席替え・学級編成・出席簿・名簿管理のフリーソフト・エクセルテンプレート

学校教務、成績処理




席替え・学級編成・出席簿・名簿管理のフリーソフト・エクセルテンプレートです。
出席番号の入力から名簿写真付き座席表を作成、座席管理、出席簿の作成、採点集計、出欠統計処理、出席管理、ペーパーレスでのクラス分け作業の支援、担任によるクラス、学年会での検討、次年度の担任決定、点検名簿の作成、学級編成票の作成、クラス編成などの人気ソフトが無料でダウンロードできます。




目次

席替えのフリーソフト・エクセルテンプレート

席替えのフリーソフト、シェアウェアのリンク集/出席番号の入力から名簿写真付き座席表を作成。ルーレットやくじ引きで座席を決めるタイプのものもあります。

成績処理、成績資料、度数分布グラフ、学級編成、クラス編成、絶対評価、週案作成と時数管理、クラス時間割・教員時間割・授業教室時間割の作成、席替え、出席番号の入力から名簿写真付き座席表を作成、出席名簿・出席簿作成、出席管理、採点集計、出欠統計処理、マークシート読取から採点結果集計など。

Excel 『席替え.xlsm』

Excel 『席替え.xlsm』

Excel版の、席替えソフトが無料でダウンロードできます。担任クラスが、ノートパソコンを持ち込んで、その場で児童生徒がくじ引きします。その場で発表し、その場で座席移動します。名簿さえ作っておけば、全自動で実行します。席替えの総合的な管理ができ、手間のかかる作業や座席管理を簡単に行えます。

席替えくん

席替えくん

Excel版、席替えソフトです。小学生の大きなイベントの1つに、席替えがあります。そんな席替えを、公平かつ、何の邪念もなく決めてくれる人気ソフトが無料でダウンロードできます。席替え作成の必要な機能が詰まっているので、発送次第で、さまざまな処理が可能になるソフトです。

ズック君の 座席表 無料版

ズック君の 座席表 無料版

座席表作成ソフトが無料でダウンロードできます。学校でも、職場でも座席管理に使えます。出席番号や社員コードで登録しておけば、番号の入力のみで、氏名を表示することができます。番号入力時に、必要に応じ枠罫線も同時に引くことができます。登録番号以外は、文字や内線番号などを自由に入力できます。

この席がえ~

この席がえ~

ルーレットで席替えをする人気ソフトが無料でダウンロードできます。席の無いところ、誰でも座れる、男子のみ、女子のみなど、条件を座席ごとに設定できます。最初に、席を固定する児童・生徒を指定できます。何列より前、というように個人ごとに設定できます。美しい座席表を簡単に作成し、座席管理できます。

座席表 (エクセル)

座席表 (エクセル)

クラス、選択授業、各種講習、試験などの、座席表を作成する座席管理ソフトが無料でダウンロードできます。教室の座席数に応じて、設定した生徒名を名票順または乱数で、席に割り当てます。席を割り当てた後で、前後・左右の交換ができます。生徒側から見た座席表と、教師側から見た座席表を作成します。

席替え支援 座席わらし

席替え支援 座席わらし
名簿付きの座席表が作成できるソフトです。フリーソフトとして提供されています。ドラッグ&ドロップするだけで印刷用の座席表を作ることができます。生成される座席表は、下半分が名簿になっているので、子供の記録の整理に利用できます。なお、座席レイアウトは、50パターン以上が準備されています。また、ワンクリック自動席替え機能も備わっているので、様々な用途に使用可能です。

席替えスロット

席替えスロット
席替えをスロットマシン風に簡単に行うソフトです。フリーソフトとなっています。決まった座席は児童・生徒の視点からすぐに確認することができます。人数は1人~48人までで、最大横6列縦8列の座席表に対応しています。空席にしたい場所があっても、自由に指定することが可能です。また、特定の人に対し、あらかじめ座席を指定しておくことができるなど、細かい部分も指定することができます。

座席ひょーkefi

座席ひょーkefi
座席表を作ることができるソフトです。エクセルの名簿を貼り付けることで、エクセルで座席表を作ることができるフリーソフトとなっています。「36人学級=6人×6列」、「42人学級=7人×6列」、「48人学級=6人×8列」に対応。名簿番号と氏名のみの座席表に加え、三段階評価の記入に使える座席表、児童生徒のスキル等も掲載した座席表を作ることも可能です。

席替え~くせる

席替え~くせる
席替え運用ソフトです。フリーソフトとして提供されています。説明書を読まなくても直観的に操作ができるくらい、簡単な作りとなっています。ソフトはエクセルで作られているので、エクセルの操作ができる人であれば、疑問なく操作することができるでしょう。なお、席替え人数上限=エクセルのセルの数となっています。また、教師側視点・学生側視点からの印刷も可能です。

座席オートfree

座席オートfree
多条件の席替えと指導カルテを一体化したソフトウェアです。フリーソフトとして提供されています。6×6=36席の席替えを多条件で行うエクセルファイルです。前と違う座席でありながらも、隣の友だちも違うといった座席表を作成します。さらに、性別や視力など複雑な条件にも考慮した席替えを実現します。加えて、指導カルテ機能も付加していますので、生徒の管理にも役立ちます。

席替えスロット

スロットを回すような感じで、くじをつくったり、座席表をつくったり、席替えや座席管理を簡単に行うことができます。決まった座席は児童・生徒の視点からすぐに確認することができます。

席替え支援 座席わらし

ドラッグ&ドロップで名簿付きの座席表を簡単に作成。生成される座席表は、名簿になっているので、子供の記録の整理に利用できます。座席レイアウトは、50パターン以上を準備。

座席表作成ソフト「座席君」

高校中学用のホームルーム座席表作成印刷ソフト。3学年、10クラス対応。登録した生徒氏名データから、生徒を自由に座席表に貼りつけられ、出席番号、読み仮名つきで印刷できます。座席管理が簡単になります。

この席がえ~

ルーレットで席替えをするソフトです。条件を座席ごとに設定したり、最初に席を固定する児童・生徒を指定できます。教師側からか生徒側から見た座席のどちらかを選択して印刷できます。

座席オート free

6×6=36席の席替えを多条件で行い、指導カルテも一体化した座席管理ソフト。オートフィルタ機能で、指導記録を瞬時に呼び出し。分類を評価規準、評価をABCにすれば教科別にも利用可能。

Excel『席替え.xls』

担任クラスにノートパソコンを持ち込んで、その場で児童生徒にくじ引きをさせて、その場で発表し、その場で座席移動することができます。名簿さえ作ってしまえば、全自動で実行します。

机列表作成システム for Excel

出席番号を入力してボタンを押すだけで、該当する位置に生徒の出席番号・氏名とふりがなを転記して印刷することができます。またランダムに座席を決定する機能も持っています。

席替えくん

子供たちが自分でくじを引き、席替えができる人気ソフトです。
とても簡単で、面白い。

ズック君の座席表

学校・職場で使える座席表作成ソフト。数字のゼロの入力だけでセル内容の消去が可能です。出席番号又は社員コードで一度登録しておけば、番号の入力のみで氏名を表示できます。

E-Sheet

座席表の作成を支援し、座席管理を簡単にさせます。

座席表作成36 シンプル版

エクセルテンプレートで座席表を作成できる、早く簡単できれいな36人用シンプル版です。男女混合名簿にも対応し、女子は出席番号が何番であっても、赤色表示・印刷ですることがきます。

せきがえ君 for Windows

せき順を提供する人気ソフトです。主に学校などの教育機関を想定していまが、汎用性を持たせる目的から、想定していない環境においてもそのニーズに応えれるようにしています。

今日は席替え

Excelで作成した教室の座席表作成ソフトです。生徒の名簿を入力して座る席を指定し、7列×8行までの座席表を作成。教卓から見て・生徒から見ての両方で可能。黒板には担任名。

シート Changer

学校での席替えを手助けをする座席管理ソフト。生徒の希望を考慮した席順を作成でき、公平に希望する位置に座れるようになります。五十音・ランダムの席替え・特定の席位置の固定などが可能。




学級編成のフリーソフト・エクセルテンプレート

Excel 『クラス分.xlsm』

Excel 『クラス分.xlsm』

小中学校・高校で、クラス分け・クラス編成を行う、マクロフォームです。パソコン画面上だけで、クラス分け作業ができます。『クラス分.xls』がシステムファイルです。データファイル『組分DB.xls』は『クラス分.xls』が同じフォルダ内に自動作成します。

進級シミュレーター

進級シミュレーター

学級編成・クラス編成ソフトです。担任による編成から、学年会での検討、次年度の担任決定、点検名簿作成まで使えます。偏りや問題点にすぐ気付き、何度でもやり直せるシミュレーターです。作業はディスプレイ上で行えます。学級の平均を出したり、数のカウントをして比較ができます。

Excel+VBA 学級編制票

Excel+VBA 学級編制票

学級編制票の、作成ソフトです。多くの情報を集約し、カラフルで見やすく、簡単に作成できます。学習状況は、任意の5教科の評定を使います。生活状況は、リーダー性・要注意・要援助・健康・家庭・その他の項目です。地区、留守家庭、スポ少、クラブ等に変更可能です。面倒な学級編成・クラス編成を簡単にします。


出席簿のフリーソフト・エクセルテンプレート

出席簿、出欠簿、名簿管理、生徒管理、出席管理のフリーソフトです。
出席名簿・出席簿・出欠簿の集計から生徒の出欠状況を把握・記録、学期末の欠席・忌引・出停・欠課等を自動集計、学級通信・学年通信等に活用できるグラフの作成、高機能・多機能出欠統計処理、園児・児童・生徒データの名簿管理、学級緊急連絡網の作成などの人気ソフトが無料でダウンロードできます。

Excel シンプル出席簿

Excel シンプル出席簿

シンプルな、出席名簿・出席簿・出欠簿ソフトです。紙の出席簿・出欠簿を、スムーズに電子化します。科目別で、出席名簿・出席簿を出力できます。欠時数の種類別の集計ができます。出席名簿・出席簿・出欠簿を作成する簡単な設定から、複雑なものまで、いろいろ出来る便利な出席管理ソフトです。操作性にも優れています。

小学校エクセル出席簿2107

小学校エクセル出席簿2107

エクセルテンプレート化した、小中学校で使える、出席名簿・出席簿・出欠簿です。入力は、基本的に出席として、欠席・出席停止等の事由を訂正する方法です。入力は最小回数で処理できます。欠席・出席停止等の事由を記録しておくと、年度末の指導要録への記入が容易です。出席管理にとても活用できます。

おぉ 出席簿 (Excel2007,2010版)

おぉ 出席簿 (Excel2007,2010版)

Excelで作った出席簿・出欠簿です。毎日の出欠記入作業が、ワンクリックで行えます。学級担任さんの、事務軽減に大いに役立ちます。毎日の学習指導や、生活指導、出席管理に、少しでも時間を確保できるようになります。出席簿を作成する充実した機能が搭載されています。

出欠処理エクセル2007ファイル

出欠処理エクセル2007ファイル

出欠処理のエクセルテンプレートファイルです。授業担当者が出欠簿に入力、管理者がクラス出欠簿に編集、クラス担任が、生徒の出欠状況の確認と欠課集計を行うことができます。10クラス以下の高校にお勧めです。3年次の複雑な選択授業の出欠状況を集計する出席管理に重宝します。

エクセルの出席簿

初期設定も入力も簡単な出席簿です。通知表や要録などにもコピーペーストでき、土日の縦線などもボタン1つで可能な出欠管理アプリです。

つるの出欠統計

学級通信・学年通信等に活用できるグラフの作成、高機能・多機能な出欠統計処理ソフト。クラス・学年・学校全体・個人の出欠状況の統計が作成でき、3種類の期間のデータを表示。

楽です 出席簿集計ファイル

欠席、遅刻、早退、忌引・出停、公欠の各日数、および授業日数・出席日数の集計のための出欠管理ツール。週集計、学期集計、月間集計、年間集計が自動で、一覧表になって表示されます。

おぉ 出席簿

Excelテンプレートで作った出席簿です。毎日の出欠記入作業がワンクリックでできます。学級担任の事務軽減に少しでも貢献できるよう作成した出欠管理アプリです。大学でも使えるので、おすすめです。

出席簿システム (Excel)

出欠状況を入力することで担任の期末集計作業を省力化するシート。登校日、授業科目、出席停止・忌引き、欠席、遅刻などを数字入力することで全てを集計した一覧表できあがります。出欠管理に便利です。小学校・中学校・高校・大学・塾におすすめです。

出欠管理システム for Excel

学校などでホームルームの生徒の出欠状況を把握・記録。欠席・遅刻・早退を記録し、月毎の集計と皆勤・精勤の確認ができます。データを出席番号順・日付順の並べ替えが可能。小学校・中学校・高校・大学・塾の出欠管理におすすめです。

出欠処理 エクセルファイル

ネットワークを利用した学校現場での出欠処理エクセルテンプレートファイル。授業担当が出欠簿に入力、管理者がクラス出欠簿に編集、クラス担任が出欠状況の確認と科目ごとの欠課集計が可能。小学校・中学校・高校・大学・塾の出欠管理に便利です。

高校用出席簿

出席簿と同じ画面で、学期末の欠課集計が一分で終わります。個人欠課表や科目別年間授業数を集計し、学校単位で使うと年度末卒業・進級認定会議の資料作成に便利です。出欠管理におすすめです。

週案オート free

週案簿と出席簿を合体させたソフトです。
時数集計と欠席集計の手間を軽減し、計算間違いを回避するエクセルテンプレートファイルです。小学校・中学校・高校・大学・塾の出欠管理におすすめです。

名簿管理・生徒管理のフリーソフト・エクセルテンプレート

名簿管理、連絡網のフリーソフト、シェアウェアのリンク集/園児・児童・生徒データの名簿管理、学級緊急連絡網の作成など。成績処理、時間割の作成、席替え、出席簿作成、採点集計、教材・賞状・調査書作成、行事予定表、会計簿、年間月間行事予定表の作成などができる無料アプリやテンプレートがダウンロードできます。

Excel+VBA 学校名簿管理

Excel+VBA 学校名簿管理

学校の、名簿管理ソフトです。エクセルをデータベース的に使い、各種名簿を作成できます。児童生徒のデータ編集、検索・転出入処理が、視覚的で簡単にできます。12種類の学級名簿・タックシールの他に、学年名簿・地区別名簿・PTA名簿などの帳票出力ができます。

学級緊急連絡網作成のための エクセルシート

学級緊急連絡網作成のための エクセルシート

学級連絡網を作成する、エクセルシートです。すでにある名簿データから、氏名・電話番号をコピーし貼りつけて、少し手直しするだけで、連絡網が完成します。流し込み順シートに、名簿データ番号を、どういう順に流し込むかを決めて入力します。

五十音オート

五十音オート

100名の氏名を、手間なく正しい五十音順に並べ替える、エクセルファイルです。新学期に、正しい名簿順を、手軽に作成することができます。名簿管理の必要な機能が詰まっています。さまざまな処理を可能にしてくれるソフトです。

生徒管理システム

生徒管理システム

生徒管理システムです。Windowsタブレットで、タッチパネル操作ができます。通信簿の項目に合わせた、生徒の授業評価リストを、表示・印刷することができます。授業ごとの発言回数を、生徒ごとに、タッチパネル操作でカウントすることができます。

HWork

公共職業安定所提出用の就職者名簿を作成するソフトが無料でダウンロードできます。
手元の100人ほどのデータを処理すると、提出用のテキスト・データができあがります。小学校・中学校・高校・大学・塾におすすめのアプリです。

Excel+VBA 学校名簿管理

学校の名簿管理をするための人気ソフト。エクセルテンプレートをデータベース的に使い各種名簿を作成、児童生徒のデータ編集が視覚的で簡単、学年始めに行うことは児童データの確認と修正だけです。

住所名札宛名 SALOON

来賓、職員、PTA役員、学校(長)、実行委員会等10種類の名簿を使って、(1)住所タックシール、(2)封筒・はがき・往復はがきへの宛名、(3)案内状の宛名書き、(4)肩書き付きの名札を作製。

おまかせ児童保護者データ管理

児童・保護者データを元に、入学から卒業までの様々なデータ処理を行い名簿作成を行います。名前ラベル作成、指導要録、金融機関別引落処理、メールアドレス帳等が作成できるアプリです。

小学校児童名簿管理

MS-Acceessを使った児童情報管理と名簿名票・出席簿・緊急連絡網等の作成システムです。指導要録や卒業生台帳、保健室の健康観察票なども作成できます。

生徒名簿管理基本システム

園児・児童・生徒の名簿を経年で管理するデータベースシステム。卒業後も、後々の分析等に役立てることが可能です。オプションとして成績管理・保健管理・生徒指導管理あり。小学校・中学校・高校・大学・塾におすすめの人気アプリです。

採点・マークシートのフリーソフト・エクセルテンプレート

普通紙マークシート作成用 エクセルマクロ

マークシート答案を自動採点するソフト「マーくん」のためのマークシート作成エクセルマクロです。罫線の色やマーク(だ円など)のカスタマイズが可能です。

Area61 マークリーダ

普通紙と汎用イメージスキャナを使ってマークシートを処理するソフト。専用用紙や専用読み取り装置が不要で、簡単で安価にシステムを構築。テスト・アンケートなどの幅広く役立つ。

採点OMR

Excelテンプレートでマークカードの読み取り、採点ができます。10学級×50人まで使用可能。正答率が組別、全体、点数の上中下位で計算できるので考査の結果分析のデータ作成までできます。

連絡網のフリーソフト・エクセルテンプレート

緊急連絡網作成システム

学級緊急連絡網が簡単に作成できます。
住所録のデータを流用して楽に連絡網が作れます。小学校・中学校・高校・大学・塾におすすめの人気アプリです。

連絡網作成36

エクセルで学級連絡網を作成できます。出席番号を入力し、名前や電話番号を自動で入力。個人情報保護の観点から必要最小限の電話番号を掲載しての配布に対応しています。小学校・中学校・高校・大学・塾におすすめの人気アプリです。

メール連絡網スクール iネット

学校向けメール連絡網フリーソフトです。保護者の携帯電話やパソコンにメールを一斉配信できます。学校専用なので進級処理やクラス替えも簡単。任意のグループで配信可能。

緊急連絡網作成支援システム『電話急げ』

緊急生徒連絡網を作成することができます。
誰から誰へ電話するかということを、生徒氏名に数字(キー番号)を割り振ることで行います。小学校・中学校・高校・大学・塾におすすめの人気アプリです。

席替えや学級編成・クラス編成は、学年やクラスの円滑な運営のために

学年・学級を円滑に運営していくためには、生徒の生活態度や学習成績などを把握・分析することが必要不可欠です。あまり知られていませんが、それとともに重要なのが席替えや学級編成・クラス編成です。誰と同じクラスになるか、自分の席の近くにいるのが誰なのかによって、その生徒の1か月や1年間が決まるといっても過言ではありません。そのため、席替えをしたり、学級編成・クラス編成を決める際には注意が必要です。
学級編成・クラス編成では、その生徒にリーダー性があるかどうか、学業の成績はどうか、少し注意が必要な生徒ではないか、健康面などで援助が必要かどうか、家庭の事情はどうかなどを詳しく検討して行う必要があります。
席替えでは、生徒同士の仲がどうか、生徒の性格はどうか、他の生徒にどのような影響を与えるか、同じ生徒ばかりが近くになっていないのかなどを考慮しなければなりません。席替えや学級編成・クラス編成は、他の先生などと相談して行う必要があるでしょう。

生徒指導に役立つ、出席簿、名簿管理、生徒管理

学校や学習塾、スクールなどで重要となる事項の1つが、生徒の成績や生活面などを把握し、正しく生徒を指導することです。そのためには、出席名簿・出席簿や名簿管理、出席管理、生徒管理をしっかり行う必要があります。
出席名簿・出席簿は、生徒の出席や欠席、遅刻、早退などを帳簿につけて、生徒に休みが多いなどの問題を把握することができるほか、年度末の指導要録への記載を簡単に行うことなどができます。名簿管理は、生徒の自宅の住所や電話番号を記載・管理し、生徒の保護者との懇談や相談などを行いやすくしたり、学級連絡網を作成したりすることができます。生徒管理は、生徒の成績や普段の生活態度などを記載し、生徒の指導や、年度が変わるときの担当の引き継ぎに使ったりすることができます。
出席簿、出席名簿、名簿管理、出席管理、生徒管理は紙の帳面で管理したり、電子データとしてコンピュータなどで管理することができますが、個人情報保護法の観点からその保存方法には注意しましょう。

子どもの自主性を育むのに重要な席変えや学級編成とは

学校で子どもの自主性を育てる方法の一つに「席替え」があります。座席表や座席管理なども教員にとっての重要な仕事です。まとまりのある学級編成(クラス編成)を作るためにも、小学校・中学校・高校・大学などのそれぞれで必要になります。また席替えと同様に必要なのが出席管理になり、出席簿や出席名簿を使い出欠管理(出欠簿)を作成します。学校だけでなく塾でも子どものモチベーションを維持するために必要です。席替えについてわかりやすく解説していきたいと思います。

席替えや出席簿はエクセルのテンプレートで管理できる

子どもの席替え(出席簿)は永遠の活発議題として考えられています。座席表(出欠簿)を見つつワクワクする気持ちは小学校・中学校・高校・大学はもちろん、塾などすべてに共通することです。座席管理は教師にとっても大きな問題になりますし、クラス編成や学級編成なども悩まされます。席替えになると「窓際になるといいな」「一番前は嫌だな」など教室中が湧き上がります。なかには席替えを不要と主張する教師もいます。座席管理や出席管理、出欠管理などの観点において席替えを面倒だと考える人もいます。ただ、子どもの席替えについてはいろいろな人と隣席になることで関わる機会を増やし、相互理解を深めることもできます。

固定席のままになると、教室の前方・後方はもちろん教師の距離によって学習効果に差が出やすい問題などもあります。教師は座席管理や学級編成などの問題もありますし、塾でも座席表(座席管理)などを考えたときに、学級の雰囲気をよくすることにもなります。小学校・中学校・高校・大学などによっても違いますが、出席管理や出席簿(出席名簿)などの管理や、出欠管理(出欠簿)なども考慮しなくてはいけないのです。

席替えの管理もExcel(エクセル)のテンプレートで行う方法もあります。簡単に人気も比較でき、おすすめではあるのですが、フリー(無料)ダウンロードも忘れてはいけません。ソフト(フリーソフト)やアプリなども使いこなしてみてくださいね。

十分な検討が必須の席変え(座席表)の並べ方の必要条件とは

小学校・中学校・高校・大学をはじめ塾の席替え(座席表)の前に、机の配置については、どんな指導目的があるのか、また子どもの発達段階によっても違います。例えば二人ずつ机を横並びにして前を向く座席表(座席管理)や学級編成(クラス編成)もありますし、数人を机で寄せてグループで座る方法もあります。

最も一般的なのが教師と生徒が対面している方法になり、縦横均等な感覚で並ぶクラス編成になります。出欠管理の面からもどの席から見ても前方が見えるようにすること、小柄な生徒は大柄な生徒の真後ろを避けるのはもちろん、両側の縦列は黒板の中心に向けて机を斜めに置くなど、均等な条件で学習できるように工夫して学級編成(クラス編成)を考えていきます。

座席表(出欠簿)はもちろん、出席管理(出席簿)、出席名簿(出席管理)、出席簿、出欠管理なども管理も必要です。また、教師から見たときに全員の顔が見えるようにすることも重要です。座席表や座席管理はもちろん、学級編成やクラス編成なども十分に検討して決める必要があるのです。

小学校・中学校・高校・大学をはじめ塾などの席の配置として机の導線を確保した配置になっているのが、出席管理(出欠簿)、危機管理の観点からになります。急病の子供がいればすぐにかけつける、危険な行為を抑制するための目的もあります。座席表や座席管理は子どもの希望で決まることもありますが、教科担任が出席名簿を決めることもあります。学級編成(クラス編成)はもちろん、出席管理や出席簿、出席名簿(出欠簿)なども大切です。

席替えについてもソフト(フリーソフト)にて管理しいかすこともできます。もっと簡単に考えるのであれば、アプリもありますが、個人情報の管理も必要です。フリー(無料)ダウンロードはもちろん、Excel(エクセル)のテンプレートを使うのも簡単にできる人気な方法になるのでおすすめです。

席替え(座席表)のやり方のひとつエクセルのテンプレートを使う方法もあり

出席名簿の管理の方法はさまざまなものがあります。塾や小学校・中学校・高校・大学などの違いはありますが、決め方にも種類があるのです。例えば割り箸を使ったくじの方法もあれば、希望座席のじゃんけんなどもあります。縦横列のローテーションなどのやり方もありますし、身長順、班による枠希望製などの方法もあります。
そもそも席替えについて誰が決めるのかなどの問題もあります。生徒たちが決める必要がありますが、年度当初は教師主導で決めていきます。このときに理由や方法、期限については、それぞれ生徒の賛同を得ることも必要になります。5月以降は「座席はみんなで話し合って決めよう」と伝えて、合意しておくことも大切です。

例えば近視や難聴の人は前方にすること、花粉症の人は窓際を避けること、教師も席替えについて意見を述べることができるようにするなどのルールを決めていきます。想定される問題点や、期限などの助言を話しながら決めていかなくてはいけません。

いきなり影響力の強い子供に任せてしまうと、少数派やおとなしい子供の意見が反映されにくい問題が出てしまいます。理想の駅替えは、生徒たちが方法とルールを決めて実行すること、問題が起きたら自分たちで解決に向けて取り組むことができるようにする方法です。席替えや班替えを通して子供の自主性を育てて、仲間づくりを発展させるような席替えを目指していかなくてはいけません。

席替えのやり方を考えるうえで、Excel(エクセル)のテンプレートを使った簡易的なものもあります。簡単な方法で人気のあるフリーソフト(ソフト)を比較できるのもおすすめです。アプリもありますし、フリー(無料)ダウンロードなども検討して決めてくださいね。

子供にとっての席替えは、様々な人との関わりの機会となる

席替えはランダムに決めることによって、子供のさまざまな可能性を開くことになります。自分では選ばないような相手との関わる機会が生まれ、成長に繋がります。教室は実は多様な人と関わる機会が少ないことが現状にあります。

授業中は多様なメンバーとかかわる機会はほとんどありません。休み時間になると決まった数人と過ごすことになります。給食のときだけグループでおしゃべりしながら食べることになります。子供の多様性を伸ばすためには、何かしらのきっかけが必要になります。ランダムに集まったメンバーで学び合うこと、対話を重ねて関係性を構築する機会になるのです。

席替えの管理もソフト(フリーソフト)やアプリなどの方法も考えていかなくてはいけません。フリー(無料)ダウンロードなどの選択肢もありますし、簡単に人気がわかるのでおすすめです。Excel(エクセル)のテンプレートなども比較してみるのをおすすめします。

エクセルやフリーソフトを活用した席替えもおすすめ

子供の自主性を育てるのが席替えです。フリーソフト(ソフト)を使った簡単な方法も人気がありおすすめできます。またフリー(無料)ダウンロードでお試しがてら使ってみる方法もあります。Excel(エクセル)操作ができれば、テンプレートもあるので初心者でも使いこなせます。ソフトの使い方も最初は戸惑うこともありますが、慣れてしまえば今まで手動で行っていたことに驚く人もいるかもしれません。席替えは子供にとっても大きなチャンスになりますので、検討してみてくださいね。

 

席替え・座席表・学級編成の管理はフリーソフトが便利でおすすめ

小学校・中学校、または高校の生活の中でクラス編成や席替えというのは、生徒にとっても教師にとってもとても大切な行事です。生徒にとっては過ごしやすい一年となるかが決まる重大なイベントですし、教師にとっては教育目標に向けてうまく学級指導を行えるかといった視点で重要な仕事というわけです。
席替えやクラス編成の決め方にはくじ引きなどさまざまな方法がありますが、フリーソフトで行うのも一つの手法です。フリーソフトなら生徒の情報をあらかじめ入力しておけば、ボタンを押すだけでその場ですぐに席替えを決めることができ、誰でも無料でダウンロードすることができます。公平性の観点からもおすすめです。

なぜ席替えを行うのか?

それは、子どもたちにとって学校生活を送りやすくする、教師の指導・教育がより効果的に響くようにするためです。

・雰囲気の良いクラス、悪いクラス、その差は?

教師生活の中、いろいろなクラスを見ていると、「なんだか子どもたちが楽しそうなクラスだな」「前と雰囲気が変わったな…なんだかよそよそしいクラスだ」と、さまざまな感想を持つと思います。その原因はいろいろなことがきっかけとなっているのでしょうが、一つに席替えが起因していることも少なくありません。
席が決まると、必ず班も変わります。小学校では特にこの班で活動することが多く、班のメンバーがどういうメンバーになっているかによって、学校生活、また子どもたちの人間関係もガラリと変わってしまうものです。

・席替えによって子どもたちの団結を育もう

席替えを行うのは、「子どもたちにとって学校生活を送りやすくする」というのが一つの狙いですが、そのために席替えが役に立つこととは、「子どもたちの心の絆を育む」ということだと言えるでしょう。4月の新学期、子どもたちは同じクラスに所属していても、名前もわからない、他人同士です。このまま1年間同じ席で暮らし続けていると、席の近い子ども同士なら多少仲良くなれるかと思いますが、席の遠い子ども同士は一緒に活動をする機会がありません。それを席替えによって子どもたちの物理的な距離をうまく循環させることにより、まんべんなく子どもたちが一緒に活動することができ、活動や会話を通して仲を深めていくことができるのです。そうして本当の意味での心の交流が生まれていきます。

・席替えで子どもたちの自立心を育てよう

新学期の始めの月は、出席番号順の席でスタートすることが多いかと思います。これは、新学期は健康診断などが多いことから都合が良いことも含め、子どもたちが早く出席番号を覚えられるように配慮してそうしている場合がほとんどだと思います。さて、出席番号にも慣れてきたら、席替えを考える時期です。班活動では給食を一緒に食べたり、持ち物を分担したり、掃除を行ったり、動植物の世話を一緒にしたり、学校生活の中で一緒に行動することが増えます。そうした活動の中では、班の班長を中心とした円滑な活動が重要になってきます。

出席番号順のままですと、そうした活動に配慮したグループ編成になっていないこともあります。そこで、席替えを行って班活動がスムーズに行いやすい状態を作り出すことで、子どもたちがより豊かな生活ができる、ということが席替えの利点の一つに挙げられます。高学年になるほど、この「自治的な活動を促進する」ねらいを持たせやすいです。教師にすべてを指示されるよりも、子どもたちが主体となって活動を行う時間を作る方が、教育観念上宜しいのは言うまでもありません。

席替えの前に注意したいこと

席替えを行う前に教師が注意しておきたいことがあります。それは、席替えの意図を意識しておくことと、子どもたちの様子を知っておくことです。
意図をはっきりとさせておくと、どうやって席替えを行うか、席替えの方法を検討するときに大切です。子どもたちの様子をとらえておくことは、意図を反映させるときに重要になってきます。

・子どもたちの様子を見るポイント

子どもたちの年齢によってポイントは異なりますが、まず大切なのは休み時間一緒にいる友達は誰なのか、学力、学校生活への満足度、リーダー性があるのかどうか、問題が起きそうな組み合わせはあるかどうか、といったところです。
班にまとめたときに誰がリーダーシップを執りそうで、誰にフォローが必要になりそうか、その組み合わせをなるべくうまく合わせた方が、班活動を豊かにすることが多いでしょう。また、視力の弱い子どもや集中力が続かない子どもは前方の席の方がよいでしょう。

・もし組み合わせの良くない子どもが班になったら?

例えばリーダー性のある子どもがいない班ができてしまったら、きっと班として何か決めなければならない場面で困るでしょう。また、学力や友人関係でフォローが必要な子ども同士が同じ班になってしまったら、喧嘩やトラブルが絶えず班活動が危ぶまれるかも知れません。そこまでに至らなくても、うまくいかない班活動に不満が溜まり、それが教師や学校への不満につながることは考えられることです。

席替えの決め方のコツ

具体的な席替え方法を見てみましょう。

・くじ引き方式

席替えや班替えを行うときによくとられる方法は、くじ引き方式です。
くじ引きにした場合、誰もが同じ条件でくじを引くので平等で、不公平感がありません。そのため子どもたちから不満の声が上がることが少なく、良い手段です。
ただしデメリットとしては、視力や集中力などの理由で後方の席だと不都合が生じてしまうような場合でも、あまり良くない席になってしまう場合があるということ。また、教師が意図を反映させるような席替えにはできないことが挙げられます。そのため、配慮が必要な子どもが少ないクラスや、クラス内の雰囲気が良く、誰とでも仲良くやっていけそうな子どもが多い場合などに向いている手法です。

・教師が指定する方式

教師が決定権を持ち、すべて席順を指定する、というクラスもあります。こちらの方法の方がくじ引きよりも確実に教師の意図を反映させることが可能で、これまでのクラスの経緯を踏まえ、例えばまだ一度も同じ班になっていない子どもを同一班にしようとか、またはフォローが必要そうな子どもは前の席にしておこう、などといった配慮も行いやすいです。ただ、子どもたちの自由度が失われるのが懸念されます。

子どもたちの自主性や自治感を守るのは大切なことで、クラスの主体的な空気が薄くなり、それが不満として溜まってしまう場合も見受けられます。これには対策を考えることが重要です。例えば、班の中であれば好きに席を交代して良い、または班の場所をローテーションで一カ月ごとに替えるなど、そうした工夫で自由度を上げると良いでしょう。

エクセルやフリーソフトは忙しい教師の味方

席替えは子どもにとっては一大イベントですが、教師にとっては数ある業務の一つ。席替えの準備以外にも出席管理などさまざまな雑務があります。エクセルをお使いの方は、フリーでダウンロードできるエクセルのテンプレートなどはいかがでしょうか。パソコン一つでクラス分け作業が簡単にできたり、児童名を登録しておくと席替えやクラス編成にも役立つテンプレートがたくさんあります。マクロやミクロなどに詳しくなくても利用できるので、おすすめです。

 

タイトルとURLをコピーしました