エクセルシート比較ツール

検索置換、マッチング Excel




ファイル、シートの比較/Excelで作成したフリーソフトです。

ファイル比較、差分同期編集、比較結果出力、コマンドライン、編集に追尾する差分、リアルタイムマーキングなどが可能です。任意の2つのシートを比較し、その差分を別シートに出力します。Excelファイルを比較・不一致箇所セルにマーキングします。




目次

ファイル比較ソフトで差異や差分を把握する

仕事では、テキストファイルやExcelファイル、Wordファイルなど、さまざまなファイルやシートを使います。これらの作成したファイルやシートを比較するシーンも多くあります。
例えば、月ごとや年ごとのデータを比較する場合です。売上や利益などの営業成績や、客数の増減など月ごとや年ごとのデータを比較し、現状や問題点の把握をすることができます。また、ファイルやシートを比較することで、予算と実績のように、見積もりと実績にどのような差があったかなどを把握することも可能です。
それ以外にも、似たようなファイルやシートがある場合に、2つのファイルやシートを比較し、最新のものや必要なものがどれか整理することも可能です。
これらファイル・シートの比較は、一つひとつ手作業で確認するとなると大変です。そのため、通常は比較用のソフトを使って差異や差分を把握します。




エクセルシート比較ツール

テキスト差分表示ツール

テキスト差分表示ツール

TEXT/EXCEL/WORD/HTTP/FTPなどのファイル比較、差分同期の編集、比較結果の出力、コマンドラインやバッチ対応ができます。、2つのファイルの差分を見やすく表示するプログラムです。フォルダ内のファイル一覧の差分表示もできます。操作は簡単です。

Hi Win Diff

Hi Win Diff

テキスト、Excel、Word、バイナリ、フォルダの差分を比較して結果をExcel出力できる、ファイル比較ツールです。相違点を色分けして表示できます。比較結果を色分け情報も含めてエクセル形式で保存可能です。クリップボード内の文字を取得し比較が可能です。

Excel ワークシート比較 ( リアルタイム比較も可 )

Excel ワークシート比較 ( リアルタイム比較も可 )

エクセルファイルを比較して、差分編集するソフトです。従来のExcelファイル比較ツールで一般的な、差分や確定マーキング機能に加えて、編集に追尾する差分、リアルタイムマーキング機能が追加されています。好みの書式に変更できます。

Excel シート比較ツール

Excel シート比較ツール

Excelファイルのシート間のデータを比較処理します。比較結果は、追加されるブックファイルに結果シートとして表示されます。Excelファイルの種類の拡張子は、xlsx、xlsm、xlsです。拡張子がcsv、txt、odsのファイルも、Excelで開けることができます。

Kazuasa’s Ex Diff

Kazuasa’s Ex Diff

Excelファイルの比較、検索、連続印刷ができます。差異のあるセルの背景を変更して出力します。比較結果を更新履歴の様に出力し、履歴管理をサポートします。指定した文字を、指定ファイルの全シートについて検索します。ファイルを選択し一括で印刷します。

Excel Diff

Excel Diff

高度なアルゴリズムで、2つのエクセルファイルを比較し、相違点をわかりやすく表示します。相違点をエクセルで出力、相違点をセル単位で表示、フォルダを丸ごと比較、同一ファイルの別シート比較、同一シートの別範囲比較、複数ファイルを一括比較など。

ベリファイエクセル

ベリファイエクセル

Excelの2つのbookを比較して、違う箇所を発見します。違う箇所を発見したら、その位置のセルを赤く塗りつぶします。チェックが終了したら、赤いセルを探せば違っている箇所の位置がわかります。比較されるbookは一切変更しません。

Comp EF

Comp EF

Excelファイルの内容を比較します。2つのExcelを比較して、マーキングしてくれるソフトです。どこを変えたのか全部目を通さなくても、Excelファイルの更新内容が、短時間で把握できます。

 

マッチング、重複チェック、並び替え/Excelで作成したフリーソフトです。
異なるブック間シート間のマッチング、データを片方から片方へ転送、抽出集計、名称一括変更、データマッチングなどができます。アドレス帳の並び替えや、宛名印刷が操作できます。役職、組織、科目など並び順を指定したいリストソートが簡単です。


ファイル・シートのマッチングのフリーソフト・エクセルテンプレート

Excelでマッチング

Excelでマッチング

異なるブック間シート間のマッチングができます。同一キイ集計、自動改行、電子印鑑など。異なるシート、異なるブック間を、指定キイでマッチングし、データを転記します。同じキイに従属する数値データを加算し、重複する行を削除します。

ビジネス用 マッチングマクロ ~高速版~

ビジネス用 マッチングマクロ ~高速版~

2つのEXCELデータを指定したキーでマッチングさせ、片方から片方に指定した列の値を転送します。2つのデータをリンクさせる処理全般に有効です。入力用の各種ツールが指定でき、説明コメントも充実しています。パラメータの保存・再利用も簡単です。

Excel Dev Tool (エクセル機能拡張でパワーアップ)

Excel Dev Tool (エクセル機能拡張でパワーアップ)

抽出データの集計、名称の一括変更、データマッチング、Grep、文字の変換、ファイル一覧の作成、文書作成、保護の解除、入力フォームの作成、比較処理、図形処理、別ウィンドウなど、すべての機能が、Excel上で直接使えます。作業効率は数倍にアップします。

エクセルで1:nマッチング

エクセルで1:nマッチング
二つのシートから、複数のマッチングキーを指定し、キーが一致、不一致の条件により、最大3シート(同一も可)に出力します。プログラミング(マクロ、関数の記述)は一切使用してません。入力シートのマッチングキーは、最大255までとなっています。また、入・出力シートは、任意のシートが選択可能です。マッチング範囲は、シート中の任意行から任意行で指定することができます。また、入力シートの事前ソートは不要となっています。ただし処理速度が遅いのが気になるところです。

ファイル・シート重複チェックのフリーソフト・エクセルテンプレート

EXCEL 高速重複チェックツール ( MUTIL_UNIQUEN )

EXCEL 高速重複チェックツール ( MUTIL_UNIQUEN )

高速に重複チェックするEXCELアドインツールです。数万件の大きなデータでも、かなり高速に動作します。Excelに重複チェックのメニューを追加して呼び出せます。範囲指定してボタンを押すだけなので操作も簡単です。元に戻す機能もあります。

Folder List

Folder List

Excelでファイル管理し、重複ファイルを見つけることができます。ファイルやフォルダのリストを作成するツールです。対象フォルダを複数指定でき、離れたフォルダにあるファイルでも検出できます。ディスク・ドライブの情報も取得し表示します。

秒速 ダブリ出しII

秒速! ダブリ出しII

列と列を簡単な操作で超高速に比較し、重複または不一致、差分を抽出するExcel用アプリケーションです。大文字小文字、半角全角を区別するかしないかを指定できます。単一セル選択で縦に拡張、ドラッグして任意範囲指定も可能です。処理方法を指定できます。

重複データマクロ ~高速版~ビジネス用

重複データマクロ ~高速版~ビジネス用

重複状況を指定キーで判定する、高速版ソフトです。重複状況のマークや重複のないデータの出力など、重複処理が簡単に行えます。データ種類の取得、件数表の出力などの作業に使えます。データ件数の増減に自動対応します。入力用各種ツールが充実しています。

重複するデータを検索アドイン

重複するデータを検索アドイン
重複する複数のデータを検索し、色分け、又は一覧で表示するソフトです。複数のセル範囲に対応しています。また、空白セルを無視するかの選択することが可能です。表示の種類には、フォームに一覧表示する方法と該当セルに色を付ける方法があります。色付けは20色まで色分けをします。それ以上に重複データがある場合は、色が重なります。セルに色を付けられない場合は一覧表示に切り替わります。

Excel Winds データ抽出マクロ

Excel Winds データ抽出マクロ
エクセルでのデータ抽出機能を強化するソフトです。選択したセルの値に合致する行のみを表示します。選択したセルの列に含まれる値を重複しないで表示するフォームを表示します。そこで選択した値にワークシートの行を絞り込みます。また、選択したセルの列で値が重複している行を非表示にします。さらに、選択したセルの列の値ごとに新たにワークシートを作成します。

ファイル・シート並び替えのフリーソフト・エクセルテンプレート

シート並び替えアドイン

シート並び替えアドイン

シートを並び替えするEXCEL用アドインです。指定した順番にシートを並び替えます。大量のシートを扱っていて、並び替えする場合には便利です。リストボックス内のシートを複数選択できるため、操作性が格段にUPします。

文字列ソート Super SORT

文字列ソート Super SORT

テキストファイル(CSV、タブ区切り)、EXCELファイル(XLS)の表示、並び替え、変換ができます。シフトJISの他、UNICODEでも読み書きでき、日本語以外の文字もソート可能です。ソートは語数、文字数、文字で比較できます。桁(カラム)の入れ替えが可能です。

Excel クイックシートアクセス

Excel クイックシートアクセス

Excelのシートの一覧表示、追加、削除、並び替えがラクラクです。独自のフォームにシート一覧が表示され、簡単に他のシートに移動することができます。移動前のシートに戻ることも可能です。シートの新規作成、複製、削除、並び替えなどが簡単に行えます。

ビジネス用 ソートマクロ ~役職順・組織順対応版

ビジネス用 ソートマクロ ~役職順・組織順対応版

役職、組織、科目など並び順を指定したいリストソートができ、自組織にあわせカスタマイズも簡単です。入力用の各種ツールが充実しています。並び順のパラメータ指定は、柔軟な設定が可能です。一度セットしたパラメータは繰り返し利用可能です。

エクセルの抽出ソート

エクセルの抽出ソート
エクセルのシートから、シートへソートし抽出(一括処理型)するソフトです。Excel2007で使用可能ですが、ファイル拡張子がxlsx、xlsm等となっているブックを、入出力に使用することは出来ません。一件が複数行に渡っているデータも対応することが可能です。また、キーの最大は255となっています。ただし、処理速度が遅いといった欠点や、プログラム内にエラー処理が記述されていないなどの難点があります。

エクセルで条件付き書式によるシート比較をやってみた

エクセルのシート比較

エクセルのシートを比較する場合、フリーソフトを導入するのも良い方方法ですが、エクセルでの作業によるシート比較でも対応することができます。
データが酷似したエクセルのシートを比較したり、複数管理されてしまったエクエルのシート比較をするなど、使う場面はさまざまだと言えるでしょう。
エクセルには、標準でシート比較を行う事ができるツールなどが備わっているわけではありません。そのため、似たようなエクセルシートが存在した場合は、更新日付などで比較をして最新ファイルかどうかを確認するといったのが一番簡単な方法ですが、トラブルが発生しそうな手法とも言えます。こうしたトラブルを避けるためにも、シート比較を行うための方法について紹介します。

条件付き書式によるシート比較

2つのシートを比較する方法の一つとして、条件付き書式を活用する手法があります。
条件付き書式とは、シートの表に含まれている値に対して、あらかじめ指定しておいた条件とマッチした場合に、セルに色を付けたり文字のフォントを変えたりなどが適用される機能です。
これであれば、一覧の中から条件にあった値などを簡単に見つけ出すことができます。
例えば、表の中に「■」や「○」といった特定の文字が含まれているものだけを洗い出す時などには、■が入っていればセルを赤く、○が入っていればセルを青くなどの指定をすることで、二つのエクセルの差異を見つけ出す事が可能です。

データ量が多い場合のシート比較

データ量の多いエクセルのシート比較を行うことも少なくありません。こういった場合は数式を用いた条件付き書式を設定することで、セルに色などを付けてシート比較を行う事ができます。この場合のシート比較は、数式を指定した条件付き書式は、他のエクセルファイルで適用する事ができません。そのため同エクセルファイル内、いわゆる同じブックで行う必要があります。
そこで、比較したいシートを新たなブックに集約して条件付き書式を使用するという方法が、作業手順的にも簡単でおすすめです。
シートのコピーは、対象となるシートの右下にあるノンブルを右クリックすることで、シート移動やコピーのメニューが出てきます。そのメニューにある「移動またはコピー」を選択し、「移動先ブック名」にシートを集約したいブック名を選ぶことでシートを集約できます。
注意しておきたいのは、このメニューの下にある「コピーを作成する」というチェックボタンです。初期設定では、この「コピーを作成する」チェックボタンにチェックが入っていないため、そのままOKボタンを押すとシートが集約したいブックに移動してしまいます。
複数のシートを管理する危険性を排除するために、シートを移動して条件付き書式を設定するのも良いのですが、加工前のデータを作業が終わるまで保管しておくことで、例えば、加工時に間違ってデータを削除してしまったなどといったトラブルが発生しても、加工前の状態に簡単に戻す事ができます。そのため、加工が終了するまでは加工前のデータは保管しておくことがおすすめです。
こういったことに対処するため、シートの集約時には、「コピーを作成する」のチェックボタンにはチェックを入れ、元となるデータを複製して作業に取り掛かるようにしましょう。

知っていると便利なエクセルのシート比較方法

シート比較はエクセルブックで集約する

実際に作業する時には、先に説明したように比較するためにシートを集約します。そこで、エクセルブックを新たに作成するのが一番わかりやすいはずです。
例えば2つのシートを比較したい場合、新たに作成されたエクセルブックに対して、比較したいシートをコピーします。コピーはデータを全て選んで、まっさらなシートにコピー&ペーストする方法があります。この方法であれば、数字や日付といったデータの形式を気にすることなく、すべて同じデータ形式として扱う事ができます。
ただし、同じようなデータを比較するのであれば、先に説明したシートのコピーを利用するのがおすすめです。シートをコピーした後は、それぞれのシートにどちらがどの時点のどういったデータかわかるように、ノンブルに名前を付けておくとトラブルを防げます。「Sheet1」というシートをそれぞれ同じブックにコピーしてきた場合、二つ目以降は「Sheet1 (2)」という名前が割り振られてしまうため、データの管理として不適切な状態になるからです。シートの名前を複雑なものにしても仕方ないので、簡易的な名前にするのがおすすめです。

シート比較のスタイル設定

シート比較を行う新たなエクセルブックが作成できたら、どちらかのシートを選択し、シート内の比較したいデータ範囲を選択します。シート全体を選択したいのであれば、CtrlキーをAを一緒に押すことで、全体選択が簡単に適用されます。
選択した後に、「ホーム」メニューにある「スタイル」グループから、「条件付き書式」を選択し、「新しいルール」を選びます。
選択後、「新しい書式ルール」というダイアログが表示されますので、そのダイアログ内にある「ルールの種類を選択してください」という一覧の中から「数式を使用して、書式設定するセルを決定」という項目を選択します。
選択をすると、ダイアログ下部に表示されている「ルールの内容を編集してください」の項目内に「次の数式を満たす場合に値を書式設定」というボックスが表示されます。このボックス内に「=A1=(比較対象のシート名)!A1」と書き込みます。これは、現在作業しているシートのA1セルと比較対象となるシートのA1の値が等しいという意味を表しています。こうすることで、対象のセル内のデータが等しいかどうかをチェックすることができるのです。もし、等しくないという条件を与えたい場合は「=」の部分を、等しくないという意味を表す「<>」に置き換えて設定してください。

マウス操作でシート比較範囲が変わる

書式を変更させる条件を満たすための式を設定した後は、「書式」ボタンを押して、対象のセルに対して、フォントを変えたり、罫線を引いたり、塗りを指定したりといった、セルに対しての指定を行う事ができます。
上記で設定したセルの書式設定はA1に対しての対象となりますが、セルを複数選択するなどして指定をすると、対象のセルに書式設定が追加されます。
なお、書式設定の「次の数式を満たす場合に値を書式設定」で値を加工している際には、マウス操作はエクセル内のセルの移動操作を伴います。マウスによるセル移動を感知して、「次の数式を満たす場合に値を書式設定」の値も変更されシート比較の範囲が変わってしまいますので、設定時には注意しましょう。

条件付き書式のシート比較の注意点

条件付き書式を使用する時に注意したいのが、セル内の文字列に対して適用されるというところでうす。
例えば、「2」というセルと「=1+1」というセルが混在していたとします。セル内のデータをチェックすると確かに「2」と「=1+1」なのですが、セルに表示されている値はどちらも「2」です。
こういった場合は、「2」という値で判断するのではなく、「2」と「=1+1」という文字列に対して条件付き書式の判定が適用されるため、同じデータだとは判断されないのです。
もし、数字と数式が混在しているデータを比較したい場合は、「形式を選択して貼り付け」などから値としてセル内に再度、データをコピー&ペーストする必要があるのです。
もし、そのままのデータで比較するのであれば、マクロなどを使用して比較させる方法を取り入れる必要があります。マクロは動作を記憶させるだけではなく、VBAとしてプログラムのロジックを組み込む事ができます。

エクセルのシート比較ができるフリーソフト

シート比較にマクロを使う

書式設定以外でシート比較やブック比較をする場合は、先にも触れた通りVBAなどのマクロを活用する方法があります。マクロは動作を記憶させる方法とプログラムを作成する方法などがあります。今回の、シート比較などを行いたい場合については、プログラムによるマクロ作成が成功しやすいといます。
自分でVBAを構築するのが困難な場合は、フリーソフトとして提供されているアドインを導入するのがおすすめです。アドインは、すでに作成されているVBAを自分のエクセルに導入することができるツールです。
アドインを導入する方法については、インターネットで探すだけで簡単に見つけることができます。アドインは、エクセル上にボタンを作るなどして、まるでエクセルに組み込まれているソフトのように使用する事ができます。
アドインには色々な種類がありますので、シート比較だけではなく、いろいろな種類のアドインを探し自分の作業にマッチしたツールを導入するのもよいと言えるでしょう。

シート比較にフリーソフトを使う

複数のブックやシートを比較する時には、書式設定やアドインだけでは対応できない場合があります。こういった時には、フリーソフトなどのソフトウェアをダウンロードして使用するのが良いでしょう。
また、複数のブックやシートを比較するという目的ではなく、定期的に比較する事があるといった場合も、ソフトウェアを導入するのがおすすめです。
機能的には似たソフトウェアであっても、それぞれのソフトにより使い勝手やできる事が違います。
フリーソフトであれば、ダウンロードして試しに使ってみるということが気軽にできます。また、それぞれの作業に対して複数のソフトを導入しやすいと言うのもフリーソフトの醍醐味です。

エクセルのシート比較は効率的に

エクセルのシート比較には、書式設定による比較、マクロやVBAによる比較、アドインを導入することによる比較、そしてフリーソフトなどソフトウェアを導入する方法といった方法があります。
どの方法も一長一短があり、それぞれの方法に得手不得手があります。
自分の使い方にあったツールを選ぶのも良いですし、用途に合わせて複数の手法を組み合わせたり取り入れたりするのも良い方法です。
ただし、ツールも使い方によっては作業効率を低下させることがあります。自分に必要なポイントを見極めて、作業の効率性が向上するような手法を検討して取り入れるようにしましょう。

エクセル関連のフリーソフト

タイトルとURLをコピーしました