工程表、土木計算、工事台帳/エクセル

建築、土木、施工管理 Excel




工程表、ガントチャート/Excelで作成したフリーソフトです。

バーチャート式のエクセル工程表の作成、施工日数が設定された計画工程、土木工事出来形管理図、管理曲線の全体工程表、進捗率の月間工程表、立会検査の週間工程表、工事月報の作成、日数の進捗率%によるバーチャート方式の、自動展開工程表の作成、工事原価管理などができます。
これらの人気ソフトやテンプレートが、無料でダウンロードできます。







目次

工程表、ガントチャート のフリーソフト

工程表は建設業だけでなく、プロジェクト管理にも

工程表とは、工事など長期的に行う仕事を日程や作業の順番など、どのように進めていくのかを表にしたものです。ガントチャートとは、棒グラフや図などを使って、作業計画を視覚的に分かりやすくするための表です。工程表やガントチャートは、作業が当初の予定よりも遅れていないかどうかが確認できます。そのため、長期的な工事をする建築業やさまざまな工程で加工を行う製造業などでよく使われています。
工程表やガントチャートは、建築業や製造業以外の会社でも利用することができます。特に、複数のプロジェクトに参加している場合などに有効です。作業者であれば、それぞれのプロジェクトの自分の担当作業が、計画通りに進んでいるかどうかを確認することができます。管理職などプロジェクト管理者であれば、プロジェクト自体の進行状況と、作業者の進行状況が確認でき、作業の遅れている作業者に改善の指示を与えることも可能です。
まずは無料の人気ソフトやテンプレートからダウンロードしてみてはいかがでしょうか。

簡単 Excel工程表 (フリーウェア版)

簡単 Excel工程表 (フリーウェア版)

バーチャート式のエクセル工程表が、誰にでも簡単に作成できるソフトです。土曜、日曜、祝日の表示が可能です。どのようなスタイルのエクセルブック上でも、作図が可能です。たった一つのボタンと範囲選択で、全てのパターンの作図が出来ます。立会検査の週間工程表も作成可能です。

ガントチャート for Excel

ガントチャート for Excel

Excelで工程表を自動で描画することができるマクロが無料でダウンロードできます。印刷用紙サイズによって、チャートのサイズも自動的に調整されます。日付を変更すると、チャートを自動で再描画します。各分類、担当別に工程を区分して表示します。工程を階層化し管理ができるおすすめアプリです。

Excel Pro 工程表

Excel Pro 工程表

Excel Pro 工程表は、Excelでガンチャート工程表を、簡単に作成することができる人気ソフトです。工程表の種類は、1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月、12ヶ月です。開始日と終了日を入力するだけで、工程期間線が自動で表示されます。予定と実績の工程期間を入力、表示できます。立会検査の週間工程表、進捗率の月間工程表にも対応しているおすすめアプリです。

EXCEL 工程表

EXCEL 工程表

EXCELでパート表示の工程表を作成することができる人気ソフトが無料でダウンロードできます。用紙サイズはA4版で、実務に十分使えます。工程表の枠は、期間を与条件として自動作成されます。11,700語の用語の分類登録がされているので、入力の省力化が図れます。


工程表、ガントチャート のフリーソフト その2

工程名人 (バーチャート工程表。日数版)

工程名人 (バーチャート工程表。日数版)

Excelで日数の進捗率%によるバーチャート方式の、自動展開工程表の作成ができます。入力した工程データおよび展開されたバーチャート工程表は、一括して保存して管理できます。展開されるバーチャート工程表は、電子納品(建設CALS/EC)として利用可能なおすすめアプリです。

Excel Work Plan

Excel Work Plan

Excel Work Planは、エクセルの簡単な操作で、ネットワーク工程表を作成することができる人気ソフトが無料でダウンロードできます。自作テンプレートや既存工程表を、新規工程表作成時のテンプレートにできます。よく使う単語を登録して、素早く簡単に文字入力ができます。立会検査の週間工程表、進捗率の月間工程表にも対応しているおすすめアプリです。

ガントチャート工程表

ガントチャート工程表

Excelのどの様なスタイルの表にも、工程表を簡単に作成することができます。表と工程が完全に連動した、ガントチャート工程表を作成できます。日割り工程表及び月割り工程表、進捗率の月間工程表に対応しており、随時変更が可能です。範囲選択とボタン操作で作図が出来ます。

Excel 工程管理システム

Excel 工程管理システム

Excelで作成できる、工程管理システムです。施工日数が設定された計画工程、実施工程の入力から、管理曲線の全体工程表、進捗率の月間工程表、立会検査の週間工程表、工事月報などが作成できます。




土木計算、工事台帳、座標計算/Excelで作成したフリーソフトです。

座標測量計算、砂置換法密度試験、土木工事数量計算書、土木工事出来形管理図、AIR・SL品質管理図、建設業工事台帳の作成、工事原価台帳、工事原価管理、工事明細書、工事一覧表、工事合計表工事原価支払管理、緯度経度と平面直角座標の相互変換などができます.




土木計算 のフリーソフト

正確な土木計算、座標計算と工事台帳の記載

土木工事とは、土石や木材、鉄材などを使って行う、道路や鉄道、河川などの工事のことです。これら道路や鉄道の工事では、土木計算や座標計算が必要不可欠です。土木計算とは、工事に必要な土石や木材などの数量の計算や、その現場の勾配などの計算など、土木工事に関する基本的な計算のことです。座標計算とは、2つの基準点から方位角を計算するなど、角度や距離などからある基準の座標を求める計算のことです。土木計算・座標計算ともに正しく計算しないと、土木工事をきちんと行うことができません。
土木工事を成功させるには、工事物を正しく完成させるだけでなく、その工事が計画通りに進んでいるのか、予算に対して現状どうなっているのかなど、工事台帳をきちんと管理することも重要です。この土木計算や座標計算、工事台帳の管理、工事原価管理、出来形管理図は複雑なため、手作業でおこなうことは難しいです。通常は、専用のソフト等を使って行います。

現場即活用 EXCEL

現場即活用 EXCEL

土木現場で日常的に使用する各種の計算シートを、メニュー形式で1つにまとめたEXCELのシート集です。座標測量計算、敷地図、曲線、縦曲線、ユニットクロソイド、砂置換法密度試験ができます。突き砂置換法密度試験、アスファルト温度管理図などもあります。

数量計算書作成シート

数量計算書作成シート

数量計算書作成シートは、土木工事数量計算書が作成できる、Microsoft Excelテンプレートです。必要事項を入力するだけで、土木工事数量計算書を作成することができます。各表各項目毎に、位取り設定が一発でできます。

簡単数量計算

簡単数量計算

表計算エクセルをベースにした、建設工事全般に対応可能な、数量計算書が作成できるソフトです。項目を書き換える事で、どんな数量計算にも対応します。印刷して提出書類としても利用でき、エクセル初心者でも簡単に使えます。

出来形管理図 自動作成

出来形管理図 自動作成

土木工事出来形管理図を、自動で作成することができる、Excelソフトです。別のワークシートで記録した結果を張り付けたり、セルの内容や書式を変更することができます。設計値や実測値の差を自動で計算します。グラフの幅も自由に設定できます。

工事台帳 のフリーソフト

カンタン 工事台帳

カンタン 工事台帳

中、小規模に対応した、建設業工事台帳の作成ソフトです。経営事項審査や工事収益確認に必要な、工事台帳をExcelで作成できます。工事物件情報を工事台帳シートで入力すると、工事一覧データに蓄積されます。工事一覧データから自動で工事経歴書が作成できます。

VBA 工事原価・入金管理 H28

VBA 工事原価・入金管理 H28

EXCELで工事売と工事原価の支払データから、工事原価台帳、工事明細書、工事一覧表、工事合計表を作成します。工事年間合計表、入金支払明細書、月次推移表なども作成できます。工事ごとの原価管理と、売上の入金管理、工事原価管理をすることができます。

MSD 工事原価支払管理

MSD 工事原価支払管理

EXCELを利用した、土木建築業を対象にした工事台帳作成、支払管理、工事原価管理ソフトです。仕入伝票入力により、支払資金計画が作成できます。工事別原価入力により、工事台帳を作成できます。請負金額、入金入力により、完成工事管理、工事別損益も作成します。

 

座標計算 のフリーソフト

(Excel) 緯経-XY変換プログラム

(Excel) 緯経-XY変換プログラム

Excelマクロによる、緯度経度と平面直角座標の相互変換プログラムです。変換計算は、世界測地系、旧日本測地系に対応しています。緯度経度の書式は、ラジアン/度/度分秒に対応しています。インストール不要で、構成や操作がシンプルで簡単に使えます。

座標君

座標君

道路の座標、計画高の計算を行うExcelワークシートです。単曲線及びクロソイドに対応しています。計算結果欄のリストを選ぶ事により、計画路側高、幅員、接線方位角などの表示もできます。

座標展開図

座標展開図

Excelマクロにて、現場監督のお手伝いをする座標面積計算、展開図作図シートです。座標値又は、測量データの入力により、CADなど使わず手軽に展開図を作図することができます。展開図は文字の書き足し、タイトルの変更や表の挿入などが簡単にできるおすすめアプリです。


工事台帳で必須の数量計算

設計図書・工事台帳では、土木計算や座標計算に基づいた材料の数量計算が行われていたりします。設計図書・工事台帳における土木計算や座標計算に基づく数量計算は、工程管理・施工管理において非常に大切な役割を果たしています。また、設計図書・工事台帳における土木計算や座標計算そして数量計算に対して、見積書なども作成していくこととなります。そのため、設計図書・工事台帳についての土木計算や座標計算そして数量計算は、施工管理において非常に大切な部分でもあるのです。もし、設計図書・工事台帳や土木計算や座標計算そして数量計算が間違っていれば、工事全てが間違いとなってしまいます。また、設計図書・工事台帳や土木計算や座標計算そして数量計算の間違いは不正とみなされる場合もあるのです。

工程表は状況に合わせて使い分けることが大切

設計図書や工事台帳そして見積書によっては、施工計画を考える時に過去の施工工程表を参考にする場合があります。工程表には「ガントチャート工程表」、「バーチャート工程表」、「出来高累計曲線」、「ネットワーク式工程表」などがあるわけですが、「ガントチャート工程表」、「バーチャート工程表」、「出来高累計曲線」、「ネットワーク式工程表」などのどの工程表を使うかは、作業および現場の状況そして工程度合いによって異なります。

そのため、月間工程表として「出来高累計曲線」を使用していたのに、主観工程表では「ガントチャート工程表」、「バーチャート工程表」を使用する場合などもあります。また、内装では「ガントチャート工程表」や「バーチャート工程表」を使用していたのに外装では「出来高累計曲線」を使用していたという場合もあるでしょう。
しかしながら、「ガントチャート工程表」、「バーチャート工程表」、「出来高累計曲線」、「ネットワーク式工程表」などどの工程表を取り入れたとしても、施工品質が悪化しては意味がありません。

そのため、月間工程表であっても週間工程表であっても、「ガントチャート工程表」、「バーチャート工程表」、「出来高累計曲線」、「ネットワーク式工程表」などを取り入れる場合は、どういった施工管理で工事を勧めていくか考えるのが大切だと言えるでしょう。

施工管理に大切な工程表とは

月間工程表や週間工程表など、施工管理を行う上で工程表を作成することは非常に意味のあることです。月間工程表や週間工程表などを作成する場合は、exccel(エクセル)のテンプレートなどを無料ダウンロードすることで簡単に作成することができるはずです。月間工程表や週間工程表などの作業現場の進捗管理について、資料をexcel(エクセル)テンプレートで作成して施工管理をするのであれば、同時に「出来高管理」と「工事原価管理」のexcel(エクセル)テンプレートを無料ダウンロードして作成するのがおすすめです。

出来形管理とは

出来形管理とは、施工している構造物に対して発注した規格基準をどの程度満たして施工し、施工技術がどの程度のものだったか管理するものです。出来形管理は大きく分けると「直接測定による出来形管理」と「撮影記録による出来形管理」の2つとなります。直接測定による出来形管理は、「土木工事施工管理基準」、「測点及び位置」、「管理方式」により実施し、設計値に対して実測値を比較、excel(エクセル)テンプレートなどを用いて、管理図表や結果一覧表、構造図に朱記併記などを行うことで、管理基準値から見たばらつきに対して管理を行います。

一方で撮影記録による出来形管理は、施工が完了した後に、確認できない箇所の出来形、出来高数量ならびに施工の状況など、施工の進捗状況に合わせて撮影を行います。撮影は、「土木工事施工管理基準」ならびに「測点及び位置」、「状況写真」をexcel(エクセル)テンプレートなどを用いて管理します。撮影記録による出来形管理の場合は、月間工程表や週間工程表に撮影時期や箇所を明記すると施工管理上やりやすいはずです。突然の撮影などがない限りは、できるだけ月間工程表や週間工程表に反映させると良いでしょう。こうして出来形管理して実施した記録を「土木工事施工管理基準」の規格値と比較し、規格から外れていた場合は修正や補修などを行う必要があります。

工事原価管理とは

工事原価管理は、完成・未成原価などの原価集計し算出、見積りのための原価の積算、個別工事の原価などの計算を行い管理することを意味します。経営上非常に大切な管理となる工事原価管理ですが、計算機だけではなくexcel(エクセル)テンプレートを使用することで、非常に管理しやすくなるはずです。しかし、工事原価管理は企業にとって事業計画にも関わる計算でもあります。excel(エクセル)テンプレートだけでは、データを管理しきれない場合も少なくありません。そこでおすすめなのが、フリーソフトやフリーアプリなどといったソフトやアプリを導入する方法です。フリーソフトやフリーアプリであれば、原価に対するexcel(エクセル)資料なども簡単に自動作成してくれます。また、原価計算に必要な数式に紐付いた算出も自動作成してくれますので、今までの作業がより簡単になるのでおすすめなのです。フリーソフトやフリーアプリは無料ダウンロードができますので、人気が高いソフトやアプリをお試しすると良いでしょう。

より詳細な計算やデータベース化したい、経営戦略的な資料の自動作成や営業資料も自動作成したい、より簡単に過去のデータにアクセスしたい、などの要望があるのであれば、フリーソフトやフリーアプリではなく、シェアソフトやシェアアプリを導入するのもおすすめです。シェアソフトやシェアアプリはフリーのソフトやアプリと違い、無料ダウンロードで気軽に使えるものではありません。しかし、人気の高い工事原価管理ソフトやアプリは、フリーソフトとは比べ物にならないぐらいの高機能なソフトばかりなのです。

フリーソフトやフリーアプリをダウンロードしたけれども、いまいち操作が簡単ではない、自動作成された資料が使い物にならないといった場合は、無料ダウンロードできるフリーソフトではなく、人気が高いシェアソフトやシェアアプリを導入してみるのもおすすめと言えるでしょう。

excel(エクセル)マクロでフォローを

例え人気があるフリーソフトやフリーアプリ、そしてシェアソフトやシェアアプリでも、要望にマッチングした資料を自動作成できない場合もあります。そのような場合は、一度excel(エクセル)などにデータをダウンロードした後に、excel(エクセル)のマクロを用いて資料を自動生成させると良いでしょう。無料ダウンロードができるおすすめのマクロが数多くあります。工事原価管理に特化したマクロも中にはありますが、そういった専門ではないマクロをダウンロードし、それを参考にしながら自分専用のマクロを作成するのもおすすめの方法だと言えるでしょう。さらに、自分の使い方にマッチしない人気のあるマクロを使い続けるくらいであれば、自分でマクロを作成する方がより効率的です。

簡単なマクロであれば、「マクロの記録」などの機能を使うことで簡単にツールを作り上げることができます。人気のマクロを無料ダウンロードするために、インターネットのいろいろなサイトを探し回るよりも、手数の少ないツールであれば自作することも考えてみるのが良いかもしれません。いろいろな方法を試してみることで、自分にどれがマッチするか見つけることが大切だと言えるでしょう。


工程表は工事で大切なアイテム

工事を行う上で工程表は非常に大切なアイテムです。工程表があることにより、工事計画を図面化できますし、進捗の確認から指示系統の正確さなども確認できます。
工事工程表は、全体の工程表や工種ごとの部分工程表など工程ごとに区分されて作られます。部分工程表は主要な工種について詳細に分類し、1日単位で詳しく工程が表されている場合もあります。

工程表の作成方法

工程表の作成は、工事作業における「手順」「進み具合」「期間」が盛り込まれている必要があります。工事全体の期間を表し、その期間の中でどの工程が行われるかさらに期間を示します。そして、工期内に工事が全て完了するよう、各種工事に要する日数を表に示した上で、日程の割り振りを決めて調整を行います。

工程表を作成する時には、「順行法」と呼ばれる手法が用いられる事があります。順工法とは、着工から完了まで順番に各種工事の相関関係に配慮しながら工程を組み立てる方法です。作成していく中で、工期内に工事が納まらない場合は、各種工事日程を調整して工程を組み立てていきます。すなわち、着工日から工程を組み立てていく方法だと言えるでしょう。反対に、完了日から工程を組み立てる方法を「逆算法」、重要な工種を中心として全体の工程を組み立てる「重点法」などが存在します。

月や週で区切る月間工程表・週間工程表もあり

部分工程表は工種ごとで区分けするだけではありません。月間工程表や週間工程表といった期間で区切る工程表も存在します。

月間工程表では、その月でどういった工程を進捗させるかを表します。月間工程表を用いることで、各請負業者がその月の計画を立てやすくなります。また、月間工程表を基に施工管理を行うなど、月間工程表は月ごとの管理に非常に適応しています。

週間工程表は週毎の工程表です。週間工程表ではより詳細な部分に触れながら工程管理を行えます。また、週間工程表を何枚も用意する事で、月間工程表と合わせながら作業工程を確認する事も可能です。週間工程表は簡単に作られているものもあります。ホワイトボードなどで一週間の計画を細かく示しているのも、施工管理に大切な週間工程表の一種だとは言えるでしょう。

横線式工程表とは

横方向に工程が進む工程表を「横線式工程表」といいます。横線式工程表には、「ガントチャート工程表」と「バーチャート工程表」があります。作成方法が簡単なため人気があり一般的に用いられる方法です。

ガントチャート工程表は、横軸を各工種の達成度数とします。すなわち、ガントチャート工程表においては横軸の一番隅が100%となります。そして、その100%に対してどれだけの達成度を満たしているかが、ガントチャート工程表では理解できるのです。一方で、ガントチャート工程表では、作業に必要な日数や工期に影響のある作業がどれだというのは理解することができません。

バーチャート工程表の場合、横軸は工期となります。バーチャート工程表の縦軸は工種、作業を表します。バーチャート工程表はこうした作りのため、作業ごとに必要な日数や作業時間が一目で理解できます。しかしバーチャート工程表では、それぞれの工種に対する進捗度合いや、どの作業が工期に与えるかなどがわかりにくいという欠点があります。

さまざまな工程表

一方で、ガントチャート工程表やバーチャート工程表のような横線式工程表ではない方法として、「工程管理曲線」や「ネットワーク式工程表」という手法も存在します。

工程管理曲線は、工事進捗をグラフ化したものです。工程管理曲線も横線式工程表と同様に作成が比較的簡単なため人気も高く、広く使われている手法だと言えます。
工程管理曲線の場合、横軸は工事期間、縦軸は工事進捗率を%で表します。そして工程管理曲線では、期間に対する工事量を求めて曲線を作成していきます。工程管理曲線を用いる事で、工事の進捗状況を大まかに把握することが可能です。さらには、横線式工程表と工程管理曲線を合わせた工程表なども存在しています。

ネットワーク式工程表は、横線式工程表や工程管理曲線では把握する事が難しい、各作業における関連性や全体工期に対する影響などを理解しやすく表している手法です。ただし、作成には少し時手間がかかりますので、人気はそこまでありません。

工程表作成にexcel(エクセル)の利用がおすすめ

工程表を作成する時にはexcel(エクセル)を利用するのがおすすめです。excel(エクセル)で一度工程表のテンプレートを作成しておけば、そのテンプレートを使い回す事で各工事に適応できるはずです。また、部分工程表についてもexcel(エクセル)のテンプレートを使用するのがおすすめです。

excel(エクセル)のテンプレート作成時に、どういった項目を配置させるかなど迷うことがあります。またexcel(エクセル)の操作自体があまり得意ではないという場合もあるでしょう。そういった場合は、excel(エクセル)テンプレートをダウンロードして使用するのがおすすめです。excel(エクセル)テンプレートはWebで検索すれば簡単に見つける事が可能です。多くの場合excel(エクセル)テンプレートは、フリーで使用できる無料のものばかりです。ですから、こうした無料のテンプレートをフリーダウンロードして、アレンジしながら使用すると良いでしょう。

また、フリーソフトやフリーアプリ、フリーのマクロなどでは、工程表を自動作成してくれるものもあります。こうしたフリーソフトやフリーアプリ、フリーマクロなどを無料ダウンロードして、自動作成された工程表をアレンジするのも簡単でおすすめだと言えるでしょう

工程表はさまざまな計算も大切

工程表作成や施工管理を行う中で、「計算」という行為は必ず必要な要素です。土木計算や座標計算、数量計算などさまざまな計算が工程表作成や施工管理では重要な要素となってきます。こうした土木計算や座標計算、数量計算から工事台帳作成、出来形管理、工事原価管理などの自動計算・自動作成を行うソフトが存在します。土木計算、座標計算、数量計算、工事台帳作成、出来形管理、工事原価管理の計算や作成は簡単ではありませんし時間もかかりますから、こうした作業には自動計算・自動作成ソフトを利用するのが最もおすすめです。

土木計算、座標計算、数量計算、工事台帳作成、出来形管理、工事原価管理に対応したソフトやアプリは、フリーソフトやフリーマクロから、シェアソフトまでさまざまです。まずは、無料でダウンロードできる自動計算・自動作成フリーソフトや自動計算・自動作成フリーアプリ、マクロをお試しで使用するのがおすすめです。人気が高いソフトから、人気があまりなくても必要な機能が備わっているソフトなど、あらゆるフリーソフトやフリーアプリ、マクロを試してみるのが良いでしょう。しかしながら、全てのフリーソフトやフリーアプリを無料ダウンロードして試すわけには行きません。そこで、人気ランキングやおすすめランキングなどを参考にして、ポイントを絞ってダウンロードでお試しするのが簡単でおすすめです。

フリーソフトだけでは土木計算、座標計算、数量計算、工事台帳作成、出来形管理、工事原価管理など、必要な機能が備わっていない場合もあります。こうした場合は、無料ではないシェアソフトやアプリを検討したい所です。土木計算、座標計算、数量計算、工事台帳作成、出来形管理、工事原価管理は、施工管理において非常に大切なポイントです。土木計算、座標計算、数量計算、工事台帳作成、出来形管理、工事原価管理を怠ってしまうと施工管理だけではなく、完成品まで影響が及ぼします。あまり妥協はせずに、しかしながら効率の良い方法を探していくようにしましょう。




タイトルとURLをコピーしました