスワードの解除ツールを使います。パスワードの解除ツールは多くの種類があり、インターネットなどから無料でダウンロードすることが可能です。マスク機能やウィザード機能などを使ってパスワードを分析、解除するソフトや、強制的にパスワードを変更するhyperソフトなどがあります。また、パスワードがわからなくなってから使うツールのほか、あらかじめパスワードを忘れてもいいように、パスワード一括設定と解除、強制解除ができるツールもあります。自分に合ったものを使うとよいでしょう。

エクセル パスワード瞬時解除 For Excel 2007/2010/2013

エクセル パスワード瞬時解除 For Excel 2007/2010/2013

エクセルシート(非表示を含む)及びテンプレート、ワークブックパスワード紛失時の、瞬時解除できるアドインソフトが無料でダウンロードできます。ワークシート、ブックのパスワードを、ワンクリックで解除可能にします。パスワードを忘れた場合の緊急事態に、便利なツールです。

Excel パスワード一発解除

Excel パスワード一発解除

ワンクリックで、vbaファイルやExcelパスワードの解除ができる人気ソフトです。ワークシート、ブックのパスワードを、ワンクリックで解除可能にします。ご自分が設定したパスワードを忘れた場合だけ、利用するようにしてください。

VBA、Excel、Word、Access、RTFパスワード解析/保護

VBA、Excel、Word、Access、RTFパスワード解析/保護

マスク機能、辞書機能、総当たり、アナライザー、ウィザード機能を駆使して、MS-Officeファイルに掛けたパスワードを解析し、解除できます。VBA、Excel、Word、Access、RTF、vbaファイル、テンプレートのパスワードを、解析、解除、強制解除することができます。簡単設定のウィザード機能を搭載しています。使い方が簡単なおすすめアプリです。

パスワード保護ファイル お助けくん

パスワード保護ファイル お助けくん

Excel/Word/Access/PowerPoint/一太郎/PDF/vbaファイルなどにおいて、パスワード保護ファイルをクリックだけで開くことができる、自動保護、アナライザー、解除用ソフトです。使用法は、保護用読み取りパスワードを登録しておくだけです。パスワードを覚る必要はありません。使い方が簡単なおすすめアプリです。


パスワード解除 のフリーソフト その2

Excel Pass

Excel Pass

エクセル、ワード、パワーポイント、PDF、Zipファイルの、パスワード一括設定と解除、一発解除、総当たりができます。同じパスワードで、複数のファイルを一度に操作できます。作成済みのZipファイルも、パスワードの設定、解除ができます。ExcelPassは、単独で動きます。

Excel Attack Hyper

Excel Attack Hyper

Excelシート、ブック、VBAのパスワード保護をattackにて高速解除します。Excel2007-2013対応版です。自分で作成したExcelのパスワードを忘れてしまった場合、会社等で担当者が変わって、パスワードが分からない場合に使えば便利です。

Excel Sheet Free

Excel Sheet Free

忘れてしまったシート保護のパスワードを解除することができます。パスワードを忘れてしまって解除できない、Microsoft Excelのシート保護のパスワードをリセットします。人気のフリーソフトです。使い方が簡単なおすすめアプリです。

Auto Pass

Auto Pass

複数のExcel、Word、Accessのファイルに、一括してパスワードをかけることができます。すでにパスワードがかかっているファイルは無視されます。パスワードがかかっているファイルの場合、パスワードを知っているならそれをいっぺんにはずすこともできます。


閲覧履歴で残るセキュリティ上危険なパスワードの管理方法

Webサイトを閲覧した時にはいろいろな情報が履歴として残ります。この履歴として残る中には、password(パスワード)を残してしまう場合もあります。password(パスワード)が履歴に残っていると、セキュリティ上非常に問題があるといえるでしょう。
また、Webブラウザにはpassword(パスワード)を記録する機能が備わっていたります。こうした機能は便利でありながらも、セキュリティ上は非常に危険だとも言えるでしょう。

パスワードの解除や自動保護を活用し、パスワードの漏れによる危険を回避

password(パスワード)が他者に流出した場合、WebブラウザやSNSでは乗っ取りなどの被害にある場合があります。また、クレジットカードを用いたサイトなどでは、不正利用といった危険性も警戒しなければなりません。
こうしたリスクから避けるためには、ブラウザのシークレットモードを利用したり、JavaScriptの実行をオフにするといった対策、Cookieの削除や履歴の削除をこまめに行うといった方法もあります。
googleのように、一つのIDとpassword(パスワード)で複数のサービスを提供している場合、それこそ、password(パスワード)の漏洩は非常にリスクが高い言えます。
一つのpassword(パスワード)だけで、Webの閲覧履歴はもとより、予定表、連絡先、メール、クレジット情報など、全ての機密情報にアクセスができるからです。個人で利用して言えるIDはもちろんのこと、社内で使用しているIDであればより被害は甚大です。

不正解除の方法とは
password(パスワード)の不正解除を行う時に用いられる方法の一つが総当り(Brute-force attack)です。総当り(Brute-force attack)は、vbaファイルなどで簡単に行うこともできます。例えば、総当り(Brute-force attack)するvbaファイルをターゲットとするパソコンに仕込み、遠隔からvbaファイルにアクセスし、vbaファイルを実行するという方法もあるそうです。
vbaファイルは容量も小さいため、簡単にファイルを仕込むことができます。心当たりのないvbaファイルがあった場合は、総当り(Brute-force attack)での解除に気をつけると良いでしょう。

ランダムに生成するpassword(パスワード)作成ソフトの活用が便利

安易で簡単なpassword(パスワード)を使用すると、それこそ簡単にpasswore(パスワード)を解除されてしまいます。そこで、簡単ではないpassword(パスワード)を作成するために、ソフトやツールを用いる場合もあります。これであれば、ランダムに文字列を作成してくれるため、推測ができるような簡単にpassword(パスワード)で解除をされることもありません。人気のソフトであれ人気がないソフトであれ、ランダムで生成された文字列をpassword(パスワード)に使用すれば、ある程度のセキュリティは保たれるはずです。
もちろん、解析ツールなどを使い総当たりでpassword(パスワード)を解析されれば、強制解除という結果を招く場合もあります。しかしながら、解析ツールやソフト・アプリで総当り(Brute-force attack)解析をされたとしても、簡単ではない難関なpassword(パスワード)であれば、瞬時解除や一発解除といったリスクからは逃れることができるでしょう。こうした理由から、最近ではpassword(パスワード)作成ツールはWebサイトなどにも組み込まれるなど人気があるのです。

生成したpassword(パスワード)の管理はIDごとにエクセルで管理が便利

ツールやアプリ・ソフトで簡単ではない難解なpassword(パスワード)を作成した場合、IDごとに管理を行う必要があります。
フリーソフトやフリーアプリを無料ダウンロードして管理する方法もおすすめですが、まずはexcel(エクセル)での管理が簡単でおすすめです。
excel(エクセル)であれば、一覧表のテンプレートを簡単に作成できますし、テンプレートに沿って保管をすれば管理も簡単です。また、excel(エクセル)は操作も簡単ですから、非常におすすめです。
まずはexcel(エクセル)でテンプレートを作成して、そのテンプレートにIDとpassword(パスワード)を一覧管理しましょう。もしexcel(エクセル)テンプレートの作り方が分からなかったり、excel(エクセル)テンプレートをどういったフォーマットにすればよいか迷う場合は、インターネットなどで無料で使えるexcel(エクセル)テンプレートを探して、フリーダウンロードすると良いでしょう。中には、人気でおすすめのexcel(エクセル)テンプレートなどもありますから、まずは人気が高い無料のデータからフリーダウンロードして使ってみて、慣れてきたら人気ではなくても自分の使い勝手の良いものをフリーダウンロードするなどして、使うデータを変更して行くのがおすすめです。

フリーのツールやアプリでpassword(パスワード)管理の活用が安心

しかしながら、password(パスワード)を覚えておき、その都度入力するというのは現実ではありません。こうした時に、password(パスワード)を記録、自動入力してくれるツールやアプリが非常に便利です。
こうしたツールやアプリは、フリーソフトやフリーアプリとして無料でダウンロード可能であったりするものがほとんどです。もちろん、こうしたツールやアプリであってもpassword(パスワード)を完全にそして完璧に保護してくれるかといえば、絶対とは言えません。ただ、闇雲にpassword(パスワード)を危険に晒すよりは、こうしたフリーのツールやアプリを活用するほうがセキュリティ上はマシだと言えるのです。

証券会社などのセキュリティはより厳しく管理されている

証券会社などでは、password(パスワード)の漏洩について非常にシビアに管理をしています。これは、漏洩してしまった場合の被害リスクが非常に甚大だからです。
例えばSBI証券が取り扱っている「hyper sbi」というフリーダウンロードで無料利用できるソフトの場合、取り引き時のpassword(パスワード)を保存する方式を取り入れています。しかし、「hyper sbi」では、取り引きパスワードは「*」印で管理されており、他の人が見ることはできません。万が一、取り引き時にソフトなど使用し総当り(Brute-force attack)でpassword(パスワード)を入力されても、「hyper sbi」はセキュリティロックで対応します。また、「hyper sbi」のpassword(パスワード)を忘れた場合は、「hyper sbi」側から新たなpassword(パスワード)が発行されて、旧password(パスワード)は使用できなくなります。
このように、金融関係のセキュリティは、「hyper sbi」だけではなくどこでも厳重に扱われています。二重パスワードなどを採用しているところもあるなど、簡単にpassword(パスワード)をソフトなどで解析させたり強制解除させたりなどさせないようにしています。

忘れてしまったpassword(パスワード)を簡単に解除できる解除ソフト

数多くのpassword(パスワード)を使用していると、忘れたという時が必ずあります。また、他人からpassword(パスワード)でロックされたファイルを受け取った時に、password(パスワード)を忘れたという時もあるでしょう。こうした「忘れた」に対応してくれるフリーソフトも数多く存在します。
excel(エクセル)のpassword(パスワード)を忘れた場合、「エクセル瞬時解除」や「エクセル一発解除」といった解析フリーソフトが存在します。「エクセル瞬時解除」や「エクセル一発解除」を使用することで、解除ができますが悪用は禁物です。「エクセル瞬時解除」や「エクセル一発解除」をフリーダウンロードして、自分のファイルだけに使うようにしましょう。
中には、「エクセル瞬時解除」や「エクセル一発解除」では解除ができない場合もあります。こうした場合は、総当たりで解除を試みるフリーのソフトやツールを使うと良いでしょう。「エクセル瞬時解除」や「エクセル一発解除」は使い方も簡単です。使い方がわからない場合は解説ページなどを参考にしたり、使い方を説明したWebサイトを参考にするのがおすすめです。
zipファイルもpassword(パスワード)でロックしてやり取りすることが多いファイルの一つです。zipファイルであれば「パスワードアナライザー」というソフトがおすすめです。「パスワードアナライザー」は、サーバー上で解析を行うソフトです。「パスワードアナライザー」であれば、password(パスワード)を忘れたなどで、開けなくなってしまったzipファイルであっても強制解除が可能となるでしょう。
ただし「パスワードアナライザー」は有料のソフトでありフリーソフトではありません。そのため、「パスワードアナライザー」を使用する時は無料ダウンロードではなく、「パスワードアナライザー」を取り扱っている業者へ問い合わせをして購入するようにしましょう。
password(パスワード)を強制解除する場合は、ファイル所有者の許可が必要です。許可なく強制解除を行うと、犯罪に問われる場合もあります。人気があるソフトだからといって安易に使ったりしてはなりません。
強制解除などを行うフリーソフトは、使い方を間違えるとトラブルを招く原因になりかねません。こうしたフリーソフトを使用する時は、使い方についてもう一度考え、正しい使い方を心がけるようにしましょう。


アカウントの使い分けをエクセルで管理してセキュリティ強化

共有でパソコンを使用していると、セキュリティ関係でどうしても軟弱性が生まれてしまいます。それは、前に使っていた人が入力したアカウントやpassword(パスワード)情報を、そのまま閲覧できる可能性が高いからです。こういった場合、password(パスワード)のセキュリティを高めるために行える方法として、Windowsのユーザーアカウントの使い分けというものがあります。

例えば、ユーザーAのアカウントとユーザーBのアカウントを用意することで、「データフォルダー」や「資格情報」や「パスワード」などのユーザーユーティリティはアカウントごとに管理できるようになります。また、資格情報が必要となる共有フォルダーへのアクセス許可も制御可能です。さらには、メールやSNS、Webサービスなどのアカウントもユーザーアカウントごとに使い分けができるのです。そのため、例えばSBI証券で用いられている「hyper SBI」などの無料でダウンロードできる金融に関わるフリーソフトも、それぞれのアカウントで管理されます。

「hyper SBI」は証券取引を行う無料のフリーソフトのため、セキュリティが大切です。「hyper SBI」がそれぞれのアカウントで管理されれば、それだけセキュリティは強固なものとなるのです。そのため、「hyper SBI」などのフリーソフトを扱うパソコンの場合は、アカウント切り替えが重要なのです。もちろん、「hyper SBI」だけではなく、ほかのソフトやアプリのセキュリティを考えれば、アカウント別で使用するのはおすすめです。「hyper SBI」などの金銭を取り扱う以外のシェアソフトや無料アプリについても、もう一度見直すのが良いでしょう。

ソフトなどプログラムファイルのやり取りは危険

メールやSNSなどにおいてソフトなどのプログラムファイルをやり取りするのは危険です。それは、ソフトなどのプログラムファイルがどういった動作をするか不明ですし、ウイルスなどに感染している可能性があるからです。添付ファイルの中には、password(パスワード)を抜き取ろうとする悪意のあるソフトも存在します。ダウンロードして使い方を試してみようと思った時には、すでにpassword(パスワード)を瞬時解除・一発解除されている可能性があるのです。

悪意がない相手からのファイルであっても、password(パスワード)の解除を目指して、password(パスワード)の総当たり攻撃(Brute-force attack)を行う解析ツールが備わっているソフトの場合や、辞書解析攻撃(Dictionary attack)と言われる、辞書内にある言葉を取得してpassword(パスワード)を解析、瞬時解除を行うソフトの場合もあるのです。こういった総当たり攻撃(Brute-force attack)や辞書解析攻撃(Dictionary attack)により強制解除を狙うツールは、ソフトやアプリといった形だけではありません。

excel(エクセル)のvbaファイルなどでも、password(パスワード)の強制解除を目的としたツールを作り出すことが簡単にできるのです。excel(エクセル)であれば、業務上よく使われるツールとしてメールなどのやり取りも頻繁です。そのため、excel(エクセル)ファイルであれば簡単に開いてしまう可能性が十分にあるのです。ましてや、パソコンにあまり詳しくない人の場合、excel(エクセル)ファイルをテンプレートとして添付してきたりして場合、vbaファイルが追加されていてもあまり気にせずに開いてしまうでしょう。

テンプレートファイルとして開かれたvbaファイルに総当たり(Brute-force attack)ツールや辞書解析攻撃(Dictionary attack)ツールが装備されていた場合、瞬時に解析が行われ強制解除されてしまうのです。excel(エクセル)のテンプレートだけではなく、word(ワード)のテンプレートやaccess(アクセス)のテンプレートなどであってもvba機能は備わっているので、vbaファイルを添付されても不思議ではありません。そのためexcel(エクセル)のテンプレートだけを気にするのではなく、他のソフトやアプリに対してもvbaファイルやマクロファイルが添付されているか注意をするのがおすすめです。

こういった攻撃から対処するためにも、辞書から簡単に想像がつくpassword(パスワード)を避けるようにしましょう。また、password(パスワード)にも人気があるpassword(パスワード)というのが存在します。人気のpassword(パスワード)を使用すると、いとも簡単に解除をされてしまいます。人気password(パスワード)はインターネットで検索することができますので、自分のpassword(パスワード)が人気のあるものかチェックするのがおすすめです。

パスワードの解除などなりすましサイトに要注意

先に説明したとおり、vbaファイルなどのマクロファイルであっても、password(パスワード)を強制解除させたり瞬時解除させる解析ツールを仕込むことができるわけです。そのため、信頼できる相手から入手したファイルであっても、拡張子に見覚えがない場合は容易にダウンロードしない、そして開かないようにするのがおすすめです。
しかし、こうした添付ファイル以外の方法であってもpassword(パスワード)を強制解除する方法があります。それは、なりすましサイトです。なりすましサイトはあたかも従来から使用しているWebサービスのようなログイン画面で、偽物のサイトに誘導してpassword(パスワード)を抜き取ります。

この方法であれば、総当たり(Brute-force attack)を行う必要もありません。なにせ、正解のpasswrod(パスワード)を知っているのですから、強制解除というよりも、一発解除や瞬時解除といった方が良いでしょう。例えばアナライザーをWebサイトで使用しているとします。するとアナライザーの運営を語ったメールが突然送られてきます。アナライザーへのログインpassword(パスワード)を忘れたなどで問い合わせしたわけでもなく、アナライザー運営を名乗る側から一方的にメールが送られてくるのです。そして、アナライザー管理画面へのURLが貼り付けられたメールから、ログイン画面に移行してログインをしてしまうというわけです。しかしながら、そのログイン画面は偽物で、そこからpasswrodを抜き取られてしまうのです。

また、アナライザーサービスだけではなく、こうしたWebサービスのpassword(パスワード)は忘れたら良くないと考え、同じpassword(パスワード)を選びがちです。しかし、忘れたらという不安だけで同じpassword(パスワード)にしてしまうと、一つ解除されるだけで、他のサービスも瞬時解除・一発解除されてしまいます。忘れたらという不安よりもセキュリティを重視するようにしましょう。そして、簡単すぎるpassword(パスワード)を使わないようにするのもおすすめです。

フリーソフトやアプリも注意

悪意のあるソフトを埋め込んでいるフリーソフトやフリーアプリにも注意が必要です。キーロガーと言われる、入力されたキーを抜き出す悪意のあるツールが組み込まれているソフトやアプリも存在します。例えば、便利そうだとフリーソフトやフリーアプリを無料でダウンロードしたとします。無料ダウンロードでインストールしたフリーアプリやフリーのソフトは、表面上の使い方は一般的なソフトやアプリと変わりません。

しかし実はフリーのソフトやフリーアプリの裏側では、通常の使い方ではなく入力されたキーを読み取っているという動作をしているのです。無料ダウンロードして便利に使っているソフトやアプリですが、実は裏側ではWebサイトやソフト、アプリに打ち込んでいる、パソコン上で打ち込まれた文字を全て取得しているのです。こうすれば、総当たりでpassword(パスワード)を解析せずとも、瞬時解除・一発解除が可能となり、いろいろなツールやWebサイトで強制解除をされてしまうのです。

人気があるフリーソフトやアプリであれば、このような悪意をもったソフトやアプリは見かけません。しかし、人気がないまたは人気があるように見せかけている、誰もおすすめしていないのに一つのサイトで異様に人気がるように見せているなどといったソフトの場合、本来の使い方以外の悪意があるツールが埋め込まれている可能性があると疑うと良いでしょう。

また、ソフト自体にpassword(パスワード)を設定する場合もあります。ソフトやアプリの中には、独自のサーバーとアクセスする使い方で、情報を提供しているサービスもあります。こういった使い方のソフトやアプリの場合、password(パスワード)もサーバーに保管されます。ほとんどの場合はセキュリティ上問題がありませんが、場合によっては個人情報が漏出してしまうこともあります。こういった可能性に対処するためにも、password(パスワード)を忘れた時のことを考えて同一のものを使うのではなく、忘れた時以上にセキュリティを考えるようにしましょう。同じpassword(パスワード)ばかり使っていると、総当たりという手間をかけずとも複数サービスを簡単に一発解除されてしまいます。一発解除されてしまうと、瞬時に情報などを抜き取られてしまうのです。これは、Webサービスと同じ考え方です。




タイトルとURLをコピーしました