Excel 拡張機能、右クリック・メニュー補助

アドイン、メニュー補助 Excel




エクセル 拡張機能/Excelで作成したフリーソフトです。
Excelを便利にする機能を体系化、タブ化、エクセル機能拡張でパワーアップ、指定フォルダ・ファイル・シートの詳細情報の一覧出力、ユーザマクロの登録と起動、日本語の的確な読み上げ確認、フォルダ作成、relax、行の高さ自動調整、非表示コメントの最適化、スペルと文章のチェック、クラシックメニューなどの便利機能、grep、tool、STDEVなどができます。
これらの人気アプリやエクセルテンプレート、addinが無料でダウンロードでき、自分に合った使い方ができるようになります。




目次

Excel 拡張機能 のフリーソフト

自分に合った、Excel 拡張機能を追加する

ビジネスや趣味などで使うExcelソフトは、関数を使って表計算やグラフなどを作成できます。多くの場合、専門誌やインターネットのサイトなどに記載されている関数などを使って処理をします。パソコンに強い人やExcelに詳しい人は、Excelをより使いやすくできるようなタブ化やフォルダ作成、relax、grepなどの便利機能を持ったソフトを自ら開発しています。
Excelの使い勝手を上げる機能を「Excel 拡張機能」といい、拡張機能を付け加えるソフトやaddinをダウンロードすることで、Excelで利用することが可能になります。例えば、抽出集計の簡易化、マッチングやExcelファイルの名称一括変更などです。また、Excelファイル自体を使いやすくする機能や、月累計や月指定の関数、金種や年齢の関数、プロジェクト管理や顧客管理を簡単にできる機能など表計算や関数、STDEVに関する機能などがあります。中には、音声の読み上げチェック機能などもあります。
Excel 拡張機能ソフトはインターネットのサイトなどに多数あるので、きっと自分に合った使い方が見つかりますよ。
まずは無料の人気アプリやテンプレート、addinをダウンロードしてみてはいかがでしょうか。

RelaxTools Addin for Excel 2013/2016/2019/365 4.27.2

RelaxTools Addin for Excel 2013/2016/2019/365 4.27.2

Excelを便利にする250以上の機能を体系化したアドインソフトです。各種変換、編集、検索、タブ化、relaxなどの機能追加を行うツールです。5年間にわたって作成したマクロを汎用的、体系的にまとめたものです。MD5/SHA1/SHA2の算出、Excelブック内部のGrepが可能なaddinです。

Excel Dev Tool エクセル機能拡張でパワーアップ

Excel Dev Tool エクセル機能拡張でパワーアップ

抽出集計、名称一括変更、データマッチング、フォルダ作成、relaxなどの便利機能、Grep、tool、dev、文字変換、タブ化、ファイル一覧、文書作成、保護解除、入力フォームに対応します。すべての機能は、Excel上で直接使え、作業効率は数倍アップし、自分流の使い方ができます。選択範囲を画像へ変換・コピー等、図形処理も可能です。

日本語の読み上げツール for Excel

日本語の読み上げツール for Excel

Excel 2007/2010に、日本語の読み上げ機能を追加します。フリーソフトなので商用・非商用問わず無料で利用できます。Microsoft Speech Platformランタイムと言語ファイル(日本語)が必要です。言語ファイルの追加で、日本語以外の読み上げも可能です。


Excel 拡張機能 のフリーソフト その2

10倍作業効率UP Excel らくらくツールバー

10倍作業効率UP Excel らくらくツールバー

罫線、カーソル移動、タブ化、フォルダ作成、コピーなどの便利機能が、簡単に行えるようになります。ExcelのVBAで作ったアドインです。 月累計関数、月指定関数、除算&丸め関数、金種関数、年齢関数、STDEV、grepなどの便利な関数などの機能があります。良く使うブックをファンクションキーに登録可能です。

即戦力 Excel仕事術 プロフェッショナル版

即戦力 Excel仕事術 プロフェッショナル版

使っているExcelが劇的に便利になるソフトです。Excelを仕事に活かす便利機能が、418種も追加されます。豊富なボタンものビジュアル化、電子印鑑の作成、スケジュール表の作成、ワンクリックでPDF出力、Enterキーのカーソル移動設定、フォルダ作成などが可能です。

Excel便利ツール集 NeconoteTools

Excel便利ツール集 NeconoteTools

結合セルを含めた行の高さ自動調整、非表示コメントの最適化、スペルと文章のチェックなどに対応した、Excelアドインの便利ツール集です。選択中のセルに対して、各セルの文末の改行数を変更、結合セルを含めた列の幅自動調整、などの機能拡張があります。




右クリックメニュー、クラシックメニュー、メニュー補助/Excelで作成したフリーソフト集です。右クリックメニューを自在に変更、編集、操作頻度の高い機能を右クリックメニューに配置します。Excelの使い慣れたメニューを復活させ、機能拡張することができます。ExcelのメニューをExcelのファイル毎に管理できます。これらの人気アプリやテンプレート、addinが無料でダウンロードできます。




右クリックメニュー のフリーソフト

Excel 右クリックメニュー カスタマイズツール

Excel 右クリックメニュー カスタマイズツール

Excelの右クリックメニューを簡単操作で自在に変更、編集可能です。オリジナルマクロ追加可能な便利ツールです。セル、行、列、シートの右クリックメニューを編集できます。一度設定すれば本ソフトが常駐しなくてもそのコマンドを利用可能です。

右クリッ君

右クリッ君

EXCELの操作頻度の高い機能を右クリックメニューに配置し、簡易的に操作が行えます。EXCELの各種セル関連の操作で、メニューバーから行う煩わしさを解消するため、操作頻度の高い機能を右クリックメニューに自由に配置し、簡易的に操作が行えるおすすめアプリです。

右クリックメニュー 自在編集 for Excel

右クリックメニュー 自在編集 for Excel

マクロでしか編集できないExcel右クリックメニューを、手作業で自由自在にカスタマイズできるツールが無料でダウンロードできます。セル、図形、グラフなど大半の右クリックメニューをカスタマイズできます。編集対象の右クリックメニューは、実際にそのメニューを表示して指定。

ビジネス用右クリック 変換マクロ~ EXCEL

ビジネス用右クリック 変換マクロ~ EXCEL

簡単操作で、セルやオートシェイプなどの右クリックメニューが高機能に変更可能になります。お勧めパターンも用意済みです。シートに設定する方式で、簡単にカスタマイズできます。メニューの階層化、標準メニュー登録、ユーザマクロの登録などの機能拡張が可能です。

右クリック変換マクロ~簡単一括設定対応版~ 901.0001

右クリック変換マクロ~簡単一括設定対応版~ 901.0001

誰でも簡単に、セルなどの7種の右クリックメニューが高機能に簡単カスタマイズできます。シートに設定する方式で再セットも楽です。メニューの階層化可能、「ファイル」や「編集」など標準メニューを登録可能、ユーザマクロを登録可能なおすすめアプリです。

プラスツール for Excel

プラスツール for Excel

Excel上でセルや列、行などを右クリックしたときのメニューにいろいろ機能を追加する人気ソフトが無料でダウンロードできます。 プラスツールでは、「値のみを貼り付け」や「列幅をコピー」などの、すぐ行いたい操作を追加します。ちょっとした操作で、作業が楽になるおすすめアプリです。

クラシックメニュー フリーソフト

クラシックスタイルメニュー for Office 2016

クラシックスタイルメニュー for Office 2016

Office 2007 – 2016にOffice 2003のようなクラシックメニューやツールバーを追加する人気のフリーソフトです。インストール不要です。マクロは使用していません。64ビット版のOfficeでも動作確認済みです。Word、Excel、PowerPointに対応しています。

Excel クラシックメニュー

Excel クラシックメニュー

クラシックメニューなどのExcelの使い慣れたメニューを復活させることができます。Excel2003からExcel2007/2010/2013に移行したばかりでも「リボン」の機能に戸惑うことがありません。このフリーソフトを使えば、2003風のメニュー操作に戻すことができます。

Excel 2003風メニュー

Excel 2003風メニュー

Excel2007以降で、以前のExcel2003の様なメニューバーやツールバー風のものを作成するソフトです。リボンの「アドイン」のタブに表示するタイプと「Excel2003風メニュー」というタブを作成し表示するタイプの2種類あります。


メニュー補助 のフリーソフト

Excel Doc Tool テンプレート集を自分でカスタマイズ

Excel Doc Tool テンプレート集を自分でカスタマイズ

よく使われているテンプレート集を、Excelメニューに集合できます。マイドキュメントのTEMPLATEフォルダにある、Xle、Doc、PPT、PDFファイル及び、サブフォルダを全てExcelのメニューに表示するアドインです。マクロは自分でも変更可能です。

Command Bar

Command Bar

ExcelのメニューをExcelのファイル毎に管理できるExcelのおすすめアドインソフトです。ファイル毎にコマンドバーの情報をワークシートに保管して、ワークシートが変わった場合も、ブック毎にメニューの状態に切り替えます。簡単にメニューバーのカスタマイズが可能。

Excel用メニュー Excel

Excel用メニュー Excel

Excelファイルを登録しておき、クリックで起動させるメニュー風のExcelファイルです。Excelファイルは、次々と増えていきますが、気がついた時などに事前に登録しておけば、必要な時にどこに保存したか分かる、うれしい機能です。

Office 2010 Icon Viewer

Office 2010 Icon Viewer

Office 2010で使用できるアイコンイメージを表示する人気ビューワです。組込アイコンタブから表示できるアイコンをクリックすることで、Control IDをクリップボードにコピーすることができます。コピーした値をimageMso属性に設定し、リボン上のアイコンを設定。

Office 2007 Icon Viewer

Office 2007 Icon Viewer

Office 2007で使用できるアイコンイメージを表示するおすすめビューワです。組込アイコンタブから表示できるアイコンをクリックすることで、Control IDをクリップボードにコピーすることができます。コピーした値をimageMso属性に設定し、リボン上のアイコンを設定できるテンプレート。

エクセルタブ課

エクセルタブ課

MS Excelをタブ風に動作させるおすすめアドインです。Excelに、タブ風のボタンを追加します。だれでも簡単に使えるフリーソフトです。


拡張機能などexcel(エクセル)は多くの場面で活用できて便利

excel(エクセル)は、表計算ソフトとして非常に多くの場面で使用されています。また、その編集力と拡張性の高さからexcel(エクセル)は、表作成だけではなく資料作成や資料整理などさまざまな利用用途で活用されています。
excel(エクセル)の標準機能であるマクロや関数は非常に強力な機能です。しかも、比較的簡単にこうした機能を利用することができます。こうした機能をフル活用してexcel(エクセル)を操作するのがおすすめだと言えます。

excel(エクセル)の人気ツール 拡張機能・右クリック・メニュー補助とは

excel(エクセル)を利用していく中で、より便利に使用したいと考えるのは当然です。マクロや関数などを使っても、それ以上に便利機能がないかと考えるのは、業務効率を考えると重要なことだと言えるでしょう。
そんな場合に人気の一つとなっているのが、「Relaxtools」と呼ばれる拡張機能です。この「Relaxtools」とは、RelaxTools Addinというフリーソフトとして提供されている、無料でダウンロードできるソフトです。RelaxTools Addinはフリーソフトという括りになってはいますが、RelaxTools Addinは名前に「Addin(アドイン)」という文字も使わているように、excel(エクセル)のマクロをエクスポートしたアドイン集のようなものになります。
ただのマクロのアドイン集かと思いがちですが、RelaxTools Addinは非常に人気があるフリーソフトです。フリーソフトやフリーアプリを紹介するサイトや雑誌などで数多く紹介されているほど人気なのです。
フリーソフトであるRelaxTools Addinを無料ダウンロードすると、zipファイルがダウンロードされます。ダウンロードされたzipファイルを解凍することで、RelaxTools Addinがインストールできる状態となります。
RelaxTools Addinをインストールすると、クラシックメニューに新たな拡張機能メニューがボタンのようなタブ化された状態で追加されます。このクラシックメニューにタブ化して追加された拡張ツールメニューが、便利機能として追加されたアドインとなります。クラシックメニューに追加された拡張機能をクリックするだけで、簡単にexcel(エクセル)の編集を行うことが可能となります。
クラシックメニューでは実現することができなかった便利な編集やツールを、タブ化されカステマイズされたボタンが可能としてくれるのです。もちろん、このタブ化されカスタマイズされたメニューは、アドインをアンインストールすることで簡単にタブ化状態を解除することができます。タブ化された機能拡張を削除することで、クラシックメニューに戻すことが可能ということです。
追加されたアドインでは、grep機能が使えるなど標準では使うことができない便利機能がたくさん拡張されます。
クラシックメニューから機能拡張されて作られた便利機能の中でも、人気がある便利機能などもあります。RelaxToolsで取り扱っている機能拡張されたツールは、いろいろなサイトで使い方や人気便利機能が紹介されています。こうしたサイトで人気の便利機能ツールなどの使い方をチェックして、より簡単に編集作業を進めていくのがおすすめです。
また、「RelaxTools」と同様に人気が高くおすすめなのが「ExcelDevTool」と呼ばれるツールです。
ExcelDevToolは、右クリックメニューをカスタマイズするツールとなっています。ExcelDevToolをインストールすることで、右クリックメニューが拡張され、さまざまな編集が行えるようメニューが追加されます。
ExcelDevToolで拡張される編集は、シート操作や文字変換などです。ExcelDevToolではこういった編集に対して、一括変換やデータ抽出など、かゆいところまで手が届く拡張機能を備えています。
ExcelDevToolもフリーのソフトや無料の紹介サイトなどで紹介される人気のツールです。こういった人気がある無料のソフトやアプリなどのツールをダウンロードして利用するのが、excel(エクセル)の編集を効率的にアップさせるには簡単でおすすめと言えます。

excel(エクセル)を活用したオリジナルマクロの作成もおすすめ

フリーでダウンロードできるソフトやアプリを利用して、excel(エクセル)の機能拡張を行うのは簡単でおすすめですが、独自の機能を追加したかったり、独自の編集ツールを拡張したかったりなどする場合があります。そういった場合は、オリジナルのマクロを作成することで簡単にツールを作成することができます。マクロというと難しいと捉えがちですが、無料で使い方を解説しているサイトなども数多くあります。そういったサイトにあるテンプレートを基にマクロを作成するのがおすすめです。
機能拡張を考えた時、無料ダウンロードしたテンプレートをそのまま使う方法がまずあります。例えばgrep検索の機能拡張を考えた場合、少し検索するだけでgrep機能を備えたテンプレートはたくさんありますので、それらフリーのテンプレートをダウンロードして使うと良いでしょう。一方で、grep機能があるテンプレートであったとしても、自分の使い方とはマッチしないテンプレートもあります。そういった場合はgrep機能のテンプレートをダウンロードした後、自分の使い方にマッチングさせるようにカスタマイズするのも一つの方法です。
また、excel(エクセル)のマクロではフォルダ作成といった、excel(エクセル)以外の操作も可能です。フォルダ作成をするアドインやツール、テンプレートもいろいろとあります。しかし、フォルダ作成などの機能をわざわざマクロで行う必要はありません。それであれば、フォルダ作成用に作成されたフリーソフトやフリーアプリなどを活用するほうが有用です。フォルダ作成にはフォルダ作成用のソフトやアプリを検討するようにしましょう。
なお、右クリックメニューのカスタマイズにおいて、メニューの拡張は既存にある編集機能のものはおすすめしません。それは、既存編集にある機能は右クリックメニューに存在しなくても、ほとんどがショートカットキーでまかなえるからです。効率を良くするために、機能を拡張するのに、右クリックメニューに組み込んだために効率が悪くなってしまうのでは意味がありません。そのため、右クリックメニューをカスタマイズするのであれば、grep検索などの既存メニューにはない機能をカスタマイズしましょう。

フリーソフトやアプリは自分の使い方に合う効率アップできるものを選ぼう

ここで紹介したソフトやアプリ、アドインの他にも多くのカスタマイズツールが存在します。
どのソフトやアプリ、アドインを見ても便利そうで、ついつい多くをダウンロードしてしまいがちです。しかし、機能を追加するとそれだけソフトの動作が重たくなります。
また、数多くのアドインをインストールしてしまうと、どの作業がどの機能なのかわからなくなってしまい、編集トラブルの元となってしまいます。無料で便利なアドインやツールですが、使い方一つで効率を下げてしまう原因となってしまうのです。
とはいえ、業務の効率をアップさせるには、既存の機能だけでは物足りないのも確かです。使いやすいフリーのソフトやアプリも数多くありますから、まずは自分の使い方にマッチしたフリーのソフトやアプリを探して使い方を検討し、より効率の良い方法を探していくとよいでしょう。


Excel拡張機能を業務に導入するには注意が必要

「RelaxTools addin」や「ExcelDevTool」のようなexcel(エクセル)を機能拡張させるアドイン・マクロはフリーソフトやフリーアプリのように、「窓の杜」や「Vector」などでも紹介されています。こうした「RelaxTools addin」や「ExcelDevTool」といったexcel(エクセル)のアドイン・マクロは無料でダウンロードできますし、フリーのソフトやアプリのように簡単に取り扱えるのでおすすめなのですが、業務で導入する時には注意が必要です。

「RelaxTools addin」や「ExcelDevTool」といった便利なexcel(エクセル)アドイン・マクロツールをフリーダウンロードして、機能拡張しながら作業を進めていると、機能拡張してカスタマイズされた機能が、そのツールなどによって編集・追加された機能なのか、それとも元々備わっていた標準の便利機能なのか分からなくなる場合があるからです。

一人で「RelaxTools addin」や「ExcelDevTool」といった便利なexcel(エクセル)アドイン・マクロツールを使用して、excel(エクセル)の機能拡張をしているのであれば特段問題はありません。しかしながら業務などの場において、拡張機能が追加されカスタマイズされたexcel(エクセル)を使用していると、他の人には備わっていない便利機能や拡張・追加・編集ツールが備わっているため、excel(エクセル)の使い方の共有化が図れなくなってしまいます。自分にはある右クリックメニューや簡単に使えるgrepなどの機能が、他の人のexcel(エクセル)で備わっているとは限らないのです。

Excel拡張機能などを業務で使用するなら全端末に導入しよう

業務の中で「RelaxTools addin」や「ExcelDevTool」のような、excel(エクセル)を機能拡張させるアドイン・マクロを使用するのであれば、全端末に同様のアドイン・マクロツールをダウンロードしておくのがおすすめです。全端末に「RelaxTools addin」や「ExcelDevTool」を同等にインストールすれば、どのパソコンで作業を行っても同じ結果を得ることができます。その結果、便利機能を共有して使用できますし、編集や追加・拡張といった使い方の統一、grepなどの便利機能の使い方の共有など業務の中で使い方が共有できるのです。

手引書を作成すると効率的・スムーズに導入できる

フリーソフトやフリーアプリといったソフトを導入する時も同様なのですが、excel(エクセル)のツールを共有化して導入する時は、導入方法のテンプレート的な手引書を作成するのがおすすめです。手引をテンプレートとして、任意のツールをダウンロードして追加したり、編集拡張したりする方法であれば、全体で同じ環境の端末を作ることができるからです。例えばアドインをインストールしたexcel(エクセル)をテンプレートとし、クラッシクメニューの固定やあるいはメニューカスタマイズの規制を行うことで、メニューに関しては統一を図ることができます。クラシックメニューに対するアドイン・マクロのタブ化などのカスタマイズおよび右クリックメニューの拡張や追加といった部分も共通にするのが大切です。

クラシックメニューとツールがタブ化されたカスタマイズメニューや右クリックメニューでは、使い方を迷ってしまう人もいるからです。反対にクラシックメニューのままで使うのであれば、タブ化されたカスタマイズメニューを禁止したり、右クリックメニューにgrepやフォルダ作成といった、普通の機能では備わっていないカスタマイズされたメニューを追加するのを禁止するようにします。また、アップデートに関するルールも取り決めておくべきです。フリーソフトやフリーアプリといった無料でダウンロードして使用しているソフトやアプリについても言えることです。

人気が高いフリーソフトやフリーアプリは、無料のアップデートが行われる場合があります。ダウンロードして使用しているフリーソフトやフリーアプリの人気が高ければ人気が高いほどアップデートの回数は多い可能性があります。これはソフトやアプリだけではなく無料でダウンロードして使用しているアドイン・マクロでも同様です。人気が高いからこそ使用するユーザーが多く、使用ユーザーが多いほど改良が重ねられ改良されるから人気がさらに上がるからです。

一度無料ダウンロードしたアドイン・マクロは、新たなバージョンがあるか定期的にチェックするようにしましょう。そして、バージョンアップを行う場合は、必ず使用バージョンを揃えるようにしましょう。それは、バージョンが違うだけで使用できるツールに違いがあるからです。例えば、フォルダ作成を行うアドインを使用していた場合、フォルダ作成時のダイアログ出現や保存場所など、バージョンによって違う可能性があるからです。同じフォルダ作成を使用していたと思っていても、フォルダ作成のバージョンが違ったがためにトラブルになることもあるのです。

アップデートには、フォルダ作成機能などのいわゆる人気機能だけのアップデートや、軽微な簡単なアップデート、そして簡単ではないアドイン全体のソフトとしてのアップデートなどいろいろなアップデートがあります。どのアップデートであっても、どの時点で全体の同期を取るかといういのを決めておいて、アップデートをするのがおすすめです。運用に関するテンプレートを簡単に作っておくと、統一が取れた使い方ができるのでおすすめなのです。また、運用テンプレートも見直しを行ったり、テンプレート自体を作り直すという作業も定期的に行いましょう。

基本的な拡張機能を覚えておく

機能拡張される前のクラシックメニューや右クリックメニューも覚えておくことがおすすめです。カスタマイズされたメニューだけに慣れてしまうと、どれがタブ化されたメニューなのか、どれが拡張追加された便利機能なのかわからなくなるからです。社内であれば、クラシックメニューであろうが右クリックメニューがカスタマイズし忘れていようがその場だけで済む話です。しかしながら、社外での作業が発生した場合やクライアントにプレゼンを行うための臨時のパソコンなどでは、追加された便利機能やカスタマイズしタブ化したメニューボタンがないからです。

さらにはタブ化された拡張機能とかではなく、クラシックメニューでもアドイン・マクロで作業している動作と同じ動作を行えるようにしておくのがおすすめです。作業効率のために導入したアドイン・マクロですが、何かのトラブル使用できなくなる可能性もあるからです。アドイン・マクロが使用できないからexcel(エクセル)の編集ができないとはいきません。例えば、grep機能を使いたいのにアドイン・マクロのトラブルでgrep機能が使えないとします。ではどうしようと考えた場合、やはりgrep機能と同様な作業を行うことが第一になるはずです。ですから、どんな状態でも編集ができるようにしておきましょう。難しい編集を覚えるのが大変だというのであれば、簡単な編集だけでも覚えておくのがおすすめです。

フリーソフトやフリーアプリといった、無料でダウンロードしたソフトやアプリとの連携において、ただマニュアル通りにアドイン・マクロを使用している場合もあります。そういった業務から抜け出しより効率化を図るためにも、自らアドイン・マクロそしてexcel(エクセル)の編集について見直してみるのがおすすめなのです。




タイトルとURLをコピーしました