図形の作図、グラフの作成/エクセル

画像写真、CAD図形変換 Excel




図形の作図/Excelで作成したフリーソフトです。

図形の情報を抽出、図形内の文字検索と置換、Excelワークシートへ図形を描画、エクセルに図形を描画、図形の中に書かれた文字列を検索、エクセルの図形を変換、EXCELからGMMへ図形を自動定義、Excelの図面・図形等をgifファイルに変換、ExcelでER図作成、EXCELから図形を定義、Excelで間取り図作成、2次元等高線図、2次元コンター図の作成などができる人気ソフトやテンプレートが無料でダウンロードできます。




目次

図形の作図 のフリーソフト

図形の作図で、ビジネス資料をわかりやすく

ビジネスにおいては、日常的にExcelを使って資料を作る必要があります。資料をつくるうえで、図形の作図は大切なポイントです。例えば、上司や取引先などへのプレゼン資料の場合、図形を作図して視覚的に印象づける資料を作成した方が、プレゼンがうまくいく場合が多いです。また、作業工程のフローチャートを作る場合にも、図形の作図機能を使えば簡単に作成できます。
さらに、専門的な業種であっても、図形の作図を伴う仕事はたくさんあります。建築業で間取図を作成したり、製造業などで設計図を作成したりする場合も、図形の作図機能を使います。しかし、専門的な業種の場合は、一般的な図形の作図では細かいところが表現できないことが少なくありません。そのため、専門的な図形の作図ができるソフトを使うことが一般的です。高額な作図用のソフトもあります。フリーなものでも精巧な図形の作図ができるものやEXCELから図形を定義できるアプリ、エクセルの図形を変換できるテンプレート、図形内の文字検索と置換かできるものも多くあるので、まずはフリーソフトを試してみるのもよいでしょう。

Extract

Extract

図形の情報をボタン一つで抽出し、新たに書式コードに対応します。寸法、属性値etcを、Excelの任意のセルに、取り込むことやEXCELから図形を定義することが可能です。ブロック文字、上書き文字、表内文字など、必要な文字を瞬時に抽出できます。セルの選択範囲内の数値の合計もできます。図形の文字列を検索したい方におすすめのアプリです。

EXCEL (エクセル) 図形内文字検索置換ツール

EXCEL (エクセル) 図形内文字検索置換ツール

図形内の文字検索と置換を可能にする人気ツールが無料でダウンロードできます。VBAアドインで動作し、グループ化した図形も再帰関数定義により、処理することが可能です。Excel図形内の文字列検索や、置換、図形情報を抽出することができます。図形の文字列を検索したい方におすすめのアプリです。EXCELから図形を定義、エクセルに図形を描画することもできます。

図形描画 Excel 2013

図形描画 Excel 2013

Excelワークシートへ、図形を描画することができる人気ソフトが無料でダウンロードできます。描画したい位置のセルを選択し、図形を描画します。記号内に文字も入力できます。サイズ、位置、書式等を変更することもできます。エクセルに図形を描画したいときにおすすめのアプリです。図形情報を抽出したり、図形の文字列を検索したり、エクセルテンプレートの図形を変換することもできます。

Excel 2007 図形内テキスト検索

Excel 2007 図形内テキスト検索

Excelの図形の中に書かれた文字列を、検索することができる、図形内の文字検索と置換ツールが無料でダウンロードできます。円や多角形のような図形だけでなく、テキストボックスや吹き出しなどの文字も検索できます。Excelを作図ツールとして使用する際に、大変便利なソフトです。図形内の検索が実現できます。図形の文字列を検索したい方やEXCELから図形を定義したい方におすすめのアプリです。


図形の作図 のフリーソフト その2

特定セルをgif ファイル変換

特定セルをgif ファイル変換

Excel上で作成した図面、図形等を、gifファイルに変換する人気ソフトが無料でダウンロードできます。Excelのシート上に作成した図面や図形等を、設定したセル範囲のみ、gifファイルに変換します。本体と同じフォルダの中に、gifファイルが生成されます。簡単にエクセルの図形を変換できます。

Excel ERD

Excel ERD

ExcelでER図の作成を補助し、図形情報を抽出、簡易DDLを作成することができるソフトです。リバースエンジニアリングによる、簡易ER図の作成もできます。簡単で使いやすく多機能な、ER図を作成できるフリーソフトです。図形内の文字検索と置換も可能です。図形の文字列を検索したい方におすすめのアプリです。

Excel DE 間取り図

Excel DE 間取り図

ツールバーのコマンドボタンを使って、図形情報を抽出、Excelで簡単に間取り図が作成できます。作成した図形やパーツを登録し、間取り図の作成時に使用できます。カラーの間取り図が作成でき、JPG形式で保存することも可能です。エクセルに図形を描画したいときにおすすめのアプリです。

等高線図 VBA

等高線図 VBA

ExcelのVBAを用い、図形情報を抽出、2次元等高線図、2次元コンター図を作成できます。Excel上で不等メッシュ対応の等高線図が描けます。作成したマクロは、スタガードメッシュに対応したデータが対象です。作図したグラフは、Word へコピーペーストして使用することが可能です。エクセルに図形を描画したいときや、エクセルの図形を変換したいときにおすすめのアプリです。




グラフの作成/Excelで作成したフリーソフトです。

Excelグラフにテキストをラベリング、三次元のグラフを作成、Excelグラフに2重の波線を作成、Excelでアニメーショングラフを作成、Excelグラフを画像ファイルに変換、滝グラフ・量率グラフの作成、損益分岐点グラフの作成、方眼紙やグラフ用紙の印刷などができます。




グラフの作成 のフリーソフト

プレゼンテーションに有意なグラフ作成

グラフの作成まで必要ないが、数量を把握しやすくしたい場合がよくあります。そんな時は、「ホーム」タブの「条件付き書式」をクリックし、「データバー」から「塗りつぶし(グラデーション)」を選択します。そうすることで、選択したセル範囲に、各セルの数値の大きさを表すデータを表示する事ができます。資料作成用に凝ったグラフを簡単に作成したい場合、グラフ作成のソフトでは、グラフの色や書式などのデザインの編集が容易になります。
作成したグラフをGIFやJPEGなどの画像形式に変換したり、その逆の、PDFやGIFで表示されているグラフをExcelデータに変換する事ができます。
円グラフはもとより、滝グラフ、量率グラフなどのグラフがあります。滝グラフは、縦軸が正負を表す棒グラフのことです。量率グラフは、国の発電力供給割合など、ある事象に対する変量を、色の違うリボンで表したグラフのことです。
会議の配布資料を作成する際便利なソフトや、PowerPointのようにアニメーション機能を加え、プレゼンテーションに有意なグラフ作成ソフトなどがあります。非表示やフィルター機能を使用している場合、追加されたデータを自動で判断するソフトやテンプレートが便利です。

Excel ラベル設定アドイン

Excel ラベル設定アドイン

散布図やバブルチャートなどの各種Excelグラフに、任意のテキストをラベリングできるアドインです。Excelの各種ラベルのデータ要素に対して、指定したセル範囲の内容をラベルとして付加することができます。簡単に使えて便利なフリーソフトです。

2007′ Graph 3D

2007′ Graph 3D

Excelなどから、簡単に三次元のグラフを作成することができるソフトです。クリップボードを使っていますので、他のツールからでも利用が可能です。画面拡大操作については、ドラグ操作で移動、拡大、縮小などが可能です。簡単な操作で便利に使えます。

エクセルグラフ波線作成

エクセルグラフ波線作成

Excelグラフに、キレイな2重の波線を、作成することができる人気ソフトです。グラフ上に引いた直線を、2重波線に変換します。変換する際に、波の個数、波の高さ、線の太さ、間隔などを指定できます。本ソフトで引いた2重波線の設定を変更することもできます。

Can Chart (できるチャート、簡単チャート)

Can Chart (できるチャート、簡単チャート)

Excelファイルを読みこんで、グラフを作成することができるソフトです。簡単な操作で、編集も楽にできます。グラフの横には、チャート設定画面が表示されます。グラフの種類、タイトル、系列の色、テキスト等を、思いのままに設定することができます。

グラフの作成 のフリーソフト その2

Export Excel Chart

Export Excel Chart

Export Excel Chartは、エクセルのグラフを、画像ファイルにするフリーソフトです。エクセルのワークブックにあるチャートグラフを、画像ファイルにすることができます。PNG、GIF、JPEG、BMPの画像タイプに対応します。

26秒で作る Excel 究極の滝グラフ free版

26秒で作る Excel 究極の滝グラフ free版

データを入れ替えるだけで、短時間で高度な滝グラフが、Excelで作ることができます。プラスとマイナスの間の増減に、自動で対応できます。項目名を含めて、データラベルを自動で作成します。項目名が長いデータには、横棒グラフの滝グラフも作成できます。

量率グラフ作成 「QtRateGraph」

量率グラフ作成 「QtRateGraph」

Excelで量率グラフを、作成することができるソフトです。量率グラフは、棒の長さに加えて、棒の幅を使って2次元の構成比を比較できます。帯グラフは、棒の長さのみで構成比を表現します。QtRateGraphは、誰でも簡単に使える、フリーソフトです。

ぐらふヨーシ

ぐらふヨーシ

Excelテンプレートを使った、方眼紙やグラフ用紙を、印刷することができるソフトです。A4用紙に1mm方眼紙、3mm方眼紙、5mm方眼紙が印刷できます。また、片対数グラフ用紙、両対数グラフ用紙縦・横なども印刷できます。数値を見て手書きでグラフを作る際に便利です。


図形の作図の基本と考え方

図面作成を考えた時に、図面の向きについて目を向ける必要があります。それは、建築物の図面でも機械の図面でもどういった図面においても当然だと言えることです。
非常に単純なことなのですが、まずは水平であるところは水平に書くということです。また、図面作成では北を上に書くなど暗黙の基準が存在することも忘れてはいけません。こうした基準に従わないだけで図面作成においては違和感だらけになってしまうのです。
特に地図では北を意識して描写しなければなりません。それは、一般的に上が北だという認識があるからです。Webサイトで簡易的に描写されている地図であっても、北側が上になっているものがほとんどです。もし、上が北になっていない地図があれば、それは描写が間違っているとも言えるのです。

向きの概念がない図形の作図にも暗黙の基準は存在する

しかしながら、機械の部品や日常生活で使用されているコップなどは、向きという概念があまりありません。それは使用時にどの向きで使用されるかわからないからです。簡単に言えば、正しい向きというのが存在しないとも言えるでしょう。
では、図面作成においてこういった部品やコップなどを、基準無く適当に書いて良いかというとそういうわけでもありません。
当然のことながら、部品の上部となる部分を上に書くことや、コップの飲み口を正面ないしは横向きに表現するといった、暗黙の基準があるのは言うまでもないのです。
このように、作図を考えた時に、自然と描いているモノや人などについても、ある程度の基準を満たしながら描いているということが理解できることでしょう。

図形の作図には、投影を加える必要もある

作図を考えた時に、より方向や向きを表現する場合は投影を考える必要があります。投影を加えることで、どちらの向きにどれだけといった情報を瞬時に把握することができるからです。
こうした投影などの表現方法は、グラフなどの作成にも用いられることがあります。グラフを2次元で表現するよりも、投影を加えることにより3次元的に描写することができ、より見やすい理解を得られるグラフを作ることができるからです。
このように、投影による図面描写は非常に有益な方法ですが、闇雲に投影を描写することは禁物です。投影を描写する場合は、どこにどのように投影されるかといったことを知っておく必要があります。そのために、投影を描写することにも知識が必要というわけです。

板金工場における図形の作図とは?

板金工場では、いろいろな形状に板金の切り抜を行い、それを型に入れるなどして必要な形状を作り上げ製品を作り上げていきます。こういった板金製品は、仕上がりの形状を示しただけでは、曲げる加工を行う前段階の素材形状が理解できません。そこで、板金工場では正面図には完成した形状を、他の図面に関しては曲げ加工前の素材形状を書き示しています。いわゆる展開図を図面として提示するのです。
こうした図面を作成するには、曲線部分の図面を計算して表す場合もありますし、簡略図的に展開図を書き示す場合もあります。いずれにしても、加工前の展開図を書き示す事により、加工前の形状を理解させるとともに、完成図の正面図も提示することで、完成イメージを想像しやすいようにしているのです。

excel(エクセル)によるグラフの作成

一昔前までは、グラフや散布図などを表す場合は方眼紙を使用していた人も多いはずです。しかし現在では、グラフや散布図を表す時には方眼紙を使用せず、excel(エクセル)による作成方法が当然となっています。方眼紙に比べexcel(エクセル)は非常に簡単です。パソコンにとっつきにくく今でも方眼紙を利用しているという人は、今すぐにでもパソコンに変更するのをおすすめします。
excel(エクセル)では値を入力し指定をするだけで、簡単に散布図や量率グラフといったグラフも作成してくれます。従来の方眼紙であれば、こうした散布図や量率グラフの作成は簡単ではありませんでしたが、excel(エクセル)は指定一つで簡単にテンプレートから散布図や量率グラフをグラフ化してくれるのです。
また、散布図や量率グラフといったグラフだけではなく、非常にさまざまなグラフや表を作成できるのもexcel(エクセル)の特徴です。それぞれにテンプレートが用意されており、テンプレートからより詳細にカスタマイズされたグラフを作成することも可能です。
加えて、3次元グラフなど、より見せ方に変化を加えたグラフの作図も簡単にできます。3次元グラフの作図においてもテンプレートがあります。まずはテンプレートに沿って3次元グラフを作成し、テンプレートに手を加えていくことで、オリジナルの3次元グラフを完成させることができるはずです。

間取り図など、方眼紙が良い場面も

一方で間取り図などは、方眼紙を使って書き表すのが実はおすすめだと言えます。もちろん、最終的には間取り図もソフトで管理するのがおすすめなのですが、方眼紙を使った手書きの間取り図は、消しゴムと鉛筆ですぐに修正できるメリットがあるからです。
間取り図を手書きで書く時には、フリーハンドではなく寸法をしっかりと把握して書く必要があります。
よりおすすめな間取り図の書き方は、家具など配置が必要なモノについては型抜きをした紙などを作って配置するという方法です。これであれば、間取り図を考える時に、配置を簡単に移動できるはずです。

等高線図やコンター図の作成ではエクセルのデータを元にするケースも多い

等高線図やコンター図といった図面を作成する場合、excel(エクセル)のデータを基に作成することも多いはずです。excel(エクセル)のデータを、一つ一つ等高線図やコンター図にプロットして作図するのでは手間がかかりすぎです。
excel(エクセル)のデータから、等高線図やコンター図といった図面を製図してくれるフリーソフトやフリーアプリも存在します。こうしたフリーソフトやフリーアプリを無料ダウンロードして使用することで、excel(エクセル)から等高線図やコンター図を簡単にかつ正確に製図できるのでおすすめです。
また、こうしたフリーソフトやアプリは、excel(エクセル)だけではなくcsvファイルからも等高線図やコンター図を製図できる場合がほとんどです。等高線図やコンター図を製図したり作図することがある場合は、無料ダウンロードしておいて損はないでしょう。
人気が高いソフトを使うのも良いですし、人気がないものの必要な機能が備わっているソフトを使用するのも良いでしょう。

用途に合わせてフリーソフトやアプリを活用しよう

散布図や量率グラフといったグラフも、フリーソフトやアプリを使うことで製図・作図することができます。散布図や量率グラフを3次元で表現したり、グラフをより美しく見せるなど、excel(エクセル)の標準機能に比べても、より多彩な図面作成を可能としてくれるソフトやアプリもあるでしょう。
どういったフリーソフトやフリーアプリであっても、簡単に無料でダウンロードすることが可能です。まずは人気でおすすめ度の高いフリーソフトやフリーアプリを無料ダウンロードしてみてお試ししましょう。
また、フリーソフトやフリーアプリは人気だけで選ばないのもおすすめです。それは、3次元グラフが得意なソフトや製図・作図に特化したソフト、図面作成が簡単なソフトなど、それぞれにおすすめで人気の高い機能が違う場合があるからです。
それぞれの特徴をすべて備えたソフトを無料ダウンロードできるのが一番良いのですが、そういったソフトはなかなかありません。人気だけにとらわれず、一番使う機能を基準に考えて、ソフトを無料ダウンロードして使うのがおすすめだと言えるでしょう。


図形の作図・グラフの作成にテンプレートを活用しよう

図形やグラフを描く時、テンプレートを利用して作図する方法を用いるのが簡単でおすすめです。製図や作図、コンター図(等高線)、間取り図、散布図といった各図面や量率グラフ、3次元グラフ描画におけるグラフ作図など、さまざまな図面作成にテンプレートを用いることは効率化を図る上では大切なことだといえます。
しかしながら、製図、コンター図(等高線)、間取り図、散布図といった各図面や、量率グラフ、3次元グラフ描画におけるグラフ作図を考えた時、すべての作図に対して無料で取得できたり、フリーでダウンロードできるといったテンプレートが必ず存在するわけではありません。もちろん、無料提供のフリーダウンロード可能なテンプレートの中には、人気が高いテンプレートも存在します。

無料で提供されているフリーダウンロード可能なテンプレートは、著作権フリーで自由に編集できたりしますが、無料でダウンロード可能な図面や作図の中には、加工がNGだったり業務での使用をNGにしているものも数多くあります。なお、テンプレートは図面作成の勉強などにもおすすめです。なぜおすすめかというと、テンプレートを見ることでどこに配慮して作図が行われているか気がついたりするからです。また、テンプレートを複写するのもおすすめです。複写は簡単そうに見えますが、実は書き方の勉強になります。1つや2つの複写だけではなく、多くのテンプレートを複写するのがおすすめの勉強方だと言えるでしょう。

図面作成はエクセル等のフリーソフトを使っても知識が必要

製図、コンター図(等高線)、間取り図、散布図、量率グラフ、3次元グラフ描画などといった図面作成において、方眼紙での手書きやexcel(エクセル)を用いての作図など、さまざまな方法があります。製図、コンター図(等高線)、間取り図、散布図、量率グラフ、3次元グラフ描画を方眼紙での手書きやexcel(エクセル)で図面作成する場合、それなりの手間や技術が必要です。

方眼紙で作図する場合には、方眼紙に手書きをする手順や、方眼紙の使い方、さらには方眼紙の種類なども知る必要があります。また、excel(エクセル)でグラフなどを作図するには、excel(エクセル)の使い方や、excel(エクセル)の操作方法、加えてexcel(エクセル)というソフト自体を知らなければなりません。また、フリーソフトやフリーアプリを使用しても製図、コンター図(等高線)、間取り図、散布図、量率グラフ、3次元グラフ描画を作成することができます。

フリーソフトやフリーアプリであっても、有料のソフトやアプリに引けを取らない機能を備えた人気のペイントソフトや、人気のグラフ描写アプリがあるからです。フリーだから使いにくいだろうといったところも、人気のフリーソフトや人気のフリーアプリはクリアしていることが多く、簡単に作図を可能にしているなど、人気でおすすめのフリーソフトやフリーアプリも少なくありません。

しかし、それらフリーソフトやフリーアプリを使うためにも知識が必要となるのです。使い方が簡単だとはいえ、ソフトやアプリを使うには、やはり基本的な知識が必要です。無料で提供されているWebマニュアルなどダウンロードして使うこともできます。しかし無料であるがゆえに、そこまで詳しくありません。また、無料のソフトやアプリのため更新頻度が少ない場合もありますし、無料だからこそ開発中止になる可能性もあるのです。

手法の一つ「投影法」

製図、コンター図(等高線)、間取り図、散布図、量率グラフ、3次元グラフ描画を行い図面作成する場合、いろいろな知識が必要となりますが、図面作成の一つの手法として「投影法」は知っておく必要があります。作図をする上で投影法は必要となる知識だと言えるでしょう。

投影法による書き方を知ることで、手書きで図面作成をする場合でも考え方の方向性が見えてくるので、今までよりも簡単に作業をすすめることができるでしょう。また、フリーソフトなどダウンロードして使用するソフトにおける図面作成も、今までよりも簡単になりますのでおすすめです。

投影法とは

投影法は、いくつかの投影図を合わせて立体形状を描き表す方法です。投影法で使用する投影図の中で最も需要な図面は正面図で、この正面図が投影法で描く図面の最も基本となる図になります。そのため図面を製図する時には、どの部分を正面図として取り扱うかが非常に重要になります。正面図の取り扱いにより、図面の全てが変わってしまうと言っても過言ではないのです。

JISによる製図規格では、「品物の形状や機能を最も明瞭に表す面を選ぶ」と表記されています。この概念に基づき正面図となる面を探すようにしましょう。面積が大きい面や複雑な形状の面を選んだり、対称でない面を選ぶといった方法が、正面図を選ぶ基本的に手法だと言われています。例えば自動車や航空機などは、正面は運転席などがある面だと考えがちですが、作図においてはいわゆる側面を正面図として取り扱い、運転席などの面は側面となります。
また、歯車を見ると平たい面が正面と捉えがちですが、軸から見た直角面を正面図として選びます。

投影法で必要な図面

投影法で図面を作成する時に必要となる投影図は、正面図、平面図、側面図、下面図、背面図などとなります。しかしながら、図面を作成する場合において、これら全ての投影図が必要ではありません。図面が少ないほうが理解もしやすいので、本来であれば図面は少ないほうが良いと言われています。要するに、対象となるモノに対してそのモノがどういった形状かが、第三者から理解されればそれで良いのです。反対に言えば、形状が理解できない図面の量であれば、それは図面の枚数が少ないということになります。3つの図面だけでモノの形状が理解できるものの、3つの図面のひとつでも欠けてしまうと理解できない投影図のことを「三面図」と呼びます。一方で、正面図と平面図など2つの図面だけで表現できる投影図を「二面図」と呼びます。

投影図を描く時には正面図を描き、正面図だけで理解を得られない図面であれば、さらにもう一面の図を作図します。2面で表現できない図面であれば3面を、3面で理解できなければ4面にという形で、十分に理解できるまで図面を増やしていけば良いのです。これであれば、不要な図面を作成することもなくなります。また、図面を描く時に気を付けたいのが線です。図面を説明するための線は明瞭でしかも分かりやすい必要があります。さらに気を付けたいのが破線です。破線は使い方によっては非常に厄介な存在です。破線が込み入ってくると、見にくい図面になってしまうからです。場合によっては実線よりもうるさく感じてしまう場合があります。

図形の向きを考える場合、そのモノが置かれている状態と同じにするのが鉄則だと言えます。縦置きであれば縦置きに、横置きであれば横置きに描写します。一方で、機械部品などを描く時は、どちらが上とか左という概念がありません。ネジやピンであれば、どの部分が右でどの部分が左かといった概念がないのです。こういった場合は、どの部分が上か左かといった取り決めを行いながら作図する方法が良いかもしれません。

作図は、基本的な概念はあるものの、ルールなどはそれぞれの環境に従う必要がある場合もあります。ルールが決まっている場合には、そのルールを優先しながら作図するようにしましょう。ルール決めができていない場合は、簡単にでもルールを作成し図面に対する認識を共有しておくことで、図面を作成する時・見る時に誤解を招きにくくなるのでおすすめといえます。




タイトルとURLをコピーしました