画像写真の挿入・貼り付け・変換・圧縮/エクセル

画像写真、CAD図形変換 Excel




画像の挿入・貼り付け・変換・圧縮/Excelで作成したフリーソフトです。

Excelシートへ画像を挿入、画像一覧をExcel形式で作成、画像をJPG変換、Excelにセル交換、エクセルへ画像挿入、画像貼り付け、画像変換、a4 8枚などに写真挿入、写真台帳、a4 8枚に写真貼り付け、一括挿入、塗りわけ、解析レポート、画像変換、PDFファイルをWord/Excel/Textに変換、ExcelのWorkbookと画像を相互変換、画像を最適化してファイル容量を縮小化することができます。また、サイズ圧縮・データ圧縮・jpeg変換・png変換・pdf挿入・マクロなどもダブルクリックだけで可能なアプリもあります。
これらの人気アプリやエクセルテンプレートが無料でダウンロードできます。




目次

画像の挿入・貼り付け のフリーソフト

Excelの画像の挿入・貼付・変換機能を活用する

Excelは、表計算やグラフ作成など、ビジネスや趣味などでいろいろと使えるソフトです。そのExcelで資料を作成するうえで便利なのが、画像の挿入や貼付、変換などの機能です。
例えば、販売する商品や、コレクションしている商品などの一覧を作成する場合に、その品番や説明文とともに画像が貼り付けてあれば、確認作業などの管理がしやすくなります。
また、ビジネスで上司や取引先と話をする場合も、画像の付いている資料があった方が便利です。Excelで画像を挿入したり、貼り付けたりするときに気を付けなければならないのが、サイズや画質です。サイズや画質が合わないと、資料の体裁が崩れたり、画像が見にくくなったりします。セルのサイズなどに合ったサイズや画質を選びましょう。
たくさんの画像の挿入や貼付をする場合は、一括挿入やJPGとの変換機能などがついた専用のソフトを使って行うのも一つの方法です。手間や時間の削減になって便利です。
さらに、ダブルクリックだけでサイズ圧縮・データ圧縮・jpeg変換・png変換・pdf挿入・マクロなどができるソフトもあれば、業務の幅も広がり、仕事が楽になるでしょう。
まずは無料の人気アプリやエクセルテンプレートからダウンロードしてみてはいかがでしょうか。

Excel クリック挿入

Excel クリック挿入

アクティブセル内へ、画像を挿入できるアドインソフトです。Excelシートへ、画像を挿入する作業を、簡易化できます。セルをダブルクリックするだけで、図の挿入ダイアログを表示します。画像を選択すると、画像サイズを調整して、a4 8枚などの形で挿入します。

EXCEL の画像貼り付け補助ツール

EXCEL の画像貼り付け補助ツール

EXCELのシートに、指定フォルダーの全画像を貼り付けるツールです。仕事などでデジカメで、写真報告書を作りたい時に便利です。写真を貼り付ける寸法や、位置を調整する煩わしさを解消できます。報告書だけでなくプライベートでも使用できる内容です。画像挿入・a4 8枚などの画像貼り付け・画像変換・写真挿入・写真台帳・写真貼り付け・一括挿入など。

ITS Excelツール

ITS Excelツール

Excelにドラッグ&ドロップで、画像を貼り付けるアドインソフトです。選択したセル範囲の大きさに合わせて、画像を貼り付けられます。アドインソフトなので、どのExcelブックでも利用できます。クリップボードにある画像データの貼り付けもできます。画像挿入・画像貼り付け・画像変換・写真挿入・写真台帳・写真貼り付け・一括挿入なども可能です。

Image Inserter for Excel

Image Inserter for Excel

Excelワークシートへの画像の挿入が、簡単にできるアドインです。a4 8枚など、画像サイズをセルサイズに合わせて挿入できます。セルサイズを画像サイズに合わせて挿入できます。セルから画像間の、余白設定が可能です。誰でも簡単に使える、フリーソフトです。


画像の変換・圧縮 のフリーソフト

画像 JPG 変換 For Excel「七変化」

画像 JPG 変換 For Excel「七変化」

画像をJPG変換することができるコンバータです。形式の変換可能な画像形式は、BMP、JPG、GIF、WMF、PNGです。この形式ファイルを、JPG形式にコンバートします。HTML等の縮小画像ファイルの作成用などに便利です。サイズ圧縮・データ圧縮・jpeg変換・png変換・pdf挿入・マクロなども可能です。

Tool★彡 (ツールスター)

Tool★彡 (ツールスター)

Excelにセル交換、塗りわけ、解析レポート、画像変換等の、便利なツール集です。セル選択の一部解除、特殊なセル範囲を簡単に選択などができます。他にテキスト形式に変換、縁取り罫線、選択セル範囲の罫線を図形の直線に変換など、多数の機能があります。画像挿入・画像貼り付け・画像変換・写真挿入・写真台帳・写真貼り付け・一括挿入なども可能です。

PDF & 画像 JPG 変換 「春うらら」

PDF & 画像 JPG 変換 「春うらら」

PDFや画像をJPGに、変換することができるユーティリティーです。今回、主流になってきたPDFの変換もできます。使い方は簡単で、ほとんどの操作がマウスでできます。簡単な操作で分かりやすい、JPG変換のシェアウェアソフトです。

リネーム太郎「名前変更・削除・画像表示」Excel

リネーム太郎「名前変更・削除・画像表示」Excel
画像を確認しながら一括でファイル名変更ができるソフトウェアです。エクセルファイルで作成されている、フリーソフトとなっています。親フォルダから下の階層まで全部読み込み、1000個ぐらいのファイルを一括で名前の変更と削除ができます。また、画像データがあれば画像を常時表示するようにし、いろいろな条件で並び替えて名前の変更と削除をすることが可能です。




写真の挿入・印刷/Excelで作成したフリーソフトです。

ダブルクリックでEXCELシートにデジカメ写真を貼り付け、デジカメ画像をA4用紙に印刷、デジカメ画像をL版写真に印刷、画像をExcelでアルバム管理、画像や図形の、必要部分のみ切り抜き、デジカメ写真からアルバム作成、デジカメ画像を証明写真として印刷などができます。これらの人気アプリやエクセルテンプレートが無料でダウンロードできます。




写真の挿入・印刷 のフリーソフト

写真の挿入印刷機能で、アルバムからチラシまで

EXCELシートなどに写真を挿入して印刷する機能を使えば、プライベートから仕事に至るまで、いろいろなことができるようになります。プライベートでは、デジカメで撮った写真を印刷して友達に配ったり、孫の写真を印刷し写真立てなどに入れて祖母や祖父へのプレゼントにしたりすることができます。フィルムを現像する必要がないので、手間もコストもかからず便利です。
仕事では、デジカメ写真にコメントや図形などの写真情報を入力して印刷すると、チラシやポスター、DMが簡単にでき、集客などに使うことができます。こちらも印刷業者などに作成を頼む必要がないので、コストの削減などの効果も期待できます。
パソコンやEXCELに不慣れな人でも、写真の挿入や印刷機能のついたソフトやテンプレートを使うことで、簡単に作業ができます。フリーソフトも多くあるので、自分に合ったソフトを使い、プライベートや仕事を充実させましょう。
まずは無料の人気アプリやエクセルテンプレートからダウンロードしてみてはいかがでしょうか。

Excel写真貼付 1.5

Excel写真貼付 1.5

EXCELシートにデジカメ写真を、貼り付けることができる人気ソフトです。A4に1枚、2枚、8枚の貼付方法を選択することができます。大量のデジカメ写真をExcelに貼り付けて、表示、印刷できます。画像圧縮機能を使うと、表示されている大きさに容量を圧縮できるおすすめアプリです。サイズ圧縮・データ圧縮・jpeg変換・png変換・pdf挿入・マクロなども可能です。

写駿 mini

写駿 mini

Excelで写真等の、画像挿入ができるおすすめアドインです。セルの大きさに自動調整されて貼付けするので、作業負担を軽減できます。192万画素相当にサイズ圧縮して貼付けする事により、ファイル容量を少なくできます。写真の角を丸くして、貼付けできます。サイズ圧縮・データ圧縮・jpeg変換・png変換・pdf挿入・マクロなども可能です。

フォトファイル君

フォトファイル君

Excelのマクロで作ったデジカメ画像を、A4用紙にレイアウトを選んで、印刷できるおすすめソフトです。16種類の設定したレイアウトから、選択して印刷できます。画像は選択したレイアウトにより、縦横の寸法から自動で回転処理をして、適正な大きさに伸縮して配置します。

高機能アルバムソフト 「フォトマスターII Proフリー」

高機能アルバムソフト 「フォトマスターII Proフリー」

デジカメ写真にコメントや図形などの写真情報を入力して、印刷やExcel保存する、高機能のアルバムソフトです。数十種類以上のレイアウトから、アルバムスタイルを選択できます。写真上への図形描画、写真番号や撮影日時の自動入力、単語登録などができます。

アルバム君

アルバム君
画像をエクセルファイルでアルバム管理できるソフトウェアです。フリーソフトとして提供されています。エクセルマクロで作成された画を管理するためのシンプルなアルバムとなっています。気に入った画像を選択してアルバムにでき、任意の位置に画像を貼り付け、好きなコメントをつけることができます。また、アルバム内に貼り付けた画像の位置変更や入れ替えなどができます。

デジカメ画像一覧 [団欒」

デジカメ画像一覧 [団欒」
画像のサムネイルを作成するプログラムです。エクセル2002以上で動作します。読み込める画像の種類は、BMP,JPG,GIF,WMFです。画像フォルダを指定すると、その中に存在する画像ファイルを自動的に読み込み、シート上に順次貼り付けていきます。貼り付けた画像は、自由に配置や大きさを変更することが可能です。印刷、保存、拡張子の関連付けによる画像の編集なども可能です。

写真の挿入・印刷 のフリーソフト その2

デジカメ画像合成カッター 「カットマン2」

デジカメ画像合成カッター 「カットマン2」

デジカメ画像などの画像や図形の、必要部分のみ切り抜きができるおすすめプログラムです。画像に文字や図形を合成して、装飾することができます。使い方は簡単で分かりやすくなっています。ほとんどがマウス操作のみで実行できます。

おれんちのアルバム

おれんちのアルバム

デジカメ写真から、直接アルバムを作成できるおすすめソフトです。画像データを元に、アルバム用Excelデータを出力します。3行1列および、4行2列の2タイプのアルバムを作成することができます。操作が容易で、Excelデータなので、後の修正も自由にできます。

シャッフル プリント君

シャッフル プリント君

Excelで多数のお気に入りの写真をシャッフルして、プリントできるソフトです。写真は、A4用紙、はがきサイズに配置し、印刷します。誰でも簡単に使える、写真プリントのフリーソフトです。

Orris 画像フィット

Orris 画像フィット

Excel用の画像挿入を支援するアドインが無料でダウンロードできます。Excelワークシートへの画像や写真等の挿入が、簡単にでき便利です。指定したセルに画像の大きさを合わせたり、複数の画像を一度に規則正しく挿入できます。画像の大きさや位置を指定することができます。

顔プリ君

顔プリ君
デジカメ画像を証明写真として印刷可能にするソフトウェアです。エクセル97、2000、2002、2003のマクロとワークシートの汎用処理システムとなっており、フリーソフトとして提供されています。サイズは横20mm~80mm、縦20mm~100mmから自由に設定できます。印刷用紙はL判、はがきサイズが指定可能です。印刷枚数は1枚から8枚まで自由に設定できます。

デジカメL版プリント「L-Shop」

デジカメL版プリント「L-Shop」
デジカメ画像をL版写真専用の大きさに変更し、指定した枚数を印刷するソフトウェアです。エクセル2002以上で動くフリーソフトとなっています。エクセルで作られているソフトウェアなので、当然ながらエクセルをインストールしていないパソコンでは使用することができません。また、エクセル2002以上となっていますので、バージョンについても注意が必要です。


excel(エクセル)の画像・写真の挿入・貼り付け

excel(エクセル)の画像挿入を使用することで、excel(エクセル)の資料の見栄えが良くなる場合もあります。また、excel(エクセル)に画像挿入や画像貼り付けを行い、画像をまとめるという方法もあるでしょう。excel(エクセル)は、アルバムを作ったり資料を作ったりなど、プライベートからビジネスまで多様な場面で使用されています。
excel(エクセル)は表計算ソフトでありながらも、画像の取り扱いにも対応できるソフトだと言えるでしょう。

excel(エクセル)での画像写真の挿入・貼り付けなど取り扱いには注意

excel(エクセル)で画像挿入や画像貼り付けする場合は、貼り付ける場所に気を付けなければなりません。画像挿入や画像貼り付けをすることで、既存の表やデータの体裁が崩れてしまうためです。こういったトラブルが発生しないように、画像挿入や画像貼り付けを行う際には気をつけるようにしましょう。
また、写真挿入を行って画像貼り付けした写真は、変倍での編集はなるべく行わないようにしましょう。変倍とは、写真挿入された元の画像である貼り付け写真の、縦横比を崩しながら拡大・縮小するということです。変倍は、簡単にサイズを合わせることができますが、一方で画像の劣化や写真の見た目の変化など、写真挿入された写真本来の写真とは意味合いが変わってしまうからです。
写真挿入や画像挿入で貼り付けられた画像・写真を拡大・縮小する場合は、ドラッグと一緒に「Shift」を押しながら行うことで、等倍での拡大・縮小が可能です。画像挿入や写真挿入で挿入された画像の拡大・縮小は、必ず等倍で行うに心がけましょう。

excel(エクセル)から画像を取り出す方法

excel(エクセル)に画像挿入や写真挿入された画像を、excel(エクセル)から取り出したいといった時があるはずです。
こうした時の一番簡単な方法は、excel(エクセル)をweb形式で名前を付けて保存をする方法です。この方法であれば、excel(エクセル)に挿入されている画像がpng変換されて一括して出力されます。
写真台帳など数多くの写真があればあるほど、この方法で数多くのpng変換された画像が簡単に取得できます。

excel(エクセル)に使用する画像や写真はサイズに注意

excel(エクセル)に画像貼り付けや写真貼り付けを行うと、excel(エクセル)のファイルサイズが大きくなります。ファイルサイズが大きくなればなるほど、excel(エクセル)の動作は遅くなってしまいます。
こうした事態を避けるためにも、画像挿入・写真挿入・画像貼り付け・写真貼り付けする画像は、サイズ圧縮・データ圧縮された画像を使うのがおすすめです。
例えば写真貼り付けする画像データがpng形式だった場合、jpeg変換に画像変換するだけでもサイズ圧縮が行われます。それは、png形式よりもjpeg形式はよりデータ圧縮されたファイル形式だからです。この画像変換された写真を写真貼り付けすることで、excel(エクセル)のデータサイズはより押さえられていくわけです。
ただし、jpeg変換されデータ圧縮された画像は、サイズ圧縮とともに画質の劣化が発生します。特にjpeg変換はjpeg変換を繰り返すほどに画像の劣化が発生します。そのため、写真貼り付けなどで画質を重要視する場合は、例えファイルサイズが大きくなっても、サイズ圧縮・データ圧縮は行わず、元の写真を写真貼り付けするのが良い方法だと言えるでしょう。

フリーソフト・アプリで画像変換して圧縮すると簡単

フリーソフトやフリーのアプリでは、jpeg変換やpng変換においてサイズ圧縮・データ圧縮はするものの、画像劣化を伴わないという画像変換ソフトやアプリも存在します。
こうしたフリーソフトやフリーアプリであれば、簡単に画像変換ができるのでサイズ圧縮・データ圧縮にはおすすめです。使い方も簡単で、ダブルクリックで設定を変えられたり、画像をドラッグ&ドロップするだけでサイズ圧縮・データ圧縮できたりなどさまざまです。
人気のフリーソフトやフリーアプリは特に、無料ダウンロードサイトでもおすすめされています。jpeg変換やpng変換などの画像変換ソフトを検討するのであれば、こうした人気でおすすめのフリーソフトやフリーアプリを無料ダウンロードして、画像変換を行うのがおすすめです。

写真や画像の一括挿入は、フリーのアドインの活用が便利

写真台帳作成など、画像などを一括挿入する場合は、フリーソフトやフリーのアプリだけではなく、フリーのアドインやマクロをダウンロードして使うのもおすすめです。
業務などで写真台帳を作る時には、a4サイズにどの程度写真を挿入するかを考える必要があります。それは業務で使われる写真台帳の多くはa4サイズでの取り扱いとなるからです。そして、多くの場合a4 4枚およびa4 8枚の写真配置となります。また、写真台帳ではjpegやpngなどの画像データの挿入だけではなく、pdf挿入を行う場合があります。pdf挿入とjpeg挿入が混在していると、それだけでサイズの調整や配置など簡単ではなくなります。こうした簡単ではない、例えばa4 8枚などテンプレートに合わせる作業を、ソフトやアプリだけではなく、無料でダウンロードできるアドインやマクロで行うことができるのです。
フリーのアドインやマクロでは、例えばa4 8枚にテンプレート化された写真台帳に、ダブルクリックで写真を一括挿入するものや、a4 8枚のテンプレートにpdf画像をpdf挿入する機能を持っているものもあります。
また、アドインやマクロの魅力は、自分が作成したa4 8枚やa4 4枚などの写真台帳テンプレートに、画像を一括挿入できるというところです。フリーのソフトやアプリなどでは、自分が作成したa4 8枚などのテンプレートを使用できない場合があります。しかし、excel(エクセル)に組み込んで使用するアドインやマクロであれば、オリジナルな写真台帳テンプレートに画像の一括挿入をすることが可能なのです。こういった点も、アドインやマクロがおすすめと言えるポイントとなります。
中には、フリーソフトやフリーのアプリなどよりも、より優れているアドインやマクロも存在します。人気があるフリーのアドインやマクロは無料ダウンロードすることで、すぐにそして簡単に使用することができます。

用途にあったソフトやマクロを見つけよう

ダブルクリックだけで簡単にpng変換ができたり、ダブルクリックだけでpdf挿入や一括挿入ができたりと、無料のソフトやアドインは非常に便利に使用できるツールです。特にダウンロード人気が高い無料のソフトやアドインになると、一括挿入やpdf挿入そしてpng変換など、1つのソフトやアドインで数多くの機能を備えているものがあります。
人気が高いこうしたソフトやアドインではありますが、自分の用途にマッチングしているかはダウンロードしてみないとわかりません。例えば、ダブルクリックだけで機能を実行できるが、実は自分の使い方はダブルクリックではなくドラック&ドロップの方が使いやすかっただとか、pdf挿入できるがpdf挿入の機能はいらなかったなど、使う人により使い方や必要な機能は違うのです。
まずは人気があるソフトやアドインをダウンロードして使用し、必要な機能や使い方を見極め、その上で自分に本当にマッチングしているソフトやアドインを探してみると良いでしょう。
一方で、フリーソフトやアプリを自分だけで見つけるのが大変な場合もあります。そうした労力を少しでも減らしていくためにも、おすすめのソフトやアプリそしてアドインをまとめて紹介してくれているサイトなどを利用することで、数あるソフトの中から自分にマッチングしたソフトを効率よく見つけていくことができるはずです。


写真台帳は変換して使用がおすすめ

画像挿入・写真挿入や画像貼り付け・写真貼り付けした写真台帳を他者にデータで渡す場合、excel(エクセル)のデータのままで渡してしまうのはおすすめできません。
例えばa4 8枚のexcel(エクセル)の写真台帳テンプレートに、画像挿入・写真挿入や画像貼り付け・写真貼り付けを行い作成したとします。自分のパソコンではa4 8枚のexcel(エクセル)の写真台帳は、綺麗に画像挿入・写真挿入されたテンプレートのままの体裁で見ることができます。ところが、他の人が使っているパソコンなどで、このa4 8枚のexcel(エクセル)の写真台帳を開いてみると、テンプレートの体裁からはみ出た状態になったり、画像挿入・写真挿入や画像貼り付け・写真貼り付けした箇所がずれていたりするトラブルが発生します。

このパソコンによる体裁の違いは、理由の一つにexcel(エクセル)のバージョンの違いがあります。excel(エクセル)テンプレートを利用して、a4 8枚の写真台帳を作成したソフトのバージョンと、画像挿入・写真挿入されたa4 8枚の写真台帳を開こうとしているexcel(エクセル)のバージョンを揃えなければなりません。加えて、画像挿入・写真挿入や画像貼り付け・写真貼り付けされた画像には関係があまりありませんが、excel(エクセル)のバージョンが同じであっても、ファイルを開くパソコンによって見た目の体裁が変わってしまうトラブルもあります。

例えば、a4 8枚の写真台帳を作成した時、文字のフォントに「MS明朝」を選択したとします。しかし、a4 8枚の写真台帳を開くパソコンに同様のフォントがなければ、同じ文字体裁を表示することができないのです。ただし先にも触れたとおり、フォントの体裁崩れによる画像挿入・写真挿入や画像貼り付け・写真貼り付けされた画像の体裁崩れはあまりありません。

写真台帳はpdf変換するとどのパソコンでも体裁を崩さずに表示できる

では、画像貼り付け・写真貼り付けした写真台帳を、どのパソコンでも体裁が崩れずに表示するにはどうするかということとなります。最もおすすめの方法が、作成した写真台帳をpdf変換する方法です。pdf変換をした写真台帳は、excel(エクセル)テンプレートで作成された写真台帳であっても、相手に作成したそのままの体裁で閲覧させることが可能となるのです。ただし、pdfファイルはダブルクリックをすれば簡単に開けるファイルではありません。pdfファイルをダブルクリック一発で開くようにするには、pdfを閲覧するためのソフトが必要です。

pdfファイルを閲覧することができるソフトは、フリーソフトとして簡単にダウンロードすることが可能です。無料でpdfファイルを閲覧できる人気ソフトは数多くあります。人気の高いソフトを導入するのがまずはおすすめです。また、pdfファイルであればスマホのアプリでも無料で閲覧することができます。まとめた写真台帳を簡単に手元で確認できるのもおすすめのポイントと言えるでしょう。

pdfファイルに変換するソフトやアプリは、フリーソフトで簡単に無料ダウンロードすることができます。ただし、一度pdfファイルに変換をすると、写真を一括挿入して追加したいなど、新たなページをpdf挿入として付け足したりすることができません。pdf挿入をしたいのであれば、元のデータを修正してpdf変換をやり直すか、作成されたpdfファイルに新たなpdfファイルをpdf挿入するかのどちらかです。既存のpdfファイルにpdf挿入するのであれば、フリーソフトやフリーアプリによるpdf挿入の他にも、Webアプリなど無料でpdf挿入できるツールも紹介されています。

ダウンロードして使用する、無料のフリーソフトやフリーアプリ、ダウンロードせずに簡単に使用できるWebアプリ、どちらの場合でもpdf挿入の差はありませので、人気あるソフトや人気のあるサイトを利用してpdf挿入を行うのがおすすめです。ただし、pdfファイルに画像を直接一括挿入するということはできません。画像の一括挿入を行う場合は、既存のpdfファイルに画像の一括挿入するのではなく、まずは一括挿入用のpdfファイルを作成しましょう。そして、作成された一括挿入用のpdfファイルをフリーソフトやアプリを使用して、既存のpdfファイルの指定場所に追加しましょう。

一方で、pdf変換を行うと時に気を付けるべきことがあります。それは、pdf変換時の体裁の崩れです。無料でダウンロードできるpdf変換ソフトなどにおいては、pdf変換時に体裁が崩れてしまうことがあります。こうした体裁の崩れが起こっていないかを、pdfファイルに変換した時にチェックするのがおすすめです。もし体裁が崩れてしまうようであれば、違う人気ソフトや人気アプリなどをダウンロードしてテストしましょう。

pdfファイルに変換するメリットとして、データ圧縮によるファイズサイズ圧縮という面もあります。写真が一括挿入されたexcel(エクセル)などは、ファイル容量が大きくなりやすいものです。多くの場合pdfファイルは、excel(エクセル)で作成された写真台帳よりもデータ圧縮されています。サイズ圧縮されたファフィルは、データの受け渡しという側面から見た場合も、ダウンロードにも時間がかからないなどのメリットがあります。そのため、データ圧縮・サイズ圧縮という概念からpdfファイルを導入する場面もあるほどです。

専用ソフトやアプリが必要ない画像変換もおすすめ

pdfファイルを閲覧するためには、閲覧させたい相手に専用ソフトやアプリをダウンロードさせる必要があります。そのため、簡単な台帳やファイルであればjpeg変換・png変換などの画像変換を行うという方法もあります。jpeg変換・png変換などの画像変換を行うフリーソフトやフリーアプリであれば、簡単に画像変換をすることができますし、閲覧する側も特段ソフトを新たに導入する必要がありません。画像ファイルであれば、送られてきたファイルをダブルクリックするだけで、簡単に情報を展開することができるのです。

ただし、jpeg変換・png変換など画像変換されたデータファイルは、サイズ圧縮・データ圧縮という概念から考えると、あまりおすすめできる方法ではありません。それは、jpeg変換・png変換など画像変換されたデータファイルは、元データよりも容量が増えてしまうことが少なくないからです。jpeg変換・png変換など画像変換された画像については、サイズ圧縮・データ圧縮などのソフトやアプリを使用するのがおすすめです。jpeg変換・png変換など画像変換ソフトと同様に、フリーソフトやフリーアプリなど、フリーで使用できる人気のソフトは数多くありますので、使いやすいフリーのソフトやアプリを使用すると良いでしょう。

pdf変換後のファイルにマクロは備わっていない

pdf変換・画像変換されたファイルは、当然ながらexcel(エクセル)のマクロといった機能は使えなくなります。マクロを使用して作らた写真台帳であっても、変換後にはマクロ機能は備わっていないのです。マクロ機能を併せて提供したいのであれば、サイズ圧縮・データ圧縮されたpdfファイルなどの他に、マクロが付加されているテンプレートのファイルを提供する必要があります。

マクロファイルの中には、ファイルをダブルクリックで展開するだけで実行を開始するマクロもあります。ダブルクリックでマクロが実行されるファイルは、一部ウイルスソフトなどではウイルスファイルとして取り扱われてしまいます。そのため、ダブルクリックで展開するようなマクロを実装したテンプレートを提供する場合は、一時的にダブルクリックで展開をしないマクロに変更するなどして提供するようにしましょう。




タイトルとURLをコピーしました