A4縦工事写真管理・アルバム作成・建築n値計算のフリーソフト・エクセル

建築、土木、施工管理 Excel




工事写真管理、アルバム/Excelで作成したフリーソフトです。

デジタルカメラ用の工事写真帳、フォルダ内にある写真をエクセル上に一瞬で貼付、デジカメ写真にコメントや図形等の写真情報を入力、写真の整理番号を自動で入力、工事写真報告書を簡単に作成などができる人気ソフトやテンプレートが無料でダウンロードできます。




目次

工事写真管理・アルバム機能でミス防止

長期の工事や大規模な工事を行う場合などには、必ず工事の写真を撮影して管理する必要があります。発注先に工事の進捗状況について説明したり、会社内部で打ち合わせをしたりするときには、現場の写真をもとに行うのが一般的です。
国や都道府県に提出する書類にも、写真を添付が必要なものがあります。1つの現場で進捗度ごとに、さまざまな方向から写真を撮影するため、多くの工事写真が溜まっていきます。そこで、工事写真管理やアルバム機能を使って、どの工事のいつの写真かわかるように管理することが重要です。
報告書や会議資料を作成する場合は、相当数の写真の挿入が必要になります。工事写真管理やアルバム機能を使い、報告書や会議資料へ写真を挿入する作業を一つひとつ手作業で行えば、ミスに繋がります。
長期の工事や大規模な工事の場合、動くお金も大きなものになるため、1つのミスも許されません。そのため人の手でおこなうのでなく、ソフトなどを使ってミスなく行うことも重要でしょう。
まずは無料の人気ソフトやテンプレートをダウンロードしてみてはいかがでしょうか。


A4縦工事写真管理・アルバム作成のフリーソフト・エクセル

EXCEL 簡単 デジタルカメラ用 工事写真帳

EXCEL 簡単 デジタルカメラ用 工事写真帳

EXCELシート式の、デジカメ工事写真帳を作成できるソフトです。営繕工事や定例会議用の数ページ工事写真帳を作成するのに適しています。エクセルですので直観的に使用でき、横見出し等も簡単に自分流に改良することができます。

エクセル 写真帳

エクセル 写真帳

フォルダ内にある写真をエクセル上に一瞬で貼付できる、シンプルかつ高機能な写真帳が作成できます。3種類の帳票があり、写真枚数によって自動でページ数を設定します。貼り付け時に写真の順番をマウスで簡単に変更することもできます。

工事写真アルバム作成「フォトマスターII Pro」フリー

工事写真アルバム作成「フォトマスターII Pro」フリー

デジカメ写真にコメントや図形等の写真情報を入力して、印刷やExcel保存する高機能なアルバムソフトです。数十種類以上のレイアウトから、アルバムスタイルを選択できます。写真上への寸法描画機能や、図形描画機能などがあります。アルバム機能としてはとても高いものです。

らくらく写真台帳

らくらく写真台帳

写真台帳を作成するためのエクセルファイルです。フォルダ内の写真やデジカメ写真を一括で読み込み、写真の整理番号など自動で入力できます。写真の拡大機能、一括読み込みで並び替えて読み込む機能、タイトルに文字入力機能、辞書登録なども可能です。

アクセス工房~写真管理・Excel出力機能(フリー版)

アクセス工房~写真管理・Excel出力機能(フリー版)
工事写真を管理ソフトするソフトです。Accessで作成されていますが、エクセル出力機能が備わっています。また、特定のフォルダ内の画像を一括で登録できたり、リサイズ機能を使って大きいサイズの画像ファイルを縮小することができます。さらに、各工事ごとの画像をコメント付で印刷したりエクセル出力することができます。なお、画像ファイルはDBに埋め込まないのでDBが肥大化しません。

工事写真帳 for Excel

工事写真帳 for Excel

工事写真帳 for Excelは、VBAで稼動する、工事写真帳を作成するソフトです。A4縦版の工事写真の整理用ブックが、Excelで作成できます。画像を取り込んで写真が整理でき、表紙付きの工事写真帳が簡単に作れます。

猫の手 工事写真 簡易印刷

猫の手 工事写真 簡易印刷

Excelを使用して、FUJIカラー製工事アルバムの工事写真台帳のコメント欄に、連続印刷するシステムです。写真の入力、コメント入力や複写、移動操作が簡単にできます。データファイルのみの個別登録、登録ファイル一覧からの再呼出も可能です。

工事写真帳作成ツール

工事写真帳作成ツール

Excelで簡単に工事写真帳が作成ができます。デジカメ撮影したデジカメ写真を自動挿入、ドラッグ挿入、簡単に整理編集が出来るアドインです。特定のフォルダ内の画像を一枚づつ選らんで挿入出来ます。特定のフォルダ内の画像を一括挿入出来ます。

Daguud 工事写真編集

Daguud 工事写真編集

Excelで100枚までの写真が自動で取込できる、工事写真の編集ソフトです。取込写真は1つのフォルダにまとめておいて、取込の時に先頭の写真を指定します。副画面があり、編集も可能な、簡単に使えるフリーソフトです。

工事写真印刷マクロ

工事写真印刷マクロ
エクセルを使用した工事写真印刷マクロです。フリーソフトとして提供されています。インクジェットプリンタ(A4版以上)での印刷が可能です。印刷位置を各プリンターの環境に合わせて微調整できます。また、複数ページ(100ページ)の連続印刷ができます。登録した単語使用経歴を確認することが可能で、使用した単語が上位に検出されるため、編集を効率的に行うことができます。

工事写真帳直接印刷 2002

工事写真帳直接印刷 2002
土木工事の工事写真帳に、直接印刷するエクセルファイル。インクジェットプリンターに出力することができます。フリーソフトとして提供されています。写真印刷は意外と手間がかかる作業です。フリーソフトであっても、写真編集や写真印刷をサポートしてくれるソフトウェアは、業務効率向上にはかかせない存在です。一度、ダウンロードして業務に組み込んでみると良いでしょう。




建築構造計算・n値計算・鋼材計算の必要性

建築業などで建物を建築する場合は、耐震性などをきちんと担保する必要があります。その時に重要なのが、建築構造計算、n値計算、鋼材計算・木材計算です。
建築構造計算とは、建物がどの程度の地震などの災害に耐えられるかを確認するために行う計算のことです。木造2階建て・平屋建以外の一般住宅で必要とされます。
n値計算とは、耐力壁の倍率から簡易的に引張力を算定する計算方法により、金物を選定することやその計算、建築n値計算のことです。鋼材計算・木材計算は、鋼材や木材の強度などを測る計算です。建築n値計算とも言います。
どの計算も、住宅などの建物を建築するために必要な計算で、この計算をしないと一定の建物を建築することができません。建築業などではとても重要な計算となりますが、手計算でおこなうと、計算が複雑で間違う可能性も高いです。そのため、建築見積・積算などの専用のソフトなどを使って計算するのが一般的となっています。
まずは無料の人気ソフトやテンプレートをダウンロードしてみてはいかがでしょうか。

建築計算・n値計算のフリーソフト

建築計算、n値計算、鋼材・木材計算/Excelで作成したフリーソフトです。

建築見積、建築見積・積算、発注書の作成、建築発注書の作成、見積書と連動して算出、公共建築工事共通費を自動で計算、建築構造計算、概要書を作成、地盤・基礎の支持力を算定、木造在来工法でのN値計算、建築n値計算、鋼材重量集計、長尺材切断に最適な歩留まり計算、鋼材の破断耐力の算出、鋼材計算などができる人気ソフトやテンプレートが無料でダウンロードできます。

建築見積・発注書作成ソフト for Excel

建築見積・発注書作成ソフト for Excel

実行予算、見積書、建築発注書、注文書等を作成し、一括業務管理ができる本格派な建築見積・積算ソフトです。一覧表や内訳の工事名をワンクリックするだけで、目的の帳票に移動します。単価リストの行番号を入力するだけで、名称・実行単価等をワンタッチ入力できます。

Excel 積算ソフト

Excel 積算ソフト

工種別、部屋別、シート別集計に対応し、24パターン以上の見積書と連動した、Excelの建築見積・積算ソフトです。拾い出しは全て自動計算で、基本的に電卓は不要です。比較機能を使えば、以前の見積書との変更箇所を色表示できます。入力する手間が大幅に省けます。建築発注書も作成できます。

(構造計算) Excel-Stシリーズ 「ワンパック版」

(構造計算) Excel-Stシリーズ 「ワンパック版」

エクセルによりバネを含む実務上のほぼ全ての建築骨組の計算を行う、建築構造計算のExcelソフトです。全て電卓で計算のチェックが可能ですので、計算過程が目で追うことができ、建築構造計算が良くわかります。建築発注書は作成できません。

直接基礎の支持力算定 for Excel

直接基礎の支持力算定 for Excel

地質調査、地盤改良方法ごとの、地盤支持力を算出することができます。矩形、円形、連続、ベタ基礎などの各分類ごとの基礎サイズを指定でき、基礎単位での支持力も算出します。地盤および基礎の支持力にも併せて対応しているおすすめアプリです。

N値計算 えぬっち for Excel

N値計算 えぬっち for Excel

木造在来工法でのN値計算ができる建築n値計算ソフトです。筋かい及び構造法合板等を取り付けた柱頭部、柱脚部について、算定式を用いたN値計算法により、接合方法が選択できます。軸組図と計算式が表示され、容易にチェックが可能です。

鋼材・木材計算のフリーソフト

Excelで作る 鋼材重量表

Excelで作る 鋼材重量表

鋼材重量集計がExcelで簡単にできるソフトです。鋼材重量表が誰でも簡単に作成でき、また編集もできます。Excelデーターなので、手書きで作る方法と比べると、手軽に時間の短縮になるおすすめアプリです。

最適切断 8号・9号

最適切断 8号最適切断 9号

鋼材、木材などの長尺材切断に最適な、歩留まり計算をしてEXCELに表示することができます。鋼材、木材などの長尺材の発注時に、歩留まり計算をすれば、ロスが無く経済的です。以前の残り材も計算に加えることができるおすすめアプリです。

ナンキロ_2

ナンキロ_2

ナンキロ_2は、鋼板の目付、板厚、寸法、枚数を入力すると、数値丸め処理後の重量を表示します。鋼板重量の計算で必要な数値丸め処理を自動的に行います。板厚は0.5mmから6.0mmに対応しています。

工事写真管理ソフト以上に写真の質が重要

「らくらく写真台帳」のようなソフトを使用しての写真整理や写真管理、無料のフリーソフトやフリーアプリを活用してのa4縦工事台帳の作成などを行うとしても、最も重要なことは、工事写真を撮影するデジカメ写真の質です。

たとえ「らくらく写真台帳」が優秀なソフトだとしても、デジカメ写真である工事写真が駄作であれば意味がありません。「らくらく写真台帳」などのソフトやアプリで写真整理・写真管理・a4縦工事台帳を作成しても、質の悪い写真は扱いにくいものとなってしまうのです。

無料でダウンロードできる写真管理やアルバム作成などのフリーソフトやアプリ、無料ではなく有料でダウンロードできるソフトやアプリ、どんなに人気がありおすすめのソフトやアプリであっても結局は工事写真となるデジカメ写真の質が大切なのです。

工事写真におすすめのデジカメとは

工事用の写真をデジカメで撮影する場合は、デジカメの操作方法やコツを知る必要があります。工事写真を撮影する時におすすめのデジカメは、落下や水没に強く防塵処理が施されているものがおすすめです。さらに、軍手などで写真を取る事も多いため、軍手を付けたままでも操作ができるデジカメがおすすめです。

日付やフォーカスモードなど事前にデジカメの設定しよう

デジカメで写真を撮る前に、まずはどの場所からどの場面を撮るか事前に決めておくようにしましょう。公共工事の場合は、解像度や写真データの加工がNGの場合もあります。こういった注意事項もしっかりと把握するようにしましょう。撮影する際にはデジカメの日付と時間を合わせることが大切です。公共工事の提出写真には「撮影年月日」の記載が必要です。必ず日付と時間を合わせるに心がけましょう。

また、デジカメで撮影された画像は、パソコンのモニタで見る画像と同じとは限りません。それは、パソコンごとにモニタの設定などがあるからです。自分で使うパソコンとデジカメのモニタの明るさは、できるだけ合わせるように心がけると良いでしょう。

その他にも「フォーカスモード」や「測光モード」、「感度」、「ホワイトバランス」などを調整して写真撮影を始めるようにしましょう。国土交通省では写真管理基準を示しています。工事写真を撮影する時には、国交省の基準に合わせて写真撮影をすると良いでしょう。

まずは1枚撮影しよう

デジカメの設定ができたら、まずは1枚撮ってみましょう。デジカメは現像をすることなく、その場で撮影した写真を確認することができます。また、何枚でも取り直しができるので、少しでも納得ができない写真であれば、何度も確認して何度も撮り直しをしましょう。明るすぎてよくモニタが見えない場合、特に屋外で撮影を行う時は、手のひらでモニタを覆うようにしてモニタを見るようにしましょう。

写真を確認してみるとピントが合っていない場合があります。多くの場合、「シャッター半押し」のし忘れです。オートフォーカスの場合、シャッターを半押しすることでピントが合いますので、忘れずに半押しをするようにしましょう。なお、暗くて遠くにある被写体と明暗差(コントラスト)の差がない被写体は、デジカメが苦手とする被写体です。暗い場所ではAF補助光を発光させて、ピントを合わせるようにしましょう。もし、被写体に補助光が届かない場合は、懐中電灯などを使うかマニュアルフォーカスを使用するようにしましょう。明暗差のない被写体に対しては、マニュアルフォーカスにするか、ダミーフォーカスを行って撮影するようにしましょう。

明るさ補正をしよう

工事写真の撮影は、工事の進捗により撮り直しができない場合もあります。もちろん、撮影後にソフトやアプリで写真を加工することは簡単ですが、それはおすすめできません。それは、a4縦工事台帳などで加工した写真を添付するのは不正の可能性も出てくるからです。不正だとみなされてしまえば、例え「らくらく写真台帳」などのソフトやアプリ、または人気のフリーソフトや人気のフリーアプリで写真整理や写真管理をしていても意味がありません。

ただし、写真の明るさを調整するために写真加工ソフトやアプリを使用するのはおすすめです。それは、どうしても逆光で撮影する必要があったり、暗い場所で撮影する必要があったり、手ブレしてしまった写真など工事写真として鮮明ではない場合があるからです。a4縦工事台帳に暗い写真や手ブレなどの写真を貼り付けてしまうと、記録媒体としてイマイチなものになります。また、a4縦工事台帳を提出する場合も見栄えが悪く、完成工事写真の場合などはa4縦工事台帳の写真を撮り直しする手間が発生する場合もあるのです。

こうした工事写真やデジカメ写真は、「らくらく写真台帳」などのソフトで写真整理をする前に、明るさを調整しておくのがおすすめです。「らくらく写真台帳」で写真整理した後では、写真の差し替えが大量に発生してしまうからです。

用途により加工もOK

excel(エクセル)テンプレートを使用するなどして、個人や社内利用でのアルバム作成を目的とした写真整理や写真管理を行うのであれば、写真の加工はおすすめです。それは、アルバム作成に使用する写真内に無駄な電線や車などが存在した場合、写真加工で簡単に消せるからです。写真を加工するソフトやアプリは、フリーソフトやフリーアプリが存在します。人気が高いフリーソフトやフリーアプリでは、写真内の無駄な部分を簡単に削除することができます。個人や社内用のアルバム作成程度であれば、プロ仕様のソフトを使用する必要はありません。フリーソフトやフリーアプリで、アルバム作成用の写真を簡単に処理をする程度で十分です。また、写真加工もアルバム作成程度であれば、あまり時間をかけずに手短に行うと良いでしょう。

フリーアプリやフリーソフトを使用して簡単に加工した写真は、人気のexcel(エクセル)テンプレートをダウンロードしてまとめると良いでしょう。特に、私用や社内用で使用するアルバム作成のためのexcel(エクセル)テンプレートは、無料でダウンロードできるものがおすすめです。excel(エクセル)テンプレートのダウンロードは、人気がある無料excel(エクセル)テンプレートからダウンロードしてお試しするのがおすすめです。人気があるexcel(エクセル)テンプレートではいまいちという場合は、次に人気のあるexcel(エクセル)テンプレートを無料ダウンロードして試してみるのが良いでしょう。

工事写真は事務処理に影響する場合もある

建築n値計算、鋼材計算、建築見積・積算、建築発注書作成は、ソフトやアプリに任せれば計算は簡単で間違いがありません。それゆえに、建築n値計算、鋼材計算、建築見積・積算、建築発注書作成においては、ソフトやアプリに任せるのがおすすめなのも言うまではありません。しかしながら、すべての場面で建築n値計算、鋼材計算、建築見積・積算、建築発注書作成をソフトやアプリに頼れない場合があります。また、現場に足を運ぶことができずに、建築n値計算、鋼材計算、建築見積・積算、建築発注書を作成する必要に迫られる場面があるかもしれません。その時に、工事現場の図面だけではなく、撮影した工事写真を利用することもあるでしょう。

建築n値計算、鋼材計算、建築見積・積算、建築発注書は正確でなければいけません。そのため、デジカメ写真による工事写真を使用して建築n値計算、鋼材計算、建築見積・積算、建築発注書を作成することも決してゼロではなく、そのためにもデジカメ写真を綺麗に撮影しておくことが大切なのです。

工事写真を撮影・管理する理由

工事写真を撮影するのには理由があります。工事写真は進捗状況や使用した機材・材料、試験や検査の記録として撮影します。撮影された工事写真は、保存や整理など写真管理をしておく必要があります。これは、その工事が適切に行われた事を証明する材料になるからです。工事写真以外にも事前調査における写真や付近の道路状況の写真なども大切な写真となります。

工事写真撮影に関するよくあるトラブルとは

工事写真の撮影でよくあるトラブルとして、事前調査の写真を撮り忘れたといったヒューマンエラから、建物の全体が撮影できない、黒板の記載内容に不備があった、逆光や手ブレなどにより写真が鮮明ではないといった事があります。これらのトラブルを避けるためにも、ダブルチェックやドローンの導入といった手法を検討しても良いかもしれません。予め完成物の配置などをイメージしておき、撮影位置を事前に決定しておくなどの対応も必要です。加えて、工事写真はその写真が「工事の説明」「工事台帳作成」「進捗状況の確認」といったように、何のために必要なのかというのを考える事が大切です。思いつきで写真撮影をするのではなく、スケジュール表を活用して撮影計画をしっかりと立てる事も重要です。どのタイミングでどういった写真を撮影するか、事前に打ち合わせなどを行い撮影を進めるようにしましょう。

工事台帳の定番はa4縦

工事写真を整理する時には、a4縦の工事台帳作成を意識しましょう。それは、a4縦での工事台帳作成が一般的であるからです。特に公共工事などでは、発注元となる官公庁がa4縦での管理を行っている場合がほとんどです。a4縦をフォーマットとした工事台帳セットなどが販売されているなど、a4縦は工事台帳のフォーマットとも言えるでしょう。電子データとしてa4縦の工事台帳を作成するのであればexcel(エクセル)がおすすめです。excel(エクセル)であれば、印刷範囲設定などでa4縦の工事台帳を簡単に作成する事ができるからです。また、excel(エクセル)のa4縦工事台帳は、フォーマットやテンプレートが数多く存在します。こうしたフォーマットやテンプレートを活用するのもおすすめです。

電子アルバムで工事写真管理を

デジカメ写真による工事写真の写真整理や写真管理には、電子アルバム作成がおすすめです。電子アルバム作成であれば、デジカメ写真で保存している工事写真を工種ごとに写真整理できたり、日付ごとに写真管理できたりできます。また、デジカメ写真を工事ごとの電子アルバム作成に区分けすることで、その工事における工事種別の工事写真といった写真整理も可能となります。デジカメ写真の工事写真における写真整理や写真管理は、独自のテンプレートを用いてアルバム作成するのもおすすめですが、よりおすすめなのが既にあるテンプレートを使用してデジカメ写真を整理・管理する方法です。

例えば、「らくらく写真台帳」というフリーソフトがあります。フリーソフトというカテゴリーではありますが、実際はexcel(エクセル)テンプレートにデジカメ写真を採り込むマクロです。「らくらく写真台帳」は、フォルダ内の写真を一括で読み込むため、アルバム作成などで写真整理を行う時に、一つ一つ工事写真をexcel(エクセル)のテンプレートなどに貼り付ける必要はありません。自動で写真整理番号も入力されるので、写真整理だけではなく写真管理も簡単でおすすめです。

「らくらく写真台帳」は、excel(エクセル)のバージョンにより使用するテンプレートが変更します。そのあたりは、「らくらく写真台帳」をフリーダウンロードして実際に使用してみると分かりやすいはずです。もちろん、「らくらく写真台帳」以外にも、工事写真の写真整理・写真管理・アルバム作成におすすめの人気ソフトはたくさんあります。フリーソフトやフリーアプリの人気ソフトを無料でダウンロードしていろいろとお試ししてみると良いでしょう。

建築n値計算とは

建築n値計算とは、阪神淡路大震災を受け木造の建物の継手や仕口の構造方法に対して規定が設けられました。建築n値計算は、耐力壁の柱頭と柱脚部分の接合金物の選択手法として用いられる計算方式です。建築n値計算の他にも仕様表を用いた選択手法も存在します。建築n値計算をする時には以下のような流れを踏まえて行います。

まず、検討している柱の両側となる耐力壁の壁倍率の差であるAiを計算します。耐震壁が筋かいを使用した耐震壁の場合、柱にとりつく筋かいが、柱の片側か両側かなどの位置を基にAiに補正値を加えます。次に、柱周辺の部材がどの程度の抑え効果があるかを表す係数であるBiを設定します。平屋や2階建てなど、建物の形状によりさらに算出された数値を導き出すとともに、鉛直効果に対する押さえ効果に対応した係数L1を設定します。これら導き出した数値を、Σ(Ai×Bi)-L1という計算式に当てはめることで、建築n値計算が行われます。Ai、BiおよびL1の設定値は、それぞれの状況に合わせた設定値が定められておりそれらを採用します。

建築n値計算を行う場合、excel(エクセル)などで設定値を設定したテンプレートを作成しておき、自動計算させる方法もおすすめです。また、フリーソフトやフリーのアプリなどでも建築n値計算を行うソフトは存在します。複雑な計算作業を簡単に行ってくれるこうした、excel(エクセル)のテンプレートやフリーソフトそしてフリーアプリは、業務効率を考えた上では非常に重要でおすすめのツールだと言えるでしょう。

建築n値計算など様々な計算にエクセルやソフトを活用しよう

建築n値計算だけではなく、建築見積・積算、建築発注書、鋼材計算といった部分も、フリーソフトやフリーのアプリで取り扱うことが可能です。しかし、フリーのソフトやアプリでは、建築見積・積算、建築発注書、鋼材計算などで使用できる機能も限られている場合がほとんどです。そのため、建築見積・積算、建築発注書、鋼材計算などで扱うソフトやアプリは、無料で使用できるものをダウンロードして使用するのではなく、シェアソフトなどを使用するのがおすすめです。

シェアソフトにも数多くの建築見積・積算、建築発注書、鋼材計算に対応したソフトが存在します。人気のあるものから、人気ではないものの数点の機能に特化したソフトなどさまざまです。建築見積・積算、建築発注書、鋼材計算のソフトはダウンロードで購入できるものや、CDなどからインストールするものなどいろいろとあります。どの方法でも簡単に導入が可能です。

ただし、人気の建築見積・積算、建築発注書、鋼材計算ソフトだからと、いきなりダウンロード購入したりするのはおすすめしません。建築見積・積算、建築発注書、鋼材計算のシェアソフトでは、無料で使用できるお試し期間が設けられているものもあります。特にダウンロードで購入するタイプのソフトには多い仕様です。こうした無料お試し期間を利用して、まずは簡単にソフトの使い心地をチェックしましょう。

無料期間に人気ソフトなどをチェックをすることで、そのソフトが必要な機能を満たしているか、簡単に利用できるソフトかなどを調べましょう。中には無料お試し期間を設けていないソフトもあります。そういったソフトの場合は、インターネットなどでレビューをチェックして、機能や使い方の簡単さなど実際に使用した人の感想などを参考にすると良いでしょう。

 

タイトルとURLをコピーしました