販売管理 フリーソフト/エクセル、弥生

販売管理・在庫管理




販売管理のフリーソフトです。
受注管理・売上管理・仕入管理・在庫管理・一元管理の販売管理システム・販売管理ツールです。
このようなアプリで有名なのは弥生ですが、高いと感じたことはないでしょうか。弥生は確かに便利で使い勝手も良いのですが、実は、売上伝票、納品書、請求書、売上台帳、得意先元帳、受注一覧、請求一覧、入金明細票、仕入伝票、在庫一覧などを作成する、無料ソフトがダウンロードできます。弥生の購入を迷うなら、まずは無料ソフトを試してみてください。
ec・ネットショップ・小規模店舗・中小企業にもおすすめします。
また、中にはExcelやaccessのフォーマットになっているものもありますので、比較的使いやすく、初心者向けのツールもあります。
弥生やaccess、有料アプリが無くても、じゅうぶん仕事になりますよ。
売り上げランキングが取れたり、クラウドで共有できるアプリもあります。




目次

販売管理のフリーソフト

収益を上げるには、販売管理が重要

小売業や卸売業など、商品を仕入れて販売する企業や、製品を製造して販売している製造業などの企業にとって重要となるのが販売管理です。商品や製品をどれだけ購入・製造して、いくら販売し、在庫がいくつあるかといった個数の管理や、売上・仕入の金額の管理はもちろんのこと、売れ筋の商品は何なのかといったランキング分析や、得意先の管理などをしっかりしておくことで、現状の把握や今後の経営計画などが可能になり、それが会社の成長につながります。
販売管理ソフト(販売管理ツール)では、商品の仕入から受注、販売、在庫までの一連の流れを簡単に管理することができます。また、管理だけでなく、納品書、請求書の発行や作成、売上伝票・仕入伝票・売上(得意先)台帳の作成も自動でできるソフトも多く、商売の基礎となる売上、仕入の把握の手間を大幅に削減することができます。そのほかにも、売掛金や入金の管理ができるソフトや、年間・月次の全体の売上や商品ごとの売上を表やグラフで確認できるものなどがあるので、自社に合ったソフトを選択することができます。弥生などのシエアアプリと違って無料なので、ぜひダウンロードしてみてください。
売り上げランキングや比較、クラウド上で共有できる機能があると、より便利です。

簡単売上・仕入管理 For EXCEL

簡単売上・仕入管理 For EXCEL
EXCELで簡単に売上管理表・仕入管理表・在庫管理表・粗利益・粗利益率・グラフ表示を連動することができます。日常業務を進めながら仕入先・得意先・商品の台帳を簡単に登録できます。普段は売上仕入金額を登録するのみの簡単環境を実現しました。
Excelテンプレートなので、パソコンやExcel初心者にもおすすめです。無料でダウンロードできます。

らくだよ6 フリーソフト版

らくだよ6 フリーソフト版
コンパクトで使いやすい販売管理ソフトです。マニュアルを読まなくても、直感的に簡単に操作できます。日報、請求書、売掛、買掛などの基本部分はフリーで利用でき、小数点以下への対応、消費税対策、ランク、端数、社版など細かな部分も充実しています。中小企業・小規模店舗向け販売管理ツールで、無料ソフトウェアです。access(アクセス)をお持ちの方は、作者のホームページからダウンロードしてください。

販売管理システム

販売管理システム
仕入単価、売上単価が頻繁に変更してもきちんと管理ができるソフトです。基本機能の仕入/売上管理表、売上利益表、在庫管理表に加え、経営支援機能として売上ランキングや、在庫が少なくなったらひと目で確認できる在庫少数リストが追加されました。

販売管理 小次郎 Windows版 1.33

販売管理 小次郎 Windows版 1.33
中小事業所向けの、コンパクトで使いやすいフリーソフトの販売管理です。使いやすさに重点をおいた、売上、仕入、受発注、フル対応しています。小規模事業所はフリーソフト版で利用できます。総合的な管理ができ、手間のかかる作業を簡単に行えます。

FM 販売管理システム 月締版

FM 販売管理システム 月締版
顧客管理、商品管理、受注管理、一元管理を行うソフトです。見積納品請求書各帳票を印刷できます。また顧客単位で締日を登録して月締めで合計請求書を発行、入金管理ができます。初期設定で自社名、住所、次番号設定、消費税などの各設定を変更できます。

販売管理システム もうかりまうす!Standard

販売管理システム もうかりまうす!Standard
MS-Accessで作成された、本格販売管理ソフトウェアです。ワープロ感覚で売上・顧客・請求・回収を簡単に管理します。売上伝票に直接入力するシステムを採用し、面倒なマスタ登録や準備作業の手間を、大幅に省くことができます。


販売管理のフリーソフト その2

なにわ商人

なにわ商人
SOHO、小規模事業所向けに特化した販売管理のフリーソフトです。受注書を販売1件ごとに作成したりします。また、発行した納品書を売掛表にまとめたり、売掛表・請求書データにより顧客ごとに集積されて販売台帳を参照することもできます。納品書、請求書の郵送宛名ラベルの印刷機能も搭載。豊富なサンプルデータと詳細なマニュアルで、初心者から作業のサポートを行っています。

Let’s販売管理

Let’s販売管理
ACCESS2000および20002仕様の販売管理ソフトです。フリーソフト版となっています。そのため、こちらのソフトウェアは機能確認の為のソフトという位置づけです。より詳細な機能を使用したい場合は、有償のランタイムを購入する必要があります。まずは、機能確認のこちらのソフトを使用して、使い勝手や機能を確認し、必要だと判断した場合は、有償版を検討するのがおすすめです。

FileMakerで販売管理【フリーウェア版】

FileMakerで販売管理【フリーウェア版】
見積、受注、売上、請求管理、発注、仕入、支払管理、在庫管理が行えるフリー版のソフトです。判り易い入力画面となっているので、入力操作も簡単です。また、伝票複写時は行単位で複写する行を選択することもできます。さらには、請求残高一覧や請求書一覧からドリルダウンで詳細伝票まで表示することも可能です。なお、製品版ではプログラムソースを公開しているので、自由にカスタマイズが行えます。

Access販売管理システム

Access販売管理システム
Access2007で作成されたカスタマイズが容易な販売管理ソフトです。ソース公開しているため、自由にカスタマイズできるのが特徴です。販売管理は、仕入、在庫、売上の管理を行うことができます。特定業種(酒販店、ギフト店、メッキ工場、清掃業、運送会社、鋼材販売、etc.)用への改良にも対応しているので、希望する場合は開発元に連絡をしてみると良いでしょう。

【販売管理】-売掛仕入-伝票・請求書・管理帳票

【販売管理】-売掛仕入-伝票・請求書・管理帳票
管理帳票をエクセルに出力できる一般的な販売管理ソフトです。伝票ごとの現金販売がある場合にも、消し込み処理ができます。また、売価などは相手先ごとに設定でき、複数登録が可能です。さらに、消費税の端数処理は相手先ごとに設定が可能、簡単なメモを登録可能、プリンターからA4の用紙にて発行といった機能が備わっています。なお、こちらのソフトとは試用版のため、出力機能に制限があります。




販売管理のフリーソフト その3

MSD販売管理

MSD販売管理
エクセルで販売管理ができる、ユーザーがカスタマイズして利用するタイプの販売管理ソフトです。インストーラーを使用していないため、ダウンロードしてすぐに使用することが可能です。「日々納品書作成」→「月締め請求書作成」→「出納帳入金記帳」→「売掛金消込」→「売上集計」の流れに対応した作りとなっていて、出納帳入金、売掛消込は、出納帳処理との重複を避ける作りとなっています。

在庫主任

在庫主任
Accessデータベースを利用して、販売業務における商品の受入・払出・在庫の管理を行うソフトです。商品の仕入に伴う納品時などに受入伝票を入力することで、受入履歴や在庫(数量の増加)の管理を行うことができます。また、商品の販売に伴う売上時などに払出伝票を入力するで、払出履歴や在庫(数量の減少)の管理を行うことなども可能です。別途有償にてソースファイルの提供を受けることも可能です。

大繁盛-販売管理システム for Windows

大繁盛-販売管理システム for Windows
売上や顧客などといったのデータを自動集計し、グラフ表示まで行ってくれるソフトです。総額表示にも対応しています。販売管理を少しでも簡単に行いたい、中小事業者向けにをコンセプトに作成されています。入力され蓄積されたデータの集計を簡単に行い、迅速なデータ分析を可能にしているため、流動的な販売管理にもしっかりと対応してくれる、データ管理の強い味方です。

シンプル在庫管理プラス

シンプル在庫管理プラス
在庫管理・仕入管理・販売管理・納品書・請求書発行がこのソフト一つで可能となっています。通常の在庫管理ソフトと違い、複雑な初期設定といった煩わしい項目はありません。単品管理を前提とし、数々の入力支援及び簡単ボタン操作等で純粋に在庫管理・仕入管理・販売管理・納品書・請求書発行が行えます。簡単にそしてしっかりと販売管理を行いたい方には魅力的なソフトとなっています。

KOX販売管理Lite

KOX販売管理Lite
簡単に出来る販売管理ができるフリーソフトです。売上と仕入の管理が可能となります。Access2003で作成された小規模企業向けのパッケージとして開発されており、伝票、請求書、帳票も全てA4用紙に出力することが可能です。また、売掛、買掛は残高の管理もできる仕様となっています。手軽に販売管理を行いたい小規模企業には、導入するのにちょうど良いソフトとなっているでしょう。




販売管理のフリーソフト/受注・売上・仕入・在庫の管理

受注・売上・仕入・在庫の管理/売上伝票、納品書、請求書、売上台帳、得意先元帳など
販売管理のフリーソフト集/受注・売上・仕入・在庫の管理を行う販売管理システムです。売上伝票、納品書、請求書、売上台帳、得意先元帳、受注一覧、請求一覧、入金明細票、仕入伝票、在庫一覧などの機能。

【 販売管理のフリーソフト 】

〔tohru.umezawa〕
EXCELで販売管理・仕入管理・在庫管理ができ、見積書・請求書・発注書・注文書・納品書・注文請書等に連動。領収書の作成、顧客管理、健康管理、ダイエット管理、家計簿の作成、履歴書の作成、FAX送付状の作成、年賀状の宛名印刷など。エクセルテンプレートで簡単に販売管理ツールとして使えるため、パソコンが苦手な方にも人気なアプリです。ec・ネットショップ・小規模・中小企業にもおすすめのソフトウェアです。

〔シーウェア〕
エクセルによる販売管理、仕入管理、在庫管理、発注管理/エクセルマクロで作成した販売管理システム、買掛管理システム、在庫管理システム、発注仕入在庫管理システム、伝票発行・請求・売掛管理専用システムなど。

〔ギブソフト〕
販売管理、売上管理、仕入管理、在庫管理、売掛管理、買掛管理ソフト/マルチユーザーとバーコード検収対応の工場向け購買管理ソフト、スロット抽選ソフト、ビンゴ用の数字発生ソフトなど。販売管理ツールは、カスタマイズで色々な業務に対応可能です。フォーマットはACCESS(アクセス)2010-2019用です。パソコン初心者の方や、ec・ネットショップ・小規模・中小企業にもおすすめのツールです。

〔日高 久雄〕
エクセルで受注伝票・台帳、売上伝票・台帳、売掛元帳、月締残高表他各種販売分析データーを作成。注文書の発行・注文台帳、仕入台帳・買掛元帳、月締残高表他原価集計データーを作成。仕訳から試算表、元帳、決算書の作成。給与明細、給与台帳、銀行振込表の作成。見積書の作成と自動保存など。

〔青野 幸司〕
販売管理は、売上仕入見積管理、納品請求書・元帳の印刷。顧客管理は、顧客の住所・電話番号・メール、はがき・封筒印刷。見積書・納品書・請求書・領収書・送り状・封筒・葉書など。檀家管理は、檀家一覧、過去帳、法事予定一覧など。運送業の売上傭車経費の管理、請求明細書や運行管理帳票など。簡単に作業できるアプリなので、人気があります。パソコン初心者の方や、ec・ネットショップ・小規模・中小企業にもおすすめのツールです。

〔シナジック〕
商品の販売管理・在庫管理、部品展開をトータルに行うソフトウェア。赤ちゃんの動きをメールでお知らせ、ペットたちの留守番をメールでお知らせ、お年寄りや介護養護の様子をメールでお知らせなど。受注処理時に在庫量も表示されるツールなので、ec・ネットショップにもおすすめです。

〔PC-AREA〕
売上管理は、曜日別売上や売上推移グラフを表示。営業収支・会計帳(エクセル版)。現金出納帳は、シンプル出納帳。酒屋さんの販売管理、美容室の顧客管理、エクセル時給計算、コンビニ時給計算、Excelで請求書、見積書、納品書の作成など。特にらくらく売上管理 for Excelは、毎日売上と仕入が発生する飲食店に人気のツールです。

〔PCスペース〕
販売管理システムは、一般企業向け販売仕入見積在庫管理、建設機械修理販売業向け販売仕入在庫管理、鋳造業・製造業向け販売仕入生産在庫管理ソフト。倉庫管理は、運送業倉庫管理ソフト。運送管理は、配車日報請求支払管理ソフト。また、販売管理ツールは、「一般企業・SOHO用」「鋳造業・製造業用」「建設機械修理販売業用」に分かれているため、比較的扱いやすく、人気が高いソフトウェアです。

〔maxmaシステムズ〕
販売仕入在庫管理システムは、納品書・請求書等の発行から販売仕入在庫管理がExcelで自由にカスタマイズできます。

〔川崎 政則〕
パソコンPOSレジシステムは、多くの会社に導入されている、信頼、機能性重視のPOSシステムです。データベースはMicrosoft Access(アクセス)・Microsoft SQL Server・PostgreSQL・MySQL・Oracleです。販売分析が多種多様で人気のあるツールです。

〔つぼはち〕
売上管理ソフトは、飲食店用の売上・支出を管理します。
売上管理データベースソフトは、飲食店・その他店舗等で売上(販売)、支払(支出)のデータ管理ができます。計測器・工具・設備の管理用ソフトなど。ベクターでもダウンロード出来ます。Access2010で作成したソフトでも、売上、支出データをエクセルにエクスポートできるので、人気です。

〔樂俊〕
販売管理システムは、仕入単価、売上単価が頻繁に変更してもきちんと管理ができます。Excelテンプレートなので、Excelが必須です。




販売管理のフリーソフト/受注管理・一元管理・売上管理

販売管理のフリーソフト その2/受注管理・一元管理・売上管理・営業日報/請求書、売掛管理、買掛管理、売上推移グラフ、売上管理表などの無料ソフト、オープンソース。

【 販売管理 】のフリーソフト

〔tshi〕
販売管理・在庫管理システムは、中小企業製造業向けの受注管理・一元管理・出荷管理・生産管理を行うシステムです。Access(アクセス)開発者のための日付フィールド入力支援用のアドオンカレンダーなど。

〔ADempiere ERP+CRM Bazaar & くぼっち〕
統合業務管理システムは、販売管理・仕入管理・在庫管理・顧客管理などができるオープンソースのERP(統合業務管理)ソフトウェアです。ブラウザからアクセス可能なので、クラウド上で賄える機能もあります。クラウド上のオープンソースなので、売り上げ比較やランキングなどをカスタマイズすることも簡単です。

〔北陸大同産業〕
販売管理ソフトは、売上・顧客・請求・回収を管理します。
販売・仕入・在庫管理は、見積・受注・売上・請求・入金・発注・仕入・在庫管理ができる統合型販売管理システムです。
自動車販売・整備業専用の販売管理システムなど。クラウド上で複数人で使うこともできますし、ダウンロード版もあります。

〔digital works development〕
請求書・納品書発行システム、販売管理システム、顧客管理システム、見積書発行システム、エステ・ヘアサロン向けのWeb顧客管理システム。各種飲食店・旅館・ホテル向け、iPad電子メニューによるオーダーシステムなど。

〔そふとくりむ〕
受注・納期管理システムは、納期までの残日数が一目瞭然のエクセル受注・納期管理のソフトです。
シュミレーションも容易なエクセル内訳見積書の作成など。

〔エクセル工房 Inage〕
街の不動産屋さん、図書管理データベース、会費徴収管理システム、会計帳簿、手形記入帳、現金出納帳、資金繰予定表、売上帳、税額計算表、有給休暇管理表、顧客管理名簿、顧客管理システムなど。汎用売上帳はaccessフォーマットです。

〔Access Katsu〕
Access(アクセス)で作成した販売管理ソフトは、顧客管理から入金状況、売上状況を把握できます。歩数管理ソフトは、日々歩いたデータを管理、分析することができます。

〔新井 誠二〕
売上管理システムは、見積・受注・売上・請求書・発注書の発行、在庫管理等ができます。建築工事業向けの見積書の印刷、施設の予約スケジュール管理、パート・アルバイトの時給計算ソフトなど。売上管理は、Access2000用テンプレートです。

〔Click GTS〕
エクセルテンプレートとして使えるABC分析表、エクセルで簡単シフト表・ワークスケジュール、エクセルで使えるタイムカード、ロト6分析ソフトなど。

〔JTCS-SOFT〕
売掛金の集計が行える販売管理フリーソフトです。
星座早見盤のソフトウェアもあります。

〔ビット〕
販売管理システムは、見積・受注から売上へ、発注から仕入への連携が1つの画面でできます。決算書を簡単に作成できるソフト、後援会選挙事務所向けの会員管理システム、会議室・車・運動場や各種備品の貸し出しと利用予約管理ソフトなど。『請求書の未発行』を検出してくれるので、出し忘れがありません。アクセスフォーマットです。棚卸数量と在庫表の理論在庫を比較する「差異数一覧表」も印刷できます。

〔システムパル〕
商品100種の売上集計が行えるレジソフトです。Excelフォーマットです。レシートも出せるので、パソコンがレジになります。
複式簿記システムの青色申告決算書の作成ソフトなど。


販売管理のフリーソフトやエクセルや弥生を使うポイント

会社にとって販売管理や売上管理、在庫管理などの業務も欠かせないものになります。他にも管理しなくてはいけないものには、受注管理や一元管理などもあります。

小規模なネットショップが増えてきている

近頃はインターネット上にネットショップを開き、ec管理なども行っている人も小規模や中小企業なども多いのではないでしょうか。だからこそ使いこなしておきたい販売管理ツール(弥生)やaccess(アクセス)について、紹介したいと思います。

小規模ショップでも販売管理のソフトウェアを使いこなす

販売管理・売上管理・在庫管理・受注管理・一元管理などの設定方法を紹介します。どんなに優れたネットショップやecショップを用意したところで、使いこなせなければ意味がありません。小規模や中小企業の多くが担当者を用意するのが難しいケースもあると思います。
そのため、販売管理ツールの弥生を使ってもaccess(アクセス)などの専門的な知識が必要になるものだと、うまく管理ができなくなってしまうことも。小規模や中小企業など言葉で販売管理・売上管理・在庫管理・受注管理・一元管理というのは簡単ですが、誰でも使えるものではありません。

弥生

販売管理ツールの弥生には業務内容によっても種類があります。初心者でも使いこなせるように工夫されている、販売管理ツールの弥生は、規模の小さな企業からも選ばれています。多くの人に選ばれている販売管理ツールといえば、弥生の存在は欠かせません。

access(アクセス)

また、access(アクセス)は、事前にプログラムを作成します。Access(アクセス)は、最初の取り掛かりこそ難しいものの、慣れてしまえば簡単です。Access(アクセス)も弥生同様におすすめです。

ソフトを使うことで販売管理の重要性が見えてくる

販売管理の重要性は、実際にソフト(ソフトウェア・フリーソフト)などのシステムを使っているからこそわかるものです。アプリやツールなどの違いについても操作方法の使いやすいものを選んでくださいね。

フリーソフトやエクセルを利用する

無料(フリー)ダウンロードなどもありますし、Excel(エクセル)のテンプレートやフォーマットを使う方法もあります。クラウドの使い方も初心者で選ぶのが難しいときは、人気クラウドランキングなどのおすすめから比較して選んでみてくださいね。有料のものに限らず、無料(フリー)ダウンロードでも十分比較して使えますよ。

商品の売れ行きを分析し仕入れの計画につなげる販売管理

例えば販売管理についても、どんな商品が売れているのかどうかを分析して仕入につなげていかなくてはいけません。販売管理も簡単なものではありません。売上管理は、商品の売上を把握するのはもちろん、日別の売上や月別売上管理、年間の売上管理など幅広いものが対象になります。

売上管理

売上管理はネットショップやecなどの小規模、中小企業などいずれにとっても欠かせません。Ecなどのネットショップをどうするのか、うまく運営するには欠かせません。Ec(ネットショップ)といっても種類がたくさんあります。商品やサービスを展開しているec(ネットショップ)管理を効率的に管理することも小規模の中小企業にとっては大きな課題です。

在庫管理

在庫管理は、お店の商品の在庫を管理するのはもちろん、資材の在庫管理などもあります。在庫管理が正しくできているのかも重要です。さらに受注管理は顧客からの商品の受注はもちろん、メールのやりとりなども受注管理に分類されます。

ソフトウェアやフリーソフトを比較する

販売管理の役割の違いも、ソフト(ソフトウェア・フリーソフト)の違いもありますし、ツールやアプリを使ってシステムを試してみる必要もあります。クラウドを選ぶ時の方法として簡単なランキングなどもあります。人気おすすめ比較ランキングなどを使って試してみてくださいね。Excel(エクセル)のテンプレートやフォーマットでも使えますよ。

ソフトウェアでさまざまな販売管理に関する要素を一元管理する

これらの管理をまとめて一箇所で管理するのを、一元管理といいます。一元管理は出し入れしやすいように管理することが目的になります。一元管理は、人やモノ、お金、情報などが対象になります。小規模や中小企業にとっても考えなくてはいけない点です。そのためには販売管理ツールの弥生やaccess(アクセス)を使いこなしたいものですね。

ソフトで一元管理

一元管理のためには、ソフト(ソフトウェア・フリーソフト)はもちろん、システムやツールなどのアプリもあります。無料(フリー)ダウンロードなどもありますし、エクセル(Excel)のテンプレートやフォーマットも使えるはずです。クラウドの簡単人気ランキングはもちろん、おすすめ比較ランキングも使いこなしましょうね。

販売管理ソフトウェアの基本的な各種登録事項の設定や使い方

販売管理の使い方について、説明したいと思います。

1. 基本設定

販売管理の使い方として、まずは基本情報の設定や、会社名(屋号・氏名)の設定を行います。一つ一つ入力するごとにエンターキーを押すと、入力する次の欄に移動します。会社名のあとは、消費税、その他の設定に進めていきます。その他の設定の内容ですが、納品書や請求書に印刷される、名前の有無や形式の指定を行います。印鑑を使う場合は、自社名の表示を「しない」に設定しておくようにします。
一通りの入力が終わったら「登録」のボタンをクリックします。最後に基本情報の設定画面にある「閉じる」をタップして終わりにします。必要に応じて修正するときは、再度入力画面を開き簡単に修正できます。

2. 商品名の登録

基本情報の入力が終わったら次に商品の登録を行います。商品番号・商品名・販売単価・仕入単価・型番などの必要な情報を入力していきます。ここでもエンターキーを押すと、次の欄に移動しますので、パソコンの使い方が苦手な人にもおすすめです。
入力が終わったら「登録」のボタンをタップすると、次の商品データを入力する画面になります。連続して商品を入力するときも簡単なので、余計な手間はかかりません。商品を登録したあとは、「閉じる」を選択して商品ファイルを閉じます。
入力した商品データを確認する場合は、「商品一覧表」を使います。登録済みのデータを修正するためには、商品番号を選択して操作を行い、登録ボタンを押すと「修正しました」のメッセージが表示されます。修正する数が多いときは、該当する商品の商品番号の一覧表を印刷しておき、エンターキーを押します。

3. 得意先の登録

メニューのなかにある得意先ファイルは商品と同様の操作にて入力します。ここでは、住所1や住所2は利用していないため、わざわざ入力する必要がありません。この時点での締日は得意先の締日を入力するだけで問題ありません。

4. 仕入先の登録

メニュー画面のなかにある「仕入先ファイル」のボタンをクリックします。得意先とやり方は大差ありません。一度入力すれば月末更新で自動的に更新されますので、最初だけの入力で済みます。仕入先のデータを入力し続けたら「登録」ボタンをクリックします。

フリーソフトやクラウドを活用する

販売管理の使い方も、Excel(エクセル)のような簡単操作でテンプレートやフォーマットを活かす方法もあります。ソフトと一言でいってもソフトウェアやフリーソフトなどもありますし、専用のツールやアプリなどのシステムもあります。フリー(無料)ダウンロードでも十分に使いこなせます。クラウドの人気がわかる、比較ランキングなどもあります。おすすめ人気ランキングも試してみてくださいね。

販売管理ソフトウェアは操作方法も簡単で初心者でも使いやすい

販売管理の使い方について説明しました。エクセル(Excel)のテンプレートやフォーマットも含め操作方法も簡単なので、初心者にも安心です。ソフト(ソフトウェア・フリーソフト)はもちろん、ツールやシステム、アプリなどを使うことも大切です。

フリーソフトやエクセルを利用する

無料(フリー)ダウンロードなどもありますし、無料で使えるExcel(エクセル)のテンプレートやフォーマットなどもあります。簡単なクラウドランキングもありますし、人気のおすすめ比較サイトなども使いこなしてみてくださいね。


さまざまな業種の経営に欠かせない販売管理

販売管理とは、製造したり仕入れたりした商品を販売し、その代金を請求・回収するまでの一連の流れを管理することです。商品とお金の流れに加え、顧客データの管理や製造・販売した商品の売れ筋などの分析も販売管理に含まれます。

小規模事業者、中小企業、大企業を問わず、会社にとって販売管理を通じてさまざまなデータを比較分析することは、正しい経営判断を行ううえで重要です。これは個人で経営しているecサイト(ネットショップ)などでも同様です。

具体的には以下のような項目があります。

【受注管理】

受注管理とは、注文を受けたときに発生する業務です。具体的には、注文を受けて在庫と納期を確認する業務や、受注伝票や注文請書を作成する業務などがあります。受注前の見積業務も受注管理業務に含めます。

【売上管理】

売上管理とは、日々の売上を記録して分析することです。売上の記録だけでなく、設定した売上目標に対する達成率を見て、達成できなければその原因を探って売上向上に役立てます。原因を探るために、売上のほかに仕入れ値や人件費や広告費なども記録します。製造業・卸売業・ecサイト(ネットショップ)も含む小売業・サービス業など、あらゆる会社にとって欠かせないのが売上管理です。

【請求管理】

商品を販売後、請求書の作成と送付、代金の回収、催促といった一連の業務のことです。

【入金管理】

入金管理とは、請求した商品代金がその通りに入金されているかチェックすることです。顧客が多いほど、入金作業は煩雑になります。

【在庫管理】

卸売や小売業なら販売する商品の在庫、製造業なら商品に加えて原料の在庫も管理する必要があります。

販売管理の各管理業務はフリーソフトなどを活用した一元管理が重要

販売管理はさまざまな管理業務の総称です。これらの管理業務はバラバラに行われるわけではなく、それぞれが連携することでスムーズな経営が可能になります。どのような商品がどれだけ売れているかを把握し、次の仕入に反映させる必要がありますし、代金を請求して入金が請求通りに行われていなければ、催促を行わなくてはなりません。つまり、受注や売上などの各管理業務を一元管理できるようなシステムが必要となります。

販売管理の一元管理が簡単にできて便利なのが、販売管理システムのソフトウェアアプリです。受注管理・売上管理・請求管理・入金管理・在庫管理などの管理業務にかかわるデータを一か所に集約し、それぞれの業務を一括管理できるのでおすすめです。また、各業務で必要となる書類(納品書や請求書など)や伝票(受注伝票、売上伝票など)、台帳なども簡単に作成できます。

各管理業務の一元管理システムを導入することで、販売管理業務全体にかかわるスタッフの数を減らすことができるうえ、スピード・正確さともに向上させることが可能になります。ecサイト(ネットショップ)など一人で運営している人にとって、販売管理ツールは簡単に販売管理ができるとても便利なアプリです。

販売管理に便利なエクセルなどフリーソフトの使い方

販売管理システムのソフトウェアアプリは、メーカーによって多少の違いはありますが、おおよそ以下のような流れで操作します。

1.各種登録・設定を行う

会社名や消費税、商品名と単価、得意先情報、仕入先などの基本情報を登録したり、印刷についての設定などを行ったりします。

2.伝票入力・証憑発行

各業務が発生したら、情報を入力して伝票を作成します。伝票のデータをもとに証憑(見積書や納品書など)が発行できます。たとえば、見積伝票からは見積書、売上伝票からは納品書を発行します。

3.横断して伝票を発行する

見積伝票から受注伝票を発行したり、受注伝票から売上伝票を発行したりと、業務をまたがってデータの受け渡しを行い、伝票を発行することができます。

4.請求処理を行って請求書を発行する

商品を販売したら金額や締め日などを入力して請求処理を行い、請求書を発行します。

5.売掛残高の確認

売掛金がどれぐらい残っているか確認できます。

6.ツールを使って経営分析に役立てる

「商品別売上一覧」「得意先別売上一覧」などのツールを使うと、どんな商品がどこにどれだけ売れているのか簡単にわかり、販売戦略などに活用できます。

販売管理ソフトウェアには有料・無料のものがある

販売管理ソフトウェアアプリ(販売管理ツール)には、有料のものと無料のものがあります。有料の販売管理ツールとして人気が高いソフトが「弥生販売」です。また、販売管理ツールではありませんが、データベース用ソフトウェアの「Microsoft access(アクセス)」も販売管理ツールとして使うことができます。

一方、インターネット上には無料でダウンロードできる販売管理ツールがたくさんあります。フリーソフトのほか、エクセル(excel)やaccess(アクセス)上で動くプログラムや、エクセル(excel)のテンプレート・フォーマットなど形態はさまざまです。販売管理ツールをたくさん集めたランキングサイトを参考に、ソフトを選ぶとよいでしょう。

ランキングサイトでは、各ソフトの特徴比較とともに評判の高い人気ソフトがわかるようになっています。人気が高いソフトは、多くの人にとって使いやすいことを表しています。

システムの一元管理と聞くと、ある程度規模の大きな会社だけの話ではないかと思う人もいるかもしれません。しかし、日々の事業活動の記録をさらなる収益の向上に結び付けることが販売管理の目的であるならば、社員数数十人規模の小規模事業者やecサイト(ネットショップ)を運営する個人事業主も、販売管理を一元管理する販売管理ツールは必須です。

有料の販売管理ツール

有料の販売管理ツールとして「弥生販売」と「Microsoft access(アクセス)」がよく知られています。各ソフトについて簡単に紹介しましょう。

〔弥生販売〕

「弥生販売」は、会計ソフト「弥生」で有名な弥生株式会社の販売管理ツール(ソフトウェアアプリ)です。ソフトウェアのランキングサイトでも、上位にランキングされている人気のソフトです。多くの中小企業で採用されている販売管理ツールです。
数十人の小規模法人向けと中小企業向け、3台以上のネットワーク環境で使うための製品と3タイプのラインナップが用意されています。見積書や納品書などの各証憑の作成や、仕入れや在庫管理を含めた販売管理が簡単にできます。
また、クラウドサービスを提供しており、PCトラブルに備えてデータをバックアップしたり、法令改正に合わせて最新のプログラムを無償提供してくれることも大きなメリットです。
「弥生販売」のような有料ソフトは多くのメーカーから販売されており、メーカーが提供するクラウドにデータをバックアップできるものが多いです。多くのデータを扱い、パソコンのトラブルを防げるので、クラウドサービスを提供しているメーカーのソフトはおすすめです。

〔Microsoft access(アクセス)〕

access(アクセス)はデータベースソフトであり、データベース活用のシステムを作るためのツールアプリでもあります。社員数十人規模の小規模事業者なら、access(アクセス)用の販売管理プログラムを自作して十分対応できます。また、後述するように、accessをベースに作成したテンプレート・フォーマットがインターネット上で配布されていて、無料でダウンロードできます。access(アクセス)はエクセル(excel)同様、汎用性の高いソフトなのでおすすめです。購入しても損はないでしょう。

無料の販売管理ツール

無料の販売管理ツールには、フリーソフトやエクセル(excel)・access(アクセス)上で使えるプログラム・テンプレート・フォーマットがあります。これらはインターネットからダウンロードして使います。エクセル(excel)で使えるものは人気があります。

有料ソフトと無料ソフトを単純に比較するのは難しいでしょう。ソフトによってカバーしている業務領域が異なるため、フリーソフトでも十分対応できる小規模・中小企業もあれば、有料ソフトでなければカバーできない小規模・中小事業もあるからです。フリーソフトは、売上管理や在庫管理、受注管理など販売管理の一元管理という意味では有料ソフトに劣る部分があるかもしれません。しかし、製造業・卸売業・小売業やecサイト(ネットショップ)・サービス業では、それぞれ一元管理が必要となる販売管理業務は異なります。単純に、一元管理できる業務の幅が広ければ広いほどよいとも言い切れません。
また、実店舗を何店舗も持つ会社と、ecサイト(ネットショップ)を運営する個人事業主を比較すると事業規模が異なるため、売上管理や在庫管理などの量にも差があります。

小規模事業者や中小企業では、販売管理ツールにかけられる費用は限られていると思われます。自社の販売管理の中で、どのような業務を一元化する必要があるかを考えたうえで販売管理ツール(フリーソフト・テンプレート・フォーマット)を選ぶことをおすすめします。
小規模事業者や中小企業なら、エクセル(excel)を日々の業務で使っているところも多いでしょう。エクセル(excel)で使えるフォーマット・テンプレートをダウンロードして活用すれば、使い慣れているエクセル(excel)で販売管理を効率的に行うことができておすすめです。

有料ソフトのメーカーはユーザーにクラウドサービスを提供していますが、フリーソフトを使う場合もgoogleなどが提供しているクラウドストレージサービスを活用すれば、データのバックアップを行えるので問題ありません。販売管理の担当者にクラウドについてある程度知識があれば、難しくないでしょう。
有料・無料問わず、どの販売管理ツールを選べばよいか迷うときは、ソフトウェアやテンプレート・フォーマットのランキングサイトをのぞいてみてはいかがでしょうか。各ソフトの説明やクチコミが掲載されているほか、人気の高さに応じてランキングされているので、さまざまなソフトを比較検討して自社に合ったソフトを見つけることができます。

フリーソフトには有料ソフトの期間限定無料版も含まれています。有料ソフトの多くは、期間限定でおもな機能が利用できる無料版をリリースしていて、無料でダウンロードができます。有料ソフトウェアを使うための判断材料として、いくつかの有料ソフトの無償版を試しにダウンロードして使い、比較するのもおすすめです。




タイトルとURLをコピーしました