エクセルでグラフの作成ができるフリーソフト







エクセルでグラフの作成ができるフリーソフト

グラフの作成/Excelで作成したフリーソフトです。

Excelグラフにテキストをラベリング、三次元のグラフを作成、Excelグラフに2重の波線を作成、Excelでアニメーショングラフを作成、Excelグラフを画像ファイルに変換、滝グラフ・量率グラフの作成、損益分岐点グラフの作成、方眼紙やグラフ用紙の印刷などができます。

2007′ Graph 3D

2007′ Graph 3D

Excelなどから、簡単に三次元のグラフを作成することができるソフトです。クリップボードを使っていますので、他のツールからでも利用が可能です。画面拡大操作については、ドラグ操作で移動、拡大、縮小などが可能です。簡単な操作で便利に使えます。

エクセルグラフ波線作成

エクセルグラフ波線作成

Excelグラフに、キレイな2重の波線を、作成することができる人気ソフトです。グラフ上に引いた直線を、2重波線に変換します。変換する際に、波の個数、波の高さ、線の太さ、間隔などを指定できます。本ソフトで引いた2重波線の設定を変更することもできます。

Can Chart (できるチャート、簡単チャート)

Can Chart (できるチャート、簡単チャート)

Excelファイルを読みこんで、グラフを作成することができるソフトです。簡単な操作で、編集も楽にできます。グラフの横には、チャート設定画面が表示されます。グラフの種類、タイトル、系列の色、テキスト等を、思いのままに設定することができます。

Excelグラフ・図形 一括編集・生成マクロ

Excelグラフ・図形 一括編集・生成マクロ
エクセルグラフおよびエクセル%2FPPT図形とエクセルl行データとの変換・逆変換を行うことで、オブジェクトを一括編集・生成するソフトです。エクセルのマクロとなっています。選択範囲で数値が入力されている部分の文字の色や背景色を、その入力されている数値に基づいて変更する補助マクロ群です。フリーソフトとして提供されていますので、気軽に使うことができます。

EXCEL散布図用メニュー拡張アドイン

EXCEL散布図用メニュー拡張アドイン
エクセル97および2000で散布図グラフ作成に役立つ機能を追加するアドインです。エクセルにに登録するとメニューから、同一グラフ中の複数のデータ系列のマーカーや線の書式を一括で設定する機能と、グラフ形状に影響少なくデータ点を間引きする機能、そして大容量テキストファイル(65536行以上)の読込機能を追加することができます。フリーソフトとして提供されています。

Export Excel Chart

Export Excel Chart

Export Excel Chartは、エクセルのグラフを、画像ファイルにするフリーソフトです。エクセルのワークブックにあるチャートグラフを、画像ファイルにすることができます。PNG、GIF、JPEG、BMPの画像タイプに対応します。

26秒で作る Excel 究極の滝グラフ free版

26秒で作る Excel 究極の滝グラフ free版

データを入れ替えるだけで、短時間で高度な滝グラフが、Excelで作ることができます。プラスとマイナスの間の増減に、自動で対応できます。項目名を含めて、データラベルを自動で作成します。項目名が長いデータには、横棒グラフの滝グラフも作成できます。

量率グラフ作成 「QtRateGraph」

量率グラフ作成 「QtRateGraph」

Excelで量率グラフを、作成することができるソフトです。量率グラフは、棒の長さに加えて、棒の幅を使って2次元の構成比を比較できます。帯グラフは、棒の長さのみで構成比を表現します。QtRateGraphは、誰でも簡単に使える、フリーソフトです。

ぐらふヨーシ

ぐらふヨーシ

Excelテンプレートを使った、方眼紙やグラフ用紙を、印刷することができるソフトです。A4用紙に1mm方眼紙、3mm方眼紙、5mm方眼紙が印刷できます。また、片対数グラフ用紙、両対数グラフ用紙縦・横なども印刷できます。数値を見て手書きでグラフを作る際に便利です。

アニメーショングラフ1

アニメーショングラフ1
アニメーショングラフをエクセルで作れるツールです。フリーソフトとして提供されています。棒グラフや折れ線グラフ、そして円グラフがワンクリックで動き出します。棒ごとに動くスピードを変える独自開発された「可変速度グラフ」が特徴です。動画キャプチャーソフトを使用することで、PowerPointやWebなどに活用することが可能となっています。なお、データ件数は5件までに制限されています。




プレゼンテーションに有意なグラフ作成

グラフの作成まで必要ないが、数量を把握しやすくしたい場合がよくあります。そんな時は、「ホーム」タブの「条件付き書式」をクリックし、「データバー」から「塗りつぶし(グラデーション)」を選択します。そうすることで、選択したセル範囲に、各セルの数値の大きさを表すデータを表示する事ができます。資料作成用に凝ったグラフを簡単に作成したい場合、グラフ作成のソフトでは、グラフの色や書式などのデザインの編集が容易になります。
作成したグラフをGIFやJPEGなどの画像形式に変換したり、その逆の、PDFやGIFで表示されているグラフをExcelデータに変換する事ができます。
円グラフはもとより、滝グラフ、量率グラフなどのグラフがあります。滝グラフは、縦軸が正負を表す棒グラフのことです。量率グラフは、国の発電力供給割合など、ある事象に対する変量を、色の違うリボンで表したグラフのことです。
会議の配布資料を作成する際便利なソフトや、PowerPointのようにアニメーション機能を加え、プレゼンテーションに有意なグラフ作成ソフトなどがあります。非表示やフィルター機能を使用している場合、追加されたデータを自動で判断するソフトやテンプレートが便利です。

エクセルによるグラフの作成

一昔前までは、グラフや散布図などを表す場合は方眼紙を使用していた人も多いはずです。しかし現在では、グラフや散布図を表す時には方眼紙を使用せず、excel(エクセル)による作成方法が当然となっています。方眼紙に比べexcel(エクセル)は非常に簡単です。パソコンにとっつきにくく今でも方眼紙を利用しているという人は、今すぐにでもパソコンに変更するのをおすすめします。
excel(エクセル)では値を入力し指定をするだけで、簡単に散布図や量率グラフといったグラフも作成してくれます。従来の方眼紙であれば、こうした散布図や量率グラフの作成は簡単ではありませんでしたが、excel(エクセル)は指定一つで簡単にテンプレートから散布図や量率グラフをグラフ化してくれるのです。
また、散布図や量率グラフといったグラフだけではなく、非常にさまざまなグラフや表を作成できるのもexcel(エクセル)の特徴です。それぞれにテンプレートが用意されており、テンプレートからより詳細にカスタマイズされたグラフを作成することも可能です。
加えて、3次元グラフなど、より見せ方に変化を加えたグラフの作図も簡単にできます。3次元グラフの作図においてもテンプレートがあります。まずはテンプレートに沿って3次元グラフを作成し、テンプレートに手を加えていくことで、オリジナルの3次元グラフを完成させることができるはずです。

間取り図など、方眼紙が良い場面も

一方で間取り図などは、方眼紙を使って書き表すのが実はおすすめだと言えます。もちろん、最終的には間取り図もソフトで管理するのがおすすめなのですが、方眼紙を使った手書きの間取り図は、消しゴムと鉛筆ですぐに修正できるメリットがあるからです。
間取り図を手書きで書く時には、フリーハンドではなく寸法をしっかりと把握して書く必要があります。
よりおすすめな間取り図の書き方は、家具など配置が必要なモノについては型抜きをした紙などを作って配置するという方法です。これであれば、間取り図を考える時に、配置を簡単に移動できるはずです。

等高線図やコンター図の作成ではエクセルのデータを元にするケースも多い

等高線図やコンター図といった図面を作成する場合、excel(エクセル)のデータを基に作成することも多いはずです。excel(エクセル)のデータを、一つ一つ等高線図やコンター図にプロットして作図するのでは手間がかかりすぎです。
excel(エクセル)のデータから、等高線図やコンター図といった図面を製図してくれるフリーソフトやフリーアプリも存在します。こうしたフリーソフトやフリーアプリを無料ダウンロードして使用することで、excel(エクセル)から等高線図やコンター図を簡単にかつ正確に製図できるのでおすすめです。
また、こうしたフリーソフトやアプリは、excel(エクセル)だけではなくcsvファイルからも等高線図やコンター図を製図できる場合がほとんどです。等高線図やコンター図を製図したり作図することがある場合は、無料ダウンロードしておいて損はないでしょう。
人気が高いソフトを使うのも良いですし、人気がないものの必要な機能が備わっているソフトを使用するのも良いでしょう。

用途に合わせてフリーソフトやアプリを活用しよう

散布図や量率グラフといったグラフも、フリーソフトやアプリを使うことで製図・作図することができます。散布図や量率グラフを3次元で表現したり、グラフをより美しく見せるなど、excel(エクセル)の標準機能に比べても、より多彩な図面作成を可能としてくれるソフトやアプリもあるでしょう。
どういったフリーソフトやフリーアプリであっても、簡単に無料でダウンロードすることが可能です。まずは人気でおすすめ度の高いフリーソフトやフリーアプリを無料ダウンロードしてみてお試ししましょう。
また、フリーソフトやフリーアプリは人気だけで選ばないのもおすすめです。それは、3次元グラフが得意なソフトや製図・作図に特化したソフト、図面作成が簡単なソフトなど、それぞれにおすすめで人気の高い機能が違う場合があるからです。
それぞれの特徴をすべて備えたソフトを無料ダウンロードできるのが一番良いのですが、そういったソフトはなかなかありません。人気だけにとらわれず、一番使う機能を基準に考えて、ソフトを無料ダウンロードして使うのがおすすめだと言えるでしょう。

関連記事:エクセルで製図作成ができるフリーソフト

タイトルとURLをコピーしました